読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 87人
和歌山県公式facebookページ わかやま観光情報 プレミア和歌山 わいわい市場 わかやま紀州館・和歌山県アンテナショップ わかやまイベントボード 人気ブログランキングへにほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 和歌山県情報へ
ページランク
新規投稿

新規投稿するにはログインする必要があります。会員IDをお持ちでない方はIDを取得された後に投稿できるようになります。
QRコード
QRCODE
プロフィール
広報ブログ編集長
広報ブログ編集長
和歌山県広報課です。
和歌山県の観光・食・文化・自然・産業などの魅力を発信しています。和歌山のホットな情報をタイムリーに提供していきます。
もちろん、リンクフリーですのでどんどん広めて下さい!

なおコメントに対する返信は原則として行いませんので、あしからずご了承ください。
<和歌山県ソーシャルメディア運用ポリシー>
http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/000200/snspolicy.html


和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる




[PR]ワインをお求めなら、
うきうきワインの玉手箱
[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


アクセスカウンタ

2017年04月20日

「かもしれない」の目で地域を見直してみましょう!

(写真)地域安全マップづくりの様子     
 皆さんがお住まいの地域に「危ない場所」はありませんか。子供たちが犯罪・交通事故等に巻き込まれやすい「危ない場所」を見分けるためには、「かもしれない」の目で地域を見直すことが大切です。

 例えば、人気が無く入りやすく見えにくい場所は、人目につかないから、子供がさらわれる「かもしれない」など危険な場所ととらえられます。

 不審者等の「人」ではなく、犯罪が起こりやすい「場所」に着目します。

 和歌山県では、地域の見守り隊の皆さんや小学校、県警察等が連携し、地域の「危ない場所」を見つけ地図に書き表す地域安全マップづくりに取り組んでいます。

 皆さんがお住まいの地域で取組を希望される場合は、下記連絡先までお電話ください。

和歌山県環境生活部県民局県民生活課 073-441-2350


(文責:県民生活課 辻本 多絵子)  
Posted by 広報課県民情報班 at 11:36Comments(0)

2017年04月07日

「春の全国交通安全運動」が始まりました!!

 4月6日(木)から4月15日(土)までの10日間、「春の全国交通安全運動」を展開しています。

 新入学児童を始めとして新たな交通手段による通勤・通学等が始まることから、特にこの期間に交通安全意識を持って、交通ルールの遵守と正しい交通マナーの実践を心がけてください。

 県では、運動の初日である4月6日(木)に県庁正面玄関前広場において、県民の皆さんに広く交通安全を呼びかけるため「春の全国交通安全運動街頭啓発出発式」を開催しました。

 運動期間中は、「子供と高齢者の交通事故防止」等の重点目標のもと、各地域で交通安全教室や街頭啓発、街頭指導等、さまざまな取組を実施し、交通安全意識の向上を図っていきます。

 また、県では「自転車保険の加入」に向けた取組にも力を入れています。万一の自転車事故における被害者に対する十分な補償と高額な賠償請求に備えるもので、年間1,000円台で加入できる商品もありますから、ぜひ、加入していただければと思います。


(文責:県民生活課 西乙)  
Posted by 広報課県民情報班 at 10:25Comments(0)交通県の施策

2017年04月05日

県内企業116社が参加!和歌山市でUターンフェアを開催します!

 県内で就職を考えているみなさん!!
 県内企業116社を集めた合同企業説明会を和歌山市で開催します。
 参加申込不要・入場無料・入退場自由です。

日時:平成29年4月17日(月) 13:00~17:00

場所:ホテルグランヴィア和歌山6階「ル・グランの間」
     和歌山市友田町5-18

対象:・平成30年3月卒業予定の大学・短大・専門学校生等
    ・一般求職者

参加企業:116社  ※参加企業一覧

主催:きのくに人材Uターンフェア実行委員会

後援:株式会社テレビ和歌山、株式会社和歌山放送

お問い合わせ先:和歌山県経営者協会 
           TEL 073-431-7376


文責:労働政策課 北濵 尚美  
Posted by 坂本知奈美 at 14:50Comments(0)

2017年03月24日

【出動5,000回記念】和歌山県ドクターヘリ活動の見学会の開催について

 和歌山県ドクターヘリは、平成15年1月から運航を開始して、平成28年10月14日に出動5,000回に到達しました。これを機会に、皆様に、ドクターヘリの活動をより知ってもらいたく、ドクターヘリの見学会を開催しますので奮ってご参加ください。
 ※参加された方には、先着300名様に、記念品(マグネット)を用意しております。

1.日時
 平成29年3月26日(日) 14:00~15:00頃

2.場所
 和歌山マリーナシティ
※自家用車で来られる場合は、隣接の有料駐車場を使用してください。

 

3.内容
 (1)開会挨拶(和歌山県立医科大学高度救命救急センター長 加藤教授)
 (2)ドクターヘリ・救急車(和歌山市消防局)連携デモ
  a.着陸場に散水(散水車)
  b.救急車到着
  c.ヘリ着陸
  d.フライトドクター、フライトナース救急車へ乗車
  e.患者をドクターヘリに搬送
 (3)ドクターヘリ活動の説明
 (4)ドクターヘリ見学(機内見学は小学生以下に限定)
 (5)ドクターヘリ離陸
  ※ドクターヘリが要請のために出動しなければいけない場合は、ヘリが戻ってくる間(30分程度)、消防関係車両(救急車、散水車、はしご車)の見学を実施予定。

4.中止について 
 雨天、又はヘリ運航不可能時(強風など)は中止となります。
 中止するかどうかは、当日26日の午前10時までに決定します。決定内容は、下記の(1)か(2)でご確認願います。
(1)電話(073-447-2300、「5,000回記念行事の件」と問合せてください。)
(2)「和歌山県立医科大学高度救命救急センター」フェイスブック及びツイッター

 和歌山県立医科大学 高度救命救急センター:Facebookアカウント
 https://www.facebook.com/wmueccm/

 和歌山県立医大 高度救命救急センター:Twitterアカウント
 https://twitter.com/wmueccm

※決定後でも天候の急変により中止となる場合もございますので、随時、上記(1)又は(2)で確認のほど、宜しくお願いします。


(文責:医務課 谷河小弥佳)  
Posted by 広報課県民情報班 at 10:58Comments(0)イベント・地域振興

2017年03月16日

和歌山県内の企業へ就職すると最大100万円!奨学金の返還を助成します!

和歌山県内の企業へ就職すると最大100万円!奨学金の返還を助成します!
~「和歌山県中核産業人材確保強化のための奨学金返還に係る助成制度」学生募集のお知らせ~


 和歌山県では、県経済を牽引する製造業や情報通信業の企業に研究開発職・技術職として採用され3年間勤務した方に、奨学金の返還金(最大100万円)を助成する制度を設けています。

 つきましては、和歌山県内の製造業、情報通信業の企業に就職を希望する大学生、大学院生の方で奨学金返還助成を希望する方を募集します。

1 応募要件
 次の全ての要件を満たす方
 (1)奨学金の貸与を受けている、または貸与を受ける予定の方
 (2)平成31年3月卒業予定の学生で、理工系(農学・薬学含む)、情報系の学部・研究科に在籍する方
 (3)和歌山県内の製造業、情報通信業の企業へ研究開発職・技術職として就職を希望する方

2 募集人員 50名

3 助成金額
 奨学金返還金に相当する額 上限100万円
 ※対象企業に就職し3年経過後に、原則として奨学金貸与機関に支払います。

4 応募期間
 平成29年4月3日(月)から平成29年5月31日(水)まで
 ※詳細については下記ホームページを参照願います。

  和歌山県中核産業人材確保強化のための奨学金返還助成制度:県労働政策課HP
  http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/060600/01shin/uturnshushoku/syougakukin_001.html

(文責:労働政策課 和気友行)  
Posted by 広報課県民情報班 at 13:59Comments(0)県の施策

2017年03月07日

県内で高校生の" 介護職員初任者研修 "取得の取り組みを進めています!

 介護職における入門研修が「介護職員初任者研修」。
 介護職として働く上で必要になる基本的な知識・技術を修得することができる研修で、ヘルパー(訪問介護員)として働くためには必須の要件です。また、特別養護老人ホームなど施設系の介護事業所においても「介護職員初任者研修以上」を修了要件としている事業所も多くなっています。

 和歌山県では、県内で不足する介護人材を確保するため、平成27年度から、県内で介護職へ就職を希望する高校生や介護の仕事に興味のある高校生が在学中に「介護職員初任者研修」を取得できるよう支援を行っています。

 資格取得は生徒の就職に有利になることから、今年度は県内の高校・支援学校15校より100人を越える生徒が研修を受講しました。研修を修了した生徒からは「介護の仕事に関するマイナスなイメージが変わった」「将来介護職に就きたいと思った」などの感想が寄せられ、中には介護事業所への就職が決まった生徒もいました。

新翔高校演習
新翔高等学校 演習の風景                   新翔高等学校 修了式



伊都中央高等学校 修了式                        KEGキャリア・アカデミー 演習の風景



 県長寿社会課では、この取り組みをさらに進めるため、現在、各高校を訪問し、取り組みを説明するとともに参加を呼びかけているところです。
 「介護職員初任者研修」を受講したいと思う高校生の方、また、子どもに受講させたいと思う保護者の方は、進路指導担当の先生にお問い合わせ下さい。


【 この取り組みに関する問い合わせ先 】
 和歌山県長寿社会課 振興班
 073-441-2519

 平成28年度事業取り組み学校一覧




 事業の詳細については長寿社会課HPをご参照下さい。
 http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/040300/jinzaikakuhotaisaku/index.html



(文責:長寿社会課 明賀愛理)
  
Posted by 明賀愛理 at 17:18Comments(0)県の施策

2017年03月03日

和歌山県クラウドファンディング活用支援対象プロジェクトを新たに認定しました

 県では、今年度から、創業や新事業展開をめざす事業者の新たな資金調達の手段として注目されている「クラウドファンディング」の活用支援を行っています。

 県内金融機関や支援機関と連携しながら、プロジェクトの実現に向けた支援を行うほか、事業計画を県支援プロジェクトとして認定し、広く発信するとともに、その後の事業展開を支援しています。

 今回、第2回認定を行い、1プロジェクトを認定しました。

■認定プロジェクト名 「和歌山紀州高下水産 海の幸絶品ファンド」
■事業者名 株式会社紀州高下水産(和歌山市)
<プロジェクト内容> 
 ・紀州高下水産では、旬の魚を仕入れ、紀州備長炭を使った「紀州備長炭干し」という加工方法を用い、紀州産の梅酢や塩を用いた、こだわりの干物を生産。素材や製法などのこだわりをPRするため、自社開催の「夕市」により、備長梅左衛門を販売しています。
 ・ファンドで募集する資金により、「夕市」で使用する設備や多くの干物を揃え、対面販売を強化します。より多くの消費者の需要を引き出し、求められる美味しい干物を製造し、インターネット等の販路拡大を目指していきます。

■クラウドファンディングの内容
 クラウドファンディングサイト名 「セキュリテ」
 https://www.securite.jp/fund/detail/3101

 

■紀州高下水産HP:http://www.kishu-marutaka.net/

認定制度について、随時募集を行っていますので、ご相談下さい。
県商工振興課HP http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/060300/index.html

(文責:商工振興課 貴志尚史)
  
Posted by 広報課県民情報班 at 14:18Comments(0)企業・ビジネス

2017年03月01日

外国人観光客向けインスタグラム投稿キャンペーン開始 ~「♯visitwakayama」で写真を投稿しよう!~

 県では、外国人観光客を主なターゲットとしたインスタグラム「@VISITWAKAYAMA」アカウントを3月1日から開設しました。

 県内を訪れる外国人観光客の皆さんとともに、四季折々の「自然」「食べ物」「絶景スポット」など、和歌山の魅力を写真で発信します。

 キックオフキャンペーンとして、平成29年3月26日(日)までフォトコンテストを実施します。

 素敵な商品もご用意しております。ハッシュタグ「#visitwakayama」をつけて投稿して、アカウント「@visitwakayama」のフォローお願いします。

@VISITWAKAYAMA:県観光交流課Instagramアカウント
https://www.instagram.com/visitwakayama/

@VISIT WAKAYAMA Kickoff Campaign Photo Contest(英語サイト)
https://photocp.visitwakayama.jp/


<関連リンク>
外国人観光客向けインスタグラム投稿キャンペーン:わかやま県政ニュース
http://wave.pref.wakayama.lg.jp/news/kensei/shiryo.php?sid=24852

(文責:観光交流課 古川龍二)  
タグ :Instagram

Posted by 広報課県民情報班 at 11:29Comments(0)イベント・地域振興

2017年03月01日

新生「和歌山県農林大学校」農学部学生、林業研修部研修生募集中!

 和歌山県農業大学校は、平成29年4月より、農業経営のノウハウを学ぶ農学部アグリビジネス学科と林業研修部を新設し、和歌山県農林大学校へと改編します。

 和歌山県農林大学校の初年度に向け、農学部(園芸学科・アグリビジネス学科)の学生と、林業研修部(林業経営コース)の研修生を募集しています。

 なお、募集要項の詳細情報は、和歌山県農業大学校ホームページおよび和歌山県林業振興課のホームページで公開しておりますので、併せてご覧下さい。

 農林業分野で活躍を目指す皆様の応募をお待ちしています。

農学部学生募集の概要
農学部園芸学科 農学部アグリビジネス学科
募集人員 若干名 若干名
修業年限 2年 2年

試験区分 追加入学試験
願書受付 平成29年2月27日~3月13日
試験日 平成29年3月17日
試験場所 農業大学校(かつらぎ町)
お問い合わせ先 和歌山県農業大学校
ホームページ http://www.ag-wakayama.ac.jp/

林業研修部研修生募集の概要
募集人員 若干名
修業年限 1年

試験区分 追加選考試験
願書受付 平成29年2月27日~3月13日
試験日 平成29年3月22日
試験場所 林業研修場(上富田町)
お問い合わせ先 和歌山県林業振興課
ホームページ http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/070600/index/

[お問い合わせ先]
農学部について
和歌山県農業大学校
担当:片山、岩尾
電話:0736-22-2203

林業研修部について
和歌山県林業振興課
担当:片山、倉岡
電話:073-441-2960

(文責:経営支援課 林佑香)   
Posted by 広報課県民情報班 at 09:59Comments(0)県の施策

2017年02月28日

NHK総合「所さん!大変ですよ」3月2日(木)〈20:15~20:43放送〉で、”県民歌”が深掘り??されます


《NHK総合》
 平成29年3月2日(木)20:15~20:43放送予定の番組 「所さん!大変ですよ」

  「県民歌」をテーマに放送されます。


 県では今年、県内の小学校に「県民歌を覚えて歌ってもらおう」と、普及活動を開始しました。その取り組みに注目されたのが、「所さん!大変ですよ」の番組です。

 なぜ、「県民歌」の普及活動に取り組んでいるのかということに注目され、東京から、番組ディレクターが和歌山県に来られ、和歌山市内の小学校での「県民歌」の取り組みの様子や、知事には「なぜ、県民歌の普及に取り組んでいるのか」などを取材されました。

 司会者は、番組の名前にもなっている、所ジョージさんです。

 ぜひ、ご覧になってください。


《所さん!大変ですよ》
 世の中に起きている不思議な出来事をディレクターが深掘りし、その背景にある真相を追いかける情報ドキュメンタリー番組。

(文責:県民生活課 新解美紀)  
Posted by 広報ブログ編集長 at 09:24Comments(0)テレビ