読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 85人
和歌山県公式facebookページ わかやま観光情報 プレミア和歌山 わいわい市場 わかやま紀州館・和歌山県アンテナショップ わかやまイベントボード 人気ブログランキングへにほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 和歌山県情報へ
ページランク
新規投稿

新規投稿するにはログインする必要があります。会員IDをお持ちでない方はIDを取得された後に投稿できるようになります。
QRコード
QRCODE
プロフィール
広報ブログ編集長
広報ブログ編集長
和歌山県広報課です。
和歌山県の観光・食・文化・自然・産業などの魅力を発信しています。和歌山のホットな情報をタイムリーに提供していきます。
もちろん、リンクフリーですのでどんどん広めて下さい!

なおコメントに対する返信は原則として行いませんので、あしからずご了承ください。
<和歌山県ソーシャルメディア運用ポリシー>
http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/000200/snspolicy.html

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


アクセスカウンタ

2013年02月03日

「紺屋町家」完成記念リノベーションシンポジウム

本日、田辺市で開催されたリノベーションに関する講演会に
参加してきました。

田辺市のまちなかにある紺屋町の古い家屋を改修し
宿泊施設「紺屋町家」が整備されたので、その
完成記念リノベーションシンポジウムです。

基調講演は、東京R不動産の運営で有名な
OpenA代表の馬場正尊さんです。

講演のテーマは
「地域の資産をいかに活用するか~地域活性化、いまこそリノベーション~」
でした。



馬場さんの活動の主な舞台は、東京神田で、
近年はCETと呼ばれるエリアです。
(CET=Central East Tokyo)
単なる個々の建築物のリノベーションに留まらず、
一個一個のリノベーションがつながって、
エリアの価値が高まり、街全体が変貌しつつある
取り組みとして知られています。

その原点は、アメリカの廃れた中華街の空き店舗が
若者によってギャラリーとして活用され、
これらのゲリラ的な個々が活動がつながり、
結果として、エリア全体の価値が高まり、地価の上昇が
起こったという現象を間近で見られたからだそうです。

また、情報発信型の不動産紹介サイト
「東京R不動産」を始めたきっかけは、都市観察の一環として
興味を引いた空きビルなどをブログで発信したりしている過程で
それらを借りてみたいニーズがあることが分かったのに、
従来の不動産業からは見向きもされず、そこに
「埋めがたい感性の差」があることを気づいたからだそうです。

リノベーションを活用して、遊休不動産を再生させ
好きな人が一人いればその物件が借りられ、従前よりも
付加価値の高い商品として売り出すことができる。
高い利回りの投資が可能となる。

減価償却の終わった不動産を持っているオーナーは
貸さないことでリスクを減らしているのかもしれないが、
それがいかに街全体に悪影響を及ぼしているのか。

これを変えるために、まず「空き物件の顕在化」のために
空き物件のオーナーに無償で借りられるよう交渉し、
期間限定で街をギャラリーするような取り組みもされたそうです。

そして、このような動きから、リノベーションが広がり
ショップやカフェなどが生まれ、エリア全体の評価が変わったそうです。

そういう小さい変化が大きな変化につながっていく。

まさに「街をリノベーションしている」と表現されていました。



ただ、東京ではこの手法は成り立ちやすいが、地方都市では簡単に
適用できるものではないとも指摘されていました。
つまり、リスクを下げる手法を取る必要がある。

その参考事例としては、山形R不動産の取組や、まだ始めたばかりですが、
佐賀市の森永家住宅リノベーションに当たって事前にテナント募集したもの
を挙げられました。

どちらも、リノベーションした後の建築物の借り手を、事前に募集し、
この時点で家賃等を設定して、投資できる費用を算出。
その後、実際に施工を行い入居してもらうという方法を
取ってリスクを下げようとされているそうです。

他にも「30万円リノベ」という費用に上限を設けて、その
制約の中で工夫をし、付加価値を付けようという取組事例。
さらに、ファイナンスの面でも、山形では地元の銀行を説得し、
新しい形で融資が受けられるような努力をした、という話もありました。

佐賀県の出身であり、伊万里の商店街で生まれ育ちながら、
その地元の商店街はなくなってしまったこと。地元に貢献したいと
現在は、佐賀でのリノベーション事業に取り組んでいるとの思い
を聞くこともできました。



講演会に引き続いて、紺屋町家の改修工事の経過や
ポイントについて、瀬戸建築設計事務所の瀬戸英男氏と
(有)新藤工務店の新藤整市氏から報告があり、馬場さんを
交えてシンポジウムが開催されました。


※今回のものではありませんが、馬場さんのご講演は、
「第3回リノベーションスクール@北九州」でも見ることができます。
http://renovationschool.net/kitakyu/archive/653


(文責:都市政策課 筒井和男)  

Posted by 都市政策課 at 21:59Comments(0)イベント・地域振興

2013年02月03日

梅スナック2種!ばかうけ うめ味とすっぱムーチョ ゆず仕立て

自称「梅スナック評論家」がお送りする、恒例の梅スナック新製品情報です。

本日ご紹介するのは、栗山米菓の「ばかうけ うめ味」と、コイケヤ「すっぱムーチョ さっぱり梅味 ゆず仕立て」の2種類です。


まずは、栗山米菓の「ばかうけ うめ味」。こちらは1/21発売の春の期間限定商品ですが、昨年もこの時期に発売されていますね(当ブログ「怒濤の「紀州うめ味」スナック発売!柿の種・ばかうけ…」をご覧ください。)。パッケージには、ちゃんと「紀州産南高梅使用」書いてくれています。栗山米菓さん、毎年ありがとうございます!!
味付けは梅パウダーのほか、生地にしそを練り込み、昆布とかつおのだしをきかせた味になっています。私も食べてみましたが、梅、しそ、昆布、かつおの味がそれぞれ主張をしていて、おやつに食べるにはちょっとしつこい感じがしました。でもビールを飲みながらだったらOKですね。


2つめはコイケヤの「すっぱムーチョ さっぱり梅味 ゆず仕立て」。こちらも1/21発売の期間限定商品です。定番商品の「すっぱムーチョ さっぱり梅味」をベースに、上品なゆずの香りと味わいを加えた商品だそうです。もちろん「紀州産梅使用」です!!
私が食べた感想ですが、ゆずの風味が前面に出てきて、さわやかな味です。でもその分、梅の酸味は控えめで、「すっぱムーチョ」としては、ちょっと物足りないかなという気がしました。(酸っぱいもの好きの私の感想です。)


去年も2月は怒濤のように梅スナックが発売されましたが、今年もまだまだ期間限定で発売されると思います。この期間中はわが家は梅スナックだらけになり、家族からはいやがられるのですが、新製品を見つけたら懲りずにレポートしたいと思います!!

(文責:広報課 林 清仁)  
Posted by 広報ブログ編集長 at 21:24Comments(0)県産品

2013年02月03日

「第3回紀州海南ひなめぐり」レポート!3/3まで開催中!

今日(2/3)は昨日に引き続きお天気もよく、春のような陽気でした。ちょうどひなまつりの1ヶ月前の日ということもあり、私は2月1日から3月3日までの約一ヶ月間、海南市で開催中の「紀州海南ひなめぐり」に行ってきました。


「紀州海南ひなめぐり」は今年で3回目。すっかり定着してきています。会場はJR海南駅と駅前商店街、そして漆器の町として知られる黒江川端通りの一帯で行われます。歩いてまわるにはちょうどいい距離ですね。

まずは、JR海南駅のコンコースへ。ここには千体びなが飾られています。駅を利用する人々が、足を止めて大きなひな壇を見入ったり、写真を撮ったりして結構賑わっていました。


千体びなのひな壇の左横には、白いボードがあります。これは海南市特産の台所用スポンジのピースでひなまつりの壁画を作る「スポンジアート」いうイベントです。50円でスポンジピースをつかみ取りして、のりでボードに貼っていきます。まだおととい始まったばかりですから、まだまだ未完成ですが、ひなまつりの頃にはきれいなスポンジモザイクの壁画ができているでしょうね。


ちなみに、去年のスポンジアートはこちらです。


海南駅構内にある「海南市物産観光センター(通称:かいぶつくん)」にもたくさんのひな人形が飾られています。ここで「紀州海南ひなめぐり」のパンフレットをいただき確認すると、今年はひなめぐりを楽しんでもらうために3つの企画が用意されているようです。

1つめは「紀州海南おひな市」で、1,500円で5枚綴り(または1枚350円)のチケットを買って、ひなめぐりをしながら参加店舗で飲食したり、グッズを買ってもらおうという取り組みです。(写真は「まちづくり海南」ブログより。)


2つめは、県立海南高校生徒会が企画・運営をしている「のらりくラリー」です。こちらはひなめぐりのコースを歩きながら赤・黄・緑の看板を見つけ、キーワードを埋めていくゲームです。3つのキーワードのうち2つが完成すれば抽選で商品がもらえます。


そして3つめが今年新企画の「スタンプラリー」です。ひなめぐりコース内5ヶ所のうち3ヶ所以上のスタンプを押せば、もれなく海南特産家庭用品がもらえるというものです。

私はこの中から、「スタンプラリー」に挑戦することにしました。もれなくもらえるというのが決め手です。
海南市物産観光センターで1つめのスタンプを押して、駅前商店街のショーウィンドウのひな飾りを見ながら、次に向かったのは、プリンスイン海南にある特設会場「ひなみ館」です。こちらには、和歌山市加太の淡嶋神社の由緒あるおひな様をはじめ、変わりびななど、さまざまなひな人形が展示されていました。見ているだけでも楽しいですね。


海南市役所もスタンプポイントになっています。休日でしたが玄関が空いていて、ロビーのいすの上にはおひな様が座っていました。市役所の職員さん、お疲れ様です。


これで海南駅前巡りは終了し、次に黒江川端通りエリアへと向かいました。ここは国の伝統工芸品に指定されている「紀州漆器」の町で、昔の町並みがよく保存されていて、とても風情のあるところです。紀州漆器伝統産業館「うるわし館」には、人間の背丈ほどもある紀州漆器でできた「ビッグ雛」が展示されています。


最後にお邪魔したのが旧黒江公民館。こちらもひな飾りであふれています。玄関を入ってすぐのところに、和歌山市の93歳の方が初節句のお祝いにもらったひな人形が飾られていました。93年前の大正時代のひな人形ですね。私たちが知っているひな人形とは少しデザインが違って、斬新な感じがしますね。


旧黒江公民館はスタンプラリーの商品交換所になっています。私も4つスタンプを押してもらったので、景品をいただきました。いただいたのは、(株)サンコーさんの吸水ハンドモップです。帰って妻に渡すととても喜んでいました。


私が滞在したのは2時間ぐらいでしたが、ゆっくりと散策して、3つの企画にチャレンジすれば、1日たっぷり楽しめると思います。また、様々なひな人形を見ながら散策するのはとても心が穏やかになりますね。
「紀州海南ひなめぐり」は、3月3日まで開催しています。これから少しずつ暖かい日もあるでしょうから、皆さんも一度巡ってみてはいかがでしょうか。

(文責:広報課 林 清仁)  
Posted by 広報ブログ編集長 at 20:48Comments(0)イベント・地域振興