読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 87人
和歌山県公式facebookページ わかやま観光情報 プレミア和歌山 わいわい市場 わかやま紀州館・和歌山県アンテナショップ わかやまイベントボード 人気ブログランキングへにほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 和歌山県情報へ
ページランク
新規投稿

新規投稿するにはログインする必要があります。会員IDをお持ちでない方はIDを取得された後に投稿できるようになります。
QRコード
QRCODE
プロフィール
広報ブログ編集長
広報ブログ編集長
和歌山県広報課です。
和歌山県の観光・食・文化・自然・産業などの魅力を発信しています。和歌山のホットな情報をタイムリーに提供していきます。
もちろん、リンクフリーですのでどんどん広めて下さい!

なおコメントに対する返信は原則として行いませんので、あしからずご了承ください。
<和歌山県ソーシャルメディア運用ポリシー>
http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/000200/snspolicy.html

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


アクセスカウンタ

2014年03月28日

4月18日~21日 紀伊半島をクラシックカーが駆け抜けます。【東牟婁】

『La Festa Primavera 2014』が4月18日~21日かけて開催され近畿・中部地方の名所・旧所を約60台ものクラシックスポーツカーが駆け巡ります。
最も古い車両は大正生まれ、最も新しい車両でも約半世紀前に製造された名車達は、個性的で美しくまるで芸術品のようです。ドライバーには、タレントの堺正章さんや、モータースポーツ界の篠塚建次郎さんなど、有名人が名を連ねています。
今回のルートマップを見ると、2日目の4月19日(は紀伊半島の美しい海岸線を駆け抜けるクラシックカーを写真に納めるチャンスです!


(画像は2013年田辺市本宮町で撮影。)


(画像は2013年田辺市本宮町で撮影。)

(2014年の走行コース。クリックすると大会公式ホームページのルートマップが開きます。)

皆さんも、沿道から駆け抜ける芸術品をご覧になりませんか?
4月19日()熊野地方各所での通過予定時刻は、以下の見込みですので、お近くの方は声援を送りましょう!
 ◆三重県熊野市 山﨑運動公園  11:00~12:00
 ◆那智勝浦町  道の駅なち   13:20~14:20
 ◆太地町    くじらの博物館 13:35~14:35
 ◆串本町    潮岬観光タワー 14:20~15:50 

(参考)
La Festa Primavera 2014公式ホームページ http://www.lafesta-primavera.com/2014/index.html
La Festa Primavera フェイスブックページ  https://www.facebook.com/pages/La-Festa-Primavera/278295515536259
大会実施要領 http://www.lafesta-primavera.com/2014/outline/index.html

(文責 東牟婁振興局 企画産業課 吉中秀郎)
  

Posted by くまくま at 14:26Comments(0)広報一般観光・自然

2014年03月27日

4月6日(日)は佐田の桜まつり【古座川町】

古座川町『佐田の桜』『日本さくら名所100選』に選ばれており、七川ダム湖畔の周囲約5キロには約3000本のソメイヨシノが咲き誇ります。
そして桜が満開を迎える4月6日(日)に佐田で『桜まつり』が開催され、地元物産の販売・コンサート・そして餅まきの聖地和歌山らしく、餅まきが行われます。
満開の桜の下、演奏を聴きながらのお花見、とっても魅力的です!


(画像は、ぼたん荘提供。2007年撮影。)

4月6日のスケジュールは次のとおり。

 10:00 開会
 10:30~ユメグミ(第25回FIHJAPAN出場、クロマチックハーモニカ・ソロジャズ&ポップス部門1位)
 11:10~オカノケンタ(ピアノ弾き語り)
 11:50~ジオング(津軽三味線、和太鼓、ピアノのアンサンブルバンド)
 12:50~オカノケンタ&ユメグミ セッション
 14:00~餅まき


(主催・問い合わせ先)
 桜まつり実行委員会 電話0735-72-0180(古座川町役場産業課内)
 中止の場合は、当日7:00に町内防災無線でアナウンスされるほか、古座川町役場ホームページにて広報されます。


 なお当日は、道路混雑が予想されます。余裕をもってお花見にお出掛け下さいね。


(画像は、ぼたん荘提供。2007年撮影。)

なお、古座川町内の桜開花状況は下記参考ホームページ等で随時更新されています。
お花見タイミングをチェックしてくださいね。

(参考)古座川町役場 ホームページ 
     http://www.town.kozagawa.wakayama.jp/sakura/index.html
    南紀月の瀬温泉ぼたん荘 スタッフブログ 
     http://www.botansou.jp/topics1/topics.cgi
    古座川らんど フェイスブック 
     https://ja-jp.facebook.com/kozagawaland

【桜まつり会場 地図】

大きな地図で見る


(文責) 東牟婁振興局 企画産業課 吉中秀郎
  

Posted by くまくま at 16:00Comments(0)観光・自然

2014年03月20日

3月23日(日)「ジオパークフェスタ」が那智勝浦町で開催!南紀熊野の大地で採れた特産品の販売もあります!

3月23日(日)11:00から18:00まで那智勝浦町体育文化会館にて「ジオパークフェスタ」が開催されます。(主催 南紀熊野ジオパーク推進協議会、近畿地方環境事務所)

「ジオパークフェスタって何!?」、ジオパークフェスタとはジオパークに関するお祭りです。「じゃ、ジオパークって何!?」、それは、ジオ(地球)に親しみ、楽しむ場所なのです。ここ南紀熊野地方は大地の成り立ちと人の暮らしの関わりを知ることのできる場所が多数あるのです。
和歌山県の南紀熊野地方はこの地域資源を全国に発信しようと、今年、日本ジオパークの登録を目指しています。
その気運を高めるため、「ジオパークフェスタ」が開催されます。
でも「う~ん、何だかよく分からないなぁ。」と思う人は、疑問を解消するため那智勝浦町体育文化会館に足を運ぼう!

この「ジオパークフェスタ」、南紀熊野の大地で採れた美味しい特産品を販売します!
例えば、北山村のじゃばら商品、新宮市のめはり寿司、那智勝浦町の色川茶、太地町の鯨商品、串本町の姫ひじき、古座川町のゆず商品、すさみ町はイノブタ鍋、白浜町はジオ弁当(中身は来てからのお楽しみ)、上富田町は熊野米、とまぁたくさんあります。
その他にも各市町村の魅力的な特産品(ジオフード)がたくさんあります。

是非、会場で多くの地元特産品をご覧いただき、南紀熊野の大地の素晴らしさを感じてください!

3月23日(日)11:00~18:00 
ジオパークフェスタ ~南紀熊野ジオパークをめざして~(入場無料)
【内容】ジオ交流ブース(特産品販売)12:00~18:00
    記念講演11:00~12:00
    シンポジウム14:00~17:30



(画像をクリックするとPDFファイルが開きます。)

(文責:東牟婁振興局企画産業課 村部昭憲)  

Posted by くまくま at 12:02Comments(0)イベント・地域振興

2014年03月18日

3月21日、22日 ウルトラSEA級グルメフェスタ開催!【那智勝浦町】

3月21日(金・祝)~22日(にかけて、那智勝浦町では、ウルトラSEA級グルメフェスタが開催されます。

 那智勝浦町といえば、日本有数の水揚げを誇るマグロが有名ですが、今回イベントではマグロ漬け丼にぎり寿司などのマグロの王道メニューに加え、熊野地方では古くから食べられているマグロのガッツ(胃袋)を使ったマグロリータピザガッツボールサンマを使ったご当地バーガー(新宮バーガー)、マグロのノド肉の唐揚げなど、各店自慢のシーフード料理が19店舗から登場します。
また今年はあわせてスイーツ8店舗も出店。
この連休はぜひ那智勝浦町にお越し下さいik_20


(画像をクリックするとPDFファイルが開きます。出店店舗一覧と主なメニューはこちら。

◆日 時: 平成26年3月21日(金・祝) 10:00~15:00、22日(土) 10:00~14:00
◆場 所: 勝浦漁協前駐車場 (那智勝浦町築地【地図】)
◆備 考: 入場無料、小雨決行

◆イベントスケジュール 
 3月21日(金・祝)
  09:50~開会式
  10:00~販売開始・色川茶振る舞い
  11:00~ダンス披露(PHATダンススタジオ、Haruna串本キッズクラス、西川流子供舞踊団)
  14:00~ダブルダッチ披露(二本の縄跳びで演技)
 3月22日(土)
  10:00~販売開始・色川茶の振る舞い
  11:00~それいけ!アンパンマンショー
  11:30~ダンス披露(アフリカン・ダンス・アリアマ、西川流子供舞踊団)
  13:00~それいけ!アンパンマンショー


(参考)那智勝浦町ホームページ http://www.town.nachikatsuura.wakayama.jp/forms/info/info.aspx?info_id=25026

(文責 東牟婁振興局 企画産業課 吉中秀郎)

  

Posted by くまくま at 14:08Comments(0)イベント・地域振興

2014年03月11日

JRきのくに線(紀勢線)で津波避難誘導訓練【東牟婁】

3月11日 和歌山県串本町沖を震源とする震度7の地震が発生した想定で、JRきのくに線(紀勢線)の3ヶ所(串本町姫地内、那智勝浦町下里地内、新宮市新宮地内)にて津波避難誘導訓練が実施されました。うち新宮市での訓練を見学する機会がありましたのでレポートします。

新宮市内で午前10時から行われた訓練では、緊急地震速報システムによる指示を受け緊急停止した6両編成(全長約120m)の列車乗客240名は、6ヶ所のドアから飛び降りる他、車内備え付けの梯子(今後車両に導入予定)を用いて列車より脱出し、運転士・車掌の強い調子での津波避難誘導のもと、停車地点から約100m離れた標高19mの高台(新宮市新宮地内、県道あけぼの広角線脇)までスロープや階段を全力で駆け登り、列車停止後およそ5分で全員の避難が完了しました。


(車両から飛び降り、乗務員の指示で駆け出す乗客)

(全力で高台へ向かう乗客!)

(列車停止後およそ5分で、乗客全員が高台への避難を完了しました。)


西日本旅客鉄道(株)和歌山支社によると、今回3ヶ所で実施した訓練のポイントはつぎのとおりです。
・編成が長くドア数が少ない車両での避難検証。
・観光やビジネス等、地元に不慣れな乗客の避難誘導検証。
・新しい避難場所への経路や、新しく設置した設備(降車台、ホーム階段、新梯子)の検証。
・特に新宮市での訓練では、平成25年3月に県が公表した津波浸水想定により新たに浸水区間となった箇所での降車・避難訓練。

訓練終了後、西日本旅客鉄道(株)和歌山支社の担当者は、「土地勘がなく不慣れな方をよりスムーズに誘導できるようあえて命令調で誘導を行ったが、今後もアナウンスに工夫を重ねていきたい。また梯子より降車台を用いた避難がスムーズであったことや、障がいをもつ乗客がいた場合、他の乗客に協力を求めるアナウンスや、夜間の避難誘導など今後の課題として検証・工夫を行っていきたい。」と話していました。
きのくに線における津波避難誘導訓練は、平成20年度より毎年実施されています。

(参考) 防災わかやま 平成25年和歌山県の津波浸水想定について 
      http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/011400/index04.html#sinnsuiyosoku2

(文責 東牟婁振興局 企画産業課 吉中秀郎)  

Posted by くまくま at 15:22Comments(0)広報一般

2014年03月10日

菜の花畑が見頃 【那智勝浦町】 国道42号沿



那智勝浦町狗子の川を通る国道42号線沿いで、狗子の川地区住民の方が育てた菜の花畑が見頃です。
沿道を走るドライバーも車を停め、ミツバチが飛び交う春らしい光景に思わず見入っていました。
私が通りがかった際も、スケッチをする人、写真を撮る人、俳句をつくっているのでしょうか?メモを取る人など思い思いに菜の花畑の前で過ごしていました。





(文責 東牟婁振興局 企画産業課 吉中秀郎)  

Posted by くまくま at 16:29Comments(0)観光・自然

2014年03月10日

日本再発見塾が太地町で開催されます。【3月29日~3月30日】 

3月29日()~30日(第9回日本再発見塾太地町で開催されます。

日本再発見塾とは、日本各地に根付いた文化、伝統、歴史に触れ、その魅力を、そこに暮らす人々や参加者と共に体験・交流することで再発見し、地域、そして日本を元気にしていこうという活動。毎回、趣旨に賛同する呼びかけ人各界で活躍する著名人)や運営委員会、事務局、開催地の実行委員会や学生の有志達がボランティアで活動に参加し、その地域の情報を発信しています。


(3月13日 ポスター追加掲載。画像クリックすると拡大します。裏面はこちら。)

今回の呼びかけ人は、次の皆さん。
 黛まどか(俳人・呼びかけ人代表)
 塩野米松(作家)
 辰巳琢郎(俳優)
 中村元(水族館プロデユーサー)
 挾土秀平(左官)
 長谷川真理子(行動生態学者)
 藤原誠太(養蜂家)
 安田 登(能楽師)
 エバレット・ブラウン(湿板光画家)

29日~30日の一泊二日の日程では、太地町まちなみ散策、伝統芸能・料理を通じた住民・参加者の交流会、石垣記念館での海外移民展見学や、くじらの博物館での捕鯨の歴史資料見学、漁師町を支える女性からの聞き取り、呼びかけ人や地元住民が語り合うシンポジウムなどが予定されており、参加者80名を募集しています。
参加費13,000円で1泊3食付き。会場までの交通費は別途。
30日午後に開催されるシンポジウムには、先着順に300名まで一般参加も可能です。(無料)

地元太地町の皆さんや、呼びかけ人の皆さんと一緒に、太地町ひいては日本のエッセンス再発見に参加してみてはいかがでしょうか?

参加申込み、問い合わせは、日本再発見塾in太地 実行委員会まで。
 (電話0735-59-2335 FAX0735-59-4500 E-mail saihakken_taiji@yahoo.co.jp) 

イベントスケジュール等詳細についてはチラシでもご確認ください。 チラシ裏面はこちら。
主催:日本再発見塾 in 太地 実行委員会
後援:構想日本・太地町・和歌山県 
協賛:株式会社空、久米繊維工業株式会社

(参考) 日本再発見塾 in 太地 http://saihakkentaiji.web.fc2.com/ 
日本再発見塾 http://www.e-janaika.com/ 


(文責 東牟婁振興局 企画産業課 吉中秀郎)  

Posted by くまくま at 15:09Comments(0)イベント・地域振興

2014年03月07日

南紀熊野ジオパーク(構想)を巡るジオツアー参加者募集!

南紀熊野ジオパーク(構想)を巡るジオツアー参加者募集!
 南紀熊野ジオパーク推進協議会ではジオパークを案内してくれるガイドを昨年の10月からじっくりじっくり養成しました。その養成したガイドが6コースのツアーを自ら企画し、自らガイドを行ってくれます。
 「ジオパークって何!?」と思った(と思わなかったかも知れません)人が色々な講座を受講して、パワーアップした南紀熊野ジオパークの初代ガイドです。
 どんなガイドになるのやら、観光ガイドとはひと味違ったガイドになるのは必至!?
 来週から始まるツアーですが、まだまだ応募できます。 参加費も900円から2,000円までと、とっても良心的。みなさん、ジオガイド企画立案のジオツアーに是非参加しましょう!!!
 
・Aコース 3/15(土) 平家の隠れ里・新宮市熊野川町篠尾にて
 「幻の篠尾こんにゃくの地を巡る旅」(締切3月13日)
 みなさん、幻の篠尾こんにゃく食べませんか!?

・Bコース 3/15(土) 世界遺産のまち・新宮市、那智勝浦町にて
「石からもらうエネルギーチャージ!!」 (締切3月13日)
神倉山のゴトビキ岩や王子ヶ浜、そして宇久井半島の地玉の浜、色々な石を見て歴史を感じませんか!?ジオ丼も楽しみ!?

・Cコース 3/16(日) 紀伊半島の海を満喫できる枯木灘・すさみ町にて
「海と陸とのないしょ話」(締切3月13日)
みんなはすさみ町の「フェニックス褶曲(しゅうきょく)」を知っているか!?是非見るべし、見るべし。フェニックス弁当とは何ぞや?

・Dコース 3/16(日) 世界遺産のまち・那智勝浦町、古式捕鯨発祥のまち・太地町にて
「今も聴こえる太古の神秘」(締切3月13日)
みなさんご存じの「那智の滝」、歴史の観点だけでなく違った観点から説明してくれます。太地町の梶取崎から見える太平洋は絶景かな、絶景かな。

・Eコース 3/21(金・祝)観光客のメッカ・白浜町・救馬渓観音のあるまち・上富田町にて
「名勝をジオで再発見(IN救馬渓、白浜)」(締切3月19日)
白良浜や三段壁、救馬渓観音等、みなさんが知っている名勝がジオガイドの名解説で新たな発見が!?乞うご期待!ジオメニューも食べられるよ。

・Fコース 3/21(金・祝)本州最南端・串本町にて
「めざせ本州最南端!みさき道ジオパーク」(締切3月19日)
みなさん、歩いて歩いて本州最南端へまっしぐら!着いた先には大パノラマの太平洋が待っています。

申込みは南紀熊野ジオパーク推進協議会事務局(和歌山県庁自然環境室)まで
電話(073-441-2780、平日9:00~17:00)、
FAX(073-433-2780)もしくはEメール(e0320004@pref.wakayama.lg.jp)。


詳しくはhttp://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/032000/032500/geo/guide.htmlをご覧ください。

締切があるので行きたいと思ったらすぐ電話!
「いつ行くの!?、今でしょ!!!!」


こんな楽しいジオガイドさんが案内してくれます。

(文責:東牟婁振興局地域振興部企画産業課 村部昭憲)

  

Posted by くまくま at 19:38Comments(0)イベント・地域振興

2014年02月26日

3月1日~3日 南紀勝浦まちなかバル開催【那智勝浦町】

今週3月1日(土)~3日(月)にかけて、南紀勝浦まちなかバルが那智勝浦町で開催されますので、お知らせします。

画像をクリックすると那智勝浦町役場HPで公開中のチラシPDF&参加各店舗一覧が開きます。

バルとは南ヨーロッパでは軽食店やBARを意味しますが、飲食店をハシゴして名物料理を食べ歩くイベントを「バル」と呼び、近年各地で地域密着イベントとして行われるようになりました。

那智勝浦町でバルイベントが行われるのは今回が初めてです。
3枚つづり2,000円のバルチケットは、那智勝浦町役場や各参加店舗等で本日より販売が始まっています。

『南紀勝浦まちなかバル』の公式フェイスブックに紹介されている参加各店舗のメニューを見ると、那智勝浦町らしくマグロのメニューが豊富ですね!私も今まで行ったことの無いお店や食べてみたいメニューを見つけたので、今週末行ってみたいと思います。ik_20

那智勝浦町では、バルに加え、3月1日~3日にかけてミニまぐろ祭りや、南紀勝浦ビッグひなめぐりなど多彩なイベントが開催中ですので、じっくり街中歩きが楽しめそうですね。(飲酒される方は、車の運転は絶対におやめ下さいね。)


南紀勝浦まちなかバルの概要は次の通り。 
【日  時】: 平成26年3月1日(土)~3日(月)  
        ※あとバル3月4日(火)~3月9日(日)までチケット一枚600円分の金券として参加各店舗で利用可能。
【場  所】: 那智勝浦町まちなか全域
【店 舗 数】: 20店舗 (店舗一覧
【チケット】: 2,000円(チケット3枚つづり)
【販 売 所】: 那智勝浦町役場産業課那智勝浦町観光協会南紀勝浦温泉旅館組合
        南紀くろしお商工会、バル参加各店舗
【販 売 日】: 平成26年2月26日(水曜)から販売開始
【主  催】: 那智勝浦町観光地魅力アップ推進委員会
【問い合せ】: 那智勝浦町役場産業課内事務局(0735-52-0555)まで。
 

(参考)
 南紀勝浦まちなかバル 公式フェイスブック 
  https://www.facebook.com/nankikatsuuramachinakabar

 那智勝浦町役場 ホームページ
  http://www.town.nachikatsuura.wakayama.jp/forms/info/info.aspx?info_id=32804

(文責 東牟婁振興局 企画産業課 吉中秀郎)
  

Posted by くまくま at 16:12Comments(0)イベント・地域振興

2014年02月19日

【全国唯一の飛び地・北山村】筏師の道ウォーク開催します!

みなさん、和歌山県にある全国唯一の飛び地北山村で筏師の道ウォーク3月2日(日)に開催されます。

北山村と言えば、夏に行われる観光筏下りが有名です(筏を乗ったことが無い人は是非今年乗ってください!)。
北山村ではその昔、筏を新宮まで川伝いに流していました。筏師は行きは筏に乗って新宮へ下り、帰りは陸路を使って北山村に戻ってきました。その道が「筏師の道」なのです。
北山村では「筏師の道」をみなさんに歩いていただき筏文化を感じてもらおうと、現役筏師がガイドする「筏師の道ウォーク」を開催します。

【開催日】3月2日(日) 悪天候のため場合3月9日(日)に延期となりました。
【集合場所】北山村観光センター前(道の駅「おくとろ」)9時集合 15時解散予定
【おひとり様料金】3,800円(ガイド代、乗船代、弁当代、おくとろ温泉入浴料込み)
【定員】80名。

 弁当は「めはり寿司」の入った筏師弁当、美味しいですよ~。ウォークの後はおくとろ温泉で北山村の緑に囲まれながらほっこり癒されましょう!

申し込み・問い合わせは北山村観光センター(電話0735-49-2324)まで
(北山村ホームページhttp://www.vill.kitayama.wakayama.jp/function/topic/detail?id=128

参加申込は2月25日(火)までです。



(クリックするとPDFファイルが開きます。)

筏師の道ウォークでは、筏師の道だけでなく、渡し船による北山川横断や高さ25m、長さ83mの大吊り橋を渡る等、北山川の魅力が存分に体感できるコースとなっています、日本の秘境「北山村」の筏師ウォークに参加しましょう。



(文責 東牟婁振興局企画産業課 村部昭憲)  

Posted by くまくま at 13:47Comments(0)広報一般イベント・地域振興