読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 94人
和歌山県公式facebookページ わかやま観光情報 プレミア和歌山 わいわい市場 わかやま紀州館・和歌山県アンテナショップ 人気ブログランキングへにほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 和歌山県情報へ
ページランク
新規投稿

新規投稿するにはログインする必要があります。会員IDをお持ちでない方はIDを取得された後に投稿できるようになります。
QRコード
QRCODE
プロフィール
広報ブログ編集長
広報ブログ編集長
和歌山県広報課です。
和歌山県の観光・食・文化・自然・産業などの魅力を発信しています。和歌山のホットな情報をタイムリーに提供していきます。
もちろん、リンクフリーですのでどんどん広めて下さい!

なおコメントに対する返信は原則として行いませんので、あしからずご了承ください。
<和歌山県ソーシャルメディア運用ポリシー>
http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/000200/snspolicy.html

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


アクセスカウンタ

2014年08月13日

8/7辻調グループ研究生が柿園地視察!

平成26年8月7日、食品流通課の「和歌山食材テロワール事業」として辻製菓技術研究所の研究生や職員約60名の方が九度山町にある柿園地の視察に来られましたik_20

テロワールとは作物の生育環境のことを指します。同じ品種であっても育った畑の土壌、地理、気候などによって味が異なってきます。もともとはワインの原材料であるぶどうに使われていたことばでした。

生産の現場を体感し、食材に対する知識の造詣を深めてほしいという辻調グループの思いと和歌山県の環境が生みだした優れた食材の良さを知ってもらいたいという県の思いから実現したものでした。

当日、強い日差しのなか、柿園地で生産者の方から大玉果実生産のための摘果や側枝環状はく皮処理といった作業について説明を受けました。
初めて柿の木を見た!という方や、虫が苦手で…という方も。
生産者の方はまだまだ虫は少ない方!実際はもっと大変ななかで作業しているとおっしゃっていました。



その後、場所を伊都振興局に移して県農業士である生産者、紀北農芸高校の生徒を交えて交流会が開催されました。

農業士の方から改めて柿の生産に関する思いや苦労話を聞き、辻調グループを卒業して和歌山市でお店をされている三鬼恵寿さんから地方での開業・就業について講演して頂いた後、グループに分かれて意見交換を行いました。

研究生からは下記のような感想がありました。
・自分たちが食材の良さを知らないと消費者においしさを伝えられないので、これからもっと多くの生産者と交流して食材のことや栽培にかける思いを知りたい。
・同じ畑で育ったものでも収穫する時期によって味が異なることがわかった。そういったことを理解し、食材の特徴にあった調理をしていきたい。
・生産者と交流することでこちらの要望も伝えられる。
・その土地の雰囲気が自分に合うようであれば地方でも開業してみたい。

流通している食材そのものだけでなく、その食材ができるまでの過程に目を向けて頂き生産者の思いや食材の特徴について理解を深めてもらういい機会になったのではと思います。
何年後かに今回来られた研究生の中から和歌山で開業される方がでてくるか楽しみですね。






そして、この交流会では振興局から柿ミルク、冷凍柿、柿シャーベを提供しました~
残念ながら柿の収穫時期とはずれていましたが実際に柿を食べて頂くことができてよかったです!
収穫期を迎えた貴重なハウス柿も展示しました!

 

このあと、9月に辻製菓技術研究所が運営するお店 P.L.T(パティスリー・ラボ・ツジ)で和歌山食材スイーツフェアが開催されるそうです~!ぜひ行ってみてください~face02
参考:http://www.tsujicho.com/plt/index.html
(文責:伊都振興局企画産業課 近藤早央里)
  
Posted by 伊都・橋本広報 at 17:12Comments(0)県産品

2014年08月13日

8/16細野渓流キャンプ場「アユつかみ体験」開催!!

 紀の川市桃山町にある細野渓流キャンプ場で、8月16日(土)、「アユのつかみ獲り体験会」が行われます!



 今年で2回目となるこの催しは、キャンプ場の前を流れる清流真国川で、一人につき5匹までアユを獲り、その場で炭火で焼いて食べることができます。
 下の写真は昨年の様子ですが、子どもから大人まで大勢のお客さんで賑わいました。



 現在、13:00~と14:00~の部で参加者募集中とのことです!
 夏休みのお出かけにいかがでしょうか?icon01


☆アユつかみ体験☆
【日時】平成26年8月16日(土)小雨決行 増水等により中止の場合は翌17日

【場所】細野渓流キャンプ場(紀の川市桃山町垣内258-1)


【募集人数】120人(30人×4組)
  A組 10:00~(8/13現在 受付終了)
  B組 11:00~(8/13現在 受付終了)
  C組 13:00~
  D組 14:00~

【参加料】大人1000円 子供(小学生以下)500円 ※入場料300円を含む

【内容】
・アユは5匹まで獲れます。
・獲ったアユを炭火で焼く準備をしてあります。
・小学生以下の子供の参加は、保護者の同伴が必要です。
・参加者以外の同伴者(保護者等)は入場料300円が必要です。
・各コースとも実施30分前に集合してください。

【ご用意いただくもの】
・アユをお持ち帰りになる場合の入れ物・氷など
・飲料水・水に濡れてもよい服装

【お申込み・お問い合わせ】
  TEL:0736-67-0070(平日10:00~17:00)
  ※場内巡回のため電話に出られない場合があります。
  ※住所・氏名・年齢・保護者名・連絡先・参加希望時間帯(コース)が必要です。

【参考】細野渓流キャンプ場HP http://www.hosono-camp.com/

(文責:那賀振興局企画産業課 河浪沙也加)  
Posted by 那賀振興局企画産業課H at 09:50Comments(0)観光・自然イベント・地域振興

2014年08月13日

自然と要塞跡が織りなす光景「友ヶ島」 第1回

 無人島ゆえの生命力あふれる草木と、明治につくられ島の木々の中に取り込まれつつあるレンガ造りの要塞跡が幻想的な和歌山の観光名所、「友ヶ島(ともがしま)」を複数回に分けて紹介します。

 今回はプロローグとして、友ヶ島の概略について紹介します。

 友ヶ島は和歌山県の西側、加太湾に浮かぶ無人島群の総称です。

 「沖ノ島(おきのしま)」「虎島(とらじま)」「神島(かみじま)」「地ノ島(じのしま)」の4島を合わせて「友ヶ島」と呼んでいます。

(拡大すると沖ノ島も表示されます)



 友ヶ島は瀬戸内海国立公園の一角を占めていることもあり、自然がそのままの状態で保全されている所が数多くあります。


友ヶ島灯台手前
友ヶ島灯台手前

散策路
散策路


 この緑の中をハイキングするだけでも楽しいのですが、友ヶ島にはもうひとつの見所があります。

 それはかつての要塞跡です。

 友ヶ島には、明治時代につくられた対艦船用の砲台や観測所といった要塞跡があり、堅牢に作られたレンガ造りの建物が残っています。

 そのレンガ造りの建物が自然の中に徐々に包み込まれはじめており、見る人にどこかはかなさやもの悲しさを感じさせるような風景が広がっているのです。

第5砲台火薬庫
第5砲台火薬庫

第3砲台火薬庫
第3砲台火薬庫

第3砲台内部通路
第3砲台内部通路

第3砲台跡
第3砲台跡
 

 第1回は友ヶ島の概略を紹介しました。

 次回からは実際のルートマップと写真を交えて紹介いたします。

自然と要塞跡が織りなす光景「友ヶ島」 第2回
http://wakayamapr.ikora.tv/e1049470.html

自然と要塞跡が織りなす光景「友ヶ島」 第3回
http://wakayamapr.ikora.tv/e1053032.html

自然と要塞跡が織りなす光景「友ヶ島」 第4回
http://wakayamapr.ikora.tv/e1059975.html


(文責:広報課 品田 秀樹)  
タグ :友ヶ島

Posted by 広報課県民情報班 at 09:20Comments(0)観光・自然

2014年08月13日

8月14日(木)MBSちちんぷいぷいで有田川町の日光神社を紹介

有田振興局企画産業課です。

 有田川町には歴史深い神社仏閣が多いのですが、有田川町の最深部で、奈良県境や護摩壇山にも近い所に日光神社という古い神社があります。
 この日光神社を、MBS毎日放送のお昼の情報番組「ちちんぷいぷい」が取材してくれました。
 「昔の人は偉かった」というコーナーで、楠雄二朗さんと河田直也アナがリポーターとなり、日の出から日の入りまで歩きながら先人の足跡をたどり、”昔の人は偉かった”を実感するという長編シリーズです。

日光神社入り口

 お二人とスタッフの一行は、高野龍神スカイラインごまさんスカイタワーを出発して裏道などを通りながら、有田川町に入り、笹の茶屋展望台に到着。ここから我々も同行させていただきました。
 展望台付近の林道に入ってすぐの、「日光神社入り口」と書かれている所から歩道に入ります。ここは未舗装の山道であるとは言え、遊歩道として整備されているので、歩きにくい道ではないです。ただ、勾配が急な部分があり、この日は雨模様ということもあり、滑らないよう慎重に歩いて行きました。

日光神社遊歩道

 15分ほど歩いた先に、日光神社があります。今は小さな社が残っているだけですが、かつては大きな神社だったようです。こんな山奥に大きな神社があったとは、本当に「昔の人は偉かった」んですね。
 有り難いことに、社の前での写真撮影にもお二人は気軽に応じてくれました。

日光神社
楠雄二朗さんと河田直也アナ

 日光神社へ向かう遊歩道は下りだったので、取材後の帰路は当然ながら上り。しかも急勾配の所もあるので、かなりキツかったです。
 一行は展望台に戻ってしばらく休憩した後、奈良県の野迫川町に向かって再び歩いて行きました。

 今回の取材の様子は、8月14日(木)に放送される予定です。ぜひご覧下さい。

 皆さんも、有田川町の奥深い山中にある日光神社を訪れてみてはいかがですか?
 ただし、山歩き用にきちんと装備をした上で、野生動物にも十分気を付けて下さいね。


大きな地図で見る

(文責 有田振興局企画産業課 児嶋史晃)  

Posted by おしょう at 07:52Comments(0)テレビ