読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 86人
和歌山県公式facebookページ わかやま観光情報 プレミア和歌山 わいわい市場 わかやま紀州館・和歌山県アンテナショップ わかやまイベントボード 人気ブログランキングへにほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 和歌山県情報へ
ページランク
新規投稿

新規投稿するにはログインする必要があります。会員IDをお持ちでない方はIDを取得された後に投稿できるようになります。
QRコード
QRCODE
プロフィール
広報ブログ編集長
広報ブログ編集長
和歌山県広報課です。
和歌山県の観光・食・文化・自然・産業などの魅力を発信しています。和歌山のホットな情報をタイムリーに提供していきます。
もちろん、リンクフリーですのでどんどん広めて下さい!

なおコメントに対する返信は原則として行いませんので、あしからずご了承ください。
<和歌山県ソーシャルメディア運用ポリシー>
http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/000200/snspolicy.html

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


アクセスカウンタ

2012年09月22日

県果樹試験場開発の極早生みかん「YN26]

 今回は、10月7日放送「きのくに21」で紹介する、和歌山県果樹試験場の新たなみかんの品種「YN26」について取材してきました。

 「ゆら早生」を親に持つ「YN26」は、果樹試験場が2001年から約10年かけて開発した自慢の品種。
 みかんは、極早生から貯蔵みかんまでリレー式に出荷されていますが、今回の「YN26」は「ゆら早生」よりも早期出荷が可能な「極早生みかん」として期待が持てるそう。
 「YN26」はじょうのう膜が薄くて食べやすいだけでなく、糖度が高いのも特徴です。


 開発に携わってきた中地研究員に新品種開発に対する思いなどを伺いました。
 ミカンの研究開発は長い期間が必要で、品種によって育種方法が異なるなど苦労も多いそうです。
 本当に自分の子どものことのようにお話されていたのが印象的でした。

 こちらは収穫の様子です。もぎたてのみかんも試食させていただきましたよ。


 見た目は緑色で酸っぱいかなと思いきや・・・。本当に甘くて、しかもほど良い酸味があり本当においしかったです。リポーターの三浦さんも本当に感動していました。

 今後、JAや農家の皆さんと一緒になって普及することにより、新たなブランド化を目指すそう。
 市場に出回るまであと4~5年かかるらしいですが、本当に楽しみです。

 番組では、関係者への試食会の模様も交えて紹介します。
 是非ご覧ください!

 テレビ和歌山 10月7日(日)9:30~10:00,22:00~22:30

 (文責 広報課 杉本 吉美)
  

Posted by テレビ広報担当 at 21:46Comments(0)県の施策

2012年09月22日

紀の国わかやま国体・大会イメージソング「明日へと」本日発売!

今日9月22日は、紀の国わかやま国体・紀の国わかやま大会イメージソング「明日へと」のCD発売日です。早速、和歌山市内のCDショップに行って買ってきました。


このブログでも6月15日に「2015紀の国わかやま国体 イメージソング決定!!」で表彰式の模様をご紹介しましたが、平成24年2月7日(火)から4月20日(金)までの間歌詞と曲を募集して、集まった136曲の中から選ばれたものです。

作詞・作曲は、和歌山人ならみんな知ってるウインズ平坂さん。歌は同じくウインズ・メンバーの宮本恵梨菜さんです。実は、和歌山県庁では朝の庁内放送(8:30~8:55)で、和歌山県民歌とともに毎日放送されているので、私はすっかり覚えてしまっています。さわやかなメロディーと宮本さんの伸びのある声が印象的な曲ですね。
また、このCDには宮本さんが歌うバージョンの他、ダンスバージョン、和歌山在住の10組のアーティストによるコラボバージョンも収録されています。

せっかくCDショップに行ったので、もう一つの「紀の国わかやま国体」アルバムも買ってきました。それがこちらです。


「2015紀の国わかやま国体応援ソングアルバム~応援すれば、元気がでる。」は、ミュージックマート・エンタテインメント有限会社代表の岩橋和廣さんが企画して、国体イメージソングに応募したミュージシャンの皆さんに声をかけ、応えてくれた13組の楽曲を収録したコンピレーション・アルバムです。岩橋さんにお話をお伺いすると、折角みんなが力を入れて作った曲なんだから、これを埋もれさせることなく発表して、どんどん国体を盛り上げていきたい思って企画した、と仰っていました。

曲はさわやかなポップ調のものから、力強いロック調、フォークソング調など、さまざまなジャンルに渡っていますが、どの曲も、アーティストの皆さんの和歌山を愛する気持ちがじんじん伝わってきます。それと、和歌山にもこんなにたくさんのミュージシャンがいて、活躍していることに改めて驚きました。

ご紹介した2つのCDの売上の一部は、「紀の国わかやま国体・紀の国わかやま大会」の運営経費に充てられます。お求めは、和歌山県内のCDショップの他、Amazon.co.jpでも販売されています。皆さんも、ぜひお買い求めくださいね。

(文責:広報課 林 清仁)  
Posted by 広報ブログ編集長 at 15:18Comments(0)広報一般

2012年09月22日

和歌山市に飛来した特別天然記念物「コウノトリ」撮影しました!

今週、テレビのニュースや新聞で、国の特別天然記念物のコウノトリが、和歌山市に飛来したことが報じられています。

NHK和歌山放送局:コウノトリが和歌山市に(動画)
朝日新聞:コウノトリ、将来の繁殖地探し? 和歌山の休耕田に飛来
読売新聞:和歌山の休耕田 コウノトリ飛来
日本農業新聞:コウノトリ来た!! 休耕田に優雅な姿 和歌山市 (2012年09月21日)


報道によれば、このコウノトリは、今年5月に京都府京丹後市の人工巣塔で生まれたオスで、7月に巣立ち、9月17日から和歌山市粟の休耕田に姿を見せるようになったのだそうです。
私の家の近所ということもあり、ぜひ会いたいと思っていたので、今朝からカメラを持って現地に向かいました。
近くまで行くと、多くの人たちがカメラや携帯を使って、写真を撮っているので、すぐにわかりました。

いました!道のすぐ横にある休耕田です。コウノトリは思っていたよりも大型です。


私もカメラを向けると、逃げることもなく、こちらをじっと見つめています。


大きなくちばしを「カチカチ」と鳴らしながら、えさをついばんでいます。


少しですが、動画も撮影しましたので、ご覧ください。


このあたりは、アオサギやコサギなどもたくさんいて、コウノトリにとっても住みやすいところなのかもしれませんが、1羽だけだと住むのには少し可哀想かもしれませんね。いずれにせよ、これからも無事に育ってくれることを祈りたいなと思いました。

(文責:広報課 林 清仁)
  
Posted by 広報ブログ編集長 at 13:09Comments(0)観光・自然