読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 86人
和歌山県公式facebookページ わかやま観光情報 プレミア和歌山 わいわい市場 わかやま紀州館・和歌山県アンテナショップ わかやまイベントボード 人気ブログランキングへにほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 和歌山県情報へ
ページランク
新規投稿

新規投稿するにはログインする必要があります。会員IDをお持ちでない方はIDを取得された後に投稿できるようになります。
QRコード
QRCODE
プロフィール
広報ブログ編集長
広報ブログ編集長
和歌山県広報課です。
和歌山県の観光・食・文化・自然・産業などの魅力を発信しています。和歌山のホットな情報をタイムリーに提供していきます。
もちろん、リンクフリーですのでどんどん広めて下さい!

なおコメントに対する返信は原則として行いませんので、あしからずご了承ください。
<和歌山県ソーシャルメディア運用ポリシー>
http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/000200/snspolicy.html

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


アクセスカウンタ

2012年03月08日

和歌山大学「観光カリスマ講座」で知事講義

 和歌山大学主催「2011年度 観光カリスマ講座」が和歌山市内で開かれ、私も飛び入り参加しました。
 本日は第7回最終講になります。また、本講は、仁坂知事が昨年10月から観光学部生を対象に実施している「観光を考える」の第5回最終講も兼ねています。



 講義は、パネルディスカッション形式で進められました。
 パネラーには、仁坂知事と和歌山大学の山田観光学部長、コーディネーターには小畑観光学部教授。
 テーマは「和歌山県の観光と地域の明日を語る」です。

 まず、最初に知事から「観光学部も学というためには、学問らしく何らかの分析ツールをもって理論を積み重ねていかなければならないと思う。そうでなければ、ただのおしゃべりになってしまう。私はこの講義のコマを任されたので観光事象を経済学というツールで切ってみるという試みをした。その記録は和歌山県ホームページ内「ようこそ知事室へ 知事講演(動画)」にもあるので見て欲しいが、今までの4回は、観光と経済学の方法論と、事例として、観光資源の保全と景観条例、観光と高速道路を中心とする交通インフラ、中心市街地活性化問題をやってきたが、本日は田舎暮らしに焦点をしぼった体験観光と移住交流を経済学的に分析してみる」との前置きをされた後、「ほんまもん観光」を活用した観光振興、修学旅行誘致活動、農山漁村交流プロジェクト等について話しました。

 続いて、山田学部長から「景観政策」、「中心市街地活性化」、「住民の合意形成」等について、知事に次から次へと質問の嵐。
 
 パネルディスカッションという形式、よくあるのは、シナリオができていてパネラーの持ち時間で順番に発言して終わり。というパターンですが本日は筋書きのないドラマ。
 山田学部長が次はどんな質問を知事に対して発するのか、ドキドキワクワクしながら聞いていました。
 知事のアンサーからは、県政を担う上での「根っこ」のところを再認識させられます。



 本日の講義の様子も「新米広報員」がしっかり収録していました。(手前の方ではありません)
 近日中にアップさせていただきます。

                          (文責:広報課 中林憲一)



同じカテゴリー(新米課長日記)の記事
 広報新番組「クローズアップ県政」本日スタート! (2012-04-05 10:14)
 新年度スタート! (2012-04-02 15:42)
 蕾ふくらむ (2012-03-28 16:02)
 「春を楽しむ花百彩」キャンペーン オープニングセレモニー (2012-03-23 16:04)
 県行政報告会 (2012-03-19 16:34)
 王貞治さん 県庁を訪問 (2012-03-14 16:51)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。