読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 86人
和歌山県公式facebookページ わかやま観光情報 プレミア和歌山 わいわい市場 わかやま紀州館・和歌山県アンテナショップ わかやまイベントボード 人気ブログランキングへにほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 和歌山県情報へ
ページランク
新規投稿

新規投稿するにはログインする必要があります。会員IDをお持ちでない方はIDを取得された後に投稿できるようになります。
QRコード
QRCODE
プロフィール
広報ブログ編集長
広報ブログ編集長
和歌山県広報課です。
和歌山県の観光・食・文化・自然・産業などの魅力を発信しています。和歌山のホットな情報をタイムリーに提供していきます。
もちろん、リンクフリーですのでどんどん広めて下さい!

なおコメントに対する返信は原則として行いませんので、あしからずご了承ください。
<和歌山県ソーシャルメディア運用ポリシー>
http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/000200/snspolicy.html

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


アクセスカウンタ

2013年06月03日

メイキング県民の友6月号

6月号は新エネルギー特集

6月は環境月間ということもあり、環境に優しい自然エネルギーを特集しています。
現在、和歌山県で推進しているエネルギー“木質バイオマス”“太陽光エネルギー”について、
県の政策を紹介しています。


今回は、県内でも木質バイオマスに先進的に取り組んでいる日高川町と田辺市龍神村に取材に行きました。

木質バイオマスとは、間伐材などの利用しづらい木材を、チップやパウダー状にした燃料のことです。
ボイラーなどで化石燃料の代わりに使用します。
間伐などで森林を整備し、元気にすることで、
燃焼の際に出るCO2を吸収し、社会全体でプラスマイナスゼロにするエネルギーです。

御坊市にある御坊木材共販所では、間伐材などから木質バイオマス燃料として
“木質パウダー”を作っています。
また、田辺市龍神村では、森林組合を中心にチップ形式で取り組んでいます。

このパウダーやチップは日高川町内や龍神温泉をはじめとした田辺市内の温泉施設で利用しています。
皆さんが利用されている施設も実は木質バイオマスかも?
意外と身近なところで活用されています。

さらに昨年度よりパウダーの新たな活用方法として、農業分野での利用も進めています。
取材でおじゃましました日高川町の藏光農園では、ボイラーを用いてカーネーションを作っていました。



太陽光エネルギーの取材では、昨年に秋に完成した「コスモパーク加太太陽光発電所」に行きました。
和歌山県内初のメガソーラーとして注目を浴びています。
この半年ほどは天候にも恵まれて、順調に発電されているとのこと。

このメガソーラーをかわきりに、県内各地にソーラー施設が建設・計画されています。

また、太陽光発電事業を通して、地域貢献を行う事業者も出てきており、
地域の発展に繋がっていくことも期待されています。

他にも紙面では、電気自動車の充電ネットワークの拡充についても取り上げています。
クリーンな電気自動車普及に向けて、県内の充電施設拡大への政策を紹介しています。

タイトル挿入し表紙にしたものがこちら。


この機会に県の新エネルギーへの取り組みについて、ご覧いただき、
今一度、環境へ負担をかけない暮らし方を考えていただければと思います。

詳しくは県民の友6月号で。


『県民の友』は県WEBサイトでもご覧いただけます。
http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/000200/kenmin/kenmin.html


(文責:広報課 片岡 宏彰)  

Posted by 県民の友B at 11:48Comments(0)広報一般