読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 86人
和歌山県公式facebookページ わかやま観光情報 プレミア和歌山 わいわい市場 わかやま紀州館・和歌山県アンテナショップ わかやまイベントボード 人気ブログランキングへにほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 和歌山県情報へ
ページランク
新規投稿

新規投稿するにはログインする必要があります。会員IDをお持ちでない方はIDを取得された後に投稿できるようになります。
QRコード
QRCODE
プロフィール
広報ブログ編集長
広報ブログ編集長
和歌山県広報課です。
和歌山県の観光・食・文化・自然・産業などの魅力を発信しています。和歌山のホットな情報をタイムリーに提供していきます。
もちろん、リンクフリーですのでどんどん広めて下さい!

なおコメントに対する返信は原則として行いませんので、あしからずご了承ください。
<和歌山県ソーシャルメディア運用ポリシー>
http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/000200/snspolicy.html

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


アクセスカウンタ

2013年04月01日

平成23年 紀伊半島大水害記録DVD・記録誌を発行!

平成23年9月に発生した紀伊半島大水害による被害の状況や災害対応について
後世に伝え、今後の災害対策に生かすため、
県では記録DVD『平成23年紀伊半島大水害の記録 未来へつなぐ教訓』
『平成23年 紀伊半島大水害記録誌』を作成しました。

DVDでは、被害の大きかった地域を中心に当時の様子や被害状況、
住民・関係者のインタビュー、復旧・復興への取り組み等を映像で分かりやすくお伝えしています。

①プロローグ
②台風発生から3日夜中にかけて
③浸水被害各地(田辺市、新宮市、古座川町、日高川町)
④土砂被害各地(田辺市、那智勝浦町)
⑤被害のまとめ、復旧復興、県の取り組み、メッセージ
(DVDビデオ 60分)


記録誌では、災害発生当時の状況やその当時の対応、実際に有効だった手段を具体的に掲載しているほか、
教訓を踏まえ実施した対策、被災市町の住民や役場職員を取材し、
当時の状況やどう対応したのかを詳細に掲載しています。

第1章 気象概要
第2章 被害概要
第3章 応急対応
第4章 復旧・復興
第5章 紀伊半島大水害を踏まえた防災・減災対策
第6章 寄稿
第7章 災害対策本部長回顧録
第8章 被災地ルポ
その他 資料編
(A4 304ページ)


DVDは広報課(073-4441-2032)で貸出を行っています。
また県ウェブサイトのインターネット放送局のページでも概略版映像(18分)も閲覧できます。

記録誌は県庁本館2Fの情報公開コーナー(073-441-2392)で1冊2,000円で販売しています。
郵送での対応も可能です。

個人的な閲覧はもちろん、学校・会社の研修や自主防災組織で活用下さい。

多くの犠牲を出したこの災害を教訓とし、二度とこのような被害を出さないように
県としてもより強固な防災対策を行っていきます。
皆さんも是非、自分の住んでいる地域に起こりうる災害について、
もう一度考えてもらえればと思います。


(文責:広報課 片岡宏彰)  

Posted by 県民の友B at 19:45Comments(0)広報一般

2013年04月01日

『FMはしもと』(81.6MHz)が開局!!

本日4月1日午前7時より、橋本市にコミュニティFMの『FMはしもと』が開局しました!

プロのアナウンサーから地元の主婦までパーソナリティは様々。
イベント情報や音楽番組など地域に密着した番組が盛り沢山です。
また地元高校生が創る番組もあり、地域一丸となって取り組んでいます。

放送エリアは橋本市、九度山町、かつらぎ町です。
(エリア内におきましても、一部の地域では、地形等により受信できない場合があります)
一応、公式発表は3市町となっていますが、その他の地域でも聞くことができます。
車で聞きながら橋本から和歌山まで走ってみましたが、紀の川市を超え、岩出市辺りまで聞こえました。

橋本・伊都地域にお住まいの方はもちろん、観光や仕事で訪問される方は、
是非一度、お持ちのラジオやカーステレオを周波数81.6MHzにあわせてください。


これが『FMはしもと』のステッカーです。
リスナーの方に配布しているとのこと。
鮮やかな黄色でとても目立ちます!
このステッカーが貼られた車が増えていけば良いですね。

災害の際にも役立つラジオ。
これを機に普段からラジオに親しむ習慣を持っていただけたらと思います。


(文責:広報課 片岡宏彰)  

Posted by 県民の友B at 14:08Comments(0)ラジオ