読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 87人
※カテゴリー別のRSSです
和歌山県公式facebookページ わかやま観光情報 プレミア和歌山 わいわい市場 わかやま紀州館・和歌山県アンテナショップ わかやまイベントボード 人気ブログランキングへにほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 和歌山県情報へ
ページランク
新規投稿

新規投稿するにはログインする必要があります。会員IDをお持ちでない方はIDを取得された後に投稿できるようになります。
QRコード
QRCODE
プロフィール
広報ブログ編集長
広報ブログ編集長
和歌山県広報課です。
和歌山県の観光・食・文化・自然・産業などの魅力を発信しています。和歌山のホットな情報をタイムリーに提供していきます。
もちろん、リンクフリーですのでどんどん広めて下さい!

なおコメントに対する返信は原則として行いませんので、あしからずご了承ください。
<和歌山県ソーシャルメディア運用ポリシー>
http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/000200/snspolicy.html


和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる




[PR]ワインをお求めなら、
うきうきワインの玉手箱
[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


アクセスカウンタ

2017年05月02日

第21回和歌山県花いっぱいコンクール開催!

    参加者大募集!!

 「花と緑の豊かなふるさとづくり」運動の一環として、今年も和歌山県花いっぱいコンクールを開催することとなりました。

 花づくりを楽しんでおられる皆様、是非御応募ください!

<第21回和歌山県花いっぱいコンクール>
○主催:和歌山県花を愛する県民の集い
○後援:和歌山県

○対象:県内で花づくりを行っている個人、団体、企業、学校、幼稚園等
    (専門業者に委託しているものや、専門家を雇用している場合を除きます。)

○部門:
 1.『学校の部』
 2.『職場・地域の部』
 3.『家庭の部』(敷地の外部から花壇を鑑賞できるようにしていることが条件です。)

○応募について 
 1.方法:所定の参加申込書に必要事項を記入し、花壇の写真を添付してください。
  ※留意事項等詳細は、チラシ及び参加申込書(下記リンク参照)にて御確認ください。

 2.申込先:
  〒640-8585(県庁専用郵便番号)
  和歌山県県民生活課内 和歌山県花を愛する県民の集い

 3.〆切:平成29年8月8日(火)必着
 
○参加申込書配布場所 
 和歌山県県民生活課(TEL:073-441-2598)
 各振興局総務県民課、和歌山県NPOサポートセンター

 チラシ及び参加申込書は下記よりダウンロードできます。

 和歌山県花を愛する県民の集い:和歌山県県民生活課HP
 http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/031300/npo/news/hanaai.html

【お問い合わせ】
 和歌山県環境生活部県民局県民生活課
 TEL 073-441-2598
 FAX 073-433-1771

(文責:県民生活課 楠本 瑞木)
  
Posted by 広報課県民情報班 at 09:30Comments(0)イベント・地域振興

2017年04月28日

内山りゅう写真展『水のこと 水の国、わかやま。』を開催します!

 ネイチャーフォトグラファー内山りゅうさんによる写真展『水のこと 水の国、わかやま。』を全国3会場で開催します。

 内山さんは、水に関わる生き物とその環境の撮影をライフワークとした写真家で、和歌山の美しい水との出会いから18年前に和歌山に移住しました。

 今回の写真展では、内山さんが撮影された作品の中から41点の作品をご覧いただけます。

 ご家族・ご友人などをお誘い合わせのうえご鑑賞いただき、安らぎのひとときをお過ごしください。

 また、和歌山県では平成28年7月21日から平成30年3月31日までの間、水をテーマにした切り口で和歌山の魅力を発信する「水の国、わかやま。」キャンペーンを開催しています。和歌山の人気のお店でおいしいプレゼントがもらえるお得なキャンペーンパンフレットは、写真展の会場でも手に入れることができます。

 ぜひ、パンフレットを片手に和歌山にお越しいただき、和歌山の「清らかな水」と「その水が育んだ美しい景観」を見て、触れて、感じていただきたいと思います。

【東京会場】
 日時:平成29年5月12日(金)~18日(木) 10時00分~19時00分
                            *最終日は16時00分まで
 会場:富士フイルムフォトサロン東京(東京都港区赤坂9-7-3)

【福岡会場】
 日時:平成29年7月28日(金)~8月2日(水) 10時00分~18時30分
 会場:富士フイルムフォトサロン福岡(福岡市博多区住吉3-1-1)

【大阪会場】
 日時:平成29年9月1日(金)~9月7日(木) 10時00分~19時00分
                            *最終日は14時00分まで
 会場:富士フイルムフォトサロン大阪(大阪市中央区本町2-5-7)

≪内山りゅう 写真展『水のこと 水の国、わかやま。』サイト≫
https://www.wakayama-kanko.or.jp/mizunokuni/information/20170419.html

≪「水の国、わかやま。」キャンペーンサイト≫
https://www.wakayama-kanko.or.jp/mizunokuni/

(文責:観光振興課 舛田拓哉)  
Posted by 広報課県民情報班 at 13:21Comments(0)イベント・地域振興

2017年03月24日

【出動5,000回記念】和歌山県ドクターヘリ活動の見学会の開催について

 和歌山県ドクターヘリは、平成15年1月から運航を開始して、平成28年10月14日に出動5,000回に到達しました。これを機会に、皆様に、ドクターヘリの活動をより知ってもらいたく、ドクターヘリの見学会を開催しますので奮ってご参加ください。
 ※参加された方には、先着300名様に、記念品(マグネット)を用意しております。

1.日時
 平成29年3月26日(日) 14:00~15:00頃

2.場所
 和歌山マリーナシティ
※自家用車で来られる場合は、隣接の有料駐車場を使用してください。

 

3.内容
 (1)開会挨拶(和歌山県立医科大学高度救命救急センター長 加藤教授)
 (2)ドクターヘリ・救急車(和歌山市消防局)連携デモ
  a.着陸場に散水(散水車)
  b.救急車到着
  c.ヘリ着陸
  d.フライトドクター、フライトナース救急車へ乗車
  e.患者をドクターヘリに搬送
 (3)ドクターヘリ活動の説明
 (4)ドクターヘリ見学(機内見学は小学生以下に限定)
 (5)ドクターヘリ離陸
  ※ドクターヘリが要請のために出動しなければいけない場合は、ヘリが戻ってくる間(30分程度)、消防関係車両(救急車、散水車、はしご車)の見学を実施予定。

4.中止について 
 雨天、又はヘリ運航不可能時(強風など)は中止となります。
 中止するかどうかは、当日26日の午前10時までに決定します。決定内容は、下記の(1)か(2)でご確認願います。
(1)電話(073-447-2300、「5,000回記念行事の件」と問合せてください。)
(2)「和歌山県立医科大学高度救命救急センター」フェイスブック及びツイッター

 和歌山県立医科大学 高度救命救急センター:Facebookアカウント
 https://www.facebook.com/wmueccm/

 和歌山県立医大 高度救命救急センター:Twitterアカウント
 https://twitter.com/wmueccm

※決定後でも天候の急変により中止となる場合もございますので、随時、上記(1)又は(2)で確認のほど、宜しくお願いします。


(文責:医務課 谷河小弥佳)  
Posted by 広報課県民情報班 at 10:58Comments(0)イベント・地域振興

2017年03月01日

外国人観光客向けインスタグラム投稿キャンペーン開始 ~「♯visitwakayama」で写真を投稿しよう!~

 県では、外国人観光客を主なターゲットとしたインスタグラム「@VISITWAKAYAMA」アカウントを3月1日から開設しました。

 県内を訪れる外国人観光客の皆さんとともに、四季折々の「自然」「食べ物」「絶景スポット」など、和歌山の魅力を写真で発信します。

 キックオフキャンペーンとして、平成29年3月26日(日)までフォトコンテストを実施します。

 素敵な商品もご用意しております。ハッシュタグ「#visitwakayama」をつけて投稿して、アカウント「@visitwakayama」のフォローお願いします。

@VISITWAKAYAMA:県観光交流課Instagramアカウント
https://www.instagram.com/visitwakayama/

@VISIT WAKAYAMA Kickoff Campaign Photo Contest(英語サイト)
https://photocp.visitwakayama.jp/


<関連リンク>
外国人観光客向けインスタグラム投稿キャンペーン:わかやま県政ニュース
http://wave.pref.wakayama.lg.jp/news/kensei/shiryo.php?sid=24852

(文責:観光交流課 古川龍二)  
タグ :Instagram

Posted by 広報課県民情報班 at 11:29Comments(0)イベント・地域振興

2017年02月23日

平成28年度クリーンアップ運動~スポGOMI大会~参加チーム募集中!




 参加チーム募集中!


~ゴミ拾いはスポーツだ!~
 チームの力を合わせ、制限時間内に、定められたエリア内でゴミを拾い、その質と量をポイントで競い合う、地球に最もやさしいスポーツです。ルールも簡単なので、お子さんからご高齢者までどなたでも楽しめます!
皆様のご参加お待ちしております!

【開催日】
 ○第1回  和歌山市
  平成29年3月11日(土)
  9時30分から12時00分
  和歌山市(県庁集合)和歌山城周辺

 ○第2回  橋本市
  平成29年3月12日(日)
  9時30分から12時00分
  橋本市(伊都振興局集合)

【参加費】 無料 ※ただし参加に伴う交通費などは、各自負担してください。
       
【申込方法】 申込書に必要事項を記載し平成29年2月20日(月)~3月3日(金)までに下記申し込み先まで郵送(必着)または持参ください。

<申込み先>
 〒640-8545 和歌山市手平2-1-2 ビッグ愛7F
 和歌山県ボランティアセンター
 ((福)和歌山県社会福祉協議会内)
 (土・日・祝日を除く午前9時から午後5時まで)

申込書はこちらから
 スポGOMI大会参加申込書(Wordファイル)
 http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/031300/documents/mousikomisyo.docx

【お問い合わせ】
 和歌山県環境生活部県民局県民生活課
 TEL 073-441-2598
 FAX 073-433-1771

 和歌山県クリーンアップ運動ホームページ
 http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/031300/cleanup.html

(文責:県民生活課 山本直輝)  

Posted by 広報課県民情報班 at 16:54Comments(0)イベント・地域振興

2017年02月20日

平成29年2月17日和歌山大学附属中学生がきいちゃんを突撃取材

 和歌山大学教育学部附属中学校1年生の4名が、郷土学習におけるインタビュー活動の一環で、きいちゃんを取材するために和歌山県庁を訪れました。

 和歌山大学教育学部附属中学校では、教育活動の中で和歌山の歴史や文化、人物や産業などを学ぶ時間を設け、和歌山の良さを認識することを目的に、県内の各地を訪問し、こうしたインタビュー活動を展開しています。

 今回は、きいちゃんの趣味や活動状況、今後の目標などをいろいろとインタビューするなかで、「これからも頑張って」と元気な応援のメッセージも頂きました。

 今後は、取材の成果をまとめた独自の冊子「和っぷる」を作成し、きいちゃんにプレゼントしてくれるとのことで、完成を楽しみにしています。

 なお、きいちゃんの活動予定や状況はHPでもご紹介しております。ぜひともご覧のうえ、各地で活躍するきいちゃんを応援してください。

和歌山県PRキャラクター「きいちゃん」:和歌山県HP
http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/000200/wakayamaprcharacter/kiichan_profile.html

(文責:広報課 堺田章)  
タグ :きいちゃん

Posted by 広報課県民情報班 at 16:30Comments(0)イベント・地域振興

2017年02月09日

日本遺産「鯨とともに生きる」認定記念ウォーク『和歌山県熊野灘に鯨の文化が生まれた理由を紐解く』参加者募集中!

 平成28年4月に和歌山県の熊野灘における捕鯨文化に関するストーリー「鯨とともに生きる」が日本遺産に認定されました。これを記念して、多くの方に日本遺産を通じて地域の文化遺産や新たな観光スポットを巡っていただけるようウォークイベントを開催します。

 ウォークの会場となる和歌山県太地町は、古式捕鯨発祥の地と言われ、捕鯨文化が息づく熊野灘地域の中心的な町です。今回は、地元ガイドの案内で、捕鯨文化や鯨とともに歩んできた太地町の人々の歩みが分かるスポットを巡ります。

 たくさんのお申し込み、お待ちしています。

<日本遺産「鯨とともに生きる」認定記念ウォーク『和歌山県熊野灘に鯨の文化が生まれた理由を紐解く』>
 日時:平成29年3月12日(日)10時00分~15時30分
 集合場所:漁港ふれあい広場(太地町太地)
 定員:30名
 参加費用:500円(ガイド料、保険料含む)
 主催:熊野灘捕鯨文化継承協議会

 ※申込方法、その他詳細はチラシをご参照ください。
  案内チラシ(PDF)
  申込みチラシ(PDF)


(文責:観光振興課 尾崎大士)  
Posted by 広報課県民情報班 at 16:34Comments(0)イベント・地域振興

2017年02月06日

「市民フォーラム長寿を目指して(2017)」開催について

 健康に関する情報を普及し、健やかな県民生活の推進を図る「市民フォーラム長寿を目指して」が今年も催されます。

 毎年開催されております本フォーラムでは、日本赤十字社和歌山医療センター泌尿器科の先生方を中心に、様々なテーマについて講演を聴くことができます。

 今回は、金岡俊雄先生(日本赤十字社和歌山医療センター第一泌尿器科部部長)、林正先生(林正泌尿器科クリニック院長)のお二人に医療に関する講演をいただくほか、2013年に歴代最高齢の80歳でエベレスト登頂を達成されたことで知られる、三浦雄一郎氏の講演を予定しております。

 参加を希望される方は、申し込み用はがきを入手の上、郵送にてお申し込みください。

<市民フォーラム長寿を目指して>
 日時:平成29年2月25日(土) 午後2時~午後4時
 場所:和歌山県民文化会館 大ホール
     〒640-8269 和歌山市小松原通り一丁目1番地
 参加費:無料
 お問い合わせ先:日本赤十字社和歌山医療センター 泌尿器科内
         「市民フォーラム 長寿を目指して」実行委員会
         TEL:073-422-4171


(文責:医務課 津田和幸)  
Posted by 広報課県民情報班 at 10:45Comments(0)イベント・地域振興

2017年01月30日

北方領土返還要求和歌山県民大会を開催します

 2月7日は北方領土の日です。この日を中心に全国各地で北方領土の返還を求める大会が開かれます。本県でも、一人でも多くの方々に北方領土問題への理解を深めていただくため、県民大会を開催します。

 外交ジャーナリストで作家の手嶋龍一さんの講演や西脇中学校の生徒による現地研修参加報告などが行われます。

 この機会に北方領土問題について一緒に考えてみませんか。

○日時 平成29年2月4日(土)
     午後1時~4時

○場所 和歌山ビッグウェーブ
     和歌山市手平2丁目1-1

○プログラム
 1.式典
 2.北方領土中学生現地研修参加報告
 3.講演「東アジアのなかの日本を考える」
    外交ジャーナリスト・作家 手嶋龍一 氏

○参加費 無料      

○事前申し込み 不要

主催 北方領土返還要求和歌山県民会議
後援 和歌山県、和歌山県教育委員会、和歌山市

 
    手嶋龍一 氏               昨年度の様子

(文責:広報課 岩野美鈴)  
Posted by 広報課県民情報班 at 10:00Comments(0)イベント・地域振興

2017年01月25日

木と住まいの大博覧会2017に和歌山県ブースを出展!

 和歌山県では、首都圏をはじめとする県外での紀州材の需要拡大に、積極的に取り組んでいます。

 この度、木材と木造住宅に関する総合展示会「木と住まいの大博覧会」(主催:ナイス株式会社、一般社団法人木と住まい研究協会、一般財団法人木構造建築研究所)に、『和歌山県ブース』を出展し、美しく、強度や耐久性に優れた紀州材の魅力を広くPRしますので、お知らせします。

<木と住まいの大博覧会2017>
○日時:
 平成29年2月3日(金)13:00~17:00
      2月4日(土)10:00~17:00
      2月5日(日)10:00~16:00

○会場:
 東京ビッグサイト西展示棟 1・2・3ホール
 (東京都江東区有明3-11-1)

○出展内容:
 ・紀州材製品見本の展示
  スギ・ヒノキの無垢構造材(柱、梁桁等)
  スギ・ヒノキの集成材内装材(フローリング等)
  イス、テーブル等の家具や積み木 など
 ・紀州材の特性に関するパネル展示
 ・紀州材PRパンフレット等の配布


【木と住まいの大博覧会】とは?
 木材がもたらす健康・快適効果や木造住宅の安心・安全に関する製品等を幅広く紹介し、木材の利用を推進する国内最大級の展示会。

 住宅の耐震化をキーワードに、木材・建材・住宅設備機器などを紹介する「住まいの耐震博覧会」との同時開催で、3日間で工務店、設計事務所を始め、住宅の新築やリフォームを検討中の一般消費者ら約6万5千人の来場が見込まれています。

 また、「木育」「木工」コーナーでは、木のプールや積み木など木の香りに包まれながら木と触れ合うことができます。入場無料。

 


(文責:林業振興課 山本将功)  
Posted by 広報課県民情報班 at 14:00Comments(1)イベント・地域振興