読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 85人
和歌山県公式facebookページ わかやま観光情報 プレミア和歌山 わいわい市場 わかやま紀州館・和歌山県アンテナショップ わかやまイベントボード 人気ブログランキングへにほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 和歌山県情報へ
ページランク
新規投稿

新規投稿するにはログインする必要があります。会員IDをお持ちでない方はIDを取得された後に投稿できるようになります。
QRコード
QRCODE
プロフィール
広報ブログ編集長
広報ブログ編集長
和歌山県広報課です。
和歌山県の観光・食・文化・自然・産業などの魅力を発信しています。和歌山のホットな情報をタイムリーに提供していきます。
もちろん、リンクフリーですのでどんどん広めて下さい!

なおコメントに対する返信は原則として行いませんので、あしからずご了承ください。
<和歌山県ソーシャルメディア運用ポリシー>
http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/000200/snspolicy.html

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


アクセスカウンタ

2012年07月12日

「あらぎ島田植え体験」の動画をHPにアップしました!

5月23日(水)の記事「あらぎ島で田植え体験が行われました(5/20)」でも紹介されていますが、去る5月20日(日)に有田川町清水にある「あらぎ島」の棚田で田植え体験が行われました。
少し遅くなってしまいましたが、その模様を「和歌山県インターネット放送局」に掲載しましたので、是非ご覧ください。



当日は、県内の小学生や京阪神からの家族連れなど130人余りが田植えに参加しました。
裸足で田んぼに足を踏み入れた子どもたちは、やわらかい土の感覚に大喜び!
慣れない手つきながらも、丁寧に苗を植えていきました。

秋には稲刈り体験も実施される予定です。
たたわに実った稲穂で黄金色に染まったあらぎ島を目にするのが待ち遠しいですね。

「和歌山県インターネット放送局」では、県行政に関する情報や地域の旬の話題などを採り上げ、動画ならではのわかりやすさと親しみやすさで和歌山県の魅力を視聴者のみなさんにお届けしています。

お時間のあるときに、時々チェックしてみてくださいね。

(文責:広報課 清原 葉子)
  

Posted by 新米広報員 at 22:18Comments(0)広報一般

2012年07月12日

たま駅長が徳光和夫さんとアフラックCMで「ニャフラック」!

和歌山電鐵貴志川線・貴志駅の「たま駅長」がまたまた快挙です!!
たま駅長は、今度はフリーアナウンサーの徳光和夫さんと一緒に、みなさんご存じアヒルのCMで有名なアフラックの緩和型医療保険「もっとやさしいEVER」のCMに、出演することになったのだそうです。
今朝(7/12)のフジテレビ系列「めざましテレビ」で、そのCMの一部や撮影風景などが、徳光さんのコメントとともに紹介されていました。


インターネットでもいろいろなメディアが取り上げています。
J-CASTニュース「人気猫「たま駅長」がびっくり名演技 ダック&徳光とCM初出演」
サンケイスポーツ「徳光和夫、“たま駅長”&ダックと大合唱PR」
ORYCON STYLE「人気ねこ駅長“たま”がCM初出演 徳光和夫と“シニア世代”共演」

CMは貴志駅台が舞台で、徳光さんとダック、たま駅長がオリジナルソング「持病の歌」を歌うのだそうです。たま駅長は徳光さんの歌声に合いの手を入れつつ、最後には「ニャフラック」とCMを締めくくるのだとか。たま駅長は13歳。人間でいえば徳光さんと同じぐらいの歳にあたるところから、持病を持った人でも入りやすい医療保険をPRするために選ばれたのだそうです。

それにしても、たま駅長人気はとどまるところを知りませんね。和歌山県でも、平成20年に「和歌山県勲公爵・わかやまでナイト」の称号を授与、さらに平成23年には「和歌山県観光まねき大明神」に任命しておりますが、このCMでさらに和歌山を全国にPRをしてくれるとはさすがに「ナイト」で「大明神」ですね。全国の皆さん、たま駅長に会いに、夏休みはぜひ和歌山にいらしてください!!

このアフラックの新CM「たま駅長」篇は、7月16日からオンエアされるそうです。皆さんもぜひチェックしてくださいね。

(文責:広報課 林 清仁)

  

Posted by 広報ブログ編集長 at 20:20Comments(0)テレビ

2012年07月12日

サンTV「ビッグフィッシング」今週は白浜・椿でアカイカ釣り!

本日の和歌山県関連テレビ番組の追加をご紹介します。

7/12(木)22:00-22:55 サンテレビ(兵庫県域)の「ビッグフィッシング」
番組ホームページに、「和歌山県椿のアカイカ」と掲載されています。司会のオール阪神さんが、白浜町の椿沖でアカイカを釣るのだそうです。アカイカ以外にはどんなお魚が釣れるのでしょうか。楽しみですね。ぜひご覧ください。なお、サンテレビ以外の放送局での放送予定は以下のとおりです。
7/14(土)0:05-1:00 テレビ和歌山(和歌山県域)
7/14(土)4:50-5:45 三重テレビ(三重県域)
7/14(土)21:00-21:55 KBS京都(京都府域)


また和歌山県関連テレビ番組を発見したら、その都度ご報告いたします。 もしみなさんも和歌山県関連テレビ番組を見つけられたら、コメント欄で報告してください!お待ちしています。

(文責:広報課 林 清仁)   

Posted by 広報ブログ編集長 at 14:02Comments(0)テレビ

2012年07月12日

なでしこジャパン、金メダルへの三種の神器に「梅干し」!

今朝(7/12)のフジテレビ系列「とくダネ!」で、サッカー女子日本代表「なでしこジャパン」の昨日のニュージーランド戦の結果紹介のあと、「金メダルへの三種の神器」というのが特集されていて、そのトップに何と「梅干し」が紹介されていました。


梅干しはもちろん和歌山県産です。田辺市の協議会が昨年の女子ワールドカップの際にも100kgの梅干しを贈って金メダルを獲得したことから、今回は女子だけではなく男子チームにも贈ったのだそうです。ちなみに「三種の神器」の残り二つは「ハイテクスパイク」と、なぜか「綾小路きみまろ」なんだとか。

この梅干しについては、本日(7/12)付の紀伊民報にも、「本場の梅干しを力に 五輪やW杯のサッカー代表に贈る 田辺うめ振興協」という記事が掲載されています。記事によれば、紀州田辺うめ振興協議会が、ロンドン五輪に出場するサッカー男女代表チームと、ワールドカップ(W杯)に出場するU―20(20歳以下)女子代表チームに贈ったのだそうです。

日本サッカー協会のシンボルマークは、熊野三山の神の使いである3本足の「八咫烏(やたがらす)」です。このあたりの経緯は熊野本宮大社のホームページにある「神紋 八咫烏(やたがらす)」の説明をご覧ください。これまでもサッカー協会は、ワールドカップやオリンピックの際には熊野三山に必勝祈願に訪れてくれています。さらに、和歌山の特産「梅干し」が力の源になっているということは、和歌山県民にとってもとても嬉しいことです。

選手の皆さん、「八咫烏」のご加護と「梅干し」効果のダブル和歌山パワーで、ぜひメダルをゲットしてきてください!!

(文責:広報課 林 清仁)  

Posted by 広報ブログ編集長 at 13:07Comments(0)県産品

2012年07月12日

「2015紀の国わかやま国体」正式決定!

昨日(7/11)の公益財団法人日本体育協会理事会で平成27年の第70回国民体育大会(愛称:紀の国わかやま国体)が和歌山県で開催されることが正式に決定し、日本体育協会の張富士夫会長から、仁坂知事へ開催決定書が交付されました。(写真は、紀の国わかやま国体ホームページより転載。)


記者会見後、仁坂吉伸知事らが、国体マスコットのきいちゃんと一緒に記念撮影が行われました。


会期も平成27年9月26日(土)から10月6日(火)の11日間と決まり、第15回全国障害者スポーツ大会も和歌山県で開催することになります。

仁坂知事が、開催決定に寄せてコメントを出していますのでご紹介いたします。
 本日開催された公益財団法人日本体育協会理事会において、和歌山県が第70回国民体育大会(愛称:紀の国わかやま国体)の開催地として決定されました。
 あわせて、第15回全国障害者スポーツ大会(愛称:紀の国わかやま大会)につきましても、本県で開催することとなります。

 国民体育大会は、我が国最大のスポーツの祭典であり、本県での開催は、昭和46年の第26回大会以来、44年ぶり、2回目となります。
 一方、障害者スポーツの祭典である全国障害者スポーツ大会につきましては、和歌山県でのはじめての開催となります。
 今回の紀の国わかやま国体は、「和歌山を元気にする国体」、「国体を契機としたスポーツの振興」、「活力に満ちたふるさとづくりに寄与する国体」、「和歌山の魅力を全国に発信する国体」の4つの基本目標をもって、大会の開催に取り組み、全国から訪れる多くの方々を心温まるおもてなしでお迎えすることで、交流の輪を広げ、夢と感動を共有し、和歌山の魅力を全国に発信して参りたいと思っています。
 また、紀の国わかやま大会につきましては、自然あふれる『紀の国わかやま』で出会い、障害のある人もない人も参加者みんなで一体となって、互いの絆を深める大会を目指して開催して参ります。

 両大会の開催を契機として、本県のスポーツの振興はもちろん、魅力あるまちづくりや観光・物産の振興など様々な施策を推進していくとともに、和歌山の魅力を全国に向けて発信し、県民運動の展開を通して、活力ある「元気な和歌山」の実現に繋げていきたいと考えております。

 本日の開催決定を受け、開催準備は今後益々本格化してまいります。
 平成27年の両大会を全国から訪れる方々や県民の皆様の記憶に残る、すばらしい大会とするためには、県民の皆様のお力添えが必要ですので、今後ともご支援、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。
なお、国体に関する情報は、特設サイト「紀の国わかやま国体」でどんどん発信していますので、こちらもご覧ください。また国体マスコット「きいちゃん」の活動は、「きいちゃんブログで」ご覧になれます。こちらも併せてご覧ください。

いよいよこれから3年間、私たちも準備に大忙しになりそうです。大会を成功させるために、これからも県民の皆さんの暖かいご支援とご協力をどうかよろしくお願いします。

(文責:広報課 林 清仁)  

Posted by 広報ブログ編集長 at 09:22Comments(0)広報一般