読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 85人
和歌山県公式facebookページ わかやま観光情報 プレミア和歌山 わいわい市場 わかやま紀州館・和歌山県アンテナショップ わかやまイベントボード 人気ブログランキングへにほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 和歌山県情報へ
ページランク
新規投稿

新規投稿するにはログインする必要があります。会員IDをお持ちでない方はIDを取得された後に投稿できるようになります。
QRコード
QRCODE
プロフィール
広報ブログ編集長
広報ブログ編集長
和歌山県広報課です。
和歌山県の観光・食・文化・自然・産業などの魅力を発信しています。和歌山のホットな情報をタイムリーに提供していきます。
もちろん、リンクフリーですのでどんどん広めて下さい!

なおコメントに対する返信は原則として行いませんので、あしからずご了承ください。
<和歌山県ソーシャルメディア運用ポリシー>
http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/000200/snspolicy.html

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


アクセスカウンタ

2011年05月10日

新米課長日記(2011/5/10)

モバイル版「和歌山県ガイドブック」開設!

 午前、定例の知事記者会見。
 今日は発表項目が、各部局からあがってこなくて、広報課ネタで勝負?しました。
 知事から直々に発表いただくには小ぶりのネタでしたが、知事の方でいろいろ内容をふくらましてもらえました。

 発表項目は、モバイル版「和歌山県ガイドブック」開設。
 すでにある「和歌山県モバイル情報館」に、和歌山県の魅力を紹介する「和歌山県ガイドブック」のコンテンツを加えたもので、和歌山の味、伝統、人物、まつり、自然など盛りだくさんです。
 皆さんも、携帯のお気に入りに登録しておいて、県内外の知り合いに教えてあげてくださいね。
 アドレス(http://wave.pref.wakayama.lg.jp/mobile/guide/)は、「和歌山県モバイル情報館」で検索できます。

 今回の発表現場では、即興で担当者が実演デモを行いました。
 知事から、いろいろ合いの手が入って、見守る新米課長もドキドキでしたが、うまくやってくれました。
 Good job!


  

Posted by 新米課長 at 18:04Comments(0)新米課長日記

2011年05月10日

和歌山市駅前に「孫市城」?!

ブログ編集長です。

以前から気になっていたのが、和歌山市駅前のホテル、ビジネスイン南海の1階ロビー。戦国時代の甲冑などが多数展示されており、「雑賀衆」と書いたのぼりがはためいています。5月6日に、ようやく訪問する機会がありましたので、ご紹介します。

ここは、紀州雑賀「孫市城」といい、運営されているのが、このホテルのオーナーでもある「孫市の会」会長の森下幸生さん。和歌山市と市駅前商店街の活性化のため、戦国時代の鉄砲使いで有名な紀州雑賀衆の雑賀孫市を題材に毎年3月末に「孫市祭り」を開催、今年で7回を数えます。

また、実際に着用できる甲冑の手作り教室を行ったり、火縄銃の製作をされたり、全国の他の歴史系のイベントに参加したりと、精力的に活動されています。

甲冑教室交流会(4/29)の様子。右側が森下さん


亀岡光秀まつり(5/3)参加


さらには、孫市のゆるきゃら「まごりん」や、孫市グッズの販売など、数えればきりがない活動をされており、その本拠地が「孫市城」というわけです。

森下さんは、インターネット上でもたくさんのホームページ・ブログを開設されています。
○孫市の会・紀州雑賀「孫市城」 http://magoichi.or.tv/
○孫市の街まちづくりブログ http://magoichi.blog9.fc2.com/
○「孫市まつり」公式ホームページ http://magoichi.fc2web.com/
○ブログ「まごりんが行く!」 http://magorinn.blog103.fc2.com/

何でも、戦国時代に雑賀孫市は「雑賀衆を味方につければ必ず勝ち、敵に回せば必ず負ける」と言われたそうで、今春の統一地方選挙でも縁起を担いで、グッズを購入された候補者もいたそうです(もちろん、当選されたとのこと)。

今日は、森下さんのご紹介をしましたが、県内にはまだまだ地域活性化の取組をされている方がらっしゃいますので、今後も機会を見てご紹介したいと思います。  

Posted by 広報ブログ編集長 at 12:36Comments(0)人物