読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 85人
和歌山県公式facebookページ わかやま観光情報 プレミア和歌山 わいわい市場 わかやま紀州館・和歌山県アンテナショップ わかやまイベントボード 人気ブログランキングへにほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 和歌山県情報へ
ページランク
新規投稿

新規投稿するにはログインする必要があります。会員IDをお持ちでない方はIDを取得された後に投稿できるようになります。
QRコード
QRCODE
プロフィール
広報ブログ編集長
広報ブログ編集長
和歌山県広報課です。
和歌山県の観光・食・文化・自然・産業などの魅力を発信しています。和歌山のホットな情報をタイムリーに提供していきます。
もちろん、リンクフリーですのでどんどん広めて下さい!

なおコメントに対する返信は原則として行いませんので、あしからずご了承ください。
<和歌山県ソーシャルメディア運用ポリシー>
http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/000200/snspolicy.html

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


アクセスカウンタ

2014年01月17日

【農業大学校】農大生、東海近畿ブロック発表会で発表!

【農業大学校】農大生、東海近畿ブロック発表会で発表!

 平成26年1月16~17日にかけて、兵庫県加西市で「平成25年度東海・近畿ブロック農業大学校学生研究及び意見発表会」が開催され、和歌山県農業大学校からは研究発表の部で2年中山君と意見発表の部で1年松本君がそれぞれ発表しました。
結果、研究発表の部では最優秀賞は岐阜県、2位は京都府、3位は滋賀県、意見発表の部では最優秀賞は滋賀県、2位は京都府となり、残念ながら、和歌山県の入賞はなりませんでした。


2年中山君
研究発表の部 2年 中山君

1年松本君
意見発表の部 1年 松本君

 入賞者は、審査ポイントをしっかりつかんでいて、かなり練習をやってきているのが見て取れました。

 今回の経験をふまえて、来年は入賞できるように頑張って欲しいと思います。

(文責:農業大学校 南方 高志)  
Posted by 農大・南方 at 18:00Comments(0)農業大学校だより

2014年01月17日

1/19【伝統芸能】御田祭in丹生都比売神社

毎日寒い日が続いていますが、皆さまいかがお過ごしですかik_19

さて、和歌山県指定無形民俗文化財にも指定されているかつらぎ町・天野に鎮座する世界遺産・丹生都比売神社で開催される御田祭(おんださい)をご紹介しますface02

  開催日: 平成26年1月19日(日)午後2時
  場 所: 丹生都比売神社
        和歌山県伊都郡かつらぎ町天野230 TEL 0736-26-0102

御田祭は、豊年万作を祈る農耕神事(芸能)です。

【御田祭の起源と概要】
御田祭の起源は、平安時代に二人の巫女により深夜御田植の儀式が行われ、これが始まりと伝えられています。
鎌倉時代に申楽(さるがく)が加わり別個に行われていたのが、室町時代にこれらが合わさって狂言形式となり、毎年1月の14日に神仏分離後も神事として行われて来ました。
最近では、1月の第3日曜日に実施されています。

【御田祭の出演者】
田人(たびと)・・・面をつけ、烏帽子(えぼし)、白張装束、白足袋で腰に中啓をさす。
牛飼(うしかい)・・面をつけ、素袍帆懸(すほうほかけ)烏帽子、白足袋で腰に中啓をさす。
一石(いちこく)・・面をつけ、黒衣を着る。
早乙女(さおとめ)・昔は白無垢で守袋をつけていたが、現在は巫女の姿としている。
田ヅ女(たづめ)・・面をつけ赤たすきをかけ、腰に扇をさす。
礼の坊(れいのぼう)・・面をつけ赤たすきをかける。

※ 中啓・・・扇子のこと
※ 素袍帆懸け烏帽子・・・頭頂部が片方に折れている烏帽子
※ 一石・・・牛のこと  







寒い時季ではありますが、今週末 伝統芸能と間近にふれる良い機会ですので一度遊びに来ませんか。



文責: 伊都振興局企画産業課  藤井 孝美

  
Posted by 伊都・橋本広報 at 16:42Comments(0)観光・自然

2014年01月17日

1/20-24BSフジ「beポンキッキーズ」でわかぱん登場!

今週の和歌山県関連テレビ番組の追加を1件ご紹介します。

1/20(月)-1/24(金)7:30-8:00 BSフジの「beポンキッキーズ」
和歌山県観光PRキャラクター「わかぱん」が和歌山市内の幼稚園児と一緒に
「ロリポップスたいそう のーびのびよ~ん」を踊ります!
30分番組ですが、オープニング直後のコーナーで放送される予定です。
わかぱんも含めて5体のご当地キャラクターが「びよ~ん」と踊ります。
朝の忙しい時間ですが、観てもらえるとうれしいです。
ぜひご覧ください!

わかぱんと愛徳幼稚園のみんな


また新たに番組を発見したら、その都度ご報告いたします。 もしみなさんも和歌山県関連テレビ番組を見つけられたら、コメント欄で報告してください!お待ちしています。


(文責:広報課 土山絢子)   
Posted by 新米広報員2 at 13:26Comments(0)テレビ

2014年01月17日

 消防団員専科教育機関科(第3期)を実施しました

 実施日時 平成26年1月9日(木)、10日(金)

 消防団員専科教育機関科、2日間(12時間)の教育を実施しました。
 今回県下30消防団本部中、8消防団本部合計25名の消防団員が入校し、消防車の緊急走行及び機関運用(消防車や可搬式ポンプからの水を出す操作等)を行う際に必要な知識及び技術の習得を図るための教育を受けていただきました。
 消防団員とは、日ごろは本業を持ちながら、自主的に居住する地域の消防団に所属し、緊急時には火災発生時における消火、地震や風水害といった大規模災害発生時の救助・救出、警戒巡視、避難誘導、災害防御などに従事し、また平常時においては、訓練、応急手当の普及指導、住宅への防火指導、特別警戒、広報活動などにも従事するなど、日ごろから地域のために献身的に活動されている方々です。
 入校された25名は全員が「自分たちの地域は自分たちが守る」という強い意思を持ち、終始熱心に、講義及び訓練に参加していただきました。
 
 2日間と短い期間でしたが、今回の教育で学んだことを災害現場及び部下の教育等に活かし、今後の災害対応に努めていただきたいと思います。本当にご苦労様でした。
(文責 消防学校 筒井 敬也)


  
Posted by 消防学校 教官 at 13:01Comments(0)消防学校レポート