読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 85人
和歌山県公式facebookページ わかやま観光情報 プレミア和歌山 わいわい市場 わかやま紀州館・和歌山県アンテナショップ わかやまイベントボード 人気ブログランキングへにほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 和歌山県情報へ
ページランク
新規投稿

新規投稿するにはログインする必要があります。会員IDをお持ちでない方はIDを取得された後に投稿できるようになります。
QRコード
QRCODE
プロフィール
広報ブログ編集長
広報ブログ編集長
和歌山県広報課です。
和歌山県の観光・食・文化・自然・産業などの魅力を発信しています。和歌山のホットな情報をタイムリーに提供していきます。
もちろん、リンクフリーですのでどんどん広めて下さい!

なおコメントに対する返信は原則として行いませんので、あしからずご了承ください。
<和歌山県ソーシャルメディア運用ポリシー>
http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/000200/snspolicy.html

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


アクセスカウンタ

2012年12月06日

「那智の田楽」がユネスコ無形遺産に登録!日本では21件目

今日の新聞やニュースを見ていると、那智勝浦町に伝わる伝統芸能「那智の田楽(でんがく)」が、ユネスコの「無形文化遺産」に登録されることが決まったと一斉に報じられました。
Googleニュース検索「那智の田楽」

11月の事前審査の段階では今年の登録は難しいという報道がされていたので、ちょっとがっかりしていたのですが、本会議では複数の参加国から「提案書で十分説明されている」と登録を支持する意見が出たため、逆転で登録が決まったそうです。これまでに登録されている日本の無形文化遺産は、能や文楽、歌舞伎、雅楽など20件ですが、これに「那智の田楽」が肩を並べることになったということは、和歌山県民として本当にうれしいことですね。

「那智の田楽」は、毎年7月14日に熊野那智大社で開催される「那智の火祭」に奉納される芸能で、応永年間(1394~1428)京都の田楽法師が伝えたといわれています。和歌山県フォト博物館「那智の田楽」が掲載されているので、ぜひ参考にしてください。(下の写真は、和歌山県フォト博物館から転載。)


私は、直接「那智の田楽」を見たことはありませんが、今年8/13にNHK総合テレビ(和歌山県域)で放送された「紀の国スペシャル いのち照らす大松明(たいまつ)~水害から10か月・那智の火祭~」の中で、那智の田楽もとりあげられていましたので、そのとき初めて知りました。地域の人たちが連綿と伝えてきた伝統芸能の奥深さが紹介され、私も感銘を受けたのを覚えています。NHKさん、できたら全国向けに再放送してください!!

いずれにせよ、ユネスコの「無形文化遺産」登録、本当におめでとうございます。これからも地域の人たちにより末永く守られていくことを期待したいと思います。

(文責:広報課 林 清仁)  
Posted by 広報ブログ編集長 at 21:41Comments(0)広報一般

2012年12月06日

なんばグランド花月で「白浜観光物産展」開催!12/16まで

本日(12/6)から、大阪・難波にある「なんばグランド花月」地下1階の「よしもと47ご当地市場」で、「白浜観光物産展」が始まりました。
私もちょうど大阪出張がありましたので、お昼過ぎに立ち寄ってみました。

なんばグランド花月前では、よしもとの和歌山住みます芸人「わんだーらんど」のお二人が、マイクを持ってPRをしてくれています。わんだーらんどさん、寒い中本当にありがとうございます!!


「よしもと47ご当地市場」の1階入り口には、何と南紀白浜温泉の「足湯」がセットされています。今日は恐ろしく寒かったのですが、足湯に入ればぽっかぽかになれます。入った人は「すこし熱いぐらいだ」と言っていました。


階段を下りればいよいよ「白浜観光物産展」の会場です。「パンダの町」と書かれた大きな看板が出迎えてくれます。やっぱり白浜と言えばパンダですね。


会場内には、もう一つの白浜町のシンボル「白良浜」の砂が運び込まれていて、砂遊びができます。私も触ってみましたが、石英質の真っ白な砂は、とてもさらさらしています。


地下1階の会場は、平日の昼間ということもあって、お客さんはまばらでしたが、まさに白浜づくしです。今回は白浜町商工会の青年部の方々が中心になって企画されたそうです。


物販コーナーでは、白浜のお土産物をはじめ、パンダのぬいぐるみや、梅干、みかん、なぎさビール、ジャンボエリンギなど、白浜町の物産が盛りだくさんです。


飲食コーナーも充実、和歌山ラーメンをはじめ、まぐろ丼、まぐろ串、サザエの壺焼き、クエ鍋などが食べられます。私はクエ鍋をいただいちゃいましたが、何と500円!! クエもたっぷり入っていて、味も抜群です。こんな値段で食べられるとは大満足です。


帰りがけには、紀の国わかやま国体キャラクタ「きいちゃん」と和歌山県観光キャラクター「わかぱん」も登場して一緒にPRしてくれていました。


大阪にいながらにして、南紀白浜が楽しめる「南紀白浜観光物産展」は、12/16(日)までの開催です。NGKで「吉本百年物語」を見たあとは、ぜひ「よしもと47ご当地市場」にお立ち寄りください。

ここで白浜の魅力を体験していただいて、「やっぱり、実際に白浜に行ってみよう!!」と感じでもらえば最高ですね。本物のパンダに会いに行くもよし、南紀白浜温泉にゆっくりつかるもよし、クエ鍋をはじめ海の幸に舌鼓を打つもよし、この冬はぜひ和歌山の白浜町にも足をお運びください!!

(文責:広報課 林 清仁)
  
Posted by 広報ブログ編集長 at 21:04Comments(0)イベント・地域振興

2012年12月06日

『2030わかやま・まちのちから塾』ワークショップ発表会

『2030わかやま・まちのちから塾』ワークショップ発表会が開催されます。



『2030わかやま・まちのちから塾』では、公募により選ばれた市民の皆さまや和歌山市職員の有志が中心となり、和歌山市の“2030年におけるまちの姿”について議論を重ねてきました。

これまで、研修などにより和歌山市のポジショニングや歴史、中心市街地活性化の手法などを学び、それらが生かされた横断的なアイデアを出し合いながら議論を重ね、「夢」「希望」を抱ける街となるべく研究を重ねてこられたそうです。



そして、今回、それらの研究成果を報告する場として発表会を開催されるとのことです。

発表内容については、年明けから始まる「和歌山市まちなか再生会議」で取りまとめられ、「2030わかやま構想(案)」として策定される予定です。中心市街地活性化基本計画策定後の和歌山市のまちづくり計画となりますので、“和歌山市のまちなか再生”に興味のある方は、ぜひともこの発表会に参加(見学)してくださいね。

参加費は無料申込不要ですので、多数の皆さま方のご参加をお待ちしています。

【日 時】平成24年12月15日(土)13時から16時まで
【場 所】和歌山市勤労者総合センター 6階「文化ホール」
      (和歌山市西汀丁34〔市役所西隣〕 ℡073-433-1800)
【アドバイザー】藤後 幸生(とうご さちお)氏 ほか
         ※株式会社タフ・コーポレーション代表取締役社長・森ビル顧問

詳しくは和歌山市都市整備課 電話(073)435-1082まで


(文責:広報課 黒田充昭)
  

Posted by チーム県民の友K at 17:31Comments(0)広報一般

2012年12月06日

12月9日(日)放送「きのくに21」のお知らせ

 12月9日(日)放送「きのくに21」のお知らせです。
 前半は、先日東京で開催された「陸奧宗光シンポジウム~和歌山県(紀州藩)が生んだカミソリ大臣、陸奧宗光と日本外交~」を紹介。
 和歌山県出身で近代日本外交の立役者と言われる陸奧宗光の功績を改めて振り返ります。

 後半は、「知事と語る」。
 「関西国際空港と南紀白浜空港の利用促進」をテーマに仁坂知事が語ります。

 是非、ご覧下さい!

 テレビ和歌山 12月9日(日)9:30~10:00、22:00~22:30

 ik_18お知らせ 
 「陸奧宗光シンポジウム」を和歌山でも開催します。またとない機会ですので、ふるってご参加下さい!
   ・日時  平成25年2月16日(土)14時~16時
   ・場所  アバローム紀の国2F鳳凰の間(和歌山市)
   ・出演者 岡崎久彦氏(岡崎研究所理事長・所長、元外務省情報調査局長、元在タイ大使)
        仁坂吉伸和歌山県知事
   *事前申し込みが必要です。(申込受付開始 12月10日(月)10時~)
    詳しくは県ホームページをご参照下さい。

(文責 広報課 杉本 吉美)

  

Posted by テレビ広報担当 at 15:31Comments(0)テレビ