読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 87人
和歌山県公式facebookページ わかやま観光情報 プレミア和歌山 わいわい市場 わかやま紀州館・和歌山県アンテナショップ わかやまイベントボード 人気ブログランキングへにほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 和歌山県情報へ
ページランク
新規投稿

新規投稿するにはログインする必要があります。会員IDをお持ちでない方はIDを取得された後に投稿できるようになります。
QRコード
QRCODE
プロフィール
広報ブログ編集長
広報ブログ編集長
和歌山県広報課です。
和歌山県の観光・食・文化・自然・産業などの魅力を発信しています。和歌山のホットな情報をタイムリーに提供していきます。
もちろん、リンクフリーですのでどんどん広めて下さい!

なおコメントに対する返信は原則として行いませんので、あしからずご了承ください。
<和歌山県ソーシャルメディア運用ポリシー>
http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/000200/snspolicy.html

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


アクセスカウンタ

2012年09月20日

和歌山ご当地アイドルFun×Famが「ロコドルサミット」優勝

皆さんは、和歌山のご当地アイドル「Fun×Fam(ファンファン)」をご存じですか。このブログでもこれまで何度か登場していますので、ご存じの方もいらっしゃるかと思いますが、和歌山マリーナシティを拠点に歌・ダンスなどで、和歌山を盛り上げるために様々な活動を展開する地域密着型のアイドルグループです。


そのFun×Famが、去る9/16(日),17(祝)に大阪・湊町リバープレイスで開催された『ロコドルサミット2012』で、全国各地から集まったご当地アイドル(ロコドル)14組の中から、アワード表彰で何と優勝「No.1 観光大賞」を勝ち取りました。
Fan×Fum オフィシャルブログには、ともに参加した和歌山市観光キャラクターの「吉宗くん」と一緒の、喜びの写真が掲載されていますので、転載させていただきます。


この「ロコドルサミット」の様子は、9/18(火)読売テレビの「かんさい情報ネットten!」でも特集で取り上げられていました。こんな風に和歌山の熱気がどんどん取り上げられて、広がっていくのはとてもうれしいですね。



私は、8月25日に南海和歌山市駅前で開催された「市駅夏まつり」で、初めて Fun×Fam のステージを生で見ました。暑い中エネルギッシュに歌って踊るメンバーを見ていると、おもわず応援したくなりました。


特に、そこで歌ってくれた2nd Singleの「神様、おねがい!!」はポップなリズムと親しみやすいメロディーで、おすすめです。Youtubeには、第4回ライブのオープニング・エンディング映像とともに、「神様、おねがい!!」のライブ映像が掲載されていますので、こちらもご紹介しておきます。


最後に、Fun×Fam 総合プロデューサーの堀内孝治さんは、和歌山マリーナシティ企画宣伝部長で、先日「TBS「A-Studio」コブクロの第二の故郷和歌山紹介!」でもご紹介しましたが、コブクロが初めてステージライブを行った際の舞台設営などをされた方です。コブクロに続いて、Fun×Fam もどんどん大きく羽ばたいて、和歌山をどんどんPRしてくれるといいですね!! 私たちもしっかり応援したいと思います!!

(文責:広報課 林 清仁)  
Posted by 広報ブログ編集長 at 21:53Comments(0)地域情報

2012年09月20日

「第1回きのくに海南歩っとウォーク」10/8体育の日に開催!

「きのくに海南歩っとウォーク」は、海南市の持つ豊かな自然や歴史、町並みや産業などを体感してもらおうと、海南市が今回初めて開催するウォーキングイベントです。パンフレットはこちら。


近年、健康のためにウォーキングをする人々が増えています。今回の催しでは、「歩く」ことだけではなく、「食べる」「楽しむ」という要素を盛り込んで、ウォーキングを楽しんでもらおうと趣向を凝らしています。

まず、はじめの「歩く」については、体力や興味に合わせて、20km, 10km, 6km, 3km の4コースを設定しています。お好みのコースをお選びください!
◆20㎞コース “頭・腹・脚の神様を巡る”パワースポットコース
 競技志向の人や、歩くのに自信のある人向けのコース。由緒ある神社や観光スポットをめぐる。
日方小学校 - 永正寺 - 黒牛茶屋 - 黒江の町並み - 紀州漆器伝統産業会館 - 中野BC株式会社 - 藤白神社 - 日方小学校
◆10㎞コース “伝統ある町並みを巡る”黒江町並み散策コース
 黒江の町並み、紀州漆器伝統産業会館、地名の由来である中言神社、国指定の名勝 琴ノ浦温山荘園など、海南の歴史・伝統を楽しんでもらうコース。
日方小学校 - 藤白神社 - 禅林寺 - 千種神社 - 亀池公園(昼食)- 杉尾神社 - 宇賀部神社 - 且来八幡神社 -わんぱく公園- 春日神社 - 伊勢部柿本神社 - 日方小学校
◆6㎞コース “海南の地元産業を巡る”海南ふれあいコース
 日頃あまり運動をしない方々向け、歩きやすい短距離コース。
日方小学校 - 黒牛茶屋 - 中言神社 - 浄國寺 - 黒江の町並み - 紀州漆器伝統産業会館 - 船尾市場 -琴ノ浦温山荘園 - 和歌山マリーナシティ - 日方小学校
◆3㎞コース “家族でいっしょに!”ファミリーコース
 幼児でも歩くことができる距離で、途中にミニイベントを盛り込み、ゆっくり楽しめるコース。
日方小学校 - 永正寺 - 伊勢部柿本神社 - JR海南駅 - 燦々公園 - 日方小学校
また、「食べる」については、メイン会場の日方小学校に、おでん、やきそば、寿司、パン、お菓子などの飲食ブースや、海南特産品の販売なども行われます。
そして、「楽しむ」は日方小学校特設ステージで、音楽・ダンスイベントなどが繰り広げられます。

事前申込は9/14に締め切られていますが、当日参加もOKです。「歩く+食べる+楽しむ」を満喫する「きのくに海南歩っとウォーク」にぜひご参加ください!!
◆日時
10月8日(月・体育の日) 9:00から順次スタート
◆中央会場(スタート・ゴール)
海南市立日方小学校(海南市市日方1257)
(JRきのくに線「海南駅」から徒歩5分)
◆参加費
一般(高校生以上) 1,000円、中学生以下 500円
◆お問い合わせ先
海南市教育委員会生涯学習課
電話:073-492-3349
◆ホームページ
http://www.city.kainan.lg.jp/eventjoho/1343348523058.html

また、「きのくに海南歩っとウォーク」や黒江のまちづくりなど、元気な海南市をPRしようと、海南市の皆さんがWBS和歌山放送ラジオ「ホエール和代のワンダフルわーるど」に出演されるそうです。放送は、9/23(日)14:00-15:00です。こちらもぜひ聞いてくださいね。


(文責:広報課 林 清仁)
  
Posted by 広報ブログ編集長 at 17:41Comments(0)イベント・地域振興

2012年09月20日

「おはよう朝日 土曜日です」の取材で有田の秋を満喫!

有田振興局企画産業課です。

9月18日に、朝日放送の朝の情報番組「おはよう朝日 土曜日です」の取材がありました。
檜垣さゆりさんと古川昌希さんがリポーターとなり「秋を満喫!和歌山の旅紹介」というテーマで有田川町と有田市を散策しました。
前夜に大雨が振り、この日の収録も心配していたのですが、最初の収録地である有田川町の鷲ヶ峰コスモスパークでも、ポツポツと雨が降っていました。傘を差すほどの雨ではなかったのですが、日差しも弱いし、山上なので、この時期にしては少し肌寒いくらいでした。
それでも、100万本のコスモスが咲き乱れる風景や、眼下の有田川と遠く四国や淡路島を望むパノラマに、お2人は感動していました。







次に向かったのは有田川鉄道公園
ここでは雨もやみ、収録もスムーズ。動態保存車両の乗車体験で秋の風を感じ、館内でNゲージの操作も楽しんでました。
でも、人力で動くミニ車両の乗車で、意外と盛り上がってましたよ。






続いて、秋の味覚、ぶどう狩りをするために紀州有田巨峰村に移動したのですが、ここで再び強い雨が…。ずぶ濡れになりながら撮影するスタッフの方々に、頭が下がる思いです。
でも、ぶどうの味は最高で、リポーターのお二人もおいしそうに次々とほおばっていました。







有田川町で楽しんだあとは、有田市の橘家(たちばなや)で最後の収録です。
ここでは、地元箕島漁港で獲れた太刀魚の料理をいただきます。
箕島漁港は、太刀魚の漁獲量が日本一なんですよ。
太刀魚は、有田地方ではとても身近な魚で、この時期も大変おいしいんです。どう猛そうな外観とは異なり、味は淡泊かつ上品な味で、リポーターのお二人にも大好評でした。






撮影内容は、9月22日(土)に放送されるそうですので、ご期待下さい。
また、今回の撮影の様子は、檜垣さゆりさんのブログの中で、9月18日の「秋見つけた。」というタイトルの記事にも少し掲載されています。
有田では、他にもたくさんの「秋」を感じることができます。皆さんも、有田にぜひお越しいただき、有田の秋を堪能してみて下さい。


                           (文責:有田振興局企画産業課 古糸昭洋)  
Posted by ふっちゃん at 09:13Comments(0)テレビ