読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 85人
和歌山県公式facebookページ わかやま観光情報 プレミア和歌山 わいわい市場 わかやま紀州館・和歌山県アンテナショップ わかやまイベントボード 人気ブログランキングへにほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 和歌山県情報へ
ページランク
新規投稿

新規投稿するにはログインする必要があります。会員IDをお持ちでない方はIDを取得された後に投稿できるようになります。
QRコード
QRCODE
プロフィール
広報ブログ編集長
広報ブログ編集長
和歌山県広報課です。
和歌山県の観光・食・文化・自然・産業などの魅力を発信しています。和歌山のホットな情報をタイムリーに提供していきます。
もちろん、リンクフリーですのでどんどん広めて下さい!

なおコメントに対する返信は原則として行いませんので、あしからずご了承ください。
<和歌山県ソーシャルメディア運用ポリシー>
http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/000200/snspolicy.html

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


アクセスカウンタ

2013年06月12日

6月12日 熊野速玉大社でサッカーW杯 必勝祈願

 6月11日にカタール・ドーハでのイラク戦を1-0で勝利し、ワールドカップアジア最終予選を締めくくったサッカー日本代表。
2014年6月12日~7月13日にかけてブラジルで開催されるFIFAワールドカップまであと1年となる6月12日、世界遺産にも登録されている熊野速玉大社で、日本代表チームのワールドカップ必勝祈願神事が執り行われました。
和歌山県サッカー協会の大前四郎理事はじめ、紀南サッカー協会の上浦保雄会長や新宮市商工会の関係者12名が参拝し、日本代表チームのユニフォームやサインボールなどが奉納されました。

 参拝後、和歌山県サッカー協会の大前理事は、『ワールドカップでは八咫烏に導かれ優勝を勝ち取ってもらいたい。紀南からも応援して参りたい。』と挨拶。
必勝祈願神事を主催した速玉大社上野顯宮司は『1年後のワールドカップに向け、日本代表チームが気持ちを新たに必勝に向け進んでもらうよう祈願しました。最後まであきらめない日本代表チームの試合は、大変たくましさを感じる。優勝目指して頑張って欲しい。』と話しておられました。
 一行はこの後、境内の八咫烏神社にも参拝しました。


熊野速玉大社は『速玉男神(はやたまのおのこ)』をご神体とし、勝負・競技に御利益があるとして、スポーツ選手や関係者が参拝してきたことでも知られています。また日本サッカー協会のシンボルマークにもなっている3本足のカラスは八咫烏(やたがらす)と呼ばれ、熊野三山では熊野権現の使いの霊鳥として崇められています。神武天皇が熊野に迂回・上陸し、八咫烏の先導で太陽を背にして大和に攻め上り、日本の国を開いた故事(日本書紀)に由来します。


その熊野三山のシンボルである八咫烏が、日本サッカー協会のシンボルマークとなった背景には、日本サッカーの始祖とされ現在の那智勝浦町浜ノ宮出身の中村覚之助の影響があったとも言われています。 日の丸そして八咫烏を胸にした日本代表チームがW杯で戦う1年後が今から楽しみですね。

(文責 東牟婁振興局 企画産業課 吉中 秀郎)  

Posted by くまくま at 17:45Comments(0)広報一般

2013年06月12日

「第1回 空海・高野山検定」が開催されました!!

世界遺産であり弘法大師・空海が入定した地である「高野山」は真言密教の聖地として100以上の寺院が密集する宗教都市です。
 
6月9日(日)、その宗教都市である「高野山」をはじめ、東京・愛知・大阪・福岡の全国5か所において、空海・高野山の歴史・文化・美術を少しでも多く学んでもらおうと「第1回 空海・高野山検定」が開催されました。

 

高野山真言宗・総本山金剛峯寺などが、2015年(平成27年)の高野山開創1200年の記念事業として初めて実施。



難易度によって、1~4級を設けており、今回はそのうちの2級と3級の試験が行われました。

 

「高野山会場」は、地元高野山大学において実施され、2級・3級合わせて延べ222名が受験。(受験生のうち一番小さな子どもで10歳から92歳までの大人まで幅広い年齢層の方々が果敢に挑戦されました!!)

受験時間は、1時間。


4つの選択肢から答えを選ぶマークシート方式で、80問中56問以上正解すれば合格。

7月中旬に合否通知が送付されるとのことでした。

 

ちなみに弘法大師・空海を語るうえで、高野山の麓・かつらぎ町天野地区に鎮座する世界遺産「丹生都比売神社」との関係を語らずにはおけません。

そこで、「高野山検定」の会場に向かう前に丹生都比売神社を訪問したところ、偶然にも厳かに結婚式が執り行われているところに遭遇!!

 

駐車場には石川県をはじめ、他府県ナンバーの車が沢山駐車されていました。

世界遺産である丹生都比売神社で挙式されたお二人に「幸多かれ・・・」との気持ちを込めつつ、高野山への取材の道のりは何だかとても清々しい気持ちでいっぱいでした♪♪

これからの季節、世界遺産の地・高野エリアかつらぎ町・丹生都比売神社、九度山町・慈尊院・丹生官省符神社、高野町)にドライブ旅行なんていかがですか?

高野山までの道のりの途中、ゲンジ蛍の見どころスポットもたくさんあります!!



文責:伊都振興局企画産業課 藤井孝美
  
Posted by 伊都・橋本広報 at 14:30Comments(0)イベント・地域振興

2013年06月12日

おいしい「三川のラッキョウ」はいかが?

田辺市の山間にある「三川地域」icon12
鮎の泳ぐ清流が流れ、青々とした山に囲まれたとても美しい地域ですik_48

三川地域の保平から見下ろす風景

さてさて、下の写真にご注目
こちらの方々、一体何をしていると思いますかik_19

実はこれ、地元の人たちが集まって、ラッキョウづくりについて話し合っているところ。
こちらの女性たち、みんなおいしいラッキョウづくりの名人なんですicon14

というのも、三川地域では、地域を元気にするため、住民が一体となって地域産品の販売や、産品を生かした商品づくりに取り組んでいるんですik_87icon22

今、特に力を入れているのは、ラッキョウのブランド化。
このラッキョウ、もともと、田辺駅近くにある産直所「三川夢来人の館」で大好評販売中なんですik_20
今後、そのラッキョウに、「三川のらっきょちゃん」と名前をつけ、もっとたくさんの人に知って、食べてもらえるよう、より一層の工夫をこらそうと、こうして地元女性が集まって話し合う場を設けています。

ラッキョウは、育てるのも時間がかかり大変な上、漬けるためには、収穫後ていねいに洗い、実のひとつひとつを切るという手間のかかる作業が必要なんですicon10

ラッキョウをひとつずつ切る作業を説明する女性たち

「地域のおいしいものを食べてもらいたい」という熱意と、手づくりあたたかさのこもったラッキョウ、ぜひあなたも食べてみてくださいik_18

(文責 西牟婁振興局企画産業課 山口友貴子)  
Posted by 田辺西牟婁広報 at 10:06Comments(0)地域情報

2013年06月12日

6月15、22、23、25、橋本・根古川「ほたる」の夕べ

和歌山県橋本市矢倉脇の根古川と冷谷川で、源氏ボタルを繁殖させている「根古川ほたるの会」主催の「2013年 ほたるの夕べ」が、6月15日(土)から4回にわたって開催されますik_20


(PDFファイル)

「根古川ほたるの会」は、平成11年6月に発足。この12年間、根古川と支流の冷谷川沿いに、人工池(水路)をつくり、ホタルのエサ・カワニナを放流、ホタルの幼虫を孵化させ、繁殖されています。

「ほたるの夕べ」
第1回 6月15日(土)
第2回 6月22日(土)
第3回 6月23日(日)
第4回 6月25日(火)(この日は琴の演奏あり)
・参加無料
・いずれも午後7時10分、南海高野線「紀見峠駅」前に集合・出発
・当日は歩きやすい服装で、飲みもの、雨具は各自で用意のこと
・荒天の場合は中止
・15歳未満は保護者同伴が必要
・駐車場なし
・各回とも定員20人で、定員になり次第、締め切り
・申し込み期間:6月10日(月)〜同20日(木)の午前9時〜午後6時
・申込先:森脇代表(携帯090-5244-0486)


ホタル鑑賞で夕涼みをされてはいかがでしょうかface02

文責 伊都振興局企画産業課 鍵本典子


  
Posted by 伊都・橋本広報 at 09:43Comments(1)地域情報