読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 86人
和歌山県公式facebookページ わかやま観光情報 プレミア和歌山 わいわい市場 わかやま紀州館・和歌山県アンテナショップ わかやまイベントボード 人気ブログランキングへにほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 和歌山県情報へ
ページランク
新規投稿

新規投稿するにはログインする必要があります。会員IDをお持ちでない方はIDを取得された後に投稿できるようになります。
QRコード
QRCODE
プロフィール
広報ブログ編集長
広報ブログ編集長
和歌山県広報課です。
和歌山県の観光・食・文化・自然・産業などの魅力を発信しています。和歌山のホットな情報をタイムリーに提供していきます。
もちろん、リンクフリーですのでどんどん広めて下さい!

なおコメントに対する返信は原則として行いませんので、あしからずご了承ください。
<和歌山県ソーシャルメディア運用ポリシー>
http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/000200/snspolicy.html

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


アクセスカウンタ

2013年02月10日

雑誌「歴史街道」3月号はエルトゥールル号を総力特集!!

PHP研究所が発行している月刊誌「歴史街道」の平成25年3月号は、日本とトルコを結ぶ絆「エルトゥールル号」についての大特集が掲載されています。県庁広報課では発売日の2月6日に見たのですが、私も1冊ほしいと思い、昨日上京した際にようやく購入しました。


これまでこのブログでも『県立博物館特別展「よみがえる軍艦エルトゥールル号の記憶」開幕』『10/6、串本町トルコ文化協会が県立博物館でトルコ舞踏を披露』などでご紹介していますので、ご存じの方もいらっしゃるかとは思いますが、「エルトゥールル号」は、1890年9月16日に和歌山県串本町の大島沖で遭難したトルコ軍艦です。500名を超える乗員が亡くなる中、地元住民の懸命の救助、看護活動により、生存者69名が無事トルコに送り届けられ、このことがトルコの教科書にも掲載されていることから、トルコ国民はとても親日的なのだそうです。こちらは雑誌に掲載されている絵です。


「歴史街道」は全部で150ページほどなのですが、そのうち60ページを超える誌面が、「エルトゥールル号」特集ですから、まさに総力特集といっていいでしょうね。読んでみると、内容もとても充実しています。今から120年以上前のエルトゥールル号の事故と、串本町大島の樫野の皆さんの懸命の救助の様子に加え、1985年イラン・イラク戦争の際に、テヘランから脱出しようとする約250人の日本人のためにトルコが航空機を運航してくれたこと、東日本大震災やトルコでの地震の際の両国の協力の話などが、様々な角度から取り上げられていて、とても読み応えがあります。

特に、串本町の皆さんの活動については何度も紹介されています。子供たちがずっと慰霊碑の掃除を続けていること、地元のおばあさんが毎日花を供えておられること、そしてそんな活動にトルコの人々が大変感銘を受けていることなどが繰り返し紹介されています。日本とトルコの間に、こんな友好関係がずっと続いていること、そしてその一翼を和歌山の串本の皆さんが担っていることは、和歌山県にとっては大きな誇りだと思いました。

これ以上書くとネタバレになりますので、続きはぜひ買って読んでみてください!! 「歴史街道」3月号は1冊630円。数日前の串本からのfacebook情報によれば、串本の書店では発売後すぐに売り切れたので、大量発注をかけたそうです。 余談ですが、和歌山県広報課のPR広告も掲載していますので、こちらも探してみてくださいね!!

(文責:広報課 林 清仁)

同じカテゴリー(本・雑誌)の記事
 2014年版和歌山県民手帳(きいちゃん手帳)販売中 (2013-12-05 16:53)
 雑誌「大人組」3・4月号は紀の国・紀州を大特集! (2013-02-28 14:19)
 本日発売「あまから手帖」1月号で和歌山の食を特集! (2012-12-22 15:25)
 那智谷大水害遺族会が、紀伊半島大水害の災害記録写真集を発行 (2012-12-13 16:14)
 「2013年(平成25年)版」和歌山県民手帳が完成、販売開始 (2012-11-12 09:42)
 紀の川エリアに雑誌「自転車と旅」の取材がやってきました! (2012-09-12 15:31)
Posted by 広報ブログ編集長 at 22:38│Comments(1)本・雑誌
この記事へのコメント
立ち読みして泣き、買って帰って家で読んでまた泣きました。
我々の先祖の善行が今まで余徳を及ぼしていることに感動しました。
Posted by こーじ at 2013年02月22日 22:20
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。