読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 85人
和歌山県公式facebookページ わかやま観光情報 プレミア和歌山 わいわい市場 わかやま紀州館・和歌山県アンテナショップ わかやまイベントボード 人気ブログランキングへにほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 和歌山県情報へ
ページランク
新規投稿

新規投稿するにはログインする必要があります。会員IDをお持ちでない方はIDを取得された後に投稿できるようになります。
QRコード
QRCODE
プロフィール
広報ブログ編集長
広報ブログ編集長
和歌山県広報課です。
和歌山県の観光・食・文化・自然・産業などの魅力を発信しています。和歌山のホットな情報をタイムリーに提供していきます。
もちろん、リンクフリーですのでどんどん広めて下さい!

なおコメントに対する返信は原則として行いませんので、あしからずご了承ください。
<和歌山県ソーシャルメディア運用ポリシー>
http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/000200/snspolicy.html

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


アクセスカウンタ

2014年01月27日

新商品『じゃばらの湯』(入浴剤)体験モニター2,000名大募集!【北山村】

北山村の村営「じゃばら村センター」は、平成26年1月28日(火)午前9時より、じゃばら果皮を活用した新商品『じゃばらの湯』(入浴剤)体験モニター2,000名大募集します!



応募は、じゃばら村センターわいわい市場店のホームページから平成26年2月14日(金)まで可能。(http://www.kitayamamura.com/) 応募者多数の場合は抽選。
使用後、インターネットを通じ簡単なアンケートに答えることが可能な方にかぎり、1人3包が無料で届けられます。(200Lのお湯に1包が目安)

『じゃばらの湯』には、【じゃばらの乾燥粉末】、【じゃばらのエッセンシャルオイル】、【ミネラル塩】そして【炭酸】が入り、天然じゃばらの香りを楽しめる肌にやさしい贅沢な商品ということです。

入浴剤モニターに関する問い合わせは、
 北山村観光産業課(じゃばらセンター) 0735-49-2037まで。


この他にも、50玉分のじゃばら果皮を水蒸気蒸留し抽出された鼻がシャキっとする感じの香りを楽しめる天然オイル『じゃばらアロマ』も登場。
私は毎年花粉症で苦しんでいるのですが、一度『じゃばらアロマ』を試してみたいと思います。

北山村観光産業課(じゃばら村センター)によると、今後も『じゃばら』関連商品の開発を進めていくということです。

(参考)
北山村村営 「じゃばら村センター」(http://www.kitayamamura.com/


(文責 東牟婁振興局 企画産業課 吉中秀郎)  

Posted by くまくま at 16:38Comments(1)県産品グッズ・ショップ

2014年01月27日

1/24JR橋本駅にて橋本高校生徒が描いた絵画お披露目の会(駅舎ペインティング)

平成26年1月24日、JR橋本駅に橋本高校の生徒が描いた絵画が贈呈され、お披露目会が開催されましたik_20
これは、JR和歌山線の沿線地方公共団体と交通事業者で構成する、和歌山線活性化委員会による企画「駅舎ペインティング」によるものです。


こちらが作品です。


絵画は橋本高校の高校生活動推進委員と美術部の皆さんによって描かれたもので、橋本市の四季を名所や特産品、市の花や木により表現した作品です。大きさは横に3.6メートルもあり、大迫力です。
JR橋本駅の1番ホームに飾られています。
美術部部長の生徒さんにお話を伺ったところ、「橋本駅に降り立った方々に、行ってみたいな、と思ってもらえるような作品を目指した」とのことです。
色とりどりで表現された橋本市が美しいです。


また、あわせて、橋本高校の1年生約200人によって作られた座布団も贈呈されました。


これは、冬の寒い時期、駅内のベンチに座っても冷えないようにと、数年前から橋本高校が行っている取組です。
今年は、国体や高校総体のPRをテーマに、とても可愛らしい座布団が贈られました。


「駅舎ペインティング」は、既に完成している隅田駅(橋本市立隅田中学校)、紀伊小倉駅(和歌山高校)のほか、5駅で準備・制作中となっているそうです。
今後も楽しみですねface02

(文責:伊都振興局企画産業課 鍵本 典子)  
Posted by 伊都・橋本広報 at 15:40Comments(0)地域情報

2014年01月27日

『海を越える太地』 歴史資料特別展 2月1日より開催【太地町】

 昭和初頭、太地町から、大勢の青年男女が海を越えて働いていた時代がありました。
当時人口3800名にも満たない太地から、500名以上が、海外出稼ぎのためアメリカ、カナダ、オーストラリアへ渡っていったといわれています。彼らが南氷洋捕鯨やマグロ漁、缶詰工場等での出稼ぎを通じ、海外から故郷に送った金額は、太地町沿岸での水揚額に匹敵したといわれています。また彼らは南紀熊野の海で培った技能を活かし移民先で新しい町の発展に貢献しました。

今週2月1日(より、太地町立石垣記念館及び太地町立くじらの博物館において、世界中の海に生きた彼らの一世紀を振り返る、特別展が開催されますのでお知らせします。
太地町の歴史にふれる絶好の機会ですので、ぜひお越し下さい。


(画像をクリックするとPDFファイルが開きます。)



【開催期間】 平成26年2月1日(土)~3月15日

【開催場所】 太地町立石垣記念館  (観覧料 一般300円 小中高100円 開館時間9:00~16:30) 
       太地町立くじらの博物館(観覧料 一般1300円 小中高700円 開館時間8:30~17:00)

【協力】   船の科学館海と船の博物館ネットワーク(日本財団助成事業)

【お問い合せ】太地町歴史資料室  電話0735-59-2335 
         太地町立石垣記念館 電話0735-59-3223



(文責 東牟婁振興局 企画産業課 吉中秀郎)  

Posted by くまくま at 14:52Comments(0)地域情報

2014年01月27日

【農業大学校】フラワー装飾技能士資格試験に向けて

 花き専攻生は2年次にフラワー装飾技能士3級資格試験を受験します。
 1年生は3級受験に向けて、2年生は2級受験のための講習を受けました。
 今回は県職業能力開発協会の協力のもと、和歌山県フラワー装飾技能士会
会員4名の方が来校され講師として指導頂きました。
 1年生はフラワーアレンジが初めてなので時間が掛かりましたが、楽しみ
ながら完成できました。2年生は3級と2級のレベルの差に戸惑いながらも
真剣な面持ちで一生懸命頑張りました。
 1年生は夏に実施される3級試験に必ず合格してもらいたいと思います。





 (文責:農業大学校 神谷 桂)

  

Posted by かみ at 10:36Comments(0)農業大学校だより