読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 87人
和歌山県公式facebookページ わかやま観光情報 プレミア和歌山 わいわい市場 わかやま紀州館・和歌山県アンテナショップ わかやまイベントボード 人気ブログランキングへにほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 和歌山県情報へ
ページランク
新規投稿

新規投稿するにはログインする必要があります。会員IDをお持ちでない方はIDを取得された後に投稿できるようになります。
QRコード
QRCODE
プロフィール
広報ブログ編集長
広報ブログ編集長
和歌山県広報課です。
和歌山県の観光・食・文化・自然・産業などの魅力を発信しています。和歌山のホットな情報をタイムリーに提供していきます。
もちろん、リンクフリーですのでどんどん広めて下さい!

なおコメントに対する返信は原則として行いませんので、あしからずご了承ください。
<和歌山県ソーシャルメディア運用ポリシー>
http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/000200/snspolicy.html

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


アクセスカウンタ

2012年12月14日

平成24年度和歌山県統計グラフコンクール入賞作品の展示会


 毎年、統計の知識と表現力を学んでもらうために行っている「統計グラフコンクール」の平成24年度の入賞作品の展示会が12月15日(土)から和歌山県立図書館1階ロビーで始まりました。
























小学1年生から高校生まで、応募155名の作品102点から選ばれて入賞しました力作20点を展示していますので、ぜひご覧になってください。













今年は、アサガオの観察や名字、就職などの身近な統計をはじめ、日本中が感動したオリンピックの金メダル数や残暑厳しかった関係で熱中症、ほかに原子力発電、津波防災に関する統計などカラフルにわかりやすくグラフにしてくれています。













展示している和歌山県の入賞20点のうち、和歌山市立吹上小学校5年生の田中陽菜さんの作品「和歌山市に津波が来た時どうしていましたか?」は全国コンクールの佳作を受賞しました。














展示会は12月25日(火)まで行っていますので、ぜひご覧になってください。

















平成24年度和歌山県統計グラフコンクール入賞作品展示会

 場所 和歌山県立図書館 1階ロビー(和歌山市西高松1丁目7-38)
 期間 平成24年12月15日(土)から平成24年12月25日(火)

 http://wave.pref.wakayama.lg.jp/news/kensei/shiryo.php?sid=16566

(文責:調査統計課 古川 勉)

  

Posted by べん at 17:58Comments(0)イベント・地域振興

2012年12月14日

12月16日(日)放送「きのくに21」のお知らせ

 12月16日(日)放送「きのくに21」のお知らせです。
 前半は、先月、東京で開催された、和歌山県産農産物宣伝キャンペーン「ココ・カラ。和歌山フェスティバル」と果物の機能性に関するフォーラムの模様を紹介。
 美味しさは勿論のこと、抗酸化作用やアンチエイジング作用など、多彩な機能性も注目を集めている和歌山産フルーツを首都圏で大々的にPRします。

 後半は、今年度からスタートした「わかやま産業を支える人材プロジェクト」を紹介。
 県内企業、工業高校、県が一緒になって、和歌山県の産業を支える人材を育てます。

 
 是非ご覧下さい!

 テレビ和歌山 12月16日(日)9:30~10:00、19:30~20:00
 *選挙特番のため、再放送の放送時間が変更となっています。
 

(文責 広報課 杉本 吉美)
  
タグ :きのくに21

Posted by テレビ広報担当 at 17:12Comments(0)テレビ

2012年12月14日

貯金好きの和歌山県民、テレビ番組保存本数でも全国1位!

昨日(12/13)、インターネットの情報サイト「J-CASTモノウォッチ」に、『録画番組「貯金」No.1は和歌山県 そろそろTVレコーダー「大掃除」の季節?』という記事が掲載されていました。ちょっと興味を引く内容だったので、ご紹介します。


記事では、スカパーJSAT株式会社が10月に発表した「現代テレビ考2012『テレビと録画』編」」の調査結果を引用して、テレビ番組の保存本数の全国平均が45.3本に対して、和歌山県は75.5本で、2位の熊本県(65.9本)に大差をつけての1位だと紹介しています。また、和歌山県は人口1人あたりの郵便貯金残高が全国1位、国内銀行預金残高が同13位(ともに総務省による2011年のデータ)で、「貯金好き」の県民性がテレビ番組の保存にも伺えるのでは、と書かれています。

もっとも、この調査は全国の家族と同居している20歳以上の男女3278名を対象に実施したもので、和歌山県のサンプル数は17名と少ないので、あくまでも参考数値とのことです。こういう調査は地域性よりも個人差の方が大きいと思いますので、17人では正確には計ることはできないとは思いますが、和歌山県民の貯金好きは事実なので、何でもため込んでおきたい気持ちは強いのかも知れません。

ちなみに私は、仕事柄、皆さんにご紹介している和歌山県関連のテレビ番組を大量にため込んでいて、この2年間で何と900本になりました。これは半分仕事ですので、参考にはなりませんが、改めてその数の多さに驚いてしまいました。

皆さんも、年末の大掃除の際に、整理整頓も兼ねて一度ご自宅の録画番組の本数を調べてみてはいかがでしょうか。

(文責:広報課 林 清仁)  
Posted by 広報ブログ編集長 at 11:30Comments(0)広報一般

2012年12月14日

大阪の「よしもと47ご当地市場」で古座川町の特産品を販売中

 和歌山県では、地域固有の資源を活用して1市町村1産業を創り出していく「わがまち元気プロジェクト」に取り組んでいます。

 このうち、古座川町では「古座川版エコツーリズムによる地域産業の創出」というプロジェクトを立ち上げ、平成22年度から清流・古座川を中心とした自然環境の保全と活用に取り組んでいます。

 さて、プロジェクトを推進している水のまちづくり推進協議会特産品部会が、大阪の「なんばグランド花月」にある47都道府県の名産物産店「よしもと47ご当地市場」で古座川町の特産品を販売していますのでお知らせします。

◆場 所: なんばグランド花月 (大阪府大阪市中央区難波千日前11-6【地図】
◆期 間: 平成24年12月1日(土)~平成25年4月末まで



 よしもと47ご当地市場は、難波千日前の「なんばグランド花月ビル」にあります。
 古座川町の特産品を販売しているのは、地下1階にある47都道府県常設スペースです。


 各都道府県のブースが立ち並んでいます。


 ゆずジュース、柚子だれ、ゆずポン酢、ゆずジャム、ブルーベリージャムなど、古座川町の特産品がズラリik_20

 なお、水のまちづくり推進協議会では、平成25年1月中に「よしもと47ご当地市場」でPRイベントを行う予定にしています。
 その際、吉本芸人の着ぐるみと、古座川町の観光PRキャラクター「瀧之拝太郎」とのコラボも企画しているそうです。


 よしもと47ご当地市場の吉本芸人の着ぐるみ。


 古座川町の名勝「滝ノ拝」でポーズを取る滝ノ拝太郎
 瀧之拝太郎は、古座川の民話に出てくる主人公なんです。

 PRイベントの詳細については、決まり次第お知らせいたしますねface02

【参考URL】
◆よしもと47ご当地市場
  http://www.47gotouchi.jp/
◆わがまち元気プロジェクト(和歌山県地域政策課)
  http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/020200/wagamachi/
◆わがまち元気プロジェクトによる特産品開発レポート【古座川町】
  http://wakayamapr.ikora.tv/e838925.html
◆古座川ゆず平井の里
  http://www4.ocn.ne.jp/~yuzusato/
◆滝ノ拝(古座川町WEBサイト)
  http://www.town.kozagawa.wakayama.jp/kankou/sub001.html
◆よしもと47ご当地市場の地図
  http://yahoo.jp/6jDEqq



 【文責:東牟婁振興局 企画産業課 村上 健】  

Posted by くまくま at 11:07Comments(0)県産品