読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 85人
和歌山県公式facebookページ わかやま観光情報 プレミア和歌山 わいわい市場 わかやま紀州館・和歌山県アンテナショップ わかやまイベントボード 人気ブログランキングへにほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 和歌山県情報へ
ページランク
新規投稿

新規投稿するにはログインする必要があります。会員IDをお持ちでない方はIDを取得された後に投稿できるようになります。
QRコード
QRCODE
プロフィール
広報ブログ編集長
広報ブログ編集長
和歌山県広報課です。
和歌山県の観光・食・文化・自然・産業などの魅力を発信しています。和歌山のホットな情報をタイムリーに提供していきます。
もちろん、リンクフリーですのでどんどん広めて下さい!

なおコメントに対する返信は原則として行いませんので、あしからずご了承ください。
<和歌山県ソーシャルメディア運用ポリシー>
http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/000200/snspolicy.html

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


アクセスカウンタ

2013年06月15日

カルビー「夏ポテト 紀州の南高梅」今年も期間限定発売!

先日久しぶりに、「梅スナック評論家」がお届けする梅スナックレポートをアップしましたが、今日スーパーでまたまた梅スナックを発見しましたので、レポートをお届けします。

ご紹介するのは、カルビー(株)の「夏ポテト」紀州の南高梅です。商品はこちら。


もう、この商品はすっかり夏の定番になっています。カルビーのニュースリリースを見れば、発売は6月10日とのことですので、皆さんの中にはもう手に入れている方もいるかも知れません。去年のレポートでもご紹介しましたが、カルビーの夏ポテトは毎年2種類発売されていますが、「紀州の南高梅」は2005年以来不動の座をキープし続けています。夏ポテトホームページには1993年の発売以来、梅味にこだわってきたとも記されています。夏の暑さには、梅の酸味が欠かせないのでしょうね。カルビーさん、これからも紀州の南高梅をよろしくお願いします!!

さて、肝心のお味の方ですが、夏ポテトの特徴は、夏とれたての新じゃがをつかった厚めのギザギザカットです。新じゃが独特のサクサク感がとてもいいですね。梅パウダーと塩味のバランスもちょうどよくて、安心して食べられる味だと思います。


ところで、毎回梅スナックを買うときは、レポートのために2袋ずつ買って来るのですが、4月からは単身赴任なので食べる量が少なくなって、どんどんたまっていきます。今、家には梅スナックがこれだけあります。しばらくお菓子を買う必要はなさそうですね。


いずれにせよ、梅スナックという形で、紀州の梅が全国に広まっていくのは、とてもうれしいことですね。ちょうど今は、生の紀州南高梅も出荷の最盛期を迎えていて、全国のスーパーや青果店で手に入ると思います。梅酒や梅干、梅ジュース作りに、ぜひ生の紀州の梅もご利用くださいね!!

(文責:東京事務所 林 清仁)
  
Posted by 広報ブログ編集長 at 19:20Comments(0)県産品

2013年06月15日

東京・大田区のダイシン百貨店で「ココ・カラ。和歌山」フェア!

本日6/15(土)と明日6/16(日)の2日間、東京都大田区山王にある「ダイシン百貨店」で、「ココ・カラ。和歌山 まるかじり!夏の味覚フェア」が開催されています。私が住んでいる五反田からは結構近いので、本日朝からお邪魔してきました。

ダイシン百貨店は、JR京浜東北線の大森駅を下りて池上通りを南に10分ほど歩いた場所にあります。池上通り沿いは大森山王商店街が続いていて、そのほぼ中心部にあります。


地元密着型の百貨店ですが、売り場の広いのにびっくり。食品、雑貨売り場の広さは郊外のスーパーセンターに匹敵する広さです。生鮮食品も値段が安く、お客さんも非常にたくさんいました。こちらは、外観写真です。


フェアは通りに面した百貨店入り口の1階広場で行われています。今が旬の紀州南高梅を中心に、梅・みかん・柿などの加工品、さらにはかまぼこやお菓子など、和歌山を代表する商品がずらりと並べられています。


メインはやはり「紀州南高梅」! 道行く人が、紀州南高梅を見つけて足を止め、次々に買ってくださいます。


紀州南高梅のコーナーはJA紀南の梅宣伝隊の女性2名が担当です。お客様に梅干しや梅酒の作り方を教えながら、紀州南高梅のPRを行っています。全部売れるといいですね。がんばってください!!


和歌山県観光PRキャラクターの「わかぱん」も登場。パンダは子供には大人気で、記念写真を撮るお客さんもいらっしゃいました。「わかぱん」は1日4回(11時、14時、15時、16時)登場します。


また、このフェアと連動する形で、ダイシン百貨店5階の「オオモリノカフェ」では、1日2回(11:30からと14:30から)、梅シロップ作り教室も開催されます。参加費1,000円で、材料費込み。もちろん作った梅シロップは果実瓶ごと持って帰れます。さらにお土産もついているので、とてもお得だと思います。

ダイシン百貨店の和歌山フェアは明日6/16までです。お近くにお住まいの方はぜひ行ってみてください!!

(文責:東京事務所 林 清仁)  
Posted by 広報ブログ編集長 at 14:33Comments(0)東京事務所通信