読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 85人
和歌山県公式facebookページ わかやま観光情報 プレミア和歌山 わいわい市場 わかやま紀州館・和歌山県アンテナショップ わかやまイベントボード 人気ブログランキングへにほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 和歌山県情報へ
ページランク
新規投稿

新規投稿するにはログインする必要があります。会員IDをお持ちでない方はIDを取得された後に投稿できるようになります。
QRコード
QRCODE
プロフィール
広報ブログ編集長
広報ブログ編集長
和歌山県広報課です。
和歌山県の観光・食・文化・自然・産業などの魅力を発信しています。和歌山のホットな情報をタイムリーに提供していきます。
もちろん、リンクフリーですのでどんどん広めて下さい!

なおコメントに対する返信は原則として行いませんので、あしからずご了承ください。
<和歌山県ソーシャルメディア運用ポリシー>
http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/000200/snspolicy.html

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


アクセスカウンタ

2013年06月29日

東京の紀州散策(9)紀州徳川家ゆかりの青山熊野神社

東京の紀州散策、今回は渋谷区神宮前にある青山熊野神社をご紹介します。

今回青山熊野神社を紹介するきっかけとなったのは、私が以前このブログで「東京の紀州散策(3) 新宿区・十二社熊野神社と中野区・成願寺」とご紹介した記事に対してコメントをいただいたことです。
私は、この記事の中で、全国各地に3000社もある「熊野神社」は、みな熊野三山の祭神を勧請された神社だと説明していたのですが、それに対してこのようなコメントをいただきました。
「熊野神社」の全てが”所謂熊野三山”から御霊分けされたわけではありませんし、熊野三山の神々が祀られているわけでもありません。
例えば渋谷区神宮前の熊野神社(青山熊野神社)。こちらの御祭神は五十猛命、大屋津姫命、抓津姫命、伊弉冊命です。現在の赤坂御所にあった徳川頼宣卿の邸内社が町民の請によって奉遷された神社です。御祭神の3柱は和歌山市鎮座の伊太祁曽神社の祭神であり、熊野を名乗っているのは紀州の意味と推察されます。
そこで、一度訪れてみたいと思っていたのですが、先日渋谷を訪れたついでに、ちょっと青山熊野神社に寄り道をしてみました。

場所は、地下鉄銀座線外苑前駅から北西に歩いて5分ぐらいのところです。ちょうど神宮球場の西側になりますね。


こちらが正面から撮った写真です。表参道や外苑前のおしゃれな店が建ち並ぶ通りからちょっと中に入ると、こんな静かな神社がたたずんでいることに驚きました。


この青山熊野神社は、もとは徳川頼宣公が元和5年(1619年)に紀州藩初代藩主に封ぜられた際に、徳川家の赤坂邸(現在の赤坂御用地)に領国紀州より勧請して、紀州徳川家の鎮守として創建されたのだそうです。その後、町民の要請により青山路次町(現明治神宮外苑青山中学付近)に仮殿を建設、さらに正保元年(1644年)に現在地に移り、翌2年には本殿・拝殿などの造営が完成し、青山総鎮守となったのですが、その後も神社の祭礼の際には紀州家からの代参も続いていたそうです。

祭神は、五十猛ノ命(いだけるのみこと)、大屋津姫ノ命(おおやつひめのみこと)、抓津姫ノ命(つまつひめのみこと)、伊弉冊ノ命(いざなみのみこと)の4柱ですが、コメントでご指摘のとおり、前の3柱の祭神は、和歌山市の伊太祁曽神社の祭神と同じですね。
伊太祁曽神社は、「紀伊国一宮」と称されていますから、その祭神を勧請したものが紀州藩邸内に奉られたとしても不思議ではありませんね。伊太祁曽神社が木の神様として信仰されているように、ここ青山熊野神社も植林、樹林の神様として、建築業界の人々の信仰を集めているそうです。

なお、神社の名称については、江戸時代までは「熊野大権現」と呼ばれていたそうですが、明治の神仏分離令で「熊野神社」という名前になったようです。祭神を考えるとあまり熊野とは関係ないようですが、きっと「紀州」=「熊野」という感じで使われていたのでしょう。確かに現代においても、東京で「和歌山」といってもどこにあるのかわからない人が多いですから、江戸時代にはもっとアバウトな認識だったのかも知れません。

境内の手水石には、徳川家の葵の紋がついています。新しいもののようですが、紀州徳川家の鎮守であることが理由なのでしょう。


こちらが社殿ですが、結構新しいですね。あと驚いたのが、向かって右側に「青山熊野神社ビル」というモダンな建物があり、テナントビルとして利用されています。何とも都会的です。


以上、青山熊野神社の訪問記でした。三つ葉葵の紋以外には、和歌山を感じさせるものは残ってはいませんが、ご興味のある方は一度訪れてみてはいかがでしょうか。

(文責:東京事務所 林 清仁)  
Posted by 広報ブログ編集長 at 17:59Comments(0)東京事務所通信

2013年06月29日

読売TV「大阪ほんわかテレビSP」でほんこんさんが高野山へ!

明日の和歌山県関連テレビ番組の追加を1件ご紹介します。

6/30(日)12:35-13:50 読売テレビ(近畿広域圏)の「大阪ほんわかテレビ祝20周年!怒涛の三段重ねスペシャル!第一部」
読売テレビで日曜夜に放送している情報番組「大阪ほんわかテレビ」は何と20周年を迎えるそうです。明日は20周年記念スペシャルとして、昼、夕方、夜と3回に分けて、特別番組が放送されます。
このうち、昼の部で、レギュラーメンバーのお笑いタレントほんこんさんが、世界遺産高野山を旅します。番組表には、「偉~いお坊さんと対決? 灼熱護摩行体験 & 女子寮に潜入!」と書かれています。番組独特の切り口で楽しい高野山を紹介してくれるでしょう。これは楽しみですね。皆さん、ぜひご覧ください!!

また和歌山県関連テレビ番組を発見したら、その都度ご報告いたします。 もしみなさんも和歌山県関連テレビ番組を見つけられたら、コメント欄で報告してください!お待ちしています。

(文責:東京事務所 林 清仁)
  
Posted by 広報ブログ編集長 at 12:55Comments(0)テレビ