読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 86人
和歌山県公式facebookページ わかやま観光情報 プレミア和歌山 わいわい市場 わかやま紀州館・和歌山県アンテナショップ わかやまイベントボード 人気ブログランキングへにほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 和歌山県情報へ
ページランク
新規投稿

新規投稿するにはログインする必要があります。会員IDをお持ちでない方はIDを取得された後に投稿できるようになります。
QRコード
QRCODE
プロフィール
広報ブログ編集長
広報ブログ編集長
和歌山県広報課です。
和歌山県の観光・食・文化・自然・産業などの魅力を発信しています。和歌山のホットな情報をタイムリーに提供していきます。
もちろん、リンクフリーですのでどんどん広めて下さい!

なおコメントに対する返信は原則として行いませんので、あしからずご了承ください。
<和歌山県ソーシャルメディア運用ポリシー>
http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/000200/snspolicy.html

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


アクセスカウンタ

2012年08月29日

湯浅町で金山寺味噌づくり体験

有田振興局企画産業課です。

「ゆあさ元気プロジェクト会議」では、わがまち元気プロジェクトの取組みの1つとして、金山寺味噌づくりなどを体験できる「湯浅体験メニュー」の開発に取り組んでいます。

その取り組みの1つとして、8月26日(日)、27日(月)に、甲南大学文化会民俗研究会の7名の皆さんが金山寺味噌づくりを体験しました。
今回の金山寺味噌づくりの体験にご協力いただいたのが、「太田久助吟製」様です。
初日は麹づくりの現場を見学し体験もしました。






二日目には、金山寺味噌づくりの体験です。
まずは太田庄助社長から金山寺味噌の由来をお話しいただき、社長が事前に配合していた米・麦・大豆、そして麹を加えたものをさらに混ぜ合わせます。



そこに瓜や丸茄子、生姜、しそなどの夏野菜を加えるのですが、学生達にもおぼつかない包丁裁きでありましたが、野菜を切っていただきました。



切った野菜と塩、砂糖を加えさらに混ぜ合わせます。


そして、出来上がった金山寺味噌は学生達が持ち帰り、自宅等で40日ほど発酵させるとおいしく食べられるそうです。
今回の湯浅町での体験は11月に開催される学園祭で発表予定のため、その時の材料用に大きな桶に入れて持ち帰りました。




味噌づくり体験後には、同じく湯浅の特産品である醤油づくりを見学するため、「角長」の醤油蔵や湯浅町伝建地区も見学しました。



今回の体験後にお答えいただいたアンケートをもとに、「湯浅体験メニュー 金山寺味噌づくり」を開発・提供し、湯浅のまちなみの新たな魅力として観光客等に広くPRしていきます。
                
                    (文責:有田振興局企画産業課 古糸昭洋)

同じカテゴリー(イベント・地域振興)の記事画像
「陸奥宗光 外務大臣」も学んだ航海術の基礎を“体験”しよう! 帆船体験学習会が開催されます。
人権を考える公開講座~スポーツ団体との連携ワークショップ~ 「車いすバスケ人権教室」を開催します。
第22回和歌山県花いっぱいコンクール開催!
「統合型リゾート(IR)シンポジウム」参加者募集中!
「春の全国交通安全運動」を実施します!!
花いっぱいコンクール入賞者のご紹介!
同じカテゴリー(イベント・地域振興)の記事
 「陸奥宗光 外務大臣」も学んだ航海術の基礎を“体験”しよう! 帆船体験学習会が開催されます。 (2018-09-14 16:53)
 人権を考える公開講座~スポーツ団体との連携ワークショップ~ 「車いすバスケ人権教室」を開催します。 (2018-06-18 13:04)
 第22回和歌山県花いっぱいコンクール開催! (2018-05-07 13:05)
 「統合型リゾート(IR)シンポジウム」参加者募集中! (2018-04-26 09:00)
 「春の全国交通安全運動」を実施します!! (2018-03-28 17:39)
 花いっぱいコンクール入賞者のご紹介! (2018-03-15 14:57)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。