読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 85人
和歌山県公式facebookページ わかやま観光情報 プレミア和歌山 わいわい市場 わかやま紀州館・和歌山県アンテナショップ わかやまイベントボード 人気ブログランキングへにほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 和歌山県情報へ
ページランク
新規投稿

新規投稿するにはログインする必要があります。会員IDをお持ちでない方はIDを取得された後に投稿できるようになります。
QRコード
QRCODE
プロフィール
広報ブログ編集長
広報ブログ編集長
和歌山県広報課です。
和歌山県の観光・食・文化・自然・産業などの魅力を発信しています。和歌山のホットな情報をタイムリーに提供していきます。
もちろん、リンクフリーですのでどんどん広めて下さい!

なおコメントに対する返信は原則として行いませんので、あしからずご了承ください。
<和歌山県ソーシャルメディア運用ポリシー>
http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/000200/snspolicy.html

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


アクセスカウンタ

2013年05月08日

初任教育第37期生 南紀白浜空港・気象台・防災航空隊見学

平成25年5月2日(木)、西牟婁郡白浜町(南紀白浜空港等)にて

 初任教育のイベントのひとつである南紀白浜空港、気象台南紀白浜空港出張所及び防災航空隊見学のため、西牟婁郡白浜町にある南紀白浜空港に行ってきました。
 当日、初任教育第37期生総員49名の学生は、2台のマイクロバスに別れて乗り込み、消防学校を8時に出発し、約1時間30分の道のり経て南紀白浜空港に到着しました。
 午前中は、気象台及び白浜空港自衛消防隊を見学し、防災航空隊長から講義(東日本大震災及び紀伊半島大水害の体験談等)を受け、午後からは、防災航空隊の救助救出訓練見学。防災ヘリからロープ一本で降下してくる防災航空隊員の姿は、まさに救助のエリート。学生達は目をキラキラさせ、その姿に釘付けでした。

 
 救出訓練では要救助者(助けを必要とする人)役を、学生が体験。(事前に学生達が要救助者役をジャンケンで取り合い、勝ち残った強運の持ち主である3名の学生が体験)


 下の写真は、防災航空隊員による救助資機材の説明風景と学生が要救助者として防災ヘリに引き上げ救出される模擬体験風景です。


 更に、学生全員が防災ヘリに順次、約10分間の搭乗をしました。
 この防災航空隊の見学で、防災航空隊員の存在を身近に感じ、将来の自分の目標に定めた学生も中にはいるはずです。
 しかし、防災航空隊員は、県下の各消防本部(市町村からの派遣消防職員)から選抜された救助のエリート達。誰もがなりたいからといってなれるものでなく、今回救助訓練を披露し、親切丁寧に指導してくれた防災航空隊員の方々も日々築き上げてきた土台があるからこそ今こうして救助の花形である防災航空隊員として活躍しているのです。
 それを学生達は理解した上で、今は焦らず初任教育の半年間で消防職員の土台をしっかりと固め、未来の目標に向かい努力していって欲しいです。
 そして、この初任教育第37期生総員49名の中にから、未来の防災航空隊員が出てくることを期待しています。
(文責:筒井 敬也)

同じカテゴリー(消防学校レポート)の記事
 消防団員幹部教育第35期(消防団員指導員研修)を実施しました (2014-01-21 10:41)
  消防団員専科教育機関科(第3期)を実施しました (2014-01-17 13:01)
 幹部教育中級幹部科(第13期)を実施しました(県消防学校にて) (2013-12-18 11:55)
 専科教育予防査察科(第15期)を実施しました。 (2013-11-28 13:58)
 専科教育火災調査科第8期を実施しました (2013-11-11 14:15)
 自衛消防隊隊員教育(第26期)を実施しました (2013-10-23 08:12)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。