読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 87人
※カテゴリー別のRSSです
和歌山県公式facebookページ わかやま観光情報 プレミア和歌山 わいわい市場 わかやま紀州館・和歌山県アンテナショップ わかやまイベントボード 人気ブログランキングへにほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 和歌山県情報へ
ページランク
新規投稿

新規投稿するにはログインする必要があります。会員IDをお持ちでない方はIDを取得された後に投稿できるようになります。
QRコード
QRCODE
プロフィール
広報ブログ編集長
広報ブログ編集長
和歌山県広報課です。
和歌山県の観光・食・文化・自然・産業などの魅力を発信しています。和歌山のホットな情報をタイムリーに提供していきます。
もちろん、リンクフリーですのでどんどん広めて下さい!

なおコメントに対する返信は原則として行いませんので、あしからずご了承ください。
<和歌山県ソーシャルメディア運用ポリシー>
http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/000200/snspolicy.html

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


アクセスカウンタ

2017年11月21日

★UIターン就農相談フェア(会場:ビッグ愛)開催★

 就農相談の他、資金に関する相談や林業就業相談も承ります

 県内で新たに自立就農を志す方、農業法人等への就職を希望される方や林業分野への就職を考えている方を対象にした相談フェアを開催します。

 県内農業の状況、就農に向けての留意点や県の支援策等を説明しながら就農相談に応じたり、林業分野への就職や技術研修の受講相談に応じます。

<UIターン就農相談フェア>
○日時:平成29年11月26日(日)10:00~15:00
     ※申込み不要。当日会場へお越しください。

○場所:和歌山ビッグ愛 2階 201会議室
     (和歌山市手平2丁目1-2)

○対象者:自立就農及び農業法人等への就農や林業分野への就職を考えている方
      ※年齢・職歴・在住場所(県内外)等は問いません。

内容:新規就農相談、農業法人等就職相談、和歌山県農林大学校進学相談、移住相談、林業就業相談、資金に関する相談

主催:和歌山県、(一社)和歌山県農業会議、(公財)和歌山県農業公社
協力:和歌山県農業法人協会、(株)日本政策金融公庫

(問い合わせ先)
 和歌山県農林大学校就農支援センター 担当:岩橋
 電話:0738-23-3488  FAX:0738-23-3489
 E-mail:e0716011@pref.wakayama.lg.jp

(文責:経営支援課 林佑香)  
Posted by 広報課県民情報班 at 14:47Comments(0)県の施策

2017年11月13日

和歌山県農林大学校 農学部学生の一般入試願書受付を開始します

 農業者や農業指導者を志す方、新たな農業ビジネスに挑戦したい方の応募をお待ちしています。

 農学部の一般入学試験の概要は下記のとおりです。

 なお、募集要項などの詳細情報は、和歌山県農林大学校HPで公開していますのでご覧ください。
 
<農学部一般入試(修業期間2年)の概要>
・募集人員 園芸学科:30人/アグリビジネス:10人

・願書受付 平成29年11月20日(月)~12月4日(月)

・試験日 平成29年12月11日(月)

・試験場所 農林大学校農学部(かつらぎ町中飯降422)

〈農学部追加入学試験〉一般入試までに定員を満たした場合は追加入試を実施しません。
 願書受付:平成30年2月26日(月)~3月12日(月)
 試験日:平成30年3月16日(金)

[お問い合わせ先]
農林大学校農学部
担当:下村
電話:0736-22-2203

 

(文責:経営支援課 林佑香)   
Posted by 広報課県民情報班 at 11:14Comments(0)県の施策

2017年11月10日

和歌山県平成29年台風第21号災害義援金の募集について

 平成29年台風第21号で被害に遭われた皆さまに心からお見舞い申し上げます。

 県では、平成29年台風第21号により被害を受けられた方々を支援するため、「和歌山県平成29年台風第21号災害義援金」を募集しています。集まった義援金については、日本赤十字社、和歌山県共同募金会の募集による義援金とともに集約した上で、「和歌山県平成29年台風第21号災害義援金配分委員会」において、被災市町への配分額を決定し、市町を通じ被災者の方々へお届けします。

 皆様の温かいご支援をお願いします。

<和歌山県平成29年台風第21号災害義援金>
【受付期限】平成30年1月31日まで

【義援金受入口座】名義 和歌山県平成29年台風第21号災害義援金
 ・紀陽銀行県庁支店(普)410152 
 ・ゆうちょ銀行   00920-1-276103
 ・きのくに信用金庫本店(普)2652614
 ・和歌山県信用農業協同組合連合会本所(普)6418
※紀陽銀行本店・支店の窓口及びATMでの振込は手数料無料。ただし、ATMによる振込については、同行カードまたは現金による振込の場合に限り無料。
※ゆうちょ銀行・郵便局、きのくに信用金庫本店・支店の窓口での振込は手数料無料。ATMは有料。
※和歌山県信用農業協同組合連合会の本店、和歌山県内の農業協同組合の本店・支店、窓口での振込は、手数料無料。ATMは有料。

  *詳しくは、県福祉保健総務課ホームページをご覧ください。

「和歌山県平成29年台風第21号災害義援金」の募集について :県福祉保健総務課HP
http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/040100/H29gienkin.html

≪お問い合わせ先≫
和歌山県福祉保健総務課社会福祉・援護班 
TEL:073-441-2472
FAX:073-425-6560

(文責:福祉保健総務課 金尾 綾)
  
Posted by 広報課県民情報班 at 13:53Comments(0)県の施策

2017年11月01日

台風21号で被災された和歌山県内の中小企業への支援について

 この度の台風で被害に遭われた皆さまに心からお見舞い申し上げます。

 県では、被災された中小事業者の事業再建や資金繰りを支援するため、県融資制度を拡充しました。また、国でも特別相談窓口を設置するほか、政府系金融機関による災害復旧貸付を用意していますので、ご活用ください。

(1)県融資制度の拡充 ~より有利な資金が利用可能になりました~
 被害を受けた中小企業の皆さまの事業再建や資金繰りを支援するため、県融資制度を拡充しました。

<新宮市で被災された中小企業の皆さま>
 災害救助法適用により、一般保証とは別枠の限度額で融資額の100%を保証するセーフティネット保証4号が適用されることになりました。これに伴い、対象地域の事業者は「経営支援資金・セーフティ枠」がご利用いただけます。
   【融資条件等】  融資利率 年1.2%以内 保証料年0.6%
              融資限度額 設備・運転 5000万円以内(別枠保証)
   【取扱期間】   平成30年2月1日まで 

<県内で被災された中小事業者>    
 県融資制度の「経営支援資金・一般枠」の対象に、災害で被害を受けられた中小企業者を追加しました。
   【追加要件】  自然災害により被災し、市町村長の罹災証明を受けた方
   【融資条件等】 融資利率 年1.4%以内 保証料年0.45~1.30%
             融資限度額 設備・運転 5000万円以内
  *詳しくは、県商工振興課ホームページをご覧ください。

台風21号で被災された中小事業者への支援について:県商工振興課HP
http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/060300/taifu21gou/shikinshien.html

(2)日本政策金融公庫、商工中金での災害復旧貸付の実施
 今般の災害により被害を受けた中小企業等を対象に、日本政策金融公庫及び商工中金が別枠の限度額で融資を行う災害貸付を実施します。

(3)特別相談窓口について
 県内の日本政策金融公庫、商工中金、信用保証協会、商工会議所、商工会連合会、中央会、よろず支援拠点(わかやま産業振興財団)等で特別相談窓口を設置しています。

関連サイト(中小企業庁ホームページ)
http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/antei/2017/171027saigai.htm

≪お問い合わせ先≫
和歌山県商工振興課金融班 
TEL:073-441-2744
FAX:073-422-1529

(文責:商工振興課 杉本吉美)  
Posted by 広報課県民情報班 at 16:27Comments(0)県の施策

2017年10月31日

11月から田辺市、白浜町、上富田町、すさみ町で消費生活相談員が配置されます!

 11月から田辺市及び白浜町、上富田町、すさみ町において、それぞれ専門の消費生活相談員が配置されます!

 これにより、県内全市町村で専門知識を持った消費生活相談員に相談することができるようになります。

 インターネットに関する契約トラブルやマルチ商法(ネットワークビジネス)など、「事業者等とのトラブル」で「おかしいなと思ったとき」は、すぐに 『消費者ホットライン 188』へお電話ください。お住まいの消費生活窓口をご案内します。



○県内の消費生活センター等の一覧(国民生活センターHP)
 http://www.kokusen.go.jp/map/ncac_map30.html


(文責:県民生活課 野田創太)  
Posted by 広報課県民情報班 at 14:11Comments(0)県の施策

2017年10月17日

和歌山県クラウドファンディング活用支援対象プロジェクトとして新たに「大人のボタニカルチョコレート『4896』」を認定!

 県では、新たな資金調達の手段として注目されている「クラウドファンディング」を活用し、創業や新事業展開をめざす事業者を支援しています。

 県内金融機関や支援機関と連携しながら、プロジェクトの実現に向けた支援を行うほか、事業計画を県支援プロジェクトとして認定し、広く発信するとともに、その後の事業展開をサポートしています。

 今回、新たに1プロジェクトを認定しました。

■認定プロジェクト名 「ジンに合う。香りを愉しむ大人のボタニカルチョコレート『4896』」

■事業者名 株式会社エムアファブリー(新宮市)
<プロジェクト内容> 
・世界遺産「熊野の森」から丁寧な手作業で抽出された「天然の香り(エッセンシャルオイル)」を使用した「香りを楽しむ」ための大人のチョコレート。

・こだわりの香りのチョコに、こだわりの香りのジンを合わせることで、人生を彩る演出家「香り」の相乗効果が楽しめます。

・故郷の香り、思い出の香りを届ける「香り屋」の挑戦です!

■クラウドファンディングの内容
クラウドファンディングサイト名 「Makuake」
URL:https://www.makuake.com/project/maffably/

 

■株式会社エムアファブリーHP:http://m-affably.com/

 認定制度について、随時募集を行っていますので、ご相談ください。

県商工振興課HP http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/060300/index.html

(文責:商工振興課 辻佳伸)
  
Posted by 広報課県民情報班 at 15:24Comments(0)県の施策

2017年10月16日

11月5日、和歌山県消費者教育講座を開催します

 消費者としての合理的な意思決定力、被害の認識、危険の回避、そして被害に遭った場合の対処方法など、確かな知識と能力を身につけたうえで、それぞれが「消費者市民社会」の一員として行動できる「自立した消費者」を育成するため、和歌山県金融広報委員会との共催で消費者教育講座を開催します。

 ぜひご参加ください。

<和歌山県消費者教育講座>
・日時 11月5日(日)午後1時~午後4時30分(開場12:30)

・場所 和歌山市 中央コミュニティセンター 多目的ホール(小) 和歌山市三沢町1丁目2番地

・定員 先着100名

・内容  
  講義:「自らの身を守り、公正で持続可能な社会の発展に寄与する消費者とは」
  演習:「消費者教育の学びをひとに伝えよう!」 ~教材づくりを通して学ぶ新しい消費者教育~
  講師:和歌山大学 教授 岡崎 裕 氏

・その他 申込方法など詳細については、チラシをご覧ください。

  チラシデータ(PDF):和歌山県民生活課HP
  http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/031300/h29kyoikukoza/documents/29shohisyakyoikukoza.pdf

(参考)
県民生活課ホームページ
http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/031300/h29kyoikukoza/h29kyoikukoza.html


(文責:県民生活課 鍵本典子)  
Posted by 広報課県民情報班 at 10:13Comments(0)県の施策

2017年10月13日

平成30年度 和歌山県農林大学校 学生・研修生の願書受付を開始

 和歌山県農林大学校農学部の学生・林業研修部の研修生を募集します。

 「農業者や農業指導者を志す方」、「新たな農業ビジネスに挑戦したい方」、「林業経営を担う技術者を目指す方」の応募をお待ちしています。

 農学部の推薦入試と、林業研修部の前期募集の願書受付は次のとおりです。

 なお、募集要項などの詳細情報は、和歌山県農林大学校HPで公開していますのでご覧ください。

 農林業の分野で活躍を目指す皆様の応募をお待ちしています。

<農学部推薦入試(修業期間2年)の概要>
○募集人員 園芸学科:30人/アグリビジネス学科:10人

○願書受付 平成29年10月16日(月)~10月31日(火)

○試験日 平成29年11月6日(月)

○試験場所 農林大学校農学部(かつらぎ町中飯降422)

 〈農学部一般入学試験〉
   願書受付:平成29年11月20日(月)~12月4日(月)
   試験日:平成29年12月11日(月)


○お問い合わせ先
 農林大学校農学部
 担当:下村
 電話:0736-22-2203
 農林大学校HP:http://www.ag-wakayama.ac.jp/

 

<林業研修部前期募集(修業期間1年)の概要>
○募集人員 10人

○願書受付 平成29年10月16日(月)~10月30日(月)

○試験日 平成29年11月11日(土)

○試験場所 農林大学校林業研修部(上富田町生馬1504-1)

 〈後期募集〉
   願書受付:平成30年1月15日(月)~1月29日(月)
   試験日:平成30年2月10日(土)
   ※前期募集で定員を満たした場合は実施しません。


○お問い合わせ先
 農林大学校林業研修部
 担当:大塚・倉岡
 電話:0739-47-4141
 農林大学校HP:http://www.ag-wakayama.ac.jp/

 


(文責:経営支援課 林佑香)   
Posted by 広報課県民情報班 at 11:40Comments(0)県の施策

2017年10月02日

「事業継続マネジメント(BCM)研修」開催について

 南海トラフの巨大地震や津波による甚大な被害が想定されているなか、危機的状況下での対応・行動を事前に策定する事業継続計画(BCP)の重要性が高まっています。

 そこで、災害時等緊急事態における県内中小企業等の被害を最小限にくい止めるため、県と県中小企業団体中央会では、下記のとおり「事業継続マネジメント(BCM)研修」を開催します。

 ぜひご参加ください。

<事業継続マネジメント(BCM)研修>
・日時:平成29年11月16日(木) 13:30 ~17:30

・場所:
 ルミエール華月殿 6階 「富士」
 和歌山市屋形町2丁目10

・内容:
 第1部講演:「事業継続計画(BCP)の必要性について」
  BCPの基礎知識の講習

 第2部訓練:「大規模地震対応模擬訓練」(シナリオ型非提示型訓練)
  被災状況をリアルタイムで再現したシナリオ非提示型の「大規模地震対応模擬訓練」を実施し、危機対応に不可欠な要素を体感いただきます。

・講師:
 紀陽リース・キャピタル株式会社 黒川 久生(くろかわ ひさお)氏
 (BCAO認定 事業継続主任管理者)

・定員:30名 (先着順)                      

・対象:県内の中小企業者等

・受講料:無料

・申込方法:下記様式にてFAX(073-431-4108)でお申込下さい。

 申し込み様式(PDF)

・申込先: 和歌山県中小企業団体中央会 担当:連携支援課 岡本

・締切:平成29年11月2日(木)

・主催 :和歌山県中小企業団体中央会、和歌山県

  

(文責:商工振興課 前田芳美)  
Posted by 広報課県民情報班 at 15:18Comments(0)県の施策

2017年09月29日

第3回アグリビジネス公開講座 開催

 和歌山県農林大学校では、農業の新たな展開をテーマとして、農業をビジネスととらえ多方面で活躍されている方を講師に招き、アグリビジネス公開講座(チラシPDF)を開催します。

 この講座は一般の方も参加していただけます。

 第3回目として、下記の講座を開催しますので、是非ご参加下さい。

<アグリビジネス公開講座>
日時  平成29年10月20日(金)13:00~15:00 受付 12:30~

場所  和歌山県農林大学校 講堂(伊都郡かつらぎ町中飯降422)

講座内容
 講師:大阪府立大学 研究推進機構 生物資源開発センター
    食品プロセス工学研究室 特認教授 鈴木利雄 氏
 演題:果樹の機能性と食品加工

参加人員  一般参加者30名(他、農林大学校学生・研修生50名)

参加申込
 農林大学校へ電話で申込んで下さい。
  先着30名
  電話番号:0736-22-2203

[お問い合わせ先]
農林大学校
担当:岩尾・奥野
電話:0736-22-2203
HP:http://www.ag-wakayama.ac.jp/


(文責:経営支援課 林佑香)  
Posted by 広報課県民情報班 at 16:53Comments(0)県の施策