読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 87人
和歌山県公式facebookページ わかやま観光情報 プレミア和歌山 わいわい市場 わかやま紀州館・和歌山県アンテナショップ わかやまイベントボード 人気ブログランキングへにほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 和歌山県情報へ
ページランク
新規投稿

新規投稿するにはログインする必要があります。会員IDをお持ちでない方はIDを取得された後に投稿できるようになります。
QRコード
QRCODE
プロフィール
広報ブログ編集長
広報ブログ編集長
和歌山県広報課です。
和歌山県の観光・食・文化・自然・産業などの魅力を発信しています。和歌山のホットな情報をタイムリーに提供していきます。
もちろん、リンクフリーですのでどんどん広めて下さい!

なおコメントに対する返信は原則として行いませんので、あしからずご了承ください。
<和歌山県ソーシャルメディア運用ポリシー>
http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/000200/snspolicy.html

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


アクセスカウンタ

2013年02月13日

大気汚染物質「PM2.5」測定値を県ホームページに掲載開始!

中国で深刻な大気汚染を引き起こしている微小粒子状物質(PM2.5)については、1月下旬より新聞やテレビで盛んに報道され、日本への影響も懸念されています。

和歌山県では、平成24年度から海南市役所の屋上に自動測定局を設置し、微小粒子状物質(PM2.5)を24時間連続測定していますが、昨日(2/12)から和歌山県ホームページに、PM2.5測定データの掲載を開始しました。トップページの「注目情報」に掲載されている「大気中の微小粒子状物質(PM2.5)について」をクリックすれば特設ページへとリンクしています。


PM2.5は、大気中に浮遊する粒子状物質のうち、粒径2.5μm(1μmは1mmの千分の1)以下のもので、主にディーゼル車の排ガス、工場のばい煙、暖房用に燃やした化石燃料のススなどから排出され、粒径が小さいことから、呼吸器系の奥深くまで入りやすく、肺がん、呼吸器等への影響に加え、循環器系への影響が懸念されているそうです。
平成21年9月に環境省が設定したPM2.5の環境基準では、1年平均値が15μg/m3以下 かつ 1日平均値が35μg/m3以下となっています。

掲載されている本日の「PM2.5【速報値】(PDFファイル)」を見ましたが、和歌山県では幸いこれまでのところ1日平均値が35μg/m3を超えたことはありません。


和歌山県のデータは毎日1回、午前10時に更新されます。和歌山県以外の状況については、環境省が特設サイト「微小粒子状物質(PM2.5)に関する情報」を開設していますので、こちらをご覧ください。

(文責:広報課 林 清仁)
  
Posted by 広報ブログ編集長 at 16:06Comments(0)県の施策

2013年02月13日

2/9・10の熊野スイーツフェスティバルin那智勝浦【レポ】

 以前、当ブログで「2月9日・10日は熊野スイーツフェスティバル in 那智勝浦」と告知させていただきましたが、無事開催されましたので写真でレポートします。


 会場となった、那智勝浦町バスターミナル第2駐車場です。
 黄色いアーチの左側に見えるのは、足湯「鮪乃湯」です。
 道を挟んだ向かい側にも足湯「海乃湯」があり、毎日6:00から22:00まで無料で開放してますので、那智勝浦町にお越しの際はぜひご利用くださいface02


 2月9日(土)の司会とトークショーを担当していただいた、よしもとの和歌山県住みます芸人「わんだーらんど」のお二人です。
 写真左は美浜町出身の東岸誠さん、右は紀美野町出身の谷坂俊輔さんです。
 さすがはプロです、とても司会が上手で、一日じゅう会場を盛り上げてくれましたface03


 ゆるキャラ撮影会です。
 左から、古座川町「瀧之拝太郎」新宮市「ヤタちゃん」田辺市本宮町「八咫之助(やたのすけ)」新宮市「めはりさん」、そして2015年紀の国わかやま国体「きいちゃん」です。
 彼ら(?)は女性や子どもたちに大人気で、写真を撮る人が絶えませんでしたicon10


 北山村在住で世界で活躍する若手マジシャン、原大樹さんのマジックショーです。
 2日間のイベントで、いちばん人が集まったのがこの瞬間でしたik_20
 原さんのマジックショーを見るために、遠くから来てくださった方が大勢いました。


 参加店舗の中には、会場で実演販売を行うところもありました。
 これは三笠焼を焼いているところなんですが、会場に何とも言えない甘い香りが漂っていましたicon12


 和歌山県立新翔高校の生徒も、販売のお手伝いをしてくれました。


 本部前では、温かいお茶無料でふるまいました。
 田辺市本宮町の音無茶、古座川町のユズ茶、那智勝浦町の色川茶(紅茶)です。


 わんだーらんどのお二人は、会場の店舗を一つひとつ回って、お店ご自慢のスイーツを紹介してくれましたicon26
 試食もしながら、感想を述べてくれてました。

 以上、2月9日(1日目)の会場の様子をお伝えしました。
 10:00から15:00の間に、4,500人もの方に訪れていただきましたface02


 さて、2月10日(2日目)も、開始早々、順調な滑り出しとなりました。
 那智勝浦町内のホテルや旅館にお泊まりいただいた観光客の方々に、お立ち寄りいただきました。


 2日目は、ハーモニカコンテストで日本一に輝いたこともあるユメグミさんのライブがありました。
 クラシックからポップスまで誰もが親しめる曲を、優しく、そして時には激しく演奏してくれましたicon12

 2日目の来場者数は 5,500名、2日間合わせて1万名もの方々がスイーツフェスティバルに来てくださいました。
 また、会場近くでは「南紀勝浦ひなめぐり」も開催されており、那智勝浦町内がとても賑わった週末となりましたicon12
 会場に来ていただいた皆様に感謝申しあげますface02

 【文責:東牟婁振興局 企画産業課 村上 健】  

Posted by くまくま at 15:33Comments(0)グルメ・レストラン