読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 85人
和歌山県公式facebookページ わかやま観光情報 プレミア和歌山 わいわい市場 わかやま紀州館・和歌山県アンテナショップ わかやまイベントボード 人気ブログランキングへにほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 和歌山県情報へ
ページランク
新規投稿

新規投稿するにはログインする必要があります。会員IDをお持ちでない方はIDを取得された後に投稿できるようになります。
QRコード
QRCODE
プロフィール
広報ブログ編集長
広報ブログ編集長
和歌山県広報課です。
和歌山県の観光・食・文化・自然・産業などの魅力を発信しています。和歌山のホットな情報をタイムリーに提供していきます。
もちろん、リンクフリーですのでどんどん広めて下さい!

なおコメントに対する返信は原則として行いませんので、あしからずご了承ください。
<和歌山県ソーシャルメディア運用ポリシー>
http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/000200/snspolicy.html

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


アクセスカウンタ

2012年12月07日

専科教育救助科第15期 『学生企画総合訓練』

平成24年11月30日(金)

 消防機関の行う救助活動は、火災、交通事故、水難事故、自然災害からNBCテロ災害などの特殊な災害にまで広く及び、近年の社会事情も反映し、災害現場の状況は、ますます複雑多様化してきています。
消防職員の現場活動時における安全管理については、約30年前から消防学校等で教育が行われてきましたが、ほぼ毎年のように全国で死傷事故が発生し、近年は総務省消防庁が中心となって消防職員の現場危機管理能力向上について新たな取り組みが行われています。
今期救助科では、完全管理体制下の訓練環境を構築し、安全管理を実践することを教育の柱に指導してきました。
 本日の「学生企画総合訓練」では、「低所からの救助」や「高所からの救助」など、5つの訓練想定を設け、県内だけでなく他府県からも多くの支援教官に参加していただき、安全管理を実践しながらの訓練を実施しました。
 消防職員が危険を伴う現場から無事に帰ってくる。「行ってきます」と家を出て、「ただいま」と家に帰ってくる。当たり前であってどれだけ難しく責任があるのかを改めて考える機会となりました。
最後に、今回の訓練の趣旨にご理解を示しご参加、ご協力いただきました教育支援教官(消防大学校救助科第65期卒業生 大阪府立消防学校・豊中市、交野市、柏原藤井寺羽曳野(組)、生駒市各消防本部)および教育支援隊(和歌山市消防局、海南市消防本部、田辺市消防本部、伊都消防組合消防本部、白浜町消防本部)の方々、関係消防本部の関係者様に厚くお礼申し上げます。
(文責:消防学校 脇田 佳典)



  
Posted by 教官 at 14:40Comments(0)消防学校レポート

2012年12月07日

来週MBS「プリ・プリ」で「白浜観光物産展」連続紹介!

今週の和歌山県関連テレビ番組の追加を1件ご紹介します。

12/10(月)~14(金)9:55-10:50 毎日放送(近畿広域圏)の「プリ・プリ」
今朝の「プリ・プリ」を見ていると、昨日このブログで「なんばグランド花月で「白浜観光物産展」開催!12/16まで」とご紹介した「白浜観光物産展」が紹介されているではありませんか。「プリ・プリ」ホームページで確認すると、10:35頃から放送の「それゆけ!千日前」のコーナーは、なんばグランド花月の「47ご当地市場」で開催中の催しを紹介するコーナーなのだそうです。今週も12/5(水)から「白浜観光物産展」の紹介がされていたようです。ご紹介が遅れて申し訳ありません。

今日の放送では、本日16:00~17:00までのタイムサービスで、600円の「まぐろ丼」が何と半額の300円(限定100食)で提供されると告知されていました。


「白浜観光物産展」は来週日曜(12/16)まで開催されていますので、「それゆけ!千日前」のコーナーでも、毎日日替わりでお得な情報が紹介されるのだと思います。皆さん、ぜひチェックしてくださいね。

また和歌山県関連テレビ番組を発見したら、その都度ご報告いたします。 もしみなさんも和歌山県関連テレビ番組を見つけられたら、コメント欄で報告してください!お待ちしています。

(文責:広報課 林 清仁)   
Posted by 広報ブログ編集長 at 13:55Comments(0)テレビ

2012年12月07日

東京大学堀教授のまちの魅力アップへの講演会レポート

先日、和歌山県都市計画協会との共催で、
東京大学の堀繁教授をお招きし、
「まちの魅力と公共整備
 ~誰もが行ってみたいと思う中心市街地を目指して~」
というテーマで田辺市において講演会を開催しました。

堀先生による講演会は、和歌山市で7月に開催
したものに続いて二回目です。

前回は、講演のみでしたが、今回は、講演に加えて
田辺市の中心市街地の「まちあるき」も実施しました。

堀先生は、森林風致計画学研究室のご出身で、景観デザイン、
景観工学、計画設計思想史、地域計画を専門とされ、
国土審議会、歴史的風土審議会等の委員も歴任されています。
また、山形県や長野市などのまちづくりアドバイザーも
され、とても分かりやすい講演内容で、全国を
飛び回られ、忙しい日々を過ごされているそうです。


前半の講演会では、
二枚の写真を提示され、「どちらが行ってみたいところか?」
という質問を会場に投げかけ、
多くの方が行きたいと応えた写真が
なぜ、そこに行きたいと感じるのかという点に
ついて景観理論から解説していただきました。

堀先生の理論では、
「街は、道路と沿道の建物で構成されていて、
 人間は近くのものをより過大に評価する。
 そのため、街を訪れた人は、どのような道か
 を重視し、そこに来街者を暖かく『おもてなし』
 したいという『ホスピタリティ表現』がなければ、
 どんなに立派な道を作っても、街全体が評価されない」
と言うことです。
そのため、公共が行う『道の整備』が、街ににぎわいを生むか、
沿道の商業施設が繁盛するかの決定的な要因となると指摘されています。

そのためにも、歩行者が座ってみたいと思われるように
きちんと工夫したベンチを、できるだけ多く道に設置することが
来街者を増やす鍵である。そこに座る方が、さらににぎわいを
呼ぶ「サクラ」になってくれるそうです。



また、沿道の建物も(特に商店)の店構えの作り方にも
言及されていました。
『儲かる店づくり』をするためには、3つの要素が重要で、
 ・挨拶の装置(こんにちは)
 ・迎客の装置(いらっしゃいませ)
 ・集客の装置(買ってってください)
を適切に配置しないといけないそうです。

・挨拶の装置とは、植物。
・迎客の装置とは、ベンチ・照明・木のドア・のれん
・集客の装置とは、のぼり・メニュー・看板・商品サンプル
です。

多くの店は、売り上げを伸ばそうとして、
3つめの「集客の装置」ばかりを設けていて、
逆に、お客さんが入りたいと思わない店づくり
をしてしまっているそうです。




講演会の後は、参加者や田辺市の商業者さん達と
まちあるきを実施しました。
講演会で話された理論を元に、実際にどのような
道づくりや店づくりが必要であるか教えていただきました。



【文責:都市政策課 筒井和男】
  

Posted by 都市政策課 at 11:42Comments(0)イベント・地域振興

2012年12月07日

「紀州梅バーガー」実現に向け、第1回試食会を開催!

 健康づくりにも役立つ「和歌山の梅」を国内のみならず全世界に発信するため、ファーストフードの代表であるハンバーガーと「梅」をマッチングさせた世界中の人に受け入れられる「紀州梅バーガー」の実現に向けた研究会が10月16日に発足しました。


 12月3日には梅干や食肉、パン、ソース等14の異なる食品事業者が参加し、県内の全く異なる食品事業者が様々な組み合わせでタッグ(クラスター)を組んで開発した「紀州梅バーガー」の試作品の第1回試食会が行われました。


 試食会では、牛肉や鶏肉、メンチカツに梅ソースや梅肉を使った「紀州梅バーガー」の試作品が計8品が出品され、県内在住のアメリカ人として和歌山市国際交流課交流員のスティーブンズ・マシューさんと在米経験のある県市職員2名とプロの料理人を加えた4名の評価員を中心に、様々な評価が行われました。


 評価員からは「食べておいしいが、もっと梅のインパクトが必要」や「梅と○○○との相性が良い」などの意見が寄せられ、米国人からの視点で試作品開発へ向けた改良点についてアドバイスが行われました。


 この取組はスタートしたばかりで、商品化には長い道のりが必要ですが、こうした試食会を県内外で繰り返しながら、「世界の紀州梅バーガー」の実現を目指して取り組んで参ります。

(文責:食品流通課 立石修)  
Posted by 広報ブログ編集長 at 09:36Comments(0)県産品