読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 86人
和歌山県公式facebookページ わかやま観光情報 プレミア和歌山 わいわい市場 わかやま紀州館・和歌山県アンテナショップ わかやまイベントボード 人気ブログランキングへにほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 和歌山県情報へ
ページランク
新規投稿

新規投稿するにはログインする必要があります。会員IDをお持ちでない方はIDを取得された後に投稿できるようになります。
QRコード
QRCODE
プロフィール
広報ブログ編集長
広報ブログ編集長
和歌山県広報課です。
和歌山県の観光・食・文化・自然・産業などの魅力を発信しています。和歌山のホットな情報をタイムリーに提供していきます。
もちろん、リンクフリーですのでどんどん広めて下さい!

なおコメントに対する返信は原則として行いませんので、あしからずご了承ください。
<和歌山県ソーシャルメディア運用ポリシー>
http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/000200/snspolicy.html

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


アクセスカウンタ

2013年11月07日

関西領事館フォーラム関西ツアーで有田市と湯浅町を訪問

有田振興局企画産業課です。

 11月6日、関西領事館フォーラムの関西ツアーに参加された方々が、有田市と湯浅町を訪問してくれました。
 関西領事館フォーラムは、近畿農政局、近畿経済産業局、外務省大阪分室、近畿地方整備局、近畿運輸局などが連携して開催しているもので、在関西の19カ国総領事館を通じ、「関西ブランド」を世界に向けて発信しています。
 今回は「日本の食:美味しさの秘密を探る」をテーマに、和歌山県が収穫量日本一を誇る「温州みかん」と、伝統的製法を引き継ぐ「醤油」などを題材に、関西ツアーが開催されました。参加されたのは、関西の領事館関係者33名です。

 一行は大阪を出発したあと、有田市の早和果樹園を訪問。有田市の副市長も、一行をお出迎えします。
 まず秋竹社長から、同園の歴史や美味しいみかんの栽培、6次産業化の取り組みなどについて説明を受けました。その後、同園のみかん畑に移動し、みかんの収穫を体験。皆さん、楽しそうにみかんを穫って食べながら、同園スタッフに色々と質問をしていました。



 昼食では、早和果樹園からほど近い橘家で、和歌山県の観光PR用DVDを見ながら、地元特産の太刀魚などを活かした料理を堪能。



 昼食後は、湯浅町に移動。こちらでも湯浅町の副町長がお出迎え。
 役場の職員さんが案内しながら、伝統的建造物群保存地区を見学し、角長の醤油資料館とともに、普段は入れない醸造蔵も特別に見学させていただきました。
 皆さん、関西に在住されているので、醤油も身近に感じられている様子。



 この後、一行は海南市に向けて出発していきました。
 今回、様々な国の領事館関係の方々が、有田に来ていただきました。これを機に、有田みかんや醤油など、有田が誇る「美味しい食」が世界に向けてより一層発信されることを期待しています。

(文責:有田振興局企画産業課 児嶋史晃)  

Posted by おしょう at 21:54Comments(0)地域情報

2013年11月07日

11/24(日) 2013国際教育セミナー 開催!

和歌山県高等学校国際教育研究会が主催する、2013国際教育セミナー 開催のお知らせです。
昨年は「環境」がテーマでしたが、今年のテーマは「食」
和歌山出身の料理研究家、フード・ジャーナリストの貝谷郁子さんを講師として迎え、
身近なところにある地域の食文化から視野を広げ、世界規模で取り組まなければならない「食」の問題を考えます。




和歌山県高等学校国際教育研究会のシンボルマーク


セミナーでは、パスタを手作りしながら、「食」を中心としたわたしたちの暮らしを考えます。
前回は高校生のみの参加でしたが、今回は高校生以上で国際教育などに興味のある方ならどなたでも歓迎ですので、ふるってご参加ください!参加費は無料です。

日時:2013年11月24日(日) 10:30~15:30 (10:00~受付開始)
会場:田辺市ひがし公民館(ひがしコミュニティセンター)
    〒646-0133和歌山県田辺市南新万28番1号 
対象:高校生以上の国際教育・開発教育などに関心のある方
申込:申込用紙に必要事項を記載の上、メール又はファックスでお申込みください。【申込締切:11月11日(月)】
申込・問い合わせ先:和歌山県高等学校国際教育研究会 事務局(県立海南高等学校内)  担当:宮崎
          TEL:073-482-3363  FAX:073-484-2346

※セミナー開催案内・申込用紙はこちら

(文責:広報課 土山絢子)  
Posted by 新米広報員2 at 20:33Comments(0)イベント・地域振興

2013年11月07日

11/6(水)県立自然公園枯木灘ジオツアー(串本町)レポート

11月6日(水)、「県立自然公園枯木灘ジオツアー ~地層に深海のできごとをみる~ 」が開催されました!
これは、串本町和深駅から田子駅まで熊野古道大辺路を歩いて、海岸部の牟婁層群といわれる深海でできた地層や、世界的な地質遺産のさらし首層などの地形を巡るツアーで、日本地質学の後誠介(うしろ せいすけ)さんが語り部をつとめます。
串本町は南紀熊野ジオパーク構想エリアの9市町村のうちのひとつで、南紀熊野ジオパーク構想では、地域の地形や地質を含めた自然を保全し、それらを地域の発展に生かすことを目的として、南紀熊野エリアのジオパーク認定を目指しています。今回のジオツアーもその一環で、串本の魅力を再発見し、地域の自然への理解を深める秋のイベントとして開催されました。

朝9時半に和深駅に集合し、説明と準備運動のあと、歩いて3分くらいのところにある和深海岸に向かいます。
白浜町から串本町まで延長約70kmに及ぶ枯木灘海岸は、深さ5000m程度の深海で堆積した地層が、海洋プレートが大陸プレートに沈み込む際に陸側にくっついて隆起したものでできているそうで、この和深海岸でも深海で堆積した砂が固まってできた砂岩層と泥が固まってできた泥岩層が交互に重なった地層をみることができます。
これは、大きな地震や津波などが起こった際に深海の海溝付近に砂や泥が流れ込んで地層となったもので、砂岩層のうえに泥岩層が重なったものが1セットの地層となっています。このような、深海底に堆積する砂岩泥岩互層を「タービダイト」と呼ぶそうです!はじめて知りましたが、かっこいい響きですね!砂岩層の底面には、波のあとや生き物の化石を見つけることもできます。





このあと、熊野古道大辺路を歩いて田子駅、そして田子の浦海岸に向かいます。ここには、「サラシ首層」(!)と名づけられたとても特徴的な地層があります。平らな岩場には、大小の岩の塊がサラシ首のようになって無秩序に並んでいます。この地層は、海洋プレートが大陸プレートに沈み込む際に陸側にくっついた海洋プレートの堆積物がまだ海底にあるとき、海底斜面で崩壊が発生し、海底土石流となって海底斜面を流れ下って斜面の下のほうに堆積してできたものだそうです。よく見てみると大小の岩の塊は厚い泥岩層のなかに取り込まれていることが分かります。



少し歩いた先にある江田海岸では、また違った風景が待ち構えていました。平らな岩場の上に長くつながる砂岩泥岩互層は、地層の傾きが大きいため泥岩層が大きく侵食されてまるでひだのようになっています。このため、砂岩層の底面にある生物の痕跡が見やすいです。訪れた人はこのひだのような地層を「ゴジラの背中」や、「恐竜のひだ」というふうに表現していました。



さらに、ここの地層は複雑な褶曲や小断層が多くみられます。これは地層がまだ水を含んで完全に固まっていない状態のときにプレートの沈み込みに伴って陸側に付加される過程でできたものとみられているようです。ジオツアーの参加者の皆さんは変わった褶曲や小断層をみつけてはどのようにしてこうなったのかを後さんに聞いて教わっていました。




今回はじめてジオツアーのようすを取材させていただきましたが、海岸沿いを車で通りながら見ているだけでは到底分からない地層の奥深さの一端をみた思いです。地学に関してほとんど知らなかったのですが、海岸の地層はこんなにも歴史のあるおもしろいものなんだと楽しむことができました。
機会があれば皆さんもぜひ、枯木灘海岸まで足を運んで、地層に刻まれた深い歴史に思いを馳せてみてはいかがでしょうか。

(文責:広報課 土山絢子)  
Posted by 新米広報員2 at 20:19Comments(0)イベント・地域振興

2013年11月07日

あす 朝日放送「おはようコールABC」でみかんの初せり!

明日の和歌山県関連テレビ番組の追加を1件ご紹介します。

11/8(金)5:00-6:45 朝日放送(近畿広域圏)の「おはようコールABC」
番組表には「▽今一番ホットな和歌山ブランドみかんの初セリ」と掲載されています。どのブランドかは分かりませんが、明日の朝一番の「おはようコールABC」で和歌山のみかんの初せりが取り上げられるようです!みかん!楽しみですね。ぜひご覧ください。


また新たに番組を発見したら、その都度ご報告いたします。 もしみなさんも和歌山県関連テレビ番組を見つけられたら、コメント欄で報告してください!お待ちしています。

(文責:広報課 土山絢子)   
Posted by 新米広報員2 at 20:08Comments(0)テレビ

2013年11月07日

♪イオン貝塚店で和歌山フェアが開催されました♪

10/25~イオン貝塚店で「和歌山フェア」開催!のブログで紹介しておりました「和歌山フェア」が10月25日~10月30日の日程で開催されましたik_20



フェア期間中の27日(日)に私も覗きに行ってみました!
この日は日曜日ということもあり、お客さんの入りも多かったです。
JA紀北川上さんのたねなし柿のセールでは人だかりができていました!



ナタ豆茶やひねキングカレーなど珍しい商品に足を止めるお客さんも多く、十分商品PRができたと思います。




また、高野山のお土産品、焼きもち売り場も盛況でした。


さらに、Hashitama卵菓のプリンやケーキは夕方までに全て完売


足を運んでくださった皆様、どうもありがとうございました!

和歌山県伊都地方は歴史も豊かで食材にも恵まれた地域です。
特に、この季節は柿の収穫期でもあり、赤く実った柿畑や農家の軒先に柿の玉のれんが一斉に吊るされる景色は絶景です!

これをきっかけにぜひ和歌山の伊都地方まで足を運んで頂ければ幸いです。
お待ちしておりますface02

(文責:伊都振興局企画産業課 近藤 早央里)
  
Posted by 伊都・橋本広報 at 17:57Comments(0)県産品

2013年11月07日

11/7 「生鮮移動スーパー」出発式!!

経済産業省の「地域自立型買い物弱者対策支援事業」の補助を受けて㈱松源が運営する「生鮮移動スーパー」の出発式が、本日、橋本市の松源伏原店で挙行されました。
出発式には高野町、かつらぎ町、有田川町の3町長のほか、近畿経済産業局の担当セクションの方々も臨席され、盛大に行われました。
また、高野山開創1200年記念大法会マスコットキャラクター「こうやくん」かつらぎ町のイメージキャラクター「かきおうじ」2015紀の国わかやま国体・紀の国わかやま大会マスコット「きいちゃん」も登場し、式典の賑わいに一役買いました。
㈱松源・兼田専務のご挨拶では「移動販売車で単に食品を売るのでなく、地域住民のニーズや要望を自治体に伝える橋渡し役となり社会貢献に努めたい」との抱負を述べられていました。



運航開始する「生鮮移動スーパー」は、2tトラックを特別に改造したもので、ボディには生鮮食料のイラストとともに、「こうやくん」「かきおうじ」「きいちゃん」のイラストも描かれています。



車内は冷蔵設備に収められた肉・魚をはじめパンや飲料、菓子類など600種類の品揃えとのこと。10月に行ったテスト販売の際に集約した消費者のご意見を踏まえて品目を十分検討したそうです。

出発式を締めくくるテープカットの後、早速、高野町富貴地区に出向いて販売を始めました。高野町富貴高齢者福祉生活センター前には地域住民の方々が集まり、新鮮な食材を求められていました。



高野町内での移動販売は今日からスタートしましたが、かつらぎ町内は12月から、有田川町内は翌年1月からスタートする予定です。また2tトラックとは別に軽四トラックも近く導入予定とのこと。
この「生鮮移動スーパー」が、地域の新たなコミュニケーションの場となっていけば良いですね。

(文責:伊都振興局企画産業課 木村恵)

  
Posted by 伊都・橋本広報 at 17:24Comments(0)地域情報

2013年11月07日

田辺農林水産業まつりに西牟婁地方の農家団体が出店します

来る11月10日(日)、田辺市扇ヶ浜交流広場&カッパークにおいて第26回田辺農林水産業まつりが開催されます。
 この催しは、地域産業である、農業・林業・水産業のことを多くの方に知って頂き、一次産業への理解を深めてもらうことを目的に毎年この時期に開催されています。

 

↑クリックで拡大します

 西牟婁振興局農業振興課が支援している3団体(農業士会女性部会・生活研究グループ・4Hクラブ)も地域を盛り上げようと、例年出店しています。
 農家のリーダーとして活躍する農業士女性部会では、
  ・手作りのもちとあんで作った「芋もち」
  ・地元で採れた松茸など山菜を使った「松茸ご飯」「山菜おこわ」
  ・各自で栽培した「農産物」
 農産物や食文化の周知活動をしている生活研究グループでは
  ・ジビエ料理の魅力を知ってもらおうと、「鹿肉の竜田揚げ」
 若手農業後継者団体である4Hクラブは
  ・クラブ員が栽培したこんにゃく芋を材料に手作りした「こんにゃく」
  ・「たこ焼き」

  ・各自で栽培した「農産物」
をそれぞれ販売(一部チャリティー販売)します。

是非是非活気あふれる農業者が栽培したおいしい農産物、加工品を堪能ください。
 

人と人をつなぎ、技術を普及!! 地域農業を支える!! 和歌山県の農業改良普及活動。
 もっと、いろいろな活動を御覧になりたい方はこちら↓をクリック
  【和歌山県農林水産部経営支援課(農業革新支援センター) 普及活動現地情報】

                    (文責:西牟婁振興局地域振興部農業振興課 浅井千晶)
  

Posted by 浅井 at 10:18Comments(0)イベント・地域振興

2013年11月07日

11月17日(日)じゃばらの里の収穫祭2013開催【北山村】

和歌山県の飛び地:北山村特産の柑橘『じゃばら』の収穫が11月中旬始まります。
じゃばら』は北山村が原産。
果汁が豊富で、ユズやスダチとは違った風味があり糖度と酸度のバランスのとれたまろやかな風味が特徴です。一言でいうと「にがうま」。そのまま搾って果汁やドリンクにしたり、マーマレードやジャム・調味料として活用したりと用途は様々です。


(収穫をひかえた北山村の「じゃばら」)

江戸時代、北山村周辺に分布していた柚子や九年母、紀州みかんなどの自然交配種の中から、山あいの厳しい気候に適応した個体が、『じゃばら』になり自生したと言われています。
邪気を払う』ほどに酸っぱいことから『じゃばら』と名付けられたとか。しかも、花粉症などアレルギー症状の抑制作用があることが知られるようになり人気となっています。

そして今年の収穫を祝う『じゃばらの里の収穫祭』
11月17日(日)10:00より、北山村青年会主催で行われます。

(画像をクリックするとPDFファイルが開きます。)

収穫祭のイベントスケジュールは、次のとおり。
10:00 ●オープニング
10:30 ●ダンス
11:30 ●しし鍋の無料配布
12:45 ●ご当地ヒーローじゃばライダーショー
13:30 ●じゃばら早飲み大会
14:00 ●優勝賞金10万円の大縄飛び大会『飛び地でジャンプ』      
      (エントリ締切 11月12日(火)17:00まで!
 随 時  ●北海道上士幌町からやってきた熱気球体験搭乗
       (搭乗料一人500円 当日受付で配布される整理券が必要)
      ●『じゃばら果実』に加え、『北山じゃばらバーガー』や、『じゃばらうどん』など特産品&グルメの販売。
      
     
この機会に、ぜひ北山村までお越し下さい!


(参考)北山村観光サイト (http://kankou.vill.kitayama.wakayama.jp/goods/
    じゃばら村センターわいわい市場店(http://www.kitayamamura.com/
     今年11月中旬より収穫が始まる新物果実・果汁のご予約は11月1日から受付開始となっています! 

(文責 東牟婁振興局 企画産業課 吉中秀郎)  

Posted by くまくま at 09:18Comments(1)県産品

2013年11月07日

【白浜】「平草原公園バラ祭り」開催中です!

白浜町の平草原公園秋のバラ祭りik_09が開催されています。

「ロナルドレーガンローズ」「うらら」「アイスバーグ」など約70種類5000本のバラを一度に見ることができますので、是非平草原公園のバラ園までお越しくださいik_18



このバラ祭りは春のバラの見ごろとなる今年の5月にも開催され、今回は秋の見ごろとなるこの時期に開催されています。
私は先週末に足を運んでみたのですが、旧白浜空港跡の近くのバラ園に赤や白、黄色など様々な色のバラが咲いていて、楽しむことができましたicon12
まだ5分咲きくらいのものもあったので、これからが見ごろなのかもしれませんface02



また、今回のバラ祭り期間中は先着100名バラ摘み体験を実施しているので、ご興味のある方は是非体験されてみてはいかがでしょうかik_19

開催期間は11月25日(月)まで。バラ園への入場料は無料ですが、開園時間が8:30~17:00となっていますのでご注意ください。
バラ摘み体験などの問い合わせは白浜町観光課(0739-43-6588)までお願いします。


大きな地図で見る

(文責 西牟婁振興局企画産業課 下博圭)  
Posted by 田辺西牟婁広報 at 08:42Comments(0)イベント・地域振興