読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 85人
和歌山県公式facebookページ わかやま観光情報 プレミア和歌山 わいわい市場 わかやま紀州館・和歌山県アンテナショップ わかやまイベントボード 人気ブログランキングへにほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 和歌山県情報へ
ページランク
新規投稿

新規投稿するにはログインする必要があります。会員IDをお持ちでない方はIDを取得された後に投稿できるようになります。
QRコード
QRCODE
プロフィール
広報ブログ編集長
広報ブログ編集長
和歌山県広報課です。
和歌山県の観光・食・文化・自然・産業などの魅力を発信しています。和歌山のホットな情報をタイムリーに提供していきます。
もちろん、リンクフリーですのでどんどん広めて下さい!

なおコメントに対する返信は原則として行いませんので、あしからずご了承ください。
<和歌山県ソーシャルメディア運用ポリシー>
http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/000200/snspolicy.html

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


アクセスカウンタ

2012年12月19日

『2030わかやま・まちのちから塾』発表会が和歌山市で開催!

12月15日(土)まちなか再生をめざし、公募により選ばれた市民の皆さまや和歌山市職員の有志が中心となり議論を重ねてきた『2030わかやま・まちのちから塾』のまとめとなる発表会が、和歌山市の勤労者総合センターで開催されました。

▼参考(『2030わかやま・まちのちから塾』)
 http://wakayamapr.ikora.tv/e848114.html

当日は、これまでワークショップを重ねてきた5つのグループから、それぞれが考える和歌山市の将来像について提案し、その熱い思いを発表しました。




<提案内容>
 ○歩道を拡張し、歩いて暮らせるまちづくり
 ○老若男女が相集い、ゆったりと、心豊かに暮らせる森のまちの創出
 ○「JR和歌山駅前」と「南海和歌山市駅前」への集客方法
 ○人と情報が集まる賑わいのあるまちなかへの再生
 ○郷土愛“ふるさと”を誇りに思えるまちづくり

同塾のオブザーバーで、(株)タフ・コーポレーションの藤後幸生(とうご さちお)代表取締役社長は、「まちづくりについて、このような開かれた会合は全国的にも珍しい。将来、和歌山市がどのように変わるのかが楽しみだ。絶対変われます。」と話されていました。


和歌山市は今後、有識者と大橋市長による「まちなか再生会議」で取りまとめ、「2030わかやま構想」を策定するとのこと。

今後、和歌山市の“まちなか”がどのように変わるのか、楽しみですね!


(文責:広報課 黒田充昭)
「まちづくりについて、このような開かれた会合は全国的にも珍しい。将来、和歌山市がどのように変わるのかが楽しみだ。絶対変われます。」  

Posted by チーム県民の友K at 19:22Comments(0)イベント・地域振興

2012年12月19日

わかやま産業を支える人づくりプロジェクト【紀北工業高校】

伊都振興局企画産業課です。

今年度より、和歌山県のものづくりを支える人材を育成するため、5工業高校(紀北工業高校、和歌山工業高校、箕島高校、紀央館高校、田辺工業高校)において、地元企業や経済団体等が各校のネットワークを組織し、「企業による講師派遣や技能者・技術者派遣」、「生徒や教員のインターンシップ」、「生徒の企業見学」など、それぞれの地域や社会のニーズに対応したさまざまな取組を推進しているところです。

その取組の一つとして、伊都管内の紀北工業高校において、12月14日(金)、生徒が地域の企業活動について学ぶ場として、「企業説明会」を開催し、企業と学校が産業人材育成を通じて交流を行いました。

当日は、紀北工業高校2年生が200名近く参加するということで、午前中から、体育館に椅子を並べたりして準備しました。各企業のブースも立派なものを業者さんに作っていただきました。


参加企業は、なんと15社!!!
・小川工業(株)
・花王(株)和歌山工場
・(株)北川鉄工所和歌山工場
・協和プレス工業(株)
・(株)寿精密
・新日鐵住金(株)和歌山製鐵所
・妙中パイル織物(株)
・築野食品工業(株)
・日進化学(株)
・原田織物(株)
・本州化学工業(株)和歌山工場
・(株)松谷佛具店
・三菱電機(株)冷熱システム製作所
・(株)メイワ
・(株)保田鉄工所
(五十音順)





紀北工業高校の生徒は、各企業のブースの前で熱心に話しを聞いたり、メモをとったり、時には質問をしたりなどして、積極的に交流を深めていました。企業の説明も様々で、プロジェクターを使っているところもあれば、実際の仕事を実演して生徒にみせているところもありました。

今回の企業説明会は、紀北工業高校の生徒にとって、普段関わる機会の少ない企業の説明を直接、聞くことができ、地元の企業を知るとともに、職業や仕事について具体的に考え、また関心を持つ良い機会になったのではないでしょうか。


(文責:伊都振興局企画産業課 山下)  
Posted by 伊都・橋本広報 at 14:49Comments(0)県の施策

2012年12月19日

和歌山にプロバスケットボールチーム!来季発足のNBL参戦

本日(12/19)のスポーツ紙などに、和歌山にプロバスケットボールチームが新設され、トップリーグとして来季発足するナショナルバスケットボールリーグ(NBL)に参戦することが掲載されています。

スポーツニッポン:休部パナソニック 和歌山新チームが受け皿に
スポーツ報知:和歌山にプロチーム新設、パナソニックの受け皿に…バスケットボール
共同通信社:和歌山にバスケのプロチーム 休部パナソニックの受け皿


記事によれば、昨日(12/18)複数の関係者が明らかにしたそうで、今季限りで休部を決めたバスケットボール・日本リーグ男子のパナソニックが、和歌山に新設されるプロバスケットボールチームにNBL参加の権利を譲渡、今日のNBL各チームの運営責任者による会議で承認される見通しだそうです。

新チームにはパナソニックもスポンサーとして参加、他企業からの協賛金や入場券売り上げなどで運営する計画です。また、パナソニックでプレーしていた日本人選手の半数が新チームでのプレーを希望しているとのことで、優勝争いができる強力チームになりそうですね。

これまで、バスケットボールは和歌山ではあまりメジャーなスポーツではなかったと思いますが、トップリーグのチームが和歌山にできるとなれば、どんどん盛り上がってくると思います。チーム名など細かいことはこれから発表になると思いますが、私もガンガン応援していきたいと思います。

(文責:広報課 林 清仁)  
Posted by 広報ブログ編集長 at 12:37Comments(0)広報一般

2012年12月19日

平成25年度観光キャンペーンスタッフ「きのくにフレンズ」募集

和歌山県観光連盟は、和歌山県の観光PR活動のお手伝いをしていただく平成25年度和歌山県観光キャンペーンスタッフ「きのくにフレンズ」の募集を開始しました。詳しくは、和歌山県観光連盟の募集案内(PDFファイル)をご覧下さい!

今年の「きのくにフレンズ」の皆さんも、いろんなイベントでお世話になりましたが、1年が経つのはあっという間ですね。あと3か月間よろしくお願いします!!


実は、「きのくにフレンズ」は性別は問いません。平成25年3月31日現在で満18歳以上の和歌山県出身または在住の方で、元気な方であればOKです! 応募締め切りは来年2月7日ですので、我こそはと思われる方は、募集案内をご覧になって、ぜひ応募して下さい!!

(文責:広報課 林 清仁)
  
Posted by 広報ブログ編集長 at 11:26Comments(0)観光・自然

2012年12月19日

みかんの皮の「和歌山むき」?!今朝の「めざましテレビ」より

今朝(12/19)のフジテレビ系列「めざましテレビ」の7:10過ぎからの「ココ調」のコーナーで、みかんの皮のむき方が特集されました。和歌山県はみかん生産量日本一ですから、きっと和歌山のみかんのむき方が紹介されるだろうと思って見ていると、和歌山出身の番組スタッフが登場して、和歌山でのみかんのむき方を紹介してくれました。


名付けて「和歌山むき」!! フジテレビさん、和歌山のPRありがとうございます!! 
むき方は簡単。まずみかんの腹側から皮ごと2等分、4等分して、あとは指の腹を使って簡単に皮をむきます。最後に皮から実をはがす時にはへた側からはがすと、筋がきれいに取れます。

この「和歌山むき」は、農家の方がみかんの収穫時に、手袋をつけたままで味見するために広まったむき方なのだそうです。


スタジオの皆さんも「和歌山むき」を試してくれていましたが、簡単にむけて手が汚れないということで大好評でした。


わが家はみかん農家ではありませんが、私のむきかたももちろん「和歌山むき」です。多くの和歌山県民は番組で紹介された「和歌山むき」をしていると思います。

さらに、「有田みかん」で有名な和歌山一のみかんの産地・有田地方では、みんな「有田むき」をしています。皮を切らずに2等分、4等分するところが特徴です。JAありだのホームページには「有田むき」がちゃんと掲載されています。





Youtubeにも、有田みかんの上手なむき方を紹介した動画がありましたので、こちらもご紹介します。なお、有田地方では皮がばらばらになるむき方のことを「さるむき」というらしいです。


「めざましテレビ」では、みかんの生産量はピーク時に比べて3分の1以下に減少していて、特に若者のみかん離れが著しいと紹介されていました。「皮をむくのが面倒・手が汚れる」というのが理由なんだそうですが、果物の中でいちばん皮がむきやすいみかんが面倒だといっていたら、どんな果物も食べられませんよね。

果物は私たちの健康維持のためは欠かせない食べ物ですから、手軽で手の汚れないみかんの「和歌山むき」や「有田むき」をどんどん広めていきたいですね。皆さんもぜひみかんの「和歌山むき」をお試しください!!

(文責:広報課 林 清仁)  
Posted by 広報ブログ編集長 at 10:33Comments(2)テレビ