読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 87人
和歌山県公式facebookページ わかやま観光情報 プレミア和歌山 わいわい市場 わかやま紀州館・和歌山県アンテナショップ わかやまイベントボード 人気ブログランキングへにほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 和歌山県情報へ
ページランク
新規投稿

新規投稿するにはログインする必要があります。会員IDをお持ちでない方はIDを取得された後に投稿できるようになります。
QRコード
QRCODE
プロフィール
広報ブログ編集長
広報ブログ編集長
和歌山県広報課です。
和歌山県の観光・食・文化・自然・産業などの魅力を発信しています。和歌山のホットな情報をタイムリーに提供していきます。
もちろん、リンクフリーですのでどんどん広めて下さい!

なおコメントに対する返信は原則として行いませんので、あしからずご了承ください。
<和歌山県ソーシャルメディア運用ポリシー>
http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/000200/snspolicy.html

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


アクセスカウンタ

2014年07月27日

薬草の標本を作ろう

夏休みの自由研究、何を題材にしようか悩んでいませんか。

岩出市の緑花センターで夏休み期間中に開催されている『ワクワク教室』
7月19、27日のテーマは『薬草の標本を作ろう』です。
身近な薬草について採集しながら学び、標本を作りましたので、ご紹介します。
講師は、薬剤師の金谷先生です。

平成26年7月19日(土)
 まず、薬草を採集するため、緑花センター内をぐるっと一周歩きました。

花壇の中かと思いきや、道ばた、広場や茂みの中から
先生は次々と薬草を見つけ出し、薬効や食べ方などの解説を加えていきます。

僕は過去に何度か緑花センターに来ましたが、
本日見つけた草花は立て札もなく完全に見逃していました。
オオバコ、ヨモギ、クズ、サルトリイバラ、アカメガシワ、アケビ、ミツバアケビ、イタドリ、
ヤマイモ、ノイバラ、センダン、チガヤ、ドクダミ、スイカズラ、ハッカ、などなど
かご満杯に薬草が集まりましたik_48



しおれないうちに部屋に戻り、
採集した薬草をキッチンペーパーと新聞紙で挟み、上に重しを置きました。

きれいな標本を作るコツは、早く乾燥させることです。
そのため、新聞紙を毎日交換し、一週間待ちました。

平成26年7月27日(日)
乾燥した薬草をシールで台紙に貼りつけ、
ラベルを付けて完成です。
薬草名、作成日、作成者、採取場所、感想などを思い思いに書き込みました。

face01イタドリです。和歌山では「ごんぱち」と呼ばれています

図鑑やインターネットで見るよりも、
実物を見て、触って、匂って、感じたことを標本に綴じることで、
薬草への理解をさらに深めることができました。

(文責:薬務課 藪内弘昭)  

Posted by yaboojp at 17:10Comments(0)イベント・地域振興

2014年07月27日

7月29日(火)は土用の丑の日です

有田振興局企画産業課です。

 今年の土用の丑の日7月29日(火)だそうです。
 土用の丑の日と言えば、やはりです。
 そして、鰻と言えば一心同体と言っても良いのが、そう、山椒です。
 そしてまた、山椒と言えば、ぶどう山椒の生産量日本一なのが有田川町なのです。

ぶどう山椒

 山椒は万能調味料。煮物と一緒に煮ても良いし、焼き物にかけてもおいしい。山椒を調味料として使うだけで、味わいがグッと引き立ちます。

 でも、やはり一般的に知られている王道の使い方は、鰻の蒲焼きにかけること。
 今年の土用の丑の日には、ぜひ、有田川町のぶどう山椒をかけた鰻を食べて、暑さを乗り切って下さい。

(文責 有田振興局企画産業課 児嶋史晃)  

Posted by おしょう at 16:39Comments(0)県産品