読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 87人
和歌山県公式facebookページ わかやま観光情報 プレミア和歌山 わいわい市場 わかやま紀州館・和歌山県アンテナショップ わかやまイベントボード 人気ブログランキングへにほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 和歌山県情報へ
ページランク
新規投稿

新規投稿するにはログインする必要があります。会員IDをお持ちでない方はIDを取得された後に投稿できるようになります。
QRコード
QRCODE
プロフィール
広報ブログ編集長
広報ブログ編集長
和歌山県広報課です。
和歌山県の観光・食・文化・自然・産業などの魅力を発信しています。和歌山のホットな情報をタイムリーに提供していきます。
もちろん、リンクフリーですのでどんどん広めて下さい!

なおコメントに対する返信は原則として行いませんので、あしからずご了承ください。
<和歌山県ソーシャルメディア運用ポリシー>
http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/000200/snspolicy.html

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


アクセスカウンタ

2014年12月16日

12/15幻のゴボウ「はたごんぼ」(橋本市西畑地区)を高野山金剛峯寺に奉納

「はたごんぼ」は江戸時代から昭和の初めまで、橋本市で栽培されていたゴボウです。
ほとんど廃れていましたが、近年、くにぎ広場・農産物直売交流施設組合(岡本組合長)をはじめ地元農家の方々が復活に取り組んでいます。
当ブログでも、4/16橋本市西畑地区「はたごんぼ」の種まきが行われました!~企業のふるさと(井関農機株式会社)~でお伝えしましたとおりです。


「はたごんぼ」は長さが1m程に育ち、「太くて立派」「柔らかくていい香りがする」と現在人気急上昇中です。
煮物以外にも、「はたごんぼあられ」「ごんぼ茶」なども加工品として発売されています。
昔はこの高野山麓の農家が「雑事(ぞうじ)」といって農作物を高野山金剛峯寺に奉納し、修行僧が食していた歴史があることから、昨年はたごんぼの奉納を復活させました。
今年は昔と同じようにをはたごんぼを背負子に載せて、高野山参詣道、高野七口のひとつ「黒河道(くろこみち)」約19km歩いて運搬し、奉納することが計画されました。


私も参加しましたのでレポートします。
平成26年12月15日朝7時に橋本市南馬場の「くにぎ広場」を出発しました。



世界遺産の町石道より険しく、さらに雪の残る黒河道を約9時間かけて踏破しました。


午後4時に金剛峯寺に到着し、無事、岡本組合長から添田隆昭宗務総長にはたごんぼを手渡しして、高野山真言宗金剛峯寺に奉納しました。







この黒河道は高野山への参詣道として世界遺産追加登録を目指しているもので、今回の徒歩による奉納で「はたごんぼ」と共に知名度が上がり追加登録に弾みがつくことを期待しています。


文責 伊都振興局 前田 敏孝

同じカテゴリー(県産品)の記事画像
柿の王様「温室新秋柿」をふるさと納税でお送りします
和歌山県クラウドファンディング活用支援対象事業に「ブドウの早摘み果汁から出来た『ピオーネのしずく』」新たに認定!
わかやまジビエ料理講習会を開催しました!!
県内小学校等への県産農水産物(うめ)の提供について
「まりひめキャンペーン」開催!
県内小学校等への県産農水産物(みかん)の提供について
同じカテゴリー(県産品)の記事
 柿の王様「温室新秋柿」をふるさと納税でお送りします (2017-07-21 09:45)
 和歌山県クラウドファンディング活用支援対象事業に「ブドウの早摘み果汁から出来た『ピオーネのしずく』」新たに認定! (2017-07-19 10:41)
 わかやまジビエ料理講習会を開催しました!! (2017-07-13 09:42)
 県内小学校等への県産農水産物(うめ)の提供について (2017-06-29 09:54)
 「まりひめキャンペーン」開催! (2017-01-19 11:00)
 県内小学校等への県産農水産物(みかん)の提供について (2016-11-28 09:24)
Posted by 伊都・橋本広報 at 10:18│Comments(0)県産品地域情報
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。