読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 85人
和歌山県公式facebookページ わかやま観光情報 プレミア和歌山 わいわい市場 わかやま紀州館・和歌山県アンテナショップ わかやまイベントボード 人気ブログランキングへにほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 和歌山県情報へ
ページランク
新規投稿

新規投稿するにはログインする必要があります。会員IDをお持ちでない方はIDを取得された後に投稿できるようになります。
QRコード
QRCODE
プロフィール
広報ブログ編集長
広報ブログ編集長
和歌山県広報課です。
和歌山県の観光・食・文化・自然・産業などの魅力を発信しています。和歌山のホットな情報をタイムリーに提供していきます。
もちろん、リンクフリーですのでどんどん広めて下さい!

なおコメントに対する返信は原則として行いませんので、あしからずご了承ください。
<和歌山県ソーシャルメディア運用ポリシー>
http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/000200/snspolicy.html

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


アクセスカウンタ

2013年04月24日

「母の日参り」プロジェクトについて

 「母の日参り」。はじめて耳に耳にする人が多い言葉だと思います。
 実は、御坊市のJA紀州中央花き生産者青年部の方々を中心に、少しでも花を身近に感じ、つかってもらうおうと考えた取組です。
 春と秋の彼岸に墓参りに行く人は多いと思いますが、それを「母の日」にも広げていこうという取組です。
 「お墓参り」は、先祖を大事にし、家族を大事に思う気持ちを育てるという意味では、すごくいいことだと思います。
 この取組を広げていくにあたり、JA紀州中央、同青年部、同花き花木部会、県農業協同組合連合会、御坊市役所、県(日高振興局、果樹園芸課)によるプロジェクトチームを立ち上げました。
 この取組は、今年だけでなく来年以降も続けていく予定です。


 キャッチフレーズはik_14
 「母の日には、花束(スターチス花言葉:変わらぬ心)を持ってお墓参りに行こう 悲しい時、辛い時もきっと支えてくれるよ」です。
 新緑の5月「母の日」に花をもって、家族みんなで「母の日参り」。是非行ってみてください。



【JAグループでPR用に作成したポスター】




【今年当面のキャンペーン】
○花束配布によるPR(JA紀州中央花き生産者青年部)
・ごぼう はなバル 御坊市役所前           4/27 13:00~
・森のひだまり市 のかみふれあい公園(紀美野町) 4/28 10:00~
・みやこ姫よさこい祭 御坊運動公園         5/12 12:00~ 
 (上記各イベント会場において花束配布予定)

○花店でのポスター貼付、チラシ配布などによるPR(JAグループ)
・ユニー(名古屋)73店舗で和歌山フェア        4/27~28 
 (ポスター貼付)
・オランダ屋(東京:花店)14店舗 店頭PR      4/26~28
 (ポスター貼付)
・平塚花屋組合(神奈川)駅前PRイベント        4/27~28
 (ポスター貼付・チラシ配布)
・フロリスト・コロナ(大阪:花店)50店舗店頭でのPR 4/27~
 (ポスター配布)
・万博記念公園東広場                    5/4~5(10:00~16:00)
(チラシ配布・販促)なにわ花いちば・JF鶴見花き仲卸組合と連携 

(文責:果樹園芸課 中谷奈津美)  
Posted by 野菜花き米広報 at 19:52Comments(0)県産品

2013年04月24日

「イノブータン王国」建国28周年祭が開催されます。

恒例の「イノブータン王国」建国祭5月3日(金・祝)すさみ海水浴場で開催されます。
http://www.inobuta.jp/



おなじみの子イノブタが競争する「イノブタダービー」をはじめ、「イノブタうどん早食い競争」「イカの皮剥き選手権」などのイベントが行われます。

■「イノブタダービー」     第1レース  9:30~  第2レース 10:50~
                  第3レース 12:30~  第4レース 15:00~
■「イノブタうどん早食い競争」 8:45~(受付 8:30)
■「イカの皮むき選手権」    10:00~(受付 9:30)

「イノブタダービー」は「アッチャン」「キンタロー」「スギチャン」「ローラ」などの子イノブタがエントリー。激走、珍走で会場を歓声の渦に巻き込むこと必至です。

他にも、イノブータン大王らによる祝賀パレード(10:30~)、すさみ町の活性化に貢献している摂南大の学生による「しゅん太&バンド」の演奏(14:30~)など盛りだくさん。

ぜひ、ご来場いただき、楽しい一日を「すさみ」で過ごしてはいかがでしょうか?

(文責:西牟婁振興局企画産業課 前田章次)  
Posted by 田辺西牟婁広報 at 17:52Comments(0)イベント・地域振興

2013年04月24日

『棚田ふぁむ』の棚田保全活動記(平成25年度 第2・3回)

 平成25年11月8日~9日にかけて有田川町主催で「全国棚田(千枚田)サミット」が開催予定。県としてはサミットを機に棚田保全に向けた活動を県内で展開しはじめています。
 この一環として、平成22年度に和歌山大学観光学部を中心とした皆さんに「棚田モニターツアー」を体験してもらい、結果、高齢化する中山間地の農家だけで棚田を維持することは困難との感想を受け、棚田保全活動のボランティアを企画したところ、学生が賛同。学生によるボランティア組織『棚田ふぁむ』が結成され、平成23年度から、ソバの栽培による棚田保全活動を実施しています。
 昨年度は有田川町沼地区の耕作放棄地における草刈活動・当該箇所へのソバ栽培に加え、地元の方々とのソバ打ち交流会、さらに地元の祭りに準備段階から参加、およそ50年ぶりに昔ながらの人力による白山神社への餅の奉納を行いました。
 そして今年度は、昨年度までの活動に加え、水田の復活に挑戦する予定です。

 活動場所は、有田郡有田川町沼地区。傾斜の急な棚田でスケールが大きく景観が素晴らしい場所であり、近年ではぶどう山椒の栽培も盛んです。
 しかし、高齢化等による労働力不足や耕作放棄の問題も深刻化しています。

平成25年4月13日第2回活動
 第1回活動は、水田への用水の確保として用水路の掃除と泥あげ作業を行いました。
 今回は、復田箇所での初作業です。

 「棚田ふぁむ」が復田に挑戦する場所は、3年程度作付けを行っていない農地です(写真は昨年11月撮影、地元の方の草刈後)。


 今回は、荒起し作業として農地をトラクタで耕しました。トラクタは地元の方からお借りし、1日中作業にお付き合い頂いて、乗り方などを教えて頂きました。


 初めてのトラクタ運転。左右のタイヤが独立したブレーキ、後ろのロータリーを上下させ耕す深さを調節するなど。各農地の特色により、いろいろ気を付ける操作があるとのことで、やはり農家の方の経験談は説得力があります。


 午後は、昨年ソバ栽培した農地を耕耘。今回この作業を行うことで雑草が繁茂するのを防げます。
 今年は、ソバ栽培に加え、米作りにも挑戦するため、活動時間が大幅に増える見込み。少しの時間をも利用した効率的な作業と工夫が必要です。
 耕耘後、きれいになった農地を見て学生が「何か植えたいな」。たくましい言葉です。

平成25年4月20日第3回活動
 3週連続の作業。今回は、農家のお家におじゃましての籾撒きです。

 まずは、定規を使い、土を均等にパレットに敷均します。
 おじゃましたお宅では、今回学生が大勢籾撒きに来るとのことで、朝早くから段取りをしてくれていました。パレットと土の間には、苗の根が絡まないようにあらかじめ切っていた新聞紙を敷くなど、普段目に見えない細かい作業。農業の大変さが分かります。




 土の上に籾を均等に撒き、その上に土をサンドイッチ。均等に作業しないと、田植機で植える時に田んぼに虫食いのように植わっていない箇所が生じるとのこと。見本では簡単そうに見えた作業も、結構難しいと学生達。でも、コツが分かってきた学生は、お互いコツを教え合う場面も。本当に頼もしい限りです。


 農家の方を囲んでの休憩。
 農家の方「田植機見るか?」。学生達「トラクタ乗りたい。」などなど、会話も弾みます。この場で昼から急きょ、「水を張った田んぼでのトラクタ試乗」と「復田箇所横でのイモ栽培、そのための耕耘」の追加作業が決定しました。学生達は、まるまる1日をこの作業日のために空けて参加してくれているとのことです。


 水を張った田んぼでのトラクタ試乗。


 復田箇所横でのイモ栽培の耕耘。


 復田箇所をバックに、イモ畑と「棚田ふぁむ」。

 今回の活動で、農業には各農地に応じた臨機応変な作業や非農家には見えにくい細かい工夫、効率的な段取りなどの知識や経験が重要なこと、また棚田を保全するためには、これらをうけ継いでいく必要があることを感じました。
 4月入ってからの3週連続の活動ですが、就職活動がピークの4回生も参加。また、地元の方も「棚田ふぁむ」の活動とのことで、機械を貸してくださり、指導してくれたり。「棚田ふぁむ」と「沼地区」のコラボも成長してきています。

 「あの作業もやってみたい」、昼までの作業予定が自らの追加作業で夕方まで。「棚田ふぁむ」の好奇心と積極性、行動力、今後も楽しみです。

(文責:有田振興局農地課 宮本哲志 )  
Posted by 有田農地 at 14:11Comments(0)イベント・地域振興

2013年04月24日

4/27(土)「ごぼう はなバル開催!」【御坊市】

4月27日(土)御坊市で「ごぼう はなバル」が開催されますik_20
御坊市では昨年9月に初めて開催され、大好評により今回第2弾の開催となりました!!
4枚綴りのチケットとガイドマップを片手に、さまざまな飲食店を訪ね廻るイベントicon28
チケット1枚で参加店のおすすめの一品とドリンクがいただけます!4枚綴りなので4人で使うもよし、1人で4件巡るもよし!!
前売りチケット(1冊3,000円)は御坊商工会議所や参加店等で販売しております。






今回は御坊市内の52店舗が参加しています。(都合により「14 美作」は中止になりました。)
ご飯、デザート、お酒、どのお店に行こうか迷ってしまいますね。
開催時間は11:00~深夜 お店によって異なるのでガイドマップでご確認ください。
下のガイドマップはこちらからダウンロードできます→商工会議所ホームページまた、商工会議所で配布しております。






・本部席(御坊市役所前)では、ショーや占い・マッサージを行っています。
・当日は750円分タクシー券としても利用可能です。(中紀河南タクシー、御坊有交タクシー。おつりはでません。) 
・余ったチケットはあとバル参加店で4月28日(日)~5月11日(土)の間750円の金券として利用できます。(おつりはでません。)
・当日チケットは本部にて3,200円で販売いたします。ただし、事前に商工会議所にメールで予約して印刷物を持ち込む、または携帯メールの送信メールを見せていただくと前売り価格で販売いたしますので、遠方の方はご活用ください。詳細・方法はこちら


4月27日(土)はみんなで御坊のグルメを堪能しましょうface02

(文責:日高振興局企画産業課 三木 紅)  
Posted by 日高・みき at 11:37Comments(0)イベント・地域振興

2013年04月24日

「元気な和歌山」地域連携事業 企画提案募集中☆

”りぃぶる”地域連携事業の企画を募集します!

こんにちは! 和歌山県男女共同参画センター”りぃぶる”です。


りぃぶるでは、女性にとっても男性にとっても生きやすい「元気な和歌山」の実現に向けて、地域で活動されている団体のみなさんと県内市町村が連携・協働しながら、男女共同参画に取り組む事業企画を募集します。


たくさんのご応募お待ちしてます!!

1 募集する事業企画のテーマ
(1) ワーク・ライフ・バランス
(2) 男女間のあらゆる暴力の根絶
(3) 政策・方針決定過程での男女共同参画の促進
(4) 元気な和歌山実現に向けた男女共同参画の推進
(5) 男女が互いの性を尊重する意識づくり・健康づくり

2 対象
県内のNPO団体等

3 募集件数
7事業(1事業7万円上限)

4 締切
7月2日(火)までに、提案書で申込み

*詳細は、”りぃぶる”ホームページをご覧ください
http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/031501/h25tiiki.html


選考された事業について、ブログでも随時お知らせしますので、こちらもお楽しみに♪


(文責:男女共同参画センター 坂本祐里)  

Posted by りぃぶる at 09:25Comments(0)県の施策