読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 85人
和歌山県公式facebookページ わかやま観光情報 プレミア和歌山 わいわい市場 わかやま紀州館・和歌山県アンテナショップ わかやまイベントボード 人気ブログランキングへにほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 和歌山県情報へ
ページランク
新規投稿

新規投稿するにはログインする必要があります。会員IDをお持ちでない方はIDを取得された後に投稿できるようになります。
QRコード
QRCODE
プロフィール
広報ブログ編集長
広報ブログ編集長
和歌山県広報課です。
和歌山県の観光・食・文化・自然・産業などの魅力を発信しています。和歌山のホットな情報をタイムリーに提供していきます。
もちろん、リンクフリーですのでどんどん広めて下さい!

なおコメントに対する返信は原則として行いませんので、あしからずご了承ください。
<和歌山県ソーシャルメディア運用ポリシー>
http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/000200/snspolicy.html

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


アクセスカウンタ

2012年12月03日

モニターツアーで有田の秋を満喫

有田振興局企画産業課です。

 有田振興局や管内1市3町などがタッグを組んで構成しているありだ広域観光実行委員会で、有田にもっと多くの方に訪れていただけるよう、9月に引き続き11月にも2回のモニターツアーを実施しました。

 まずは11月11日(日)。42名もの多くの方が参加して下さいました。ほとんどが大阪からのご参加でしたが、中には香川からご参加していただいた方も!
 有田と言えばやはり有田みかん!ということで、有田市文化福祉センターのみかん資料館・郷土資料館でみかんの歴史を学んでいただいた後、有田市の九鬼農園でみかん狩りを体験。ポツポツと雨が降る中、本場の有田みかんをおいしそうに頬張ってました。
 次に向かったのは、この日、有田市で開催されていたうまいもんまつり会場。有田の食材を使ったB級グルメコンテストの出品料理でお腹を満たし、有田みかん大使ハリセンボンのイベントなどで楽しんでいただきましたが、この頃には雨が本降りに…。早めに切り上げて、有田みかん海道箕島漁港を車窓見学し、箕島漁港近くの天乙(てんおと)商店西村物産で練り物の天ぷらや釜揚げしらすなどをお買い物。湯浅醤油の九曜蔵を見学して、最後にファーマーズマーケットありだっこへ。ありだっこでもハリセンボンが登場し、握手してもらったと喜んでいた方もいらっしゃいました。



 続いて11月30日(金)。この日の参加は30名。この取り組みで4回目のモニターツアーとなり、常連と言える方もチラホラ。
 午前中は、有田鉄道線路跡を遊歩道に整備した有田川町のポッポみちでノルディックウォーキング。この日は快晴で、絶好のウォーキング日和。指導士の近藤さんから歩き方を教わったあと、みかん畑が広がる風景を楽しみながら、みなさん気持ちよさそうに歩いてました。ポッポみち終点の有田川鉄道公園に到着し、映画ALWAYS 三丁目の夕日 ’64のロケでも使用された動態保存車両に体験乗車。食楽東家(とうげ)での昼食は、生しらすやしらす衣天ぷらなど、有田のしらすを贅沢に使ったしらす御膳で、みなさんに大好評。
 午後は、やはり有田は有田みかん!。ファーマーズマーケットどんどん広場に移動し、みかん狩り、ジュース加工体験、糖度当てゲームなどで大盛り上がり。最後は箕島漁港を語り部さんの案内で見学し、天乙(てんおと)商店と西村物産でお買い物をして、1日が終了しました。



 今月のモニターツアーは、天候などで残念な面もありましたが、概ね満足していただける内容だったと思います。有田には、今回の訪問地だけでなく、他にもたくさんの見どころがあります。これからも、有田をもっと知っていただけるよう、有田一丸で取り組んでいきますので、皆さんも是非お越し下さい。
(文責:有田振興局企画産業課 児嶋史晃)
  

Posted by おしょう at 22:14Comments(0)観光・自然

2012年12月03日

12月1日の新宮鉄道開業100周年記念イベント【レポート】

 先日、「12/1は新宮鉄道開業100周年記念イベント【那智勝浦町】」と周知させていたきましたが、JR紀伊勝浦駅と三輪崎駅で開催されたイベントを取材してきましたのでレポートします。


 開会に先立ち、JR紀伊勝浦駅の改札口にて、一日駅長の委嘱式が行われました。
 駅長に選ばれたのは、NHK和歌山放送局の前東沙苗キャスターと、地元児童4名の計5名です。
 この児童たちは、那智勝浦町役場横のふれあい広場に展示されている蒸気機関車「C58」の整備を手伝ったので、一日駅長に選ばれたそうです。
 児童たちの後ろには大正時代の装束を着た地元有志が並び、開業当時の雰囲気を醸し出していました。


 いよいよ100周年の記念式典が始まりました。
 大正時代の衣装を着て挨拶しているのは、主催者である「熊野の鉄道100年を祝い未来を考える実行委員会」中瀬古友夫 代表です。


 記念式典に招待された来賓の方々も、大正時代のマント姿です。


 那智勝浦吹奏楽団の演奏により、勝浦グリーンコーラスと勝浦小学校児童有志が「新勝鉄道唱歌」を合唱してくれました。


 記念碑の除幕式です。
 御影石でできた記念碑には、「紀南における鉄道発祥の地」と刻まれていました。


 そのうち、紀伊勝浦駅のホームに、100周年記念列車が入ってきました。
 100周年を祝う赤いヘッドマークが特徴的ですね。
 一日駅長さんと大正時代の装束を着た地元有志で、出発式を行いました。


 当時の終着駅であったJR三輪崎駅へ着くと、ホームを埋め尽くすほど大勢の方々が歓迎してくれました。
 駅前では、三輪崎郷土芸能保存会「三輪崎の鯨踊り」を披露してくれました。


 その後、折り返しの普通列車に乗って紀伊勝浦駅に戻りました。
 大正時代の一行は、特急列車が駅に着くたびに改札口でお出迎えし、観光客の方々との記念撮影に応じていました。
 また、今年の9月29日から運行を開始したレトロバスが駅に着いたので、一緒に記念撮影しました。


 今回のイベントは、紀伊勝浦駅だけでなく、那智勝浦町の街中も舞台となっていました。
 古い街並みが残る脇中地区では、那智勝浦町の懐かしいモノクロ写真が展示されていて、大正時代の一行と雰囲気がぴったりでした。


 また、古い鉄道備品などのレアグッズも展示されていました。
 (写真提供:嶋津観光協会 平野薫禮さん)

 この他、整備を終えた蒸気機関車の一般公開や、鉄道模型の展示、昔の紀南地方を舞台にした映画の上映会、記念切符や記念グッズの販売など、盛りだくさんのイベントでした。

 熊野の鉄道100年を祝い未来を考える実行委員会では、来年の3月2日(土)に正式開業記念イベントをJR新宮駅で開催する予定です。

 それまでにも、「新宮鉄道の歴史を巡る2DAYSウォーク」は毎月開催されていますので、参加希望の方は新宮市観光協会(電話 0735-22-2840)までお問い合わせくださいね。
 詳細はこちら → http://www.shinguu.jp/modules/guide/index.php?lid=1703&cid=10

 今後も、鉄道鉄道開業100周年記念イベントについては、情報が入り次第お知らせいたしますface02

【参考サイト】

◆熊野の鉄道100年を祝い未来を考える実行委員会Facebookページ
  http://ja-jp.facebook.com/kumanotetudouclub

 【文責:東牟婁振興局 企画産業課 村上 健】  

Posted by くまくま at 19:59Comments(0)イベント・地域振興

2012年12月03日

橋本商工会館イルミネーションYUMENOKI

12月2日(日)橋本商工会館前で、イルミネーション点灯式がありましたik_18

このイルミネーションは、橋本商工会議所青年部によるもので、橋本の子どもたちが、未来に向かって力強く育ってほしい、との願いを込めて「YUMENOKI」(夢の木、夢記)と名付けられました。
ツリーの手前部分は紀ノ川の流れ、2頭のトナカイは仲のよい親子です。
点灯式では、市民サークルのハンドベルと子供コーラス「橋本市音たまご合唱隊」が登場しました。

12月31日まで、毎日日没後~0:00まで点灯しているそうです。
皆様もぜひご覧になってください。



(文責:伊都振興局企画産業課 鍵本)  
Posted by 伊都・橋本広報 at 18:05Comments(0)地域情報

2012年12月03日

九度山町の富有柿をタイへ輸出!

九度山町の富有柿が、タイに向けて輸出されますik_20


こちらの富有柿1,000ケースが明日神戸港からタイへ向けて輸出されます。
輸出された柿はタイの百貨店で販売されるそうです。
輸出は8年前から毎年行われています。
和歌山の柿のおいしさが、海を越えてタイへ伝わっているとは、なんともうれしいことです。
今年からマレーシアに向けての輸出もされるとのことです。


12月3日(月)、マルい選果場にて農林水産省による検疫がありました。

このように、安全性が確かめられた柿が海外へ輸出されるのですね。

神戸港から出発して約10日でタイへ着くそうです。
タイの皆さん、おいしい九度山の富有柿を楽しみにしていて下さいik_20

(文責:伊都振興局企画産業課 鍵本)
  
Posted by 伊都・橋本広報 at 18:03Comments(0)県産品

2012年12月03日

明日「とくダネ!」でみなべ町の風邪予防の取組紹介!

今週の和歌山県関連テレビ番組の追加を1件ご紹介します。

12/4(火)8:00-9:55 フジテレビ系列(全国放送)の「とくダネ!」
先週金曜日に「とくダネ!」のスタッフの方から和歌山県の「風邪予防対策」について取材をしたいとの電話がありました。そして、本日みなべ町の「上南部保育所」や町内の農家などで取材をされたのだそうです。
以前、このブログでも「日本一風邪に強い和歌山県民!ウェザーニュース調査から」とご紹介しましたが、そのあたりを日本一の和歌山の梅に絡めて紹介してくれるのだと思います。どんな風に紹介されるのか楽しみですね。皆さん、ぜひご覧ください。

また和歌山県関連テレビ番組を発見したら、その都度ご報告いたします。 もしみなさんも和歌山県関連テレビ番組を見つけられたら、コメント欄で報告してください!お待ちしています。

(文責:広報課 林 清仁)   
Posted by 広報ブログ編集長 at 17:50Comments(0)テレビ

2012年12月03日

漁師の出前授業を開催しました!!

有田振興局企画産業課です。

以前のブログでもご紹介しましたが、有田地方では地元の漁師さん達が漁業後継者の育成や魚食普及活動のため、地元小学生の児童を対象とした少年水産教室を開催しています。

今回は和歌山県漁業士連絡協議会の有田地区部会に所属する漁師さん達が、11月27日に有田川町立石垣小学校で開催した「漁師の出前授業&チリメンモンスターを探せ!」についてご紹介します。




漁師の出前授業では、5、6年生の児童を対象に、有田地方の主要漁業である小型底びき網漁業や船びき網漁業のほか、定置漁業、刺網漁業、一本釣り漁業などについて、漁師さんがそれぞれパネルを使いながら説明を行いました。

説明の後は児童からの質問に答えていきましたが、本物の漁師さんが話す漁業の話というのは子どもたちにとって非常に興味深いようであり、どの児童もたくさんの質問をしながら一生懸命メモを取っていました。



チリメンモンスターを探せ!には全校児童88名が参加し、みんな夢中になってシラスの中から珍しい小魚等を探すことに没頭していました。






ちなみに「チリメンモンスター」とはチリメンジャコに混ざっている他の小魚や生物のことで、地元湯浅町のシラス加工業者さんでは、シラスに混ざっている他の小魚や生物をあえて除去せずにそのままの状態のものを「チリメンモンスター」として商品化しており、生物等の教材として今静かなブームとなっているものです。




漁師さんたちのこうした取り組みを通じて、もっと多くの子どもに和歌山県の水産業について理解を深めてもらうとともに、その中から将来漁師を志す子が増えればいいですね。

        (文責:有田振興局企画産業課 古糸昭洋)  
Posted by ふっちゃん at 11:23Comments(0)イベント・地域振興

2012年12月03日

学校給食甲子園で和歌山市立名草小学校が準優勝!2連覇はならず

昨日(12/2)、東京の女子栄養大学で行われた「第7回全国学校給食甲子園」で、和歌山県から出場していた和歌山市立名草小学校が準優勝に輝きました。

名草小学校は、昨年の第6回大会では優勝を果たしたことは、このブログでも「全国給食甲子園・名草小学校が優勝! 本日ミヤネ屋で放送!!」とご紹介しています。今回は連覇を目指しての戦いでしたが、優勝は愛知県の西尾市立西尾中学校になり、名草小学校は残念ながら一歩及びませんでした。しかし、学校給食甲子園のfacebookページには、「どこが優勝してもおかしくない」と書かれていて、本当に接戦だったことがわかります。見事準優勝に輝いた名草小学校の学校栄養職員土井登世さんチームの写真がfacebookページに掲載されていますので、転載させていただきます。


学校給食は、限られた予算の中で、子供たちの健康も考えながら、いかにおいしいものを作るかがポイントとなります。今回の名草小学校のメニューは「ごはん、牛乳、郷土の煮物、ぬた、ちりめんにんじんふりかけ、ハリハリ汁、冬瓜の梅ゼリー」だったのだそうです。特に冬瓜は和歌山市名草地区の特産でもあり、大人の私でも食べたくなるような献立ですね。昨年は布引大根で優勝していますので、地域の産品をしっかり使うところが評価につながっていいるのだと思います。本当におめでとうございます。

さて、この全国学校給食甲子園の様子が、テレビでも紹介されるそうなのでお知らせいたします。

12/3(月)8:30-9:55 TBS系列(全国放送)の「はなまるマーケット」

皆さんもぜひご覧ください。

(文責:広報課 林 清仁)  
Posted by 広報ブログ編集長 at 02:17Comments(0)広報一般

2012年12月03日

コウノトリが和歌山市に再飛来しました!

昨日の早朝〔12/1(土)〕、ジョギングしようと自宅を出たところ、近所の休耕田にコウノトリが羽を休めているのを目撃しました。急いで自宅にカメラを取りに戻り、撮影したのがこちらの写真です。



コウノトリ、国の特別天然記念物で、今年9月17日から和歌山市粟の住宅街の休耕田に姿を現し、毛繕いをしたりエサをついばむようなしぐさを見せたり優雅な姿を多くのマスメディアに取り上げられたのは記憶に新しいところです。

 <参考① 本ブログより(9/22記事)>
  http://wakayamapr.ikora.tv/e816978.html

その後、私自身も自宅前の民家の屋根にいるのを偶然目撃し、本ブログでも紹介させていただいたところです。

 <参考② 本ブログより(9/30記事)>
  http://wakayamapr.ikora.tv/e820208.html

10月に入ってからは、那智勝浦町下里串本町出雲で相次いで目撃され、10月25日には串本町と古座川町の間を流れる古座川で姿を見せたとの情報がありましたが、以降の足取りが不明確であり気になっていたところです。

9月に目撃されたのとは別の個体かもしれませんが、いずれにしましても、また和歌山市で目撃できるとは本当に驚きですね。




(文責:広報課 黒田充昭)
  

Posted by チーム県民の友K at 01:12Comments(0)広報一般