読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 85人
和歌山県公式facebookページ わかやま観光情報 プレミア和歌山 わいわい市場 わかやま紀州館・和歌山県アンテナショップ わかやまイベントボード 人気ブログランキングへにほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 和歌山県情報へ
ページランク
新規投稿

新規投稿するにはログインする必要があります。会員IDをお持ちでない方はIDを取得された後に投稿できるようになります。
QRコード
QRCODE
プロフィール
広報ブログ編集長
広報ブログ編集長
和歌山県広報課です。
和歌山県の観光・食・文化・自然・産業などの魅力を発信しています。和歌山のホットな情報をタイムリーに提供していきます。
もちろん、リンクフリーですのでどんどん広めて下さい!

なおコメントに対する返信は原則として行いませんので、あしからずご了承ください。
<和歌山県ソーシャルメディア運用ポリシー>
http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/000200/snspolicy.html

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


アクセスカウンタ

2013年06月27日

農業のプロ Meets スイーツの達人 交流研修会を開催!!

 

 和歌山のみかんをたっぷり使ったスイーツ『みかんの紀婦人』。
 
 わかやま産の果物や野菜を使ったスイーツってご存じですか?

 和歌山はみかん、かき、うめ、もも、など全国有数のフルーツ産地です。

 今、農業では六次産業化(農業者が生産×加工×販売・サービスに取り組むこと)がホットな話題。
 
 農業のプロと加工の達人が出会えば、新しいヒントが生まれるはず。

 そこで、6月25日、農家のリーダーとして活躍する女性農業士の皆さんと和歌山市の洋菓子店
ル・パティシエMikiの オーナーパティシエ 三鬼恵寿さんとの交流研修会を企画しました。

 三重県出身の三鬼さんは、縁あって和歌山に来られ、和歌山産フルーツを使用した
スイーツづくりに情熱を注がれています。冒頭の『みかんの紀婦人』も三鬼さん開発のスイーツです。

 講演では、和歌山、農業について思うところを熱く語って頂きました。




『和歌山はスイーツ消費量が少なく、手土産にできるスイーツが少ない。
いろんな素材(フルーツ)があるのにもったいない。』 と指摘され、

卓上に置いた果実とジュースを指し示しながら、
『和歌山では、ほとんど生の果実かジュースしかない。地域の名物スイーツを開発するには、
果実ピューレやペースト(下の写真参照)などの1次加工品が必要だ』
と熱く訴えられました。




 講演後は、三鬼さんのケーキや1次加工品、農業士自身が持ち寄ったスイーツなど
を味わいながら、意見交換を行いました。
 写真は農業士さんが直売所で販売されているオレンジケーキ。その美味しさに三鬼さんもビックリ。

 

 

 スイーツを味わいながら話も弾み、『風味のない柿をどう加工したらよいか?』
『ジャムを色よく、風味よく仕上げるにはどうしたらよいか?』 など多くの質問が出て、
三鬼さんは、その豊富な経験と知識で、解決策を伝授されていました。

 参加した女性農業士の方々は、農作物の生産はプロでも、加工品開発やお客様へのサービスでは、
足りないところもあると認識され、今後の取り組みへのヒントを得られたようです。

我々、普及指導員も、全力で農業士の活動をバックアップしていきます。

人と人をつなぎ、技術を普及!! 地域農業を支える!! 和歌山県の農業改良普及活動。

 もっと、いろいろな活動を御覧になりたい方はこちら↓をクリック

  【和歌山県農林水産部経営支援課(農業革新支援センター) 普及活動現地情報】

                                (文責:経営支援課 井上博仁)     
Posted by 農業革新支援センター 井上 at 17:14Comments(0)県の施策

2013年06月27日

7月7日七夕イベントで看護職の魅力を紹介!

 看護職の魅力を紹介するPRイベント7月7日(日)七夕の日icon12に開催します。
 看護師の仕事に興味のある方はお気軽にご参加下さいicon14



◆開催日時
  平成25年7月7日(日)午前9時30分~12時00分

◆開催場所
  国保日高総合病院 3階 講堂    
   和歌山県御坊市薗116-2  TEL:0738-22-1111
 
◆対象
  県内高校生、看護師志望の社会人の方または看護職に関心のある方

◆申し込み方法
  6月28日(金)までに、日高地方地域医療対策協議会事務局(御坊保健所内)あて、TEL(0738-22-3481)またはFAX(0738-22-8751)で申し込んで下さい。
  ※なお、事前の申込みがなくても当日参加OKです!

◆内容
  ☆ナースのお仕事紹介:各病院手作りのDVDや紹介ブースにより、看護師の1日がわかります
  ☆看護体験:ナース服を試着しての記念撮影
  ☆看護師との交流:ハーブティと低カロリービスケットなどの試食をしながら、病院看護師とお茶会
  ☆看護師に関するクイズ:全問正解者に賞品をご用意!
  ☆音楽演奏:「消炎鎮痛バンド」「コーラス」など
  ☆看護の魅力について看護師(男性・女性)、医師のお話
  ☆日高看護専門学校(平成26年4月開校予定)の紹介 等   

   ※和歌山住みます芸人「わんだーらんど」ik_87がイベントを盛りあげてくれますik_20



◆問い合わせ先
  日高地方地域医療対策協議会事務局(御坊保健所内)
  御坊市湯川町財部859-2  TEL:0738-22-3481  FAX:0738-23-3004

(文責:日高振興局健康福祉部 伊藤 眞一)
  
Posted by 日高広報 at 16:25Comments(0)イベント・地域振興

2013年06月27日

まぐろ祭りのチラシ原画を募集中!9月30日まで【那智勝浦町】

 那智勝浦町といえば、生まぐろの水揚げで有名ですよね。
 毎年1月には「まぐろ祭り」が開催され、1万人以上もの観光客で賑わうのですが、今年度は平成26年1月25日(土)に開催されることが決まっていますicon12

 さて、那智勝浦町観光協会では、このまぐろ祭りPRチラシに使用する「原画」を募集中です。

◆募集期間: 平成25年6月1日(土)~9月30日(月)
◆応募規程:

(1)A4コピー用紙のサイズで折らずに応募してください。
(2)「第20回 まぐろ祭り」の文字を入れてください。
(3)写真・水彩画・色鉛筆画など形式は問いません。
(4)お一人さま5点まで応募可能です。
(5)作品の裏に、郵便番号、住所、氏名、ふりがな、年齢、
  電話番号を書いた紙を貼り付け、封筒に入れてお送りください。


 詳しい応募規定は、こちらをご覧ください。

 (クリックするとPDFファイルが開きます)


 なお、選考会は10月初旬に開かれる予定で、優秀賞に選ばれた方には、なんと紀州勝浦産生まぐろ1本と南紀勝浦温泉のペア宿泊券が贈られるんですik_20
 「まぐろを丸ごと1本もらっても、自分では解体できないしなぁicon10」と思われる方がいらっしゃるかもしれませんが、その場合は生まぐろブロックに替えてもらえるそうですのでご安心くださいねface02

 また、優秀賞以外の入賞者には、生まぐろブロックが贈られますicon12
 そして完成したチラシは1万枚印刷されて全国に配られ、まぐろ祭りの会場にも展示されるそうです。

 ちなみに、こちらが前回のまぐろ祭りのチラシです。
 このイラストも公募により選ばれた作品なのですが、楽しげな雰囲気が伝わってきますねface02

 (クリックするとPDFファイルが開きます)


 参考に、今年の1月26日に開催された「第19回 まぐろ祭り」の様子をご覧ください。


 特設ステージでは、日本舞踊まぐろ解体ショーなどが披露されました。
 解体されたまぐろの刺身は、無料で配られていました。


 生まぐろが格安で販売されていました。
 まぐろの種類も、キハダマグロ、メバチマグロ、ビンナガマグロとたくさん。


 まぐろのカマ焼や そぼろなども販売されていました。
 さらに、まぐろ汁、中落ち、カブト焼無料で振る舞われていましたicon12


 まぐろバーガーまぐろカツは、お子様にも大人気ik_20


 中にはこんなものもicon10


 前回は、那智勝浦町観光協会と友好提携を結んでいる岐阜県揖斐川町から、谷汲踊が参加されました。

 プロ・アマ問わず応募できますので、みなさんも活気あるお祭りのチラシ作りに関わってみませんかik_19
 たくさんのご応募をお待ちしておりますface02

【参考サイト】
◆那智勝浦町観光協会
  http://www.nachikan.jp/
◆まぐろ祭り (那智勝浦町WEBサイト)
  http://www.town.nachikatsuura.wakayama.jp/forms/info/info.aspx?info_id=9439
◆1月26日(土)、那智勝浦町にて「まぐろ祭り」が開催されます(当ブログ)
  http://wakayamapr.ikora.tv/e863988.html

 【文責:水産振興課 村上 健】  

Posted by 紀州のおさかな at 16:07Comments(0)イベント・地域振興

2013年06月27日

『南紀熊野ジオパークってなに?』 新宮市で研修会開催

和歌山県南部の「南紀熊野」には何があると想像しますか?
青い海熊野三山熊野古道温泉パンダ等・・・。南紀熊野にはとても魅力的な地域資源がたくさんあります。
しかしながら、南紀熊野の魅力的なところはそれだけではありません。
それは・・・・魅力的な地形や地質がたくさんがあるのです。
和歌山県では魅力的な地形や地質を保全・活用して日本ジオパーク・世界ジオパークの認定を目指しています。
それじゃ「ジオパークってなに?」って思う方は是非この研修会に参加しましょう!

(新宮市内のジオサイトのひとつ 神倉神社 ゴトビキ岩)


【日 時】:平成25年7月10日(水)13:30~15:30※新宮市において大雨警報等が発令された場合は中止
【場 所】:新宮市福祉センター集会室(新宮市役所前)
【対象者】:新宮市ボランティア・市民活動センター登録者・一般市民(新宮市民以外の方もどんどん来てください!)
【参加者】:無料です。
【主 催】:新宮市社会福祉協議会

 この研修会に参加して「ジオパークってなに?」という素朴な疑問をスッキリ解決して、南紀熊野の魅力再発見に取り組まれてはいかがですか?


(文責:東牟婁振興局地域振興部企画産業課 村部 昭憲)  

Posted by くまくま at 14:41Comments(0)広報一般

2013年06月27日

有田川町のあらぎ島が「県内初の重要文化的景観」の選定へ

有田振興局企画産業課です。


和歌山県では地域固有の資源を活用した「わがまち元気プロジェクト」を立ち上げ、『1市町村1産業』の創出に向けて取り組んでいます。

有田川町では、全国棚田百選に選ばれた「あらぎ島」を中心とした景観保全の取組を契機として、平成24年度から「有田川あらぎ島の景観保全と地域おこしプロジェクト」を立ち上げ、観光を柱とした産業づくりに取り組むことで、清水地域の活性化を目指しています。





この度、国の文化審議会は、6月21日に「蘭島(あらぎじま)及び三田・清水の農山村景観」重要文化的景観に選定するよう、文部科学大臣に答申されました。正式には8月の官報告示により決定されますが、正式決定されると、県内初の重要文化的景観となり、文化価値への関心だけでなく、観光資源としても大きな起爆剤になると思います。

有田管内には県内初の重要文化的景観へ選定されるあらぎ島の他にも、県内唯一の重要伝統的建造物群保存地区に選定されている湯浅町もございますので、さらなる観光振興が期待されます。

6月30日(日)には、宿泊棟とお食事・お土産棟を備え、新しく生まれ変わったあさぎりがリニューアルオープンを記念して、オープニングイベントを開催します。
11月8日(金)、9日(土)には、全国棚田サミットも開催されますので、この機会に是非、有田川町清水地域にお越し下さい。

     (文責:有田振興局企画産業課 古糸昭洋)


  
Posted by ふっちゃん at 13:46Comments(0)地域情報