読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 85人
和歌山県公式facebookページ わかやま観光情報 プレミア和歌山 わいわい市場 わかやま紀州館・和歌山県アンテナショップ わかやまイベントボード 人気ブログランキングへにほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 和歌山県情報へ
ページランク
新規投稿

新規投稿するにはログインする必要があります。会員IDをお持ちでない方はIDを取得された後に投稿できるようになります。
QRコード
QRCODE
プロフィール
広報ブログ編集長
広報ブログ編集長
和歌山県広報課です。
和歌山県の観光・食・文化・自然・産業などの魅力を発信しています。和歌山のホットな情報をタイムリーに提供していきます。
もちろん、リンクフリーですのでどんどん広めて下さい!

なおコメントに対する返信は原則として行いませんので、あしからずご了承ください。
<和歌山県ソーシャルメディア運用ポリシー>
http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/000200/snspolicy.html

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


アクセスカウンタ

2012年07月24日

行ってよかった動物園ランキング1位はアドベンチャーワールド!

今日帰宅してからtwitterを見ていると、「行ってよかった動物園&水族館ランキング、王者「旭山動物園」が2位降格!1位は!?」という記事を発見。もしやと思い、リンク先を開いてみると、RBB Today というITニュース全般をカバーする情報サイトのエンタメ情報に記事は掲載されています。

この記事によれば、旅行クチコミサイト「トリップアドバイザー」が、「行ってよかった動物園&水族館ランキング2012」を発表したのだそうです。今回3年目となるそうですが、2年連続トップだった北海道の旭山動物園が2位になり、代わりにトップに躍り出たのが、和歌山県の「アドベンチャーワールド」です。


トリップアドバイザーはホテルやレジャー施設など、さまざまな旅行に関する口コミの投稿サイトで、今回発表されたランキングは、投稿された口コミの5点満点での評価をもとに集計されているようです。

アドベンチャーワールドの口コミには、「8頭もパンダがいてびっくり」、「イルカやアシカのショーが迫力満点」、「遊園地施設もあり楽しめる」、「このボリュームで入場料3,800円はお得」などなど、ほとんどが5点満点の意見。さすがアドベンチャーワールドですね。私もまた行きたくなって来ました!!

いよいよ始まった夏休み。行き先でお悩みの方は、ぜひ和歌山県白浜町の「アドベンチャーワールド」へお越しください!!

(文責:広報課 林 清仁)  
Posted by 広報ブログ編集長 at 21:47Comments(0)観光・自然

2012年07月24日

『中津温泉あやめの湯 鳴滝』が復興オープン!!

 昨年の台風12号による被災で休業していた日高川町にある温泉“あやめの湯”が、先日再オープンしましたik_20




 鳴滝キャンプ場に隣接する“あやめの湯”は2階が露天風呂で、鳴滝の景観を楽しみながら湯につかることができます。良質なナトリウム-炭酸水素塩泉の天然温泉が日々の疲れをほぐしてくれます。営業時間は11:00~21:00まで(最終受付20:30)で、詳しくは、中津温泉あやめの湯鳴滝[℡:0738-54-0488]までお問い合わせください。




 また、来月4日(土)には近くの日高川ふれあいドームにて『日高川町夏まつり』(日高川町商工会主催)が開催されます。当日はアユとウナギのつかみ取り、子供ショーやスイカの早食い競争などがあり、夜には花火大会も行われます。




 皆さま、夏休みには是非とも日高川町へお越しくださいface01  

(文責:日高振興局企画産業課 﨑山 秀樹)

  
Posted by 日高広報 at 18:43Comments(0)観光・自然

2012年07月24日

本日から世界少年野球大会「三重・奈良・和歌山大会」が開催

 世界の国や地域から少年少女を招き、野球や交流事業を通じて国際理解を深め友情を育むイベント、「第22回 世界少年野球大会」が始まりました。
 年に一度、国内外で開催されるこの大会ですが、今年は紀伊半島大水害で被災した紀伊半島3県を勇気づけようと、三重県熊野市、奈良県下北山村、そして和歌山県新宮市で開催されることになりました。
 本日、三重県熊野市のくまのスタジアムで開催された開会式に行ってきましたので、レポートします。


 開会式の会場となる、くまのスタジアムです。


 大会を盛り上げようと、3県のマスコットキャラクターが集まりましたik_20
 左から、三重県のマスコットキャラ「う~まちゃん」2015年紀の国わかやま国体のマスコットキャラ「きいちゃん」奈良県のマスコットキャラ「せんとくん」です。

 せんとくんは知名度が高いようで、スタンドのあちこちから「せんとくーん!」と声が掛かっていました。
 もちろん、我らが和歌山県のマスコットキャラにも声がかかりましたよ!
 「きしゅうくーん!」ってicon11

 残念!ちょっと違います。きしゅう君は和歌山県警のマスコットキャラです。
 「きいちゃんやでー!」と教えてあげました。
←きしゅう君  ←きいちゃん


 一緒に写真を撮りたい方たちが、次から次へとやってきます。
 特に海外の方に大人気でした。


 チームごとに記念撮影を行います。
 ちなみに、前列右から3番目の方は、(財)世界少年野球推進財団の理事長である王貞治さんです。
 王さんといえば、私が子供の頃には世界記録となる756号のホームランを打ち、少年達の憧れのヒーローでした。



 入場行進が始まりました。
 せんとくん、きいちゃん、う~まちゃんが、少年少女を出迎えます。
 子供たちは、大声を張り上げながらとても元気に入場していました。



 大会組織委員会の会長を務める王貞治さんによる挨拶のようすです。
 報道陣がたくさん集まっています。


 大会の最高顧問、仁坂吉伸和歌山県知事による挨拶のようすです。


 大会の選手宣誓は、日本、カナダ、コートジボワールの少年3名で行っていました。
 国際色豊かですね。


 控え室の3キャラです。
 「また3人で集まりたいね♪」なんて話し合ってましたよ。

 なお、この大会は7月29日(日)まで続き、その間、国内外の少年少女を対象とした野球教室、国内外14チームで行う交流試合、そして川遊びや祭り体験、パーティなどの交流行事が行われます。

 新宮市くろしおスタジアム(新宮市佐野723)でも、7月27日(金)と28日(土)に交流試合が行われますので、応援に行ってみてはいかがでしょうか?

◆7月27日(金)
  9:00〜: 開始式、始球式
  9:30〜11:00: みさきストロングス 対 大韓民国
 11:30〜13:00: 新宮パワーウェーブ 対 中華人民共和国

◆7月28日(土)
  9:00〜10:30: 新宮選抜A 対 中華人民共和国
 11:00〜12:30: 蓬莱フレンズ 対 大韓民国

【参考URL】
 (財)世界少年野球推進財団: http://www.wcbf.or.jp/
 新宮市くろしおスタジアムの地図: http://yahoo.jp/EJvrXP



 【文責:東牟婁振興局 企画産業課 村上 健】  
タグ :新宮市野球

Posted by くまくま at 16:00Comments(0)イベント・地域振興

2012年07月24日

今週の和歌山県関連テレビ番組(7/25-31)紹介!

いつものように、今週から来週にかけての和歌山県関連テレビ番組をご紹介します。
BSを除き、関西地域の番組表による予定です。関西以外にお住まいの方はお住まいの地域の番組表をご確認ください。また、番組表に変更があった場合はご容赦ください。
また、ブログ左側にも、「和歌山県関連テレビ番組表」カレンダーを設置していますので、こちらもご利用下さい。

7/25(水)11:30-12:00 NHK総合(近畿広域圏) の「ぐるっと関西おひるまえ(ぐるかん)」
和歌山放送局からは「和歌山・梅の里の革命!?うめ~食品」が紹介されます。さてどんな「うめ~」が紹介されるのでしょうか。楽しみですね。

7/26(木)4:30-5:00 NHK-BSプレミアムの「さわやかウインドー(再)」
「紀州 熊野の夏」。毎年夏になると再放送されている番組です。

7/26(木)0:30-1:00 NHK-Eテレ(全国放送)の「ユーミンのSUPER WOMAN(再)」
松任谷由実初のテレビレギュラー番組、第2回の再放送です。アートディレクターの森本千絵とともに、千年以上にわたり日本を代表する霊場である高野山を訪ねます。第2回目では、奥の院の墓石や大秦景教(中国・唐に伝わったキリスト教の一派)の石碑、高野山霊宝館などを訪れて、二人が高野山から得たパワーについて語ります。見逃した方はぜひご覧ください!!

7/26(木)21:00-21:54 BSジャパンの「GRACE of JAPAN 〜自然の中の神々〜」
日本全国の神社を紹介する番組。今回は、霊峰高野山のふもとにあり世界遺産にも指定されている九度山町の「丹生官省符神社」とかつらぎ町の「丹生都比売神社」の二つの神社と、霊場高野山の神々しい自然を紹介します。こちらも見逃せませんね。

7/27(金)4:00-4:30 NHK-BSプレミアムの「ローカル鉄道の旅(再)」
魅力的な列車の走りに沿って、多様な日本の自然美をつづるシリーズ。今回は中部・関西編。和歌山では紀州鉄道が登場します。

7/27(金)11:00-11:13 テレビ東京系列(全国6局)の「虎ノ門市場~幸せごはん漫遊記」
今回は和歌山のみかん特集です!和歌山では見られないのが残念です。
※ テレビ東京系列は、テレビ東京(関東広域圏)、テレビ北海道(北海道)、テレビ愛知(愛知県)、テレビ大阪(大阪府)、テレビせとうち(岡山県・香川県)、TVQ九州放送(福岡県)の6局です。

7/27(金)12:15-13:00 NHK-Eテレ(全国放送)の「にっぽんの芸能 芸能百花繚乱(再)」
日本の伝統芸能を紹介する番組で、7/20の再放送です。今回は長唄「紀文大尽」。江戸・元禄時代の紀伊國屋文左衛門の生涯を長唄にしたもので、二代目文左衛門が初代文左衛門の夢を見るという構成になっているそうです。先週の放送を見ましたが、長唄のゆっくりしたテンポに、心が癒される感じがしました。また、三味線による嵐の描写などもすごいなと感じました。ご興味のある方はどうぞ。

7/28(土)8:00-9:30 テレビ朝日系列(全国放送)の「朝だ!生です旅サラダ」
番組冒頭の生中継は、紀の川市桃山町の「あら川の桃」。今が旬の桃の試食や、桃スイーツなども紹介されるそうです。ちょうど桃の季節で、NHK・民放ともに和歌山県の桃をどんどん紹介してくれて、とてもうれしいですね。皆さんもぜひご覧ください!!

7/28(土)12:30-13:00 BSジャパンの「アジアの風 小さな挑戦者たち」
マグロの町・那智勝浦町の(株)ヤマサ脇口水産特集の後編です。旬のマグロの時を止める、奇跡の冷凍マグロ“海桜鮪”。脇口社長が狙うアジアの国は、香港。果たして、奇跡の冷凍マグロ“海桜鮪”は、アジア随一の美食都市で通用するのか、その試みに密着します。
前編では、「海桜鮪」の開発から、国内での販路拡大を中心に紹介されていました。後編では、海外進出での様々な課題がとりあげられるようですね。こちらも見逃せません。ぜひご覧ください!!

7/29(日)13:54-14:54 関西テレビ(近畿広域圏)の「ペケ×ポン」
7/20にフジテレビ系列で放送されましたが、近畿地方は別編成だったため、全国からは9日遅れの放送となります。
「舌戦!グルメ対決ターンテーブル」コーナーで、和歌山のお魚や野菜などを使った料理を東京で提供している麻布十番「和処きてら」「クツエビの吉野煮」が登場します。先日、このブログでも『「和歌山県」を熱くPRする県外のお店が、テレビ番組で紹介!』で紹介させていただいていますが、私はまだ行ったことがありませんので、テレビでしっかり見たいと思います。
近畿地方の皆様、ぜひご覧ください!!

7/31(火)18:00-18:55 BSフジの「古寺名刹こころの百景(総集編)」
"日本のこころ"が息づく名刹12カ寺をじっくりと紹介するシリーズの総集編。第12回で紹介される予定の高野山金剛峯寺も登場します。でも、本日(7/24)放送される「高野山金剛峯寺」の放送をまずはご覧ください!!もし見逃した場合は、来週の総集編をどうぞ!!

以上が今週の和歌山県関連番組です。今週は先週より少し番組が少なかったので、ブログを書くのも楽でした。それでも様々な角度から和歌山県が紹介されていて、とてもうれしいですね。

また新たに番組を発見したら、その都度ご報告いたします。 もしみなさんも和歌山県関連テレビ番組を見つけられたら、コメント欄で報告してください!お待ちしています。

(文責:広報課 林 清仁)   
Posted by 広報ブログ編集長 at 15:49Comments(0)テレビ

2012年07月24日

有田川の河口付近で干潟観察会が行われました(7月22日)

有田振興局企画産業課です。


有田市の有田川河口付近には、小さな干潟があります。あまり大きくないので目立たないのですが、

環境省の「日本の重要湿地500」

にも選定されている素晴らしい干潟なんです。
ここで、和歌山大学教育学部の古賀庸憲教授と生物学教室の学生さん達が中心となって、干潟観察会が行われました。



一般参加者を含めて40名ほどが集まり、子どもさんもたくさん参加していました。

最初に、古賀教授から概要説明がありました。
以前、この辺一体はプレジャーボートがたくさん係留されていたため、マリーナの整備が計画されたそうです。
しかし、ここは貴重な生物が生息している湿地であるため、湿地の保存を求めて声を上げたところ、計画が撤回され、今の湿地が残されることとなったとのことです。





当日は、割と雲が多く、日差しも適度に弱まり、観察には絶好の気候でした。
湿地に向かって歩道を歩いていると、歩道の下にアシハラガニチゴガニがちょこちょこと動いているのが見えます。


(アシハラガニ)

いざ湿地に降りてみると…。いるわいるわ、カニさんの大集団です。ハクセンシオマネキチゴガニは、静かに見守っているとハサミを振りはじめます。これはウエイビングという求愛行動だそうで、見ていてとてもかわいかったです。


(体が大きくて片方のハサミが大きいのがハクセンシオマネキの雄、
体が小さくて両方のハサミが同じ大きさなのがハクセンシオマネキの雌やチゴガニ)



この他、マメコブシガニ、ケフサイソガニなどのカニ類や、ハゼやゴカイの仲間も見つけることができました。マメコブシガニは横歩きではなくて前に歩くし、ハゼは手で撫でてもジッとしていてなかなか動かなかったので、とても面白かったです。
また、今回は見つけられなかったのですが、この湿地には絶滅危惧種とされているコゲツノブエという巻き貝もいるそうです。


(中央はウミニナなどの巻き貝とその貝殻を背負ったヤドカリ、
左上はハゼの仲間、左下はゴカイの仲間、右下はマメコブシガニ)



(コゲツノブエ(和歌山大学教育学部・古賀教授に写真を提供していただきました))


古賀教授によると、このような貴重な湿地があることを地元の人も意外と知らないようなので、10年前から観察会を始めたとのことです。
湿地なので地面が軟らかい所も多く、ぬかるみで足が抜けなくなったり、転んで泥んこになっている子どももいましたが、みんな楽しそうに観察していました。
昨年の台風12号の豪雨により、有田川も流れが大きく変わったりしている所もあるのですが、小さな生き物達がこの湿地で豪雨にも負けずに頑張って生きていることに感動しました。
意外と身近な場所に色んな生き物がいますので、皆さんも観察に出かけてみませんか? でも、観察した生き物は、元の場所に返してあげてね。

                                                       (文責:有田振興局企画産業課 古糸昭洋)


  
Posted by ふっちゃん at 15:32Comments(0)地域情報