読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 86人
和歌山県公式facebookページ わかやま観光情報 プレミア和歌山 わいわい市場 わかやま紀州館・和歌山県アンテナショップ わかやまイベントボード 人気ブログランキングへにほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 和歌山県情報へ
ページランク
新規投稿

新規投稿するにはログインする必要があります。会員IDをお持ちでない方はIDを取得された後に投稿できるようになります。
QRコード
QRCODE
プロフィール
広報ブログ編集長
広報ブログ編集長
和歌山県広報課です。
和歌山県の観光・食・文化・自然・産業などの魅力を発信しています。和歌山のホットな情報をタイムリーに提供していきます。
もちろん、リンクフリーですのでどんどん広めて下さい!

なおコメントに対する返信は原則として行いませんので、あしからずご了承ください。
<和歌山県ソーシャルメディア運用ポリシー>
http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/000200/snspolicy.html

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


アクセスカウンタ

2012年01月17日

吉本住みます芸人「わんだーらんど」東京FMに出演!

ブログ編集長です。

本日(1/17)、16:00-18:45放送のTOKYO FM「シンクロノシティ」に、「しずるとわんだーらんどの減災活動」というテーマで、吉本のお笑い芸人「しずる」とともに、わが和歌山住みます芸人の「わんだーらんど」の東岸さん、谷坂さんのお二人が出演しました。おめでとうございます!!

「わんだーらんど」の谷坂さんのtwitterで、出番が18:00ごろからというのを知りましたが、和歌山でTOKYO FMは受信できません。またインターネットのradikoでも、区域外なので無理。そこで、奥の手のKeyHoleTVを使って自宅のパソコンで録音準備。仕事から帰ってゆっくり聞かせていただきました。

吉本の「住みます芸人」は「減災ひろめる芸人」も兼ねているそうですが、わんだーらんどは、「減災ひろめる芸人」の代表として登場。昨年末に、facebook上で展開された「吉本芸人企画 みんなでつなごう!「いいね」リレー!」でたくさんの減災レポートを掲載、「いいね」ボタンの支持を多くもらった成果だと思います。私も年末は「いいね」ボタンをせっせと押してご協力しました!

番組では、わんだーらんどのお二人は減災ひろめる芸人の活動の話に交えて、もちろん和歌山のPRもしてくださっていました。電車に乗っていると、知らない人からなぜかみかんをもらう話や、台風12号の被災地でのボランティア活動の話などもされて、和歌山県民としてちょっぴりうれしくなりました。しずるさんとのコンビネーションもよかったですよ!

わんだーらんどのお二人には、行きも帰りも夜行バスとのこと。お体にはくれぐれも気を付けて下さい。これからもますますのご活躍を期待しています。私も陰ながら応援しています!!  

Posted by 広報ブログ編集長 at 22:16Comments(0)ラジオ

2012年01月17日

ひな人形の引き渡し式~海南から勝浦へ~

海草広報ですicon01

来る2月1日から、海南市では「第2回紀州海南ひなめぐり」が開催されます。これは、2月1日から3月3日までの期間、JR海南駅、駅前商店街、黒江川端通りの商店などにひな人形がディスプレイされるもの。黒江の歴史的な町並みと共に訪れる方を楽しませてくれますik_18

また今年度は勝浦でも「南紀勝浦ひなめぐり」が開催されることとなりましたik_20「台風12号に被災した町の復興そして発展を願う取り組みとしたい」とのこと。会場はJR紀伊勝浦駅、駅前いざかた通り商店街などです。

これに先だって海南から勝浦に、500体のひな人形が提供されることになり、今日、引き渡し式が行われました。
海南の実行委員の方から勝浦の実行委員の方へ。


プレゼントされたひな人形は「海南ひなめぐり」で使っていた人形ですが、元々は各家庭で眠っていたものだそうです。こうやって活用してもらえたら、おひな様も嬉しいでしょうね。
皆さまも海南、勝浦のおひな様に会いに行ってみてはいかがでしょうかface02

紀州海南ひなめぐりチラシ


南紀勝浦ひなめぐりチラシ

  

Posted by 海草広報 at 18:13Comments(0)イベント・地域振興

2012年01月17日

新米課長日記(2012/1/17)

昨日、今日

 まずは昨日の出来事から。
 午前、県広報番組「きのくに21」知事と語る(2月放送分)の収録が知事応接室で行われました。
 対談相手は、本年度の和歌山県文化賞を受賞された中辻憲夫さんです。
 中辻さんは現在、京都大学物質-統合システム拠点長・教授でご専門は細胞生物学、発生生物学です。



 今回は「世界で活躍する人づくり」をテーマに対談いただきましたが、科学をめざすキッカケは中学・高校時代の恩師との出会いだったとのこと。
 知事と意気投合したのは、中辻さんの小さい頃の趣味が昆虫採集だったことが判明してから。
 中辻さんは「殺生」を重ねるのがいやで植物の方に興味を移したのですが、知事は「殺生」を続けられたそうです。
 対談の模様は、テレビ和歌山で2月12日(日)9:30~10:00、22:00~22:30(再放送)に放送されます。 

 午後、文化表彰の表彰式が4階正庁で行われました。
 式の主役?は何と言っても、もう一人の文化賞受賞者、坂本冬美さん。
 黒を基調にしたシックな和服姿で報道陣のフラッシュを浴び続けていました。



 冬美さんと知事のツーショットで両人が手にしているのは国体マスコットの「きいちゃん」のぬいぐるみ。
 「きいちゃん」は受賞者の皆さんにお土産として持ち帰りいただきましたが、知事が手にしているのは知事室備え付けの特別バージョン。
 知事は満面の笑みですね。

 この模様は、坂本冬美オフィシャルサイト「冬美便り」でも早速紹介いただいています。
 坂本ファミリーも来られていたんですね。
 ちなみに「冬美便り」の文中にある、「どうぞ、どうぞ」と叫んだ県職員は新米課長です!

 本日午前は、知事の定例会見。
 本日の発表事項は、
 ・欧州10か国の報道関係者が和歌山を取材します!!
 話題事項は、
 1 仁坂知事による修学旅行トップセールス(概要と評価)
 2 紀伊半島大水害復興キャンペーン「そろそろ和歌山に行ってみようキャンペーン2012」
   キャンペーンサイトオープン!
                    の計3件でした。

 実はちょっとしたハプニングが!
 会見の際、新米課長の役割は会場の隅に立って、司会と知事が大きな言い間違いをされた時の訂正メモ差し入れぐらいなのですが、今日は話題事項2番目の「キャンペーンサイトオープン!」の番になって急に知事がこちらを向いて、「誰か説明をして」とおっしゃるではありませんか。
 突然のふりは全くの想定外。担当課の職員も会場に来てくれていたのですが、知事とアイコンタクトをしてしまった手前、下手な説明をする羽目に・・・ 
 実は、新米課長の反対側には、広報課の新米職員がサイトをディスプレイに映し出す作業をするために座っていたのです。知事もあっちを向いて言ってくれたら良かったのになぁ・・・
 新米広報課員の会見デビューは先送りになりました。
  

Posted by 新米課長 at 16:16Comments(2)新米課長日記

2012年01月17日

和歌山ロケ実施「ALWAYS 三丁目の夕日'64」週末公開!

ブログ編集長です。

人気映画「ALWAYS 三丁目の夕日」の最新作「ALWAYS 三丁目の夕日'64」がいよいよ今週末1/21(土)に公開されます。
先週1/14(金)には、日本テレビ系列「金曜ロードショー」で、シリーズ第1作が放送されていました。私も見ながらなぜか涙が出てきました。登場するミゼットは、子供のころのわが家にもあり、父の運転でまだ舗装されていない和歌山駅前の市電が走っていた大通りを、ミゼットでゆっくり走ったの思い出して、とても懐かしく感じました。

なぜ、「ALWAYS 三丁目の夕日'64」をご紹介するのかというと、この映画は、昨年4月に和歌山県有田川町の「有田川町鉄道公園」でロケを行っています。主演の吉岡秀隆さんと小雪さんが来られて保存車両内で撮影を行ったそうです。撮影の様子は、有田川町鉄道交流館のfacebookページに掲載されています。撮影に使われた車両はすみずみまで撮影されて、CGで合成されて、映画の中ではちゃんと走るのだそうです。(※写真は、「有田市ブログ」からの転載です。)


あと、余談ですが、「ALWAYS 三丁目の夕日'64」ホームページでは、「夕日町住民票」発行サービスも行っています。皆さんも試してみてはいかがでしょう。私の住民票はこちら。3歳の医者です?!


「ALWAYS 三丁目の夕日'64」の公開が楽しみですね。皆さんも、ぜひ映画館に足をはこんでくださいね!!  

Posted by 広報ブログ編集長 at 12:46Comments(0)映画

2012年01月17日

今週の和歌山県関連テレビ番組(1/18-1/24)紹介!

ブログ編集長です。

いつものように、今週から来週にかけての和歌山県関連テレビ番組をご紹介します。
BSを除き、関西地域の番組表による予定です。関西以外にお住まいの方はお住まいの地域の番組表をご確認ください。また、番組表に変更があった場合はご容赦ください。
また、ブログ左側にも、「和歌山県関連テレビ番組表」カレンダーを設置していますので、こちらもご利用下さい。

1/18(水)11:05-11:30 NHK総合(近畿広域圏)の「ビジネス新伝説 ルソンの壺(再)」
家庭用品の一大産地として知られる和歌山県海南市で、アイデア商品で生き残りをかける株式会社サンコーさんが紹介されます。1/15の放送を見ましたが、お客さんからのボイスカードが商品開発の原点とおっしゃる創業者の角谷勝司さんの言葉が印象的でした。見逃した方は、ぜひご覧ください!

1/18(水)11:30-12:00 NHK総合(近畿広域圏)の「ぐるっと関西おひるまえ」
「たっぷり和歌山」のコーナーは「和歌山・平家ゆかりの地 田辺市本宮町」。大河ドラマ「平清盛」にちなみ、本宮町の平家ゆかりの地が紹介されるとともに、水害後の客足回復の起爆剤にしようと活気づく町の皆さんの取り組みが紹介されます。

1/19(木)21:00-21:57 日本テレビ系列(全国放送)の「秘密のケンミンSHOW」
和歌山県代表で俳優・ミュージシャンの鳥羽潤が登場します。前回登場時も茶がゆなどの和歌山エピソードを紹介してくれていますので、今回も楽しみです。

1/20(金)23:00-23:30 フジテレビ系列(全国放送)の「人志松本の○○な話」
ゲストに和歌山市出身のタレント岡本玲が登場します。玲ちゃんは、1/11(水)の「グータンヌーボ」に出演した際にも、和歌山にはみかんや梅干し、パンダが8頭いるとしっかり宣伝してくれていました。今回もよろしくお願いします!!

1/21(土)5:15-5:49 NHK総合(近畿広域圏)の「かんさい想い出シアター」
1992年1月25日に放送された『黒潮に生きる「マグロよ浜をうめよ~和歌山・那智勝浦漁港~」』。日本有数のマグロ水揚げ量を誇る、和歌山県勝浦港が舞台。クロマグロの群れが勝浦の沖に接近する1月の勝浦は、一年で一番のにぎわいを迎える。このにぎわいを陰でささえる「船問屋」の仕事を通して、マグロ漁にかける男たちの思いを描く番組です。

1/22(日)5:50-6:00 読売テレビ(関西ローカル)の「サンデー・ドクター」
今回は「肺炎」について。和歌山県立医科大学呼吸器内科の一ノ瀬正和教授が解説します。

1/22(日)22:00-23:30 NHK-Eテレ(全国放送)の「日本人は何を考えてきたのか」
第3回は南方熊楠が取り上げられます。100年前に森を守ろうとし、日本に初めて「エコロジー」を紹介した和歌山が生んだ知の巨人・南方熊楠の思想と闘いを見つめる番組です。

1/23(月)10:53-11:34 朝日放送(近畿広域圏)の「せのぶら」
妹尾和夫さんが町をぶらぶら歩く人気番組。私の妻もファンですが、1/23(月)は和歌山をぶらぶらする予定だそうです。一体どんなところが紹介されるのか楽しみです。ぜひご覧ください!

1/23(月)15:15~15:47 NHK総合(近畿広域圏)の「かんさい想い出シアター(再)」
1993年10月29日に放送された新日本探訪「港ひだまり 和歌山・矢櫃」と現在の有田市矢櫃地区が紹介されます。※2011.11.12の再放送です。

以上が今週の和歌山県関連番組です。今週は結構盛りだくさんですね。また新たに番組を発見したら、その都度ご報告いたします。 もしみなさんも和歌山県関連テレビ番組を見つけられたら、コメント欄で報告してください!お待ちしています。
  

Posted by 広報ブログ編集長 at 10:55Comments(0)テレビ