読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 85人
和歌山県公式facebookページ わかやま観光情報 プレミア和歌山 わいわい市場 わかやま紀州館・和歌山県アンテナショップ わかやまイベントボード 人気ブログランキングへにほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 和歌山県情報へ
ページランク
新規投稿

新規投稿するにはログインする必要があります。会員IDをお持ちでない方はIDを取得された後に投稿できるようになります。
QRコード
QRCODE
プロフィール
広報ブログ編集長
広報ブログ編集長
和歌山県広報課です。
和歌山県の観光・食・文化・自然・産業などの魅力を発信しています。和歌山のホットな情報をタイムリーに提供していきます。
もちろん、リンクフリーですのでどんどん広めて下さい!

なおコメントに対する返信は原則として行いませんので、あしからずご了承ください。
<和歌山県ソーシャルメディア運用ポリシー>
http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/000200/snspolicy.html

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


アクセスカウンタ

2012年10月15日

10月14日有田市の須佐神社で秋祭りが行われました

有田振興局企画産業課です。


10月14日(日)に、有田市千田にある須佐神社で秋祭りが開催されました。

先日、和dining清乃さんを取材された雑誌ミーツ・リージョナルさんが、この祭にも来るという情報を聞き、案内を兼ねて取材に同行させていただきました。(ちなみに、清乃さんの記事は、現在発売中のミーツ・リージョナル11月号の103ページに掲載されてます。)
今年は創建1300年の記念祭で、普段は飾られない貴重な刀、因州住景長(国指定重要文化財)と因州住景真(有田市指定文化財)が飾られました。
また、「千田の喧嘩祭」といわれるほど勇壮な祭なので、勇壮なポイントがてんこ盛りです。まず、御輿を本殿から階段を下ろす時、担がずに滑り下ろします。






それから、高田浜に向かって御輿を担いでいくのですが、ただ運ぶだけではなく、担ぎ上げては地面に落とすということを繰り返しながら進んでいきます。






行列には、各地区からの組太鼓の屋台も一緒に高田浜に向かいます。各地区の屋台には、それぞれオリジナルの飾りが施されてます。女子サッカーのなでしこJAPANや、蚊取り線香を持ったスサノオノミコト、AKB48が表示されたスマートフォン、などなど。





行列のトリを務める御輿が高田浜に到着すると、担ぎ手は、その御輿もろとも豪快に海の中に入って行きます。






御輿を清めたあとは、豊漁を願う鯛投げ神事が行われます。
すぐ横で、一般の方向けの餅まきも行われるのですが、圧巻は担ぎ手の方々による鯛投げです。櫓の上から子ども達の手で鯛が投げ下ろされると、怒号が飛び交う中、壮絶な奪い合いが繰り広げられます。中には、無残にも引き裂かれた鯛も。この勇壮な鯛投げ神事が、「喧嘩祭」と言われる所以です。






このあと、鯛を載せた御輿が神社前まで戻り、さらにそこを通過して、一の鳥居の御旅所まで行き、ここでもう一度餅まきが行われます。その後、御輿が神社に戻って、祭は終わりを迎えます。
取材に来られた記者さんも、カメラマンさんも、特に鯛投げ神事のすさまじさに圧倒されてました。
この祭は、有田市の千田地域で毎年10月14日に行われています。地元からも多くの方々が参加されますが、来年は皆さんも、この勇壮な祭を体感してみませんか?


                     (文責:有田振興局企画産業課 古糸昭洋)  
Posted by ふっちゃん at 20:43Comments(2)イベント・地域振興

2012年10月15日

新宮市の地球深部探査船「ちきゅう」シンポジウム【レポート】

 以前、当ブログで「10月13日(土)は地球深部探査船「ちきゅう」のシンポジウム」と事前告知させていただきましたが、シンポジウム「熊野灘の秘密を探る」と、同時開催されていたキッズサイエンスパークを見学してきましたので、ここでレポートします。


 会場となった新宮市職業訓練センターに展示されていた、地球深部探査船「ちきゅう」の1/300モデルです。
 とても精巧に作られていて、みなさん立ち止まってじっくり眺めていました。
 ちなみに、新宮市役所には、このモデルの3倍もある1/100モデルが11月11日まで展示されています。


 シンポジウムでは、JAMSTEC(独立行政法人 海洋研究開発機構)の研究者たちが、地球深部探査船「ちきゅう」による「南海トラフ地震発生帯掘削計画」の研究成果や、紀伊半島沖に設置された「地震・津波観測監視システム」などについて解説していました。


 また、パネルディスカッションでは、新宮市長やJAMSTECの研究者がパネリストとなって、防災、そして減災にはどのような心構えが必要なのか?などについて、意見を出し合っていました。

 さて、新宮市職業訓練センターの展示ホールや各部屋では、海洋科学を楽しく学べる「キッズサイエンスパーク」「パネル展」も開催されていました。


 キッズサイエンスパークのメイン会場となる、展示ホールです。
 このほか、奥の部屋と2階の部屋も会場となっていました。


 まず、会場の入り口付近で、「ちきゅう クイズラリー」が行われていました。
 スタッフは、東牟婁振興局総務県民課の職員です。

 さて、ここでクイズを一つご紹介しましょう。

Q:「ちきゅう」は、大きな地震を予測するため、紀伊半島沖にある海の溝を調べています。その溝を何と言いますか?
A:「○○○○トラフ」


 ○○○○の中には、ひらがな4文字が入るのですが、分かりましたか?
 そう、答えは「なんかい」トラフです。
 小さなお子さんにはちょっと難しいかもしれませんが、展示パネルにヒントがありましたので、振興局職員が優しく教えてあげていました。


 なお、クイズに正解したお子さんには、このプレートパズルがプレゼントされていました。
 地球の表面はプレートに被われていて、そのプレートが移動することによって地震が発生します。
 日本周辺は4枚ものプレートがひしめき合っているので、特に地震が多いんですicon10


 さて、2階に上がってみると、「ペーパークラフトコーナー」がありました。
 厚紙を切ったり貼ったりして模型を組み立てるのですが、探査船ちきゅうや深海魚など、何種類ものペーパークラフトがありました。
 ちなみに、ちきゅうのペーパークラフトはJAMSTECのWEBサイトからダウンロードできますので、皆さんも組み立てに挑戦してみてはいかがでしょうか?
 ダウンロードはこちらから→ http://www.jamstec.go.jp/j/museum/papercraft/


 水圧実験教室では、カップ麺の容器を水深 1,000mの海に沈めるとどうなるか?という実験を行っていました。
 左側が実験装置に入れる前の容器で、右側が実験後の容器です。
 かなり縮まってしまっていることが分かります。
 深海って恐ろしい世界なんですね・・・icon11


 こちらは、スライドを使った「おはなし会」です。
 海溝型地震のメカニズムやちきゅうの活動について、JAMSTECの職員が小学生にも分かるよう丁寧に解説していました。


 深海生物フィギュア作りのコーナーです。
 プラスチック樹脂を熱湯に漬け、柔らかくしてから型枠にはめます。
 その後、型枠を冷水に漬け、樹脂を固めるとフィギュアのできあがりです。
 型枠は3種類あったのですが、ちょっとグロテスクな深海魚ばかりでしたicon10


 こちらが、完成品のフィギュア「ギンザメ」です。
 ちなみに、このギンザメが子どもたちの1番人気でした。


 この他、ちきゅう関連グッズ販売コーナーでは、Tシャツや帽子、ボールペンなど、ちきゅうがデザインされた商品が販売されていました。
 缶バッジは1個100円でしたので、子どもたちに大人気でしたik_20


 また、会場にはJAMSTECに関係するパネルがたくさん展示されていて、大人でも楽しめる内容となっていました。
 海洋科学に興味を持ってくれた子どもたちの中から、未来の海洋学者が出てくるといいですねicon12

 なお、11月にはJAMSTECが保有する船の一般公開が予定されているらしいので、詳細がわかれば当ブログでご紹介したいと思いますface02

【参考URL】
◆地球深部探査船「ちきゅう」(JAMSTEC WEBサイト)
  http://www.jamstec.go.jp/chikyu/jp/CHIKYU/index.html


 【文責:東牟婁振興局 企画産業課 村上 健】  

Posted by くまくま at 17:32Comments(0)地域情報

2012年10月15日

10月20日(土)広川町で稲むらの火祭り開催

有田振興局企画産業課です。



今週末は、有田郡の3町でイベントが目白押しです。
まずは、広川町で10月20日(土)に行われる稲むらの火祭りのご紹介です。
安政元年(1854)の大地震の折、大津波が広村(現広川町)を襲いました。その時、村人を助けるために稲むらに火を放ち、この火を目印にして、村人を安全な場所に避難させて救ったのが濱口梧陵さんです。銚子での家業であるヤマサ醤油の事業を継いだ濱口梧陵さんは、村人に仕事を提供し、長さ600m、高さ5mの防波堤を築造するなど、津浪で大きな被害が出た故郷の復旧と復興のために尽力されました。






稲むらの火祭りは、その濱口梧陵さんの功績を称えるとともに、防災意識を高めるために開催されています。広川町役場前の「稲むらの火広場」で行われる式典の前には、午後3時から地元の方々による民謡や踊り、合唱などが披露されますが、今年は10回目の開催にあたるため、大声コンテストも開催されます。
午後5時から始まる式典が終了した後、午後6時から松明行列が行われます。行列は、稲むらの火広場を出発し、大津波の際に避難場所となった広八幡神社に向かいます。また広八幡神社では、うどんの炊き出しも実施されます。









夕闇の中を進む松明行列は壮観ですので、是非、見に来て下さい。また、火祭り写真コンテストの写真も募集するそうですので、良い写真が撮れたら、ご応募下さい(10月27日必着で広川町民会館(〒643-0071和歌山県有田郡広川町広572)あて送付。1人2点以内。四つ切カラー。入賞作品は11月3日~4日開催の広川町「ふるさとまつり」文化展で展示。以降は「稲むらの火の館」で展示。)。

                          (文責:有田振興局企画産業課 古糸昭洋)  
Posted by ふっちゃん at 13:09Comments(0)イベント・地域振興

2012年10月15日

こども版「出張!県政おはなし講座」を実施しました!

 和歌山県では県政に対する理解を深めて頂き、また皆さまの声を今後の県政に活かす目的で、「出張!県政おはなし講座」を開催しています。県職員が県民のみなさまのもとへ出前し、希望テーマについて説明するものです。

 10月12日(金)にみなべ町立清川小学校にて「ため池の役割」というテーマで小学3年生12名に対し講座を開きましたので紹介します。

 まず小学校にて「わかやまため池再発見」という県作成冊子により、「ため池とは何ぞや」から始まって、ため池の役割やしくみなどを説明しました。

 

 その後実際に町内にある奥谷池に行き、ため池内の各施設や水利用の仕組みについて説明したあと、ため池内に生息する生き物(スジエビやモクズガニ、ヨシノボリなど)を実際に観察し、ため池が地域の豊かな自然を守る役割も担っていることを実感してもらいました。

 


 


 

 上記講座について皆さまも関心あるテーマがありましたら、是非活用して下さい!

 (文責:日高振興局農地課 國中保秀)
  
Posted by 日高NOUCHI at 11:21Comments(0)イベント・地域振興