読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 86人
和歌山県公式facebookページ わかやま観光情報 プレミア和歌山 わいわい市場 わかやま紀州館・和歌山県アンテナショップ わかやまイベントボード 人気ブログランキングへにほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 和歌山県情報へ
ページランク
新規投稿

新規投稿するにはログインする必要があります。会員IDをお持ちでない方はIDを取得された後に投稿できるようになります。
QRコード
QRCODE
プロフィール
広報ブログ編集長
広報ブログ編集長
和歌山県広報課です。
和歌山県の観光・食・文化・自然・産業などの魅力を発信しています。和歌山のホットな情報をタイムリーに提供していきます。
もちろん、リンクフリーですのでどんどん広めて下さい!

なおコメントに対する返信は原則として行いませんので、あしからずご了承ください。
<和歌山県ソーシャルメディア運用ポリシー>
http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/000200/snspolicy.html

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


アクセスカウンタ

2011年05月26日

新米課長日記(2011/5/26)

わかやまイベントボード

 午前、知事室で行われた定例部長会議に後ろの席で参加。
 知事はじめ全国植樹祭に関わった部長さん方からは、皆さん「ほっと」した表情が読み取れます。

 その後、和歌山放送(wbs)の取締役会に知事代理で出席。
 和歌山放送も全国植樹祭本番の中継や事前のPR活動、イベント運営など、様々な部門で活躍してもらいました。
 取締役会の場でも、当日のお天気が話題になり、陛下の御力を再認識しました。

 昼休み、フォルテワジマ4階へ。
 イベントホールで開催中の「作陶50年 目黒 威徳 展」を鑑賞。

 目黒氏とは、テレビ和歌山の番組審議会の際、同席させていただいており、ご案内いただきました。
 作陶について、まったく見識のない新米課長。
 作品の脇にある値札を見て、その価値を推し量るしかありませんでしたが、風格ただよう作品であることはわかりました。

(お知らせ) 
 昨日(25日)から、和歌山県ホームページ(和歌山情報館)のトップページをマイナーチェンジしました。
 ページ左サイドに「イベント情報」を移動し、「わかやまイベントボード」のリンクバナーを設置しました。
 これにより、県主催イベントだけでなく県内開催予定の全ての登録イベント情報がご覧になれます。
 イベントボードは、簡単な手続きで主催者情報の表示と新規登録ができるので、イベント登録の方もよろしくお願いします。


  

Posted by 新米課長 at 17:57Comments(0)新米課長日記

2011年05月26日

高野山町石道

 テレビ広報担当です♪
 「きのくに21」のロケで高野山町石道にいってきました。
 今日のテーマは「景観を守る」。
 県では、素晴らしい景観を後世に残すため、独自に「特定景観形成地域」の指定を行っています。そして、今回、「世界遺産」高野山町石道地域が県内で2番目に指定されたんです。

 生憎、天気予報は雨のち晴れ(泣)。
「この景観をぜひ紹介したいのに、霧ばかりだったらどうしよう・・」と本当に心配しましたが、なんとか朝到着するころには雨もあがり、準備したカッパも出番なしでホッっとしました。
 まずは慈尊院からスタートです。



 そして、丹生都比売神社から二ツ鳥居へ。 
 結構きつい坂道をフーフーいいながら、歩きました。
 空は晴れてきましたが、足元はというと、朝方までの雨でグジョグジョ・・。
 重い機材をもったカメラや音声さん達は、本当に大変そう。。。
 本当に頭が下がる思いです。

 なんとか無事に二ツ鳥居につきました。天野地区の田園風景が一望できます。


 景観のプロ、都市政策課の浦部班長、矢代さん、西川さんに案内していただきながら、その地域の歴史を感じつつ歩いた町石道、暮らしの営みによって作られた集落・・・。「景観」を守るということは、そこに息づく文化を守るということなんですね。

 「きのくに21」、今回は脇屋さん、三浦さんお2人のスペシャルバージョンでお送りします。
 是非、ご覧下さい! 
 「きのくに21」 テレビ和歌山 6月5日(日)9:30~、22:00~   
Posted by テレビ広報担当 at 14:59Comments(0)観光・自然

2011年05月26日

第2弾〇〇〇〇和歌山に行ってみようキャンペーン

@わかやま喜集館MAです。

第2弾
〇〇〇〇和歌山に行ってみようキャンペーンプロジェクトがスタートしました。

昨年度の
「そろそろ和歌山に行ってみようキャンペーン」は、
和歌山に行ったことのない首都圏の皆さんに「そろそろ和歌山ってどうですか?」を提案。

JR]山手線の
広告貸し切り電車(ADトレイン)を首都圏の旅行会社6社とコラボで2週間運行
「帰ってこい鈴木さん」をキャッチに、155万人の乗客に和歌山旅行商品などをPRする一方
この和歌山トレインをシンボルに、ネガティブアンケートの実施、山手線全駅(29駅)
首都圏旅行会社店舗(150店舗)でのキャンペーンイベントを実施したほか
期間中のマスコミへの露出も集中して行い(41社52媒体71回)、
さらに、プレミア和歌山PRイベントや歴史街道推進協議会シンポジウムなども実施していただきました。

首都圏の皆さんに、
家で新聞・雑誌を見て「和歌山?」電車に乗っても「和歌山?」
駅を降りても「和歌山?」みたいに・・・・
期間中、「なんか最近、和歌山って良く聞く?」「和歌山、和歌山ってうるさいなぁ?」なんて
感じてもらえればという想いで実施しました。

第2弾〇〇〇〇キャンペーン、
同じ想いを継続しつつ、趣向も変えながら、さらにグレードアップしたいと思います。

運営事業者選定コンペ(一般公募)では、首都圏の11社から参加申し込み。
最終8社で今月末プレゼンテーションを行い、本格的にプロジェクトがスタートします。


  

Posted by touchm at 12:34Comments(0)観光・自然