読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 86人
和歌山県公式facebookページ わかやま観光情報 プレミア和歌山 わいわい市場 わかやま紀州館・和歌山県アンテナショップ わかやまイベントボード 人気ブログランキングへにほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 和歌山県情報へ
ページランク
新規投稿

新規投稿するにはログインする必要があります。会員IDをお持ちでない方はIDを取得された後に投稿できるようになります。
QRコード
QRCODE
プロフィール
広報ブログ編集長
広報ブログ編集長
和歌山県広報課です。
和歌山県の観光・食・文化・自然・産業などの魅力を発信しています。和歌山のホットな情報をタイムリーに提供していきます。
もちろん、リンクフリーですのでどんどん広めて下さい!

なおコメントに対する返信は原則として行いませんので、あしからずご了承ください。
<和歌山県ソーシャルメディア運用ポリシー>
http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/000200/snspolicy.html

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


アクセスカウンタ

2011年08月04日

火災救助(救助訓練)

平成23年7月27日(水)消防学校にて
 火災現場における消防隊の活動において、優先すべきは人命救助である。
 ただ、進入するにも確認しておくべき項目がいくつかあり、初めて入る家の中をやみ雲に人探しをしていては見つかるはずもなく、なんとなく入ってすんなり出てこれるほど、火災現場は甘くはない。
 この日の屋外の気温は32度。夏の厳しい日差しが照りつける中、濃煙と熱気で満たされた室内を使って、まずは入る前に確認すべき技術、逃げ遅れた人を検索する技術、自分達が進入した入口から脱出する技術の習得に励んだ。
 室内から出てきた学生達の顔からは、想像を超える現場の厳しさを痛感した様子がうかがえた。
最後に、鬼教官から一言『火災で人を救助する際、まずは人の心理を知れ。同時に被災した建物の関係者から要救助者の生活様式を聴取し、屋内に進入する。単独行動はしないこと。退路を見失った時、君が要救助者になるのだということも忘れてはならない…。』

同じカテゴリー(消防学校レポート)の記事
 消防団員幹部教育第35期(消防団員指導員研修)を実施しました (2014-01-21 10:41)
  消防団員専科教育機関科(第3期)を実施しました (2014-01-17 13:01)
 幹部教育中級幹部科(第13期)を実施しました(県消防学校にて) (2013-12-18 11:55)
 専科教育予防査察科(第15期)を実施しました。 (2013-11-28 13:58)
 専科教育火災調査科第8期を実施しました (2013-11-11 14:15)
 自衛消防隊隊員教育(第26期)を実施しました (2013-10-23 08:12)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。