読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 86人
和歌山県公式facebookページ わかやま観光情報 プレミア和歌山 わいわい市場 わかやま紀州館・和歌山県アンテナショップ わかやまイベントボード 人気ブログランキングへにほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 和歌山県情報へ
ページランク
新規投稿

新規投稿するにはログインする必要があります。会員IDをお持ちでない方はIDを取得された後に投稿できるようになります。
QRコード
QRCODE
プロフィール
広報ブログ編集長
広報ブログ編集長
和歌山県広報課です。
和歌山県の観光・食・文化・自然・産業などの魅力を発信しています。和歌山のホットな情報をタイムリーに提供していきます。
もちろん、リンクフリーですのでどんどん広めて下さい!

なおコメントに対する返信は原則として行いませんので、あしからずご了承ください。
<和歌山県ソーシャルメディア運用ポリシー>
http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/000200/snspolicy.html

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


アクセスカウンタ

2013年02月01日

3月2日、3日の新宮鉄道開業100周年記念イベント記者会見

 紀南地方で初めての鉄道「新宮鉄道」全線開通してから、3月1日で100周年を迎えます。

 昨年12月1日には紀伊勝浦駅~三輪崎駅間の部分開業を記念して式典とイベントが開催されたのですが、当ブログでも「12月1日の新宮鉄道開業100周年記念イベント【レポート】」と報告させていただきました。

 今回、新宮駅までの完全開業を記念しまして、3月2日(土)と3日(日)に記念式典と関連イベントが開催されるのですが、本日、熊野の鉄道100年を祝い未来を考える実行委員会(中瀬古友夫 代表)西日本旅客鉄道株式会社が東牟婁振興局にて記者会見を行いました。


 (記者会見を行った実行委員会とJR西日本のみなさん)

 本日発表された記念式典とイベントの内容は、下記のとおりです。

【記念式典】
◆日 時: 平成25年3月2日(土) 11:00~11:50
◆場 所: JR新宮駅前広場 (新宮市徐福2-1-1【地図】
◆内 容:
 ●主催者挨拶・来賓祝辞
 ●新勝鉄道唱歌の合唱
 ●記念碑除幕式
 ●大正時代行列



 (12月1日に紀伊勝浦駅周辺で開催された大正時代行列

【JR新宮駅構内イベント】
◆日 時: 平成25年3月2日(土)~3月3日(日)、両日とも10:00~15:00
◆場 所: JR新宮駅構内 (新宮市徐福2-1-1【地図】
◆内 容:
 ●駅構内ツアー、洗浄線体験、鉄道シミュレーター体験、軌道自転車体験 (2日のみ)
 ●ミニ列車運転、381系国鉄特急色車両のスクロール撮影会 (3日のみ)
 ●軌陸車展示、鉄道備品展示


【新宮市内商店街活性化イベント「春よこい!」】
◆日 程: 平成25年3月2日(土)
◆場 所: 駅前本通り、丹鶴町、仲ノ町
◆内 容:
 ●ミニ列車運転
 ●ジオラマ展示
 ●懐かしのフィルム上映
 ●100周年記念グッズ販売
 ●ミニ動物園
 ●大正時代行列
 ●地元特産品の販売


【新宮原木市場と新宮木材協同組合による協賛イベント】
◆日 程: 平成25年3月2日(土)
◆場 所: 新宮原木市場 (新宮市あけぼの4-64【地図】
◆内 容:
 ●原木の記念市
 ●林業関係写真展示
 ●北山筏の展示
 ●餅まき
 ●新宮鉄道路線跡ウォーク


【100周年記念ツアーと記念列車の運行】
◆日 程: 平成25年3月2日(土)~3月3日(日)
 (1)記念ツアー
  ●区 間: 新大阪駅~新宮駅
  ●内 容: 381系国鉄特急色車両による「なつかしのくろしお号の旅」
  ●詳 細: 日本旅行のサイトをご覧ください→http://www.nta.co.jp/jr/train/


 (クリックするとPDFファイルが開きます)


 (2)記念列車
  ●区 間: 紀伊勝浦駅~新宮駅
  ●内 容: 臨時列車(9321M)の運行(紀伊勝浦駅 10:25発、新宮駅 10:55 着)
  ●備 考: 大正時代の衣装を着た60名が乗車(3月2日のみ)



 (100周年記念ヘッドマークの付いた臨時列車)

 なお、3月2日(土)は新宮市内の各地でイベントが開催されるのですが、各会場への移動用に、熊野交通のレトロバスが市内各会場を無料で巡回することになっています。


 (レトロバス。熊野交通WEBサイトより。)

 さらに、3月2日には新宮市内の4箇所で、和歌山名物「餅まき」が行われます。
 開催時刻は重なっていないそうですので、4箇所すべてを回ってお餅を拾うことができるかもik_19

 とても盛りだくさんの内容で書ききれないほどなんですが、各イベントの詳細が分かりましたら、また当ブログでお知らせしたいと思いますface02

 さて大正時代衣装の時代行列ですが、実行委員会では参加者を募集しています。
 参加費は無料ですので、大正時代の衣装を着てみたい方は、下記申込書にご記入のうえ、2月12日(火)までにFAX(0735-21-1179)にてお申し込みくださいik_20


 (クリックするとPDFファイルが開きます)



 (クリックするとPDFファイルが開きます)


 記念行事等についてのお問い合わせは、下記までお願いします。
 ●記念式典: 熊野の鉄道100年を祝い未来を考える実行委員会 (090-3490-6203、中瀬古さん)
 ●鉄道関係: JR西日本 和歌山支社 (073-425-6091)
 ●イベント: 新宮市観光協会 (0735-22-2840)


 今後もイベントの詳細が分かりましたらお知らせしますface02

【参考サイト】
◆熊野の鉄道100年を祝い未来を考える実行委員会Facebookページ
  http://ja-jp.facebook.com/kumanotetudouclub
◆新宮市観光協会で新宮鉄道開業100周年記念Tシャツが発売開始
  http://wakayamapr.ikora.tv/e809816.html
◆10/30、「新宮鐵道」開業100周年記念イベントの記者会見
  http://wakayamapr.ikora.tv/e833802.html
◆12/1は新宮鉄道開業100周年記念イベント【那智勝浦町】
  http://wakayamapr.ikora.tv/e845523.html
◆12月1日の新宮鉄道開業100周年記念イベント【レポート】
  http://wakayamapr.ikora.tv/e847128.html


 【文責:東牟婁振興局 企画産業課 村上 健】  

Posted by くまくま at 17:14Comments(0)イベント・地域振興

2013年02月01日

農大生、金剛山へ登る!

 農業大学校では、毎年、体力づくり、気力・根性・チームワークの育成並びに学生相互の親睦を深めるために、金剛山登山を行っています。
 本日、2月1日金曜日、1年生は金剛山に登りました。



 出発前、校長先生から登山にあたり、気合いを入れて頂きました。
 五條市の天ヶ滝道登山口から山頂めがけて登山開始です。
 今日は天気も良く温かかったため、半袖半ズボン姿の高校生も見られました。しかし、山頂付近はさすがに雪が残っており、アイゼンを装着しての登頂となりました。



 数名の学生は足の痛みを訴えていたものの、みんなそろって無事山頂に到着。
 ライブカメラ前で記念写真を撮ったりしてしばらく楽しみました。



 帰りは大阪方面に下山。
 北斜面のため、登りよりも雪が残っていて、みんな滑りながらの下山となりました。



 今日は天候も良く、みんなケガをすることもなく、無事に登山を楽しむことができたと思います。
 この経験を今後の学生生活に活かしていって欲しいと思います。

(文責:農大 南方)  

Posted by 農大・南方 at 16:43Comments(0)農業大学校だより

2013年02月01日

今日から1ヶ月間「ジビエウィーク」が開催されます!

野生鳥獣による農作物被害が深刻な和歌山県では、県産のイノシシ肉やシカ肉を使った料理を「わかやまジビエ」として普及させることで、被害の軽減と地域資源の有効活用につなげようとする取り組みが進められています。
そのような取り組みの一環として、和歌山県の委託を受けたJTB西日本和歌山支店などが主催する「ジビエウィーク」が本日2月1日(金)から2月28日(木)までの1ヶ月間開催されます。
期間中は県内の協賛飲食店や宿泊施設でジビエ料理が提供されるほか、精肉店でもイノシシ肉やシカ肉が販売されます。

「ジビエウィーク」は昨年度に引き続き2回目の開催ですが、今回は前回より開催期間を2週間延長した拡大版。
「いっぺん喰うてみぃ!わかやまじびえ」をキャッチフレーズに、よりおいしくなった「わかやまジビエ」の魅力をPRします。

2月1日(金)から「ジビエウィーク」が始まるのを前に、関係者を招いての内覧会が1月31日(木)に和歌山市のホテルアバローム紀の国で開かれました。
内覧会では、次の2品が試食メニューとして提供されました。

(1) 猪肉のすきやき風 生石高原の卵添え(ジビエウィーク提供メニュー)
(2) 鹿肉の香草焼き マスタードソース(内覧会特別メニュー)


私も上記2品を試食させていただきましたが、臭みがなくて食べやすく、牛肉や豚肉にも引けを取らないおいしさでした。


《内覧会の様子》

ジビエ料理








取材の様子





ジビエ料理は、高タンパク・低カロリーの料理としても注目を集めています。
これまで「イノシシ肉やシカ肉はちょっと苦手…」と敬遠されていた方も、この機会によりおいしくなったジビエ料理を是非ご賞味ください。

お問い合わせは、「和歌山ジビエプロモーションチーム」まで。
TEL: 073-400-2044


【参考】
■今年も「ジビエウィーク」が始まります!!
http://wave.pref.wakayama.lg.jp/news/file/16810_1.pdf
■ジビエウィーク2013
http://wave.pref.wakayama.lg.jp/news/file/16810_0.pdf
■和歌山県農林水産部農業生産局畜産課
http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/070400/chikusan_top.htm


(文責:広報課 清原 葉子)
  

Posted by 新米広報員 at 16:35Comments(0)イベント・地域振興

2013年02月01日

本日発売の日高川町産「鹿カレー」試食しました!CoCo壱番屋

カレーハウスCoCo壱番屋といえば、カレー専門店チェーンとしては日本最大どころか、世界最大でギネス記録にも掲載されたそうですが、このたび、和歌山限定ご当地メニューとして、日高川町産の鹿肉を使った「鹿カレー」を発売しました。今日(2/1)が発売日ということで、私も県庁から一番近い「CoCo壱番屋 和歌山ぶらくり丁店」に行って、お昼ご飯を兼ねて「鹿カレー」をいただいてきました。

店舗の前には、大きな「鹿カレー」ののぼりが立っています。鹿の角が格好いいですね。


店内には「鹿カレー 830円」のPOPも掲示されています。私は他のメニューは一切見ずに、「鹿カレー」を注文しました。しばらくすると熱々の鹿カレーが運ばれてきました。こちらがその写真です。


鹿肉は日高川町の「ジビエ工房紀州」のものを使用しているそうです。ちゃんとしたジビエの食肉処理施設が完成したことで、身近にジビエ肉が食べられるようになったのはとてもうれしいことです。鹿肉は角切りではなくスライス肉ですが、1食あたり70gも入っているということで、結構分厚いお肉がたっぷり! 野菜も、じゃがいも、にんじん、たまねぎ、いんげんなどがたっぷり入っています。鹿のお肉はどんな感じだろうと思って早速食べましたが、脂身は少ないですが柔らかく煮込んであるのでとてもおいしいです。野生肉だから臭みがあるのかなと思いましたが、まったく匂いもしませんでした。このボリュームで830円だったら、満足感はとても大きいですね。


この「鹿カレー」は、カレーハウスCoCo壱番屋の和歌山県内8店舗と、大阪府泉南市の泉南男里店の9店舗で、本日(2/1)から3/31までの2か月間限定で販売しています。皆さんも、ぜひお召し上がりください!!

(文責:広報課 林 清仁)
  
Posted by 広報ブログ編集長 at 14:03Comments(0)県産品

2013年02月01日

岩出市生研グループ加工販売所「愛SUNさん工房」オープン!!

那賀振興局企画産業課です。

岩出市の農産物や食文化を多くの方に伝えようと活動されている「岩出市生活研究グループ加工部」の取組をご紹介します!!


同グループでは、これまで、岩出市内の学校での出前講座やマラソン大会等での料理のふるまい、味噌づくり伝承塾など、那賀地域に伝わる郷土料理を次の世代へ広める活動に取り組まれてきました。

グループ独自の加工所がなかったことから、自ら農産物の加工・販売を行うことで、活動をさらに発展させていきたいと、昨年4月、同グループ内に加工品を製造・販売する加工部を立ち上げました。
この度、都市と農村の交流を支援する県の地域活性化アグリビジネス支援事業を活用して、加工所が完成し、2月3日(日)10時から「愛さんSUN工房」がオープンすることになりましたik_20



店内には、岩出特産の「なばな」入りのお餅や巻き寿司、金山時みそ、地元でとれた新鮮な野菜などが並びますicon12



中でも「七宝巻きずし」という巻き寿司は、岩出産のなばな、人参、椎茸など7種類の具が入った巻き寿司で、いちおし商品として売り出していきたいとのことです。この他にも、岩出産の米を使用した米みそなど、地元の食材にこだわった加工品が揃っています。


グループの会長福田清子さん(写真中央)は、「若い世代の多い岩出市で、地元の農産物を使って郷土料理を伝えていきたい。平成27年に開催される国体に向けて食べてもらえるおみやげなんかも考えていけたらと思っています。ぜひ一度販売所にお立ち寄り下さい。」と話していらっしゃいましたface01



12月に行われたプレオープンでは、地元の方々が来店され賑わいました。


営業日は、毎週水・日曜日(10時~14時)。
商品が無くなり次第閉店となりますのでご注意下さい。(イベント参加等で臨時休業する場合があります。)
住所:岩出市山614番地
電話:0736-67-7711

詳細は、那賀振興局ホームページをご覧下さい。

<文責:那賀振興局企画産業課 中瀬さくら>  
Posted by 那賀振興局企画産業課N at 09:49Comments(0)県産品

2013年02月01日

2月3日(日)放送「きのくに21」のお知らせ

 2月3日(日)「きのくに21」のお知らせです。

 長引くデフレや財政再建、人口減少社会の到来など、様々な課題に直面する日本経済。
 新政権でも、「強い経済」を取り戻すべく、再生に向けた政策が動き始めています。 
 そこで、今回は、「ワールドビジネスサテライト」などでお馴染みの東京大学大学院経済学研究科教授の伊藤元重さんをゲストにお迎えし、「日本経済の行方」をテーマに知事と語ります。
 経済財政政策の司令塔である経済財政諮問会議議員も務められる伊藤さん。
 日本経済を再生するにはどうすればいいのか、分かりやすくお話いただきます。

 是非、ご覧下さい!

 テレビ和歌山 2月3日(日)9:30~10:00 22:00~22:30

(文責 広報課 杉本 吉美)
  

Posted by テレビ広報担当 at 09:21Comments(0)テレビ