読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 86人
和歌山県公式facebookページ わかやま観光情報 プレミア和歌山 わいわい市場 わかやま紀州館・和歌山県アンテナショップ わかやまイベントボード 人気ブログランキングへにほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 和歌山県情報へ
ページランク
新規投稿

新規投稿するにはログインする必要があります。会員IDをお持ちでない方はIDを取得された後に投稿できるようになります。
QRコード
QRCODE
プロフィール
広報ブログ編集長
広報ブログ編集長
和歌山県広報課です。
和歌山県の観光・食・文化・自然・産業などの魅力を発信しています。和歌山のホットな情報をタイムリーに提供していきます。
もちろん、リンクフリーですのでどんどん広めて下さい!

なおコメントに対する返信は原則として行いませんので、あしからずご了承ください。
<和歌山県ソーシャルメディア運用ポリシー>
http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/000200/snspolicy.html

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


アクセスカウンタ

2011年11月24日

まちなか居住を考えるシンポジウム@田辺市

都市政策課の「チームまちづくり」です。

去る11月20日(日)に、田辺市において、
「まちなか居住を考えるシンポジウム」を
田辺市と和歌山県の主催で開催しました。

和歌山県では、地方都市の再生に向け「戦略的都市再生プログラム」
を新政策として推進しています。
都市にはそれぞれ個性・歴史があり、今後、どのような
将来像を目指していくのを決めるのは、そこに住む人々で
あります。その将来像を議論していく一環として
シンポジウムを開催しました。

今回は、テーマを「まちなか居住」とし、基調講演として
(株)アフタヌーンソサエティ代表取締役の清水義次氏に
ご講演をいただき、引き続いて、
コーディネータに和歌山大学経済学部教授の足立基浩氏
パネリストに和歌山県宅建協会執行理事の木村勝次氏
田辺市在住画家の廣本直子氏、清水義次氏、真砂充敏田辺市長に
ご登壇いただきました。

パネルディスカッションにおいて、
清水氏からは、まちなかの魅力を高めるのは様々な用途が混在した
ミックストユースのまちづくりを目指すべきだとし、
自ら関わる東京の神田や北九州小倉の「家守(やもり)」事業
の実践的な見地からのご意見。
廣本氏からは、東京で美術活動をしていたが最近、地元の田辺に戻り、
まちなかの「古民家」をアトリエとして再生し、そこでのコミュニティ
活動から、歩いて暮らせる田辺市のまちなかの魅力を。
木村氏からは、現実的な視点から、空き家となった家屋をどのように
多くの人が魅力と感じることができるよう提案するための協力体制や手法、
行政の支援の必要性を。
真砂市長からは、田辺市のまちなか居住への取り組み状況や各氏からの
意見への返答等を。
足立教授のコーディネートのもと、活発な意見交換となりました。







夜は、パネリストの先生方にもご参加いただき、田辺市内にて、
田辺の活性化に向けて、まちづくり活動に携わっている方々も
集まっての有志による懇親会も行いました。

田辺では、近年、あがらたなべぇ調査隊によるマップ作りや、
扇ヶ浜海水浴場での「ビーチサイド!ドルフィン」、
「南紀田辺☆うめぇバル」など、田辺を盛り上げようと若手を
中心に集まって多くの事業を展開しています。

この日の夜も、新しいアイデアがたくさん沸き起こり、すぐに
実現に向けて動き出す姿がありました。
田辺のまちづくりはますますホットに、楽しみにしています。  

Posted by 都市政策課 at 17:43Comments(0)イベント・地域振興

2011年11月24日

新米課長日記(2011/11/24)

メイドイン和歌山

 午前、約2週間ぶりに行われた知事記者会見の司会。

 本日の発表事項は、以下の4件でした。
 1 南加和歌山県人会創立100周年記念式典出席及びフロリダ州公式訪問(概要と評価)
 2 松林金属株式会社が紀北橋本エコヒルズ「紀ノ光台用地」へ進出
 3 ナイス株式会社が和歌山市の雑賀崎工業団地へ進出
 4 岩手県にみかんをお届けします



 本日から記者会見室の背景パネルが一新されました。
 県が持つライブラリーの中から選んだ写真を、県内企業の持つ高い技術で、パネル用に超高画質でプリントしていただきました。
 この技術は、屋外広告用の看板やラッピングバスなどにも活用されているそうです。
 メイドイン和歌山のパネル、どんどん活用されると良いですね。

 知事からは、製作の了解を事前にいただいていましたが、現物をご覧になるのは今日が初めて。
 背景色の青色が気になられたようですが、ダメ出しはなくホッ。

 予想通り、今日の知事室は久々の知事登庁で、各課の出入りが激しく大にぎわい。
 広報課の順番は未だまわってきません。

  

Posted by 新米課長 at 16:53Comments(0)新米課長日記