読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 86人
和歌山県公式facebookページ わかやま観光情報 プレミア和歌山 わいわい市場 わかやま紀州館・和歌山県アンテナショップ わかやまイベントボード 人気ブログランキングへにほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 和歌山県情報へ
ページランク
新規投稿

新規投稿するにはログインする必要があります。会員IDをお持ちでない方はIDを取得された後に投稿できるようになります。
QRコード
QRCODE
プロフィール
広報ブログ編集長
広報ブログ編集長
和歌山県広報課です。
和歌山県の観光・食・文化・自然・産業などの魅力を発信しています。和歌山のホットな情報をタイムリーに提供していきます。
もちろん、リンクフリーですのでどんどん広めて下さい!

なおコメントに対する返信は原則として行いませんので、あしからずご了承ください。
<和歌山県ソーシャルメディア運用ポリシー>
http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/000200/snspolicy.html

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


アクセスカウンタ

2011年11月13日

那智の滝・青岸渡寺、観光できます!(広報課職員旅行記その2)

ブログ編集長です。

昨日からスタートした和歌山県庁広報課職員旅行2日目のレポートです。
広報課職員旅行記その1はこちらから!!)
本日(11/13)、朝起きると、昨日の道普請のせいで、日頃運動をしていない私の身体は、肩も腰も足も、あちこち痛みを発しています。とりあえず、朝風呂に入りました。勝浦温泉のお湯の力で少しは癒されたようです。今日の行程は、南紀観光の黄金コース、大門坂から熊野那智大社、青岸渡寺、那智の滝と世界遺産を満喫、そして本州最南端の潮岬へと向かうコースです。

朝食を済ませて、朝9時に勝浦温泉ホテル「中の島」を出発です。ホテル中の島は、勝浦湾内にある島にあるホテルで、桟橋から小舟に乗って行き来します。玄関で旅館の皆さんが見送ってくださいました。なかなか風情がありますね。


勝浦漁港には、今日も小型の近海マグロ漁船が停泊していました。さすがにマグロの町ですね。


桟橋からはバスに乗り換えて、いよいよ熊野那智大社へと向かいます。
私が那智川沿いを訪れるのは、「台風12号被災状況報告(9/23 那智川流域)」でご紹介したとき以来なので、1ヶ月半を経過しています。災害から2ヶ月を過ぎて、あちこちで傷跡は残っていますが、だいぶ綺麗に片付けられてきているという印象です。でも元通りになるには相当時間がかかるといった印象です。

バスは大門坂駐車場に停車。1ヶ月半前は自衛隊の車両が止まっていましたが、今は乗用車と観光バスばかりです。ここから熊野那智大社までは、熊野古道の中でも最も有名な「大門坂」です。距離は約1.5km、高低差は約220m、ひたすら登り続ける道です。お年寄りの皆さんも歩いて那智大社へと向かいます。


樹齢約600年の「夫婦杉」をくぐれば、いよいよ石畳の熊野古道へと入ります。


杉の木立と石畳が続く「大門坂」。マイナスイオンたっぷりの中を歩いて行きます。


もうすぐ大門坂の終点。杖をついて終点を目指します。


参道を登って行くと、目的地の熊野那智大社の鳥居が見えてきました。


熊野那智大社の拝殿。台風12号で奥にある本殿に大量の土砂が流れ込んでいましたが、土砂はすっかり取り除かれていました。


熊野那智大社の境内から見た那智の山々。とてもきれいですが、よく見るとところどころに土石流の跡があります。


こちらは、那智大社のすぐ隣りにある西国第1番札所の那智山青岸渡寺。台風の被害は全くなかったそうです。


青岸渡寺からは、那智の滝がとても綺麗に見えます。絶景です!! 青岸渡寺の三重塔もご一緒にどうぞ。



ここからいよいよ、那智の滝に向かいます。これぞ、世界遺産!! なかなか、写真では迫力は伝わりませんが、ご覧ください!!


滝壺には、虹がかかっています。


台風12号で若干木が倒れたり、滝壺の形が変わったりはしていますが、そんなことはお構いなしの迫力が那智の滝にはあります。さすが、1段の滝としては日本一の133mの落差を誇るだけのことはあります。

日曜だったからでしょうか、観光客も結構来ていたように思います。まだまだ、元通りの来客とはいかないようですが、逆にゆっくり見ることができていいなと思いました。熊野古道を歩いて少し汗をかいても、すぐに涼しくなる今の季節が、最高の季節だと思いました。

那智の滝を後にして、私達が向かったのは最後の訪問地、串本町の潮岬です。ここは言わずと知れた本州最南端の地です。黒く見える岩の先が、本州最南端になるのだそうです。


ここで、観光は終了。あとはバスに乗って帰路へとつきました。これからも国道42号線沿いは、「枯木灘」海岸が続き、景色は最高なのですが、昨日からの疲れが全身にたまっている私は、和歌山市まで熟睡していました。

2日間の旅で感じたこと。台風の被害はまだまだ残っていますが、世界遺産・熊野が持っている圧倒的なポテンシャルはなんら変わっていないことを再認識しました。熊野古道、熊野本宮大社、勝浦温泉、大門坂、熊野那智大社、青岸渡寺、那智の滝と続く、南紀熊野観光の黄金ルートは、お世辞抜きですごいの一言に尽きます。
自然と歴史の融合の地、世界遺産・熊野へ、皆さんもぜひ足を運んで見てください。きっと「命の洗濯」ができると思いますよ!! さあ、明日から仕事だ!!  続きを読む

Posted by 広報ブログ編集長 at 22:30Comments(0)観光・自然

2011年11月13日

熊野古道・本宮大社、観光できます!(広報課職員旅行記その1)

ブログ編集長です。

昨日から今日(11/12~13)にかけて、和歌山県庁広報課は職場の親睦旅行。
知事は昨日からアメリカ出張で、職員に「命の洗濯」をせよとのことでしたので、私たちは、癒しの地・世界遺産の熊野へと向かいました。9月の台風災害以降、観光客が減少しているとのことでしたので、その様子も確認してきましたので、レポートします。

昨日(11/12)は、朝9時に和歌山市を出発。バスに乗り一路、田辺市本宮町へ到着。
本宮行政局前で語り部の澤さんと合流し、まずは、熊野古道・中辺路の発心門(ほっしんもん)王子へ。

ここから中辺路町へ抜ける熊野古道は、まだ通行止めが続いています。


その後、今回の旅行のメイン・イベントの熊野古道・道普請を行うため、水呑王子と伏拝王子の中間地点へ向かいました。
道普請は、台風12号で流失した古道の土を埋めるものです。今回は11人で1トンの土を運びます。こちらが運ぶ土の量です。


運ぶ場所は距離で約320メートル、高低差で40メートル上ったところです。熊野古道ですから、もちろん車は入れませんので、人が運ぶ以外方法がありません。そこで、スコップで土のう袋に土を入れ、背負子で背負って運びました。単純計算すると、一人1回約10kgずつ背負って9往復することになります。最初は笑いながらスタートしましたが、途中から息が上がりはじめました。私は終始しんがりをつとめさせていただきました。


運んだ土は、きれいにならした後で、「タコ」でしっかりと突き固めます。


約1時間半で、1トンの土はなくなりました。しかし、補修できた距離は10メートル程度です。これからも地道に進めていく必要があります。
田辺市では、「蘇れ!!熊野 熊野古道道普請ウォーク」と題して、12/3まで毎週土・日に道普請ツアーを行っています。大阪駅・和歌山駅から無料バスを運行していますので、ぜひご参加ください。
詳しくは、熊野ツーリズムビューローのホームページでご覧ください!


これで、道普請は終了し、熊野本宮大社までの約5kmを古道ウォークです。くたくたになった身体にむち打って、世界遺産・熊野古道を歩きます。しかし、古道を囲む木立や、小さな草花たちが疲れた身体と心を癒やしてくれます!!


こちらは、アサマリンドウの花。古道のあちこちで見かけました。


こちらは、キッコウハグマの花。葉っぱが亀甲のような形をしています。


団体のお客さんも結構歩いておられました。


こちらは、アリドウシの実。一粒だけ実をつけるので、センリョウやマンリョウに比して、「イチリョウ」と呼ばれるそうです。


いよいよ、遠くに大斎原(おおゆのはら)の大鳥居が見えてきました。明治22年まで、熊野本宮大社の社殿のあった場所で、日本最大の鳥居なんだそうです。ゴールはあと少しです。


石畳の熊野古道を下って、熊野本宮大社へと向かう一行。


ついに熊野本宮大社へ到着しました。八咫烏ののぼりが出迎えてくれます。


こちらが、熊野本宮大社正面の鳥居です。


ここで、語り部の澤さんはとお別れです。貴重なお話ありがとうございました。


このあと、本当は、熊野速玉大社へ行く予定だったのですが、道普請に思ったより時間を取られたため時間が足りず断念。
新宮市で、燃料(お酒のこと)と、香梅堂の「鈴焼」を買って、お宿の勝浦温泉ホテル「中の島」へと向かいました。

ここから先は、お決まりの温泉に入って、宴会をしてというコースですが、とても写真をお見せすることはできません。
しかし、一同くたくたに疲れていたので、ぐっすりと休んだようです。

長くなってきたので、第1日目のレポートを終了します。
土曜ということもあり、熊野古道を歩くお客さんも結構いらっしゃって、観光地に限って言えば、もう台風災害を心配する必要は全くないと感じました。みなさんも、ぜひ、熊野古道で癒されてください。

第2日目は、いよいよ那智の滝へと向かいます!!
広報課職員旅行記その2へ続く!!)  続きを読む

Posted by 広報ブログ編集長 at 20:53Comments(0)観光・自然