読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 85人
和歌山県公式facebookページ わかやま観光情報 プレミア和歌山 わいわい市場 わかやま紀州館・和歌山県アンテナショップ わかやまイベントボード 人気ブログランキングへにほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 和歌山県情報へ
ページランク
新規投稿

新規投稿するにはログインする必要があります。会員IDをお持ちでない方はIDを取得された後に投稿できるようになります。
QRコード
QRCODE
プロフィール
広報ブログ編集長
広報ブログ編集長
和歌山県広報課です。
和歌山県の観光・食・文化・自然・産業などの魅力を発信しています。和歌山のホットな情報をタイムリーに提供していきます。
もちろん、リンクフリーですのでどんどん広めて下さい!

なおコメントに対する返信は原則として行いませんので、あしからずご了承ください。
<和歌山県ソーシャルメディア運用ポリシー>
http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/000200/snspolicy.html

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


アクセスカウンタ

2011年06月20日

東日本大震災に係わる校外研修


平成23年6月7日(火)和歌山市消防局にて
 3月11日14時46分、宮城県牡鹿半島沖を震源とするマグニチュード9.0の巨大地震が発生、震源域は広範囲に及び、東北地方の太平洋沿岸部に壊滅的な被害をもたらしました。
その未曾有の災害に対し、特に被害の大きかった東北3県を除いた44都道府県の消防隊が被災地に集結し、昼夜を問わず活動を行いました。
 当県隊は、宮城県石巻市を拠点に活動を行いましたが、第1次隊の和歌山県隊長として被災地に派遣された和歌山市消防局の西村隊長の活動報告や実際に被災地で使用した高度救助資機材やエアーテント、支援車の取り扱い等を和歌山市消防局庁舎内で講義して頂きました。
現場の最前線で活躍する消防士の知識、技術に圧巻する一方、その技術、知識を持ってしても無念さを残して被災地を後にしなければならなかった被災地の悲惨な現状に学生達はショックを隠しきれない様子でした。
 ただ、そこはさすがプロの消防士になると決めた者達。そのあとは、しっかり前を向き、「今、自分にできること。」を深く自覚し、帰校後はいつも以上に訓練に集中し、資機材の取り扱い訓練に励んでいました。

同じカテゴリー(消防学校レポート)の記事
 消防団員幹部教育第35期(消防団員指導員研修)を実施しました (2014-01-21 10:41)
  消防団員専科教育機関科(第3期)を実施しました (2014-01-17 13:01)
 幹部教育中級幹部科(第13期)を実施しました(県消防学校にて) (2013-12-18 11:55)
 専科教育予防査察科(第15期)を実施しました。 (2013-11-28 13:58)
 専科教育火災調査科第8期を実施しました (2013-11-11 14:15)
 自衛消防隊隊員教育(第26期)を実施しました (2013-10-23 08:12)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。