読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 86人
和歌山県公式facebookページ わかやま観光情報 プレミア和歌山 わいわい市場 わかやま紀州館・和歌山県アンテナショップ わかやまイベントボード 人気ブログランキングへにほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 和歌山県情報へ
ページランク
新規投稿

新規投稿するにはログインする必要があります。会員IDをお持ちでない方はIDを取得された後に投稿できるようになります。
QRコード
QRCODE
プロフィール
広報ブログ編集長
広報ブログ編集長
和歌山県広報課です。
和歌山県の観光・食・文化・自然・産業などの魅力を発信しています。和歌山のホットな情報をタイムリーに提供していきます。
もちろん、リンクフリーですのでどんどん広めて下さい!

なおコメントに対する返信は原則として行いませんので、あしからずご了承ください。
<和歌山県ソーシャルメディア運用ポリシー>
http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/000200/snspolicy.html

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


アクセスカウンタ

2014年09月18日

今年も柿のシーズンがやってきました~日本一の柿産地、和歌山県伊都地方から~

 露地(ろじ)柿の収穫が始まりました。
 ここ伊都地方は橋本市、かつらぎ町、九度山町、高野町の1市3町からなり、柿の生産量は和歌山県全体の68%、国内産の約9%を占めています。
 今回は柿産地を支えるJA紀北かわかみのかつらぎ中央選果場(かつらぎ町妙寺1847-3)にお邪魔しました。
 こちらの選果場は平成24年から稼働し、近隣の出荷施設の中では最新の設備を備えた集出荷場で、伊都地方各地のJA紀北かわかみが運営する大谷、笠田、四郷、見好西、三谷地区集荷場に集められた柿が中央選果場に持ち込まれ、選別及び出荷調整が行われています。



 大変大きな施設で建物だけで19526㎡(テニスコート約75面)あります。
 9月6日から極早生種の「中谷早生」などが選果場で脱渋、選果され、国内各地域に出荷されていきます。



 ここでは先に人の目で傷や痛みの有無をチェックしてます。





 続いて果実の糖度を測り、品質、大きさごとにそれぞれの作業台に自動で振り分けられます。
 こちらの糖度センサーは柿だけでは無く、すもも、桃、キウイ、みかん等も計測できる多機能なセンサーになっているとのことです。
 箱詰めは人の手で一つ一つ丁寧に箱詰めされます。

 

 箱詰めされた出荷物はパレタイザーという機械でパレットに載せられ、全国各地の市場へ向かうトラックに積み込まれ、出荷されます。
 9月11日(木)から伊都地域の主力品種である刀根早生の荷受けが始まっており、国内の果物売り場を伊都の柿が賑わす事となるでしょう。
 なお、選果場内は見学はできませんが、選果場そばに直場所が併設されており、今年は9月下旬から開店予定との事で、柿の出荷期間中は毎日販売しているとの事です。 こちらに是非お越しになって旬の柿を味わって下さい。

(文責:伊都振興局農業振興課 北原 伸浩)



   
Posted by 伊都振興局農業振興瓦版 at 18:26Comments(0)地域情報

2014年09月18日

じゃばらの入浴料

 北山村は、総務省の「過疎集落等自立再生緊急対策事業」を活用し、じゃばらを使ったユニークな新商品を開発し、販売しております。ik_20

 以前、当ブログでも北山村のモニター募集を紹介し、多数の応募をいただきました。face02

 花粉症などの抑制効果があるといわれるじゃばらの果皮を粉末化し、じゃばらアロマ(じゃばらの果皮から抽出したエッセンシャルオイル)、ミネラル塩、炭酸を配合した、こだわりの入浴料です。


↑じゃばらの湯 50g×3包入り 1,080円(税込み)

 

↑1包で200Lのお湯が目安です。

 中身を確認後に、さっそくお風呂に入れてみました。

 開封した瞬間からじゃばらの香りがしましたが、お風呂に入れるとしゅわーっと炭酸が発泡し、じゃばらの爽やかな香りが浴室にひろがりましたicon12

 入浴料は黄色い粉末でしたが、お湯に入れると乳白色に変わり、しっとりしたやわらかいお湯になりました。

 秋の気配が感じられるようになりましたが、秋の夜長をゆったりお風呂で過ごしてみてはいかがでしょうか?

 入浴料は、「ヤマザキショップじゃばら屋店」や「村営じゃばら村センターわいわい市場店」などでも取り扱っております。

 ぜひ一度お試し下さい。ik_14


(文責 東牟婁振興局 企画産業課 辻 優子)  
Posted by くまくま at 10:04Comments(0)広報一般

2014年09月18日

【レポート】那智勝浦町色川地区にある棚田の稲刈り体験に行ってきました!

みなさん、和歌山県南部に位置する那智勝浦町。那智勝浦町と言えば、133mもの落差を誇る世界遺産・那智の滝が有名ですが、那智の滝から更に山奥にある色川地区をご存じですか?

色川地区には約400人が住んでいますが、この地区は最近、多くの移住者が集まってくる「移住先進地区」として注目を集めています。

この色川地区で、9月14日(日)、地元住民で結成された棚田を守ろう会主催の稲刈り体験がありましたのでその様子をリポートします。
(なお、田植え体験のレポートについては5月28日付けのブログでも紹介していますよ。)

稲刈りする場所は素晴らしい棚田です。稲刈りすることが初めてで不安でしたが、現地の方が丁寧に稲刈りの方法を教えてくれました。

教えてもらって、参加者もすぐに稲を束ねることができました~。

さぁ、これで稲刈り作業のはじまりです、まずは鎌で稲を刈り取ります。

そして稲を束ねて干します。

木の竿で干しました~。


12時になると、お待ちかねの昼食。メニューは
・炊き込みご飯 ・鶏肉の酒バター蒸し ・夏野菜スープ ・シカク豆のごまあえ
・甘長となすの油炒め ・ゴーヤチャンプルー ・オクラ ・ゆず寒天
という、ほぼすべて地元色川産の食材でした。こんなメニューを見るとオシャレな農家レストランと思っちゃいますね~。

バイキング形式で食べ放題!

私の昼食。

昼食の後はハーモニカライブ。山を背景に美しい音色、癒されるなぁ~。


作業は午後3時まで行いましたが、こんな貴重な体験ができて有意義な一日を過ごしました。

次は、11月下旬にしめ縄作りを予定していますので詳しくは「棚田を守ろう会」まで。

都会暮らしで「ふるさと」を持ちたい人、「農業」や「田舎暮らし」に興味がある人、一度、那智勝浦町色川地区で米作り体験に参加してみませんか、色川地区の魅力が分かりますよ。

(文責 東牟婁振興局地域振興部企画産業課 村部昭憲)
  

Posted by くまくま at 09:07Comments(0)地域情報