読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 85人
和歌山県公式facebookページ わかやま観光情報 プレミア和歌山 わいわい市場 わかやま紀州館・和歌山県アンテナショップ わかやまイベントボード 人気ブログランキングへにほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 和歌山県情報へ
ページランク
新規投稿

新規投稿するにはログインする必要があります。会員IDをお持ちでない方はIDを取得された後に投稿できるようになります。
QRコード
QRCODE
プロフィール
広報ブログ編集長
広報ブログ編集長
和歌山県広報課です。
和歌山県の観光・食・文化・自然・産業などの魅力を発信しています。和歌山のホットな情報をタイムリーに提供していきます。
もちろん、リンクフリーですのでどんどん広めて下さい!

なおコメントに対する返信は原則として行いませんので、あしからずご了承ください。
<和歌山県ソーシャルメディア運用ポリシー>
http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/000200/snspolicy.html

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


アクセスカウンタ

2013年11月08日

ジオパーク目指して、『地獄の釜』の大掃除【串本町】 

 串本町大島須江地区には『地獄の釜』とよばれる上部直径約70m、深さ約40mにも及ぶ円錐形のタテ穴があります。さらにタテ穴と海が、洞窟(長さ約25m、幅約5m、高さ約6~7m)でつながる特徴的な地形です。タテ穴の縁に立つと思わず足がすくみます。
波浪による浸食でできた洞窟の上部が陥没することで出来上がったのではないかと思われますが詳しいことは良く分かっていません。

『地獄の釜』には、その昔、六部(六十六カ国の霊場にお経を納めて廻る行者)が2人の武士に追いかけられ、この穴の淵まで追いつめられ斬り殺され底に転落した、という悲惨な伝説があります。

11月2日(土)、南紀熊野ジオパーク活動調査研究事業の一環として、大辺路刈り開き隊が主催・実施した『地獄の釜』清掃活動に参加してきましたのでレポートします。


(釜の底)


今回の清掃活動には、主催の大辺路刈り開き隊(上野隊長)や地元串本古座高校生徒、一般ボランティア、串本町職員と県職員ら合計27名が参加しました。

崖から釜の底に降りることは危険が伴うため、渡船と手こぎボートを使って上野隊長と隊員2名、県職員2名(自然環境室1名、東牟婁振興局1名)の5名が海から向かいます。ボート進入口の岩場は狭く浅く、波が穏やかで無ければ進入すら難しい場所です。

(ボートで洞窟に近づきます。)

底には、空き缶やペットボトル、鉄パイプ、ストーブやレンジなどの投棄ゴミに加え、洞窟を通じて波浪で打ち上がった流木、漁業用ロープやブイ、塩ビパイプ、発泡スチロール、プラスチック製品など漂着ゴミが、足の踏み場も無いほど溜まっていました。


釜の底に入った隊長以下5人が大型土嚢にゴミを集め、崖の上からは別働隊がロープと滑車を使い人力で土嚢を引き上げます。引き上げ時に、斜面から落石が発生することもあり、メンバーに緊張が走る場面も何度かありました。

(大型土嚢を引き上げています。)


引き上げられたゴミは高校生や一般ボランティアらが一輪車で搬出し分別していきます。
作業は10:00~15:00まで繰り返し続き、ご覧の通り大量のゴミを回収することができました。


『地獄の釜』は珍しい地形ですが、現時点は南紀熊野ジオパーク構想におけるジオサイト候補地ではありません。少なからず危険が伴う為、橋杭岩などのように気軽に観光できる場所でもありません。
しかしながら、恐ろしげな地名と相まって、子供の頃「トムソーヤーの冒険」を読んだときの気持ちを思い出させてくれる場所でした。

今後『地獄の釜』をジオサイトとして活用を目指す為には、まずこの地形の成り立ちに関する専門家の意見を求める必要があります。そのうえで、今回の経験もふまえ、どのような見せ方が可能で、観光時の安全確保はどうすべきかなど、地元関係者とより検討を進めていく必要があります。

(釜の底から真上を見上げた風景。)

(文責 東牟婁振興局 企画産業課 吉中秀郎)  

Posted by くまくま at 21:27Comments(0)観光・自然

2013年11月08日

第4回嵯峨谷里めぐりハイキングが開催されました!

11月3日(日・祝)に、橋本市嵯峨谷でハイキングイベントが実施されました。
今年で4回目となるこのイベントは、嵯峨谷区・紀の国ふるさとづくり協議会・高野口町商工会・橋本市が主催となって企画しています。
スタッフとして参加しましたので、当日の様子をレポートします。


今回は約250名近くが参加、リピーターも多いようです。ハイキングコースは橋本市エコパーク「紀望の里」またはJR高野口駅をスタートし、約5~7Km先のふるさと体験村を目指します。
道中はのどかな雨上がりの山村風景を楽しみながらのハイキング。


折り返し地点でもあるふるさと体験村では、地元スタッフの手作りによる地元食材を使ったかやくご飯や豚汁、柿などがふるまわれ、みんなでわいわい言いながらいただきました。


ふるさと体験村の施設内では、マイ箸作りとウッドバーニングという木の板に専用の焼きゴテを使ってイラストを描く木工体験が、大人気!!


地元特産品の販売、観音寺でのもちまきなど色んな企画が盛りだくさんで、参加者と地元・嵯峨谷の方とのふれあいや、心のこもったあたたかいイベントとなりました。

来年も開催予定ですので、ぜひご参加くださいface02


(文責:伊都振興局林務課 片畑万季)  
Posted by 伊都・橋本広報 at 16:26Comments(0)イベント・地域振興

2013年11月08日

11/9、10は大収穫祭in九度山&まっせはしもと

平成25年11月9日(土)、10日(日)、九度山町内入郷コミュニティ消防センター広場において「大収穫祭IN九度山」が開催されますik_20(主催:「大収穫祭IN九度山」実行委員会)



このイベントは、九度山町特産の「九度山の富有柿」を広く周辺地域にPRし、なお一層のブランド化を図ることとともに、地域コミュニティーの更なる強化を目指し、実りの秋の収穫に感謝の意を込めて開催されるイベントです。
会場では、富有柿や農産物のバーゲンステージイベントフリーマーケットが企画されています。

今回は、建設工事の関係で、会場周辺には駐車場がありません。
九度山町役場駐車場、和歌山県立きのかわ支援学校、安田島公園駐車場、駐車場をご利用ください。
無料シャトルバスが運行しています。
九度山町役場ホームページhttp://www.town.kudoyama.wakayama.jp/dd.aspx?itemid=3614#itemid3614


また、平成25年11月10日(日)には、紀の川グラウンド(橋本市向副緑地)にて、「第8回まっせ・はしもと」が開催されますik_20

このイベント名は、楽しいことがあり“まっせ”の「まっせ」に由来しています。
まっせ・はしもとでは、市内商工・農林業者等の出展ブース農林産物品評会もちまきかかしコンクールフリーマーケットミニ電車やキャラクターショーなど楽しい催しが用意されています。


橋本市ホームページhttp://www.chw.jp/event/1380509074874.html
週末は九度山・橋本の産品とイベントを楽しみに、伊都地方にお越しくださいface02


文責:伊都振興局企画産業課 鍵本 典子  
Posted by 伊都・橋本広報 at 10:44Comments(0)イベント・地域振興

2013年11月08日

11/9~ めっけもん広場 来店客数1000万人記念感謝祭

 11月4日(月)、JA紀の里ファーマーズマーケットめっけもん広場の来店者数が1000万人を突破しましたik_20
 2000年11月のオープンから13年での達成で、全国にある約2000のJA農産物直売所で初めての記録だそうです。
 1000万人目となったお客さんには花束記念品の柿が贈られましたik_09



 これを記念して、めっけもん広場では、11月9日から来年3月まで、感謝祭「めっ家のサンクスフェスタ」が開催されますik_20 
 今週末の9日10日は、スタートイベントとして下記のとおり実施されますので、是非めっけもん広場へお越しくださいface02





11月9日(土)
◆めっ家者にぎわいステージ
 ご当地女性アイドルグループFun×Famのトークライブステージ
 ①10:30~ ②13:00~ ③15:00~

◆めっ家チャリティオークション
 農家の方より提供頂いた農産物をオークション形式で販売
 ①10:00~ ②12:30~ ③14:30~

◆めっ家の食卓ぐるめっ家スープ
 先着1000名に地場産農産物たっぷりのオリジナルスープを振る舞います。
 ①10:00~ ②14:00~ 先着各500名様


11月10日(日)
◆めっ家者1日店長
 ポン太青果で有名な土肥ポン太が1日店長としてトークステージや、おいしい青果物の見分け方等を伝授
 ①10:30~ ②13:00~

◆めっけもんクイズステージ
 クイズに答えて旬のフルーツをゲット!
 ①10:00~ ②12:30~ ③14:30~ ④15:30~

◆家族で挑戦!フルーツハンター
 先着100名で2000円以上をお買い上げ頂いたお客様に、旬のフルーツを「タダ」で持ち帰るチャンス!
 ①10:00~ 先着100名様に達し次第終了


 その他、食農パネル展スタンプラリーなどのイベントも開催されますicon12



(文責:那賀振興局企画産業課 東沙也加)

  
Posted by 那賀振興局企画産業課H at 09:21Comments(0)地域情報