読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 85人
和歌山県公式facebookページ わかやま観光情報 プレミア和歌山 わいわい市場 わかやま紀州館・和歌山県アンテナショップ わかやまイベントボード 人気ブログランキングへにほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 和歌山県情報へ
ページランク
新規投稿

新規投稿するにはログインする必要があります。会員IDをお持ちでない方はIDを取得された後に投稿できるようになります。
QRコード
QRCODE
プロフィール
広報ブログ編集長
広報ブログ編集長
和歌山県広報課です。
和歌山県の観光・食・文化・自然・産業などの魅力を発信しています。和歌山のホットな情報をタイムリーに提供していきます。
もちろん、リンクフリーですのでどんどん広めて下さい!

なおコメントに対する返信は原則として行いませんので、あしからずご了承ください。
<和歌山県ソーシャルメディア運用ポリシー>
http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/000200/snspolicy.html

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


アクセスカウンタ

2012年09月27日

湯浅町「立石茶屋」の三和土(たたき)土間施工体験

有田振興局企画産業課です。

「ゆあさ元気プロジェクト会議」ではわがまち元気プロジェクトの取組の1つとして、まちなか休憩所の分散配置と地元物産の販売の充実、トイレの分散配置などの観光客受け入れの基盤整備に取り組んでいます。

熊野古道の傍らに建つ江戸時代の町屋を活用した休憩所「立石茶屋」で、湯浅小学校の学童保育しいのみクラブの子供たち14名が9月26日、伝統的な三和土(たたき)土間の施工を体験しました。




湯浅町歴史文化財活用実行委員会が文化庁の文化遺産を活かした観光振興・活性化事業の一環として、小学生を対象に伝統的な三和土(たたき)土間の施工を体験することで伝統工法と文化財保護に関心を持ってもらおうと企画されました。
子供たちは左官の指導の下、専用の木槌でたたき固める作業を行いました。
三和土(たたき)とは、古くから玄関や台所に使用されていた伝統的な土間の仕上げで、土に石灰・苦汁(にがり)を加えて混ぜたものをたたき固めます。





立石茶屋では観光客の休憩所のほか、焼き物・紀州てまり・特産品の販売をしていますが、改修後はお茶やコーヒーなどの提供もしていきたいとのことです。

また、湯浅重要伝統的建造物群保存地区内にある「北の町老人憩の家」では、観光客に向けて伝建地区や湯浅の歴史などを紹介するパネル展示が9月16日から開設されています。
平成22年度に土蔵のような外観に建て替えられ、多目的スペースやトイレなどが整備され観光客の休憩所として利用されていますが、災害時には一時避難所として利用されます。今回、わがまち元気プロジェクトの取組の1つとして地元の湯浅伝建地区保存協議会が、1階の1部屋に明治や昭和の頃の湯浅の写真展示や歴史年表を展示しています。





伝建地区の来訪者駐車場(6台)が北の町老人憩の家の隣にありますので、ここで歴史や文化を知ってから伝建地区を散策するとより深く楽しめると思います。





湯浅町のまちなかには他にも「駅前多目的広場」や「岡正」などの特産品も販売している休憩案内所もございますので、有田管内を通られる場合はぜひ湯浅町へお立ち寄りください。

                         (文責:有田振興局企画産業課  古糸昭洋)  
Posted by ふっちゃん at 17:21Comments(2)イベント・地域振興

2012年09月27日

有田川町沼谷地区の取り組み

有田振興局企画産業課です。

有田川町沼谷地区では、過疎集落再生・活性化支援事業の1つとして、清水名物「わさび寿司」の原料となる「畑わさび栽培」の取り組みを行っています。
8月20日のブログでは、そのスタートとして、鳥獣害防止柵の設置作業の様子をご紹介しましたが、その後も作業は順調に進んでいます。

畑の草刈りや畝づくりの後、8月27日からは日よけとなる寒冷紗用の支柱の設置作業を行いました。
畑わさびは日光に弱いため、上から寒冷紗をかぶせてわさびを日光から守ります。
(寒冷紗の取り付けは、雪のシーズンが終わる来年3月頃の予定です)






そして昨日9月26日には、防草シートの取り付けを行いました。
畑を雑草から守るためのシートをかぶせていきましたが、昨日は少々風があったため、シートが風に流され作業は一苦労でした。
畑全体が黒いシートに覆われ、雑草対策もバッチリです。





ちなみにシートの下には、給水用のパイプが敷かれています。
近くの川から水を引いて、バルブをひねると全体に畑全体に水が行き渡るようになっています。
地元の方々の手により事前に設置されていました。




防草シートの取り付けが終わると、年内の作業は一段落。
作業は予定通りに進んでいます。

そして、雪のシーズンが終わる来年3月頃に苗を植えていく予定です。
苗を植えてから収穫できるようになるまで1年ほどかかるそうなので収穫までまだ少し時間がかかりますが、地元の方を中心に、炎天下のもと取り組みを始めたこの畑わさびプロジェクト。ここで採れた畑わさびが清水のお店に並ぶ日が待ち遠しいですね。


                  (文責:有田振興局企画産業課 古糸昭洋)
  
Posted by ふっちゃん at 09:39Comments(2)地域情報