読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 86人
和歌山県公式facebookページ わかやま観光情報 プレミア和歌山 わいわい市場 わかやま紀州館・和歌山県アンテナショップ わかやまイベントボード 人気ブログランキングへにほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 和歌山県情報へ
ページランク
新規投稿

新規投稿するにはログインする必要があります。会員IDをお持ちでない方はIDを取得された後に投稿できるようになります。
QRコード
QRCODE
プロフィール
広報ブログ編集長
広報ブログ編集長
和歌山県広報課です。
和歌山県の観光・食・文化・自然・産業などの魅力を発信しています。和歌山のホットな情報をタイムリーに提供していきます。
もちろん、リンクフリーですのでどんどん広めて下さい!

なおコメントに対する返信は原則として行いませんので、あしからずご了承ください。
<和歌山県ソーシャルメディア運用ポリシー>
http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/000200/snspolicy.html

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


アクセスカウンタ

2012年09月06日

9/7MBS「プリ・プリ」は和歌山市・友ヶ島をハイキング!

今週の和歌山県関連テレビ番組の追加が1件ありますのでご紹介します。

9/7(金)10:30-11:30 毎日放送(近畿広域圏)の「プリ・プリ」
番組表に「家族で探検!和歌山ミステリアスな島ハイキングで絶叫」と掲載されています。どこだろうと思っていたのですが、和歌山市加太沖の友ヶ島の「海の家(うみのや)」さんの9/5のブログに、「9月3日に(月曜日)にTV番組の撮影隊が友ヶ島にやってきました!」と紹介されていました。
ブログによれば、番組の「ハイキングでGO!GO!」のコーナーで、お笑いコンビのプリマ旦那が「友ヶ島」を紹介してくれるそうです。海の家に遊びに来ていた大学生たちにもインタビューしていたとのこと。楽しみですね。ぜひご覧ください。

また和歌山県関連テレビ番組を発見したら、その都度ご報告いたします。 もしみなさんも和歌山県関連テレビ番組を見つけられたら、コメント欄で報告してください!お待ちしています。

(文責:広報課 林 清仁)  
Posted by 広報ブログ編集長 at 23:54Comments(0)テレビ

2012年09月06日

9月21日(金)は「豪雨による地盤災害の講演会」【新宮市】

 平成23年台風12号がもたらした豪雨により多くの人命が失われた紀伊半島大水害から、ようやく1年が経過しました。

 河川の氾濫による洪水のみならず、斜面崩壊土石流により多くの方々が犠牲になり、その悲しみはいまだ癒えませんが、災害が発生する仕組みを理解することにより今後の避難に役立ててもらおうと、地質や土木工学の専門家による「豪雨による地盤災害を理解するための講演会」が開催されますのでお知らせします。


 (クリックするとPDFファイルが開きます)


 日 時: 平成24年9月21日(金曜) 、14:00~16:30
 場 所: 新宮市職業訓練センター (新宮市春日1-35【地図】
 参加費: 無料
 定 員: 200名 (事前申込は不要です)


 当日のプログラムは以下のとおりです。

◆13:30~14:00 受付開始

◆14:00~14:05 開会挨拶
  深川 良一 (立命館大学理工学部 教授)

◆14:05~14:25 「平成23年台風12号による地盤災害」
  江種 伸之 (和歌山大学システム工学部 准教授)

◆14:25~14:55 「災害を引き起こす降雨の特徴」
  後藤 祐輔 (気象協会関西支社防災事業課 課長)

◆14:55~15:25 「紀伊半島の地質と斜面崩壊」
  後 誠介 (近畿大学附属新宮高等学校 元校長、同中学校 元校長)

◆15:25~15:55 「斜面が崩壊するメカニズム」
  鍋島 康之 (明石工業高等専門学校 教授)

◆15:55~16:25 「日本の洪水災害 -その特徴と対策-」
  里深 好文 (立命館大学理工学部 教授)

◆16:25~16:30 閉会挨拶
  深川 良一 (立命館大学理工学部 教授)


 紀南地方でも防災講演会は頻繁に開催されていますが、気象学地質学土木工学の専門家が一堂に会する講演会は珍しいのではないでしょうか?

 風水害の発生メカニズムや前兆現象を知っておくことは、事前の対策や早期の避難に役立ちます。
 事前の申し込みは必要ありませんので、自主防災組織や地域の方々にお気軽にご参加いただきたいと思いますface02

 なお、当講演会に関するお問い合せは、和歌山大学システム工学部 江種 伸之(えぐさ のぶゆき)さんまでお願いします。
 (TEL 073-457-8331、FAX 073-457-8330)

【参考URL】
 新宮市職業訓練センターの地図: http://yahoo.jp/pv_mV2



【文責:東牟婁振興局 企画産業課 村上 健】  

Posted by くまくま at 19:34Comments(0)広報一般

2012年09月06日

9月22日(土) “ごぼうはなバル” 初開催!!

 御坊のまちなかを巡りつつ、4枚綴りのチケット(前売り3,000円、当日3,500円)とガイドブックを片手に様々な店を訪ね廻る“まちバル”イベントで、ごぼうはなバル実行委員会(御坊商工会議所)主催。日高地方では初めて開催されます。チケットは本日9/6から販売していますik_20


http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/130500/documents/9.22hanabaru.pdf


http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/130500/documents/9.22hanabaru.pdf#page=2


開催日:9月22日(土)11:00~深夜まで
開催場所:御坊市内の参加飲食店
[詳しくは公式ガイドマップをご覧ください]
  

http://www.gobo-cci.or.jp/hanabaru/mappu1.jpg
 

 是非このグルメイベントに参加し、御坊のお店を楽しく食べ歩きしてみませんかik_12

 また、チケットが余ったり、当日参加できなかった場合でも心配ご無用です。9/23(日)~29(土)の7日間に『あとバル』で楽しむことができます。


 ごぼうはなバル実行委員会
 http://www.gobo-cci.or.jp/hanabaru240922.html


 (文責:日高振興局企画産業課 﨑山 秀樹)  
Posted by 日高広報 at 16:49Comments(0)イベント・地域振興

2012年09月06日

有田市でおいしいラーメンの取材がありました

有田振興局企画産業課です。

9月5日に、関西の情報誌ミーツ・リージョナルの取材がありました。
取材先は「和dining清乃(せいの)」さん。
和歌山のラーメンを取材したいということで、有田で好評な清乃さんを取材することになったそうです。





取材陣は3名。初めに店長さんのインタビューを行ったあと、ラーメンの試食です。
まず、角長醤油「匠」の登場! その名のとおり、湯浅しょうゆの老舗・角長さんのコクのある醤油を使った限定品のラーメンです。麺は、和歌山では珍しいちぢれ麺。地元の魚介を使ったダシも見事なマッチングとのことで、取材陣も大絶賛。




次に試食したのは、有田ブラック。こちらもその名のとおり、醤油がガッツリ入っています。極太麺に和牛ホルモンも入って、ほどよい濃厚さがたまらないラーメンです。醤油の風味が絶妙とのことで、こちらも取材陣は大絶賛。




今回の取材は、この2品。どちらも最初に同じ記者さんが食べたのですが、おいしすぎて1人で完食してしまいそうになり、危うく他の2名が食べそこねてしまうところでした。
取材記事は、10月1日発売のミーツ・リージョナルに掲載される予定とのことです。

和歌山ラーメンの名は、今や日本中に響き渡っていますが、おいしいラーメンを食べられるお店は和歌山市近辺だけでなく、清乃さんをはじめ、有田にもあります。ラーメン好きの方は、ぜひ有田でも味わってみて下さい。

                           (文責:有田振興局企画産業課 古糸昭洋)    
Posted by ふっちゃん at 13:02Comments(0)本・雑誌