読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 86人
和歌山県公式facebookページ わかやま観光情報 プレミア和歌山 わいわい市場 わかやま紀州館・和歌山県アンテナショップ わかやまイベントボード 人気ブログランキングへにほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 和歌山県情報へ
ページランク
新規投稿

新規投稿するにはログインする必要があります。会員IDをお持ちでない方はIDを取得された後に投稿できるようになります。
QRコード
QRCODE
プロフィール
広報ブログ編集長
広報ブログ編集長
和歌山県広報課です。
和歌山県の観光・食・文化・自然・産業などの魅力を発信しています。和歌山のホットな情報をタイムリーに提供していきます。
もちろん、リンクフリーですのでどんどん広めて下さい!

なおコメントに対する返信は原則として行いませんので、あしからずご了承ください。
<和歌山県ソーシャルメディア運用ポリシー>
http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/000200/snspolicy.html

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


アクセスカウンタ

2011年09月15日

台風12号関連情報、和歌山放送HPで続々配信

ブログ編集長です。

ラジオの和歌山放送さんが、公式ホームページ内の「和歌山放送ニュース」で台風12号関連の災害情報をどんどん配信しておられます。

今までは音声により情報を伝えていたラジオ放送局が、インターネットを使うことにより、写真や映像を流せるようになったことにより、本業のラジオと連動する形でさまざまな取組をされているんだな、と改めて驚きました。

特に、9/14 19:36「新宮市熊野川町・ボランティアの手がなかなか届かず(写真付き)」の記事では、土砂やゴミが沿道に積み上がったままの様子が写真付きで紹介されています。(下の写真…和歌山放送ホームページより転載)


ほかにも、Youtubeを使った動画サイト「DIGITALwbs」や、USTREAMを使った生放送など、マルチメディアを使って新しい取組にチャレンジしている和歌山放送さん。災害時においてはこのような取組がますます重要になると思います。

私たち広報課も参考にしていきたいと思います。  

Posted by 広報ブログ編集長 at 16:26Comments(0)ラジオ

2011年09月15日

新米課長日記(2011/9/15)

新たな取り組み

 昨日の災害対策本部会議は盛りだくさんの内容で、毎回、会議終了後、仁坂知事(本部長)が報道機関を対象に行うブリーフィングも長時間に及びました。

 特に、被災地支援についての新たな取り組みについて、質問が集中しました。

(新たな取り組み)
1 被災地(2市3町)への「被災者生活再建支援法」の適用
2 被災市町村への義援金の配分
3 避難者の旅館ホテル等への受け入れ
4 甚大な被害を受けた商店等からの飲料品購入

  

Posted by 新米課長 at 15:39Comments(2)新米課長日記

2011年09月15日

台風12号にかかる主な観光地の状況(9/14現在)

ブログ編集長です。

台風12号にかかる和歌山県内の主な観光地の状況(9月14日現在)をお知らせします。
この情報は、わかやま喜集館が各方面から独自に情報収集したものを転載しています。実際とは異なる場合も考えられますので、あくまで参考情報とお考えください。なお、朱書きは、前回提供データへの修正加筆のものです。
なお、最新の情報は、「和歌山県観光連盟」のホームページに随時掲載されますので、こちらをご覧ください。

1.主な観光地及び観光施設の状況
①高野町
倒木等もなく、観光施設には大きな被害はない。
・国道480号:一部片道通行部
・高野龍神スカイライン:通行止め
・南海高野線
 (極楽橋~紀伊清水間):運行
 (紀伊清水~橋本間):運休。バスによる代行輸送中
・高野山町石道:⑨熊野古道・高野町石道参照
・熊野参詣道小辺路:⑨熊野古道・高野町石道参照
・主要な観光施設、名所旧跡:被害はない。
・金剛峯寺境内:被害はない。
②和歌山市
特に被害は発生していない。
③田辺市龍神村
いたるところで交通網が寸断。
固定・携帯電話は、一部を除き通話可能。電気・水道は、一部を除き復旧。
・護摩壇山:通行止め
・村内の一部で停電(龍神行政局は停電なし)。土砂で、道路が寸断されている。
・季楽里:今週は営業しない見込み。
・ひわだキャンプ場:ハウス8棟(3棟流失、3棟(浸水、使用不可)、2棟(傾く)、管理棟、シャワー棟、ポンプ室、バーベキュー棟全て流失
・ヤマセミキャンプ場:ログキャビン側、旧校舎側護岸崩壊
・福井キャンプ場:泥60センチ(事務室、バーベキュー棟、トイレ、芝生)
・宮代キャンプ場:被害はない。
・小家谷口公衆トイレ:流失。それ以外の公衆トイレは被害なし。
・ごまさんスカイタワー:状況不明
・下御殿:9/17からの営業再開をめざす。
④田辺市本宮町
交通網寸断。電気・水道寸断中。連絡が困難な状況。詳細状況把握中
中心部(本宮行政局周辺)、携帯電話通話可能。水道は一部を除き復旧。
・世界遺産センター:床上150センチ浸水。再開未定。
・熊野本宮大社:被害なし。
・大斎原(旧社地):水没。土堆積10~20センチ。倒木(桜大木2本)
・つぼ湯:土砂をかぶった程度。上屋の一部損傷
※湯の峰温泉:停電は復旧
 ・ゆの里:宿泊、朝夕食、風呂可。平日6,500円、土日祝7,000円
 ・あづまや荘:16日まで宿泊不可(災害復旧関係者宿泊のため)
 ・てるてや:素泊まりのみ可。風呂可。料金4,000円
 ・まるや:素泊まりのみ可。風呂可。料金3,000円
 ・瀧よし:素泊まり可(水なし)。水が復旧次第、食事可
 ・やまね:状況不明
 ・小栗屋:状況不明
 ・湯の谷荘:素泊まりのみ可。風呂可。料金4,000円
 ・くらや:9月中は営業不可
 ・あたらしや:素泊まりのみ可。風呂可。料金3,500円
 ・よしのや:宿泊、風呂可。食事は可能だが要問い合わせ。テレビ視聴不可。料金8,970円
 ・伊せや:素泊まりのみ可。風呂可。料金7,350円
 ・あづまや:宿泊、風呂可。食事は朝のみ可。料金10,000円
 ・湯の峯荘:工事、ボランティアの方宿泊可。食事は簡単なもの。料金8,000円。
※川湯温泉
 ・みどりや:9月中は営業不可
 ・冨士屋:9月中は営業不可。10月以降で検討
 ・あしたの森:9月中は営業不可
 ・亀屋:10月末まで営業不可
 ・すみや:受入可。食事可(通常通り)。テレビ視聴不可
 ・立石:12日から受入可。食事可(通常通り)。温泉可
 ・大村屋:1,2,3号館とも受入可。食事可(通常通り)。温泉可
 ・まつや:12日から受入可。温泉不可。部屋風呂可(3階、4階)。食事不可(簡単な食事を提供できるよう検討中)
 ・木の国:12日から受入可。温泉不可。部屋風呂不可。食事不可(簡単な食事を提供できるよう検討中)
 ・こぶち:受入可。温泉可(時間制限付)。簡単な食事可。料金は通常通り
 ・喫茶こぶち:当分休み
※わたらぜ温泉
 ・ささゆり:17日頃からの営業を検討中。素泊まり可。温泉、食事可。テレビ視聴不可。
 ・クアハウス熊野本宮:9月12日(月)~16日(金):16:00~20:00のみ営業(電力不安定のため)、9月17日(土)から通常営業予定、• 日曜日の早朝・延長営業および朝市は、しばらくの間休止(HP より)
 ・くまのせ:状況不明
※本宮
 ・蒼空げすとはうす:床上150センチ浸水。営業不可。土石流発生の危険があり、営業再開時期は未定。
⑤白浜町
観光施設に大きな被害はない。
・旅館・ホテル等:大きな被害は出ていない。
・崎の湯・しらすなの公衆浴場:営業再開
・向平キャンプ場:被害はない。農業体験工房(金子氏)や備長炭作業体験現場(玉井氏)は浸水したが、数日で体験が可能となる。
・アドベンチャーワールド:通常営業中
・空の日フェスタ2011は、中止
 (9月19日(月)11:45~ 南紀白浜空港)
⑥那智勝浦町
那智山への道路通行不可。那智川へ架かるJR紀勢線の橋梁が流出。旅館・ホテル等に大きな被害はないが、那智大社は被害を受けた。
・熊野那智大社
  本殿床上まで土砂流入。境内の土砂は処理済み
  第一、四、五、六殿の瑞垣の被害は甚大。
・青岸渡寺:被害なし
・熊野那智大社と青岸渡寺との間の壁が土砂により破損。
・那智の滝:那智山原生林が見える範囲で2か所崩落。
  滝壺が大きく変形、滝の真前の斎場(飛瀧神社と滝の間の聖域)が三分の二流失。
  滝見台が流失。九天門(滝に向かって左側滝見台奥の朱塗りの門)が倒壊。
  文覚(もんがく)の滝が消失。
・大門坂(熊野古道):P3⑨熊野古道・高野町石道参照
・マグロ体験館:被害なし。
・那智勝浦町観光協会固定電話復旧: 0735-52-5311
・南紀勝浦温泉旅館組合:固定電話復旧0735-52-2318
 組合加盟各ホテル通常営業中
⑦串本町
観光施設に被害はない。
・串本海中公園:営業中
・トルコ記念館、日米修交記念館:営業中
⑧新宮市
JRの鉄橋が、熊野、勝浦で崩落したため、新宮駅へのJR乗り入れ不可。JRの復旧には、約6か月以上要する見込み。固定電話、ネット回線不通のため情報入手が困難の状況
・市内の商店街:浸水による泥が堆積
・徐福公園・浮島の森・JR新宮駅等:浸水
・浮島の森:池の水位が平常時に戻る。橋の欄干破損
・さつき温泉:浸水被害で休業。営業再開時期は未定
・川舟センター:事務所施設・送迎用バス流出。当面休止。船6隻は無事。
 新宮市職業訓練センターに仮事務所設置(電話0735-23-0005)
・瀞峡ウォータージェット船:船体は被害なし。事務所、乗り場流出。10月末まで休業。営業再開時期は不明。ジェット船9隻は無事。
・ドライブイン志古:厨房、レストラン流出。10月末まで休業。営業再開時期は不明
・熊野速玉大社:本殿の被害はない。御旅所(上流へ2 Km)は流失。
・道の駅「瀞峡街道熊野川」関連施設流失
・新宮秋まつり(10/15~16)は中止。熊野速玉大社例大祭開催可否検討中
⑨熊野古道・高野町石道
※大辺路
 草堂寺~七曲間:土砂崩れで通行不能。他にも複数の損壊箇所あり。
※中辺路
・滝尻王子:最下部分が一部冠水
・田辺市域熊野古道通行止め箇所
  高原~ 牛馬童子道の駅(中辺路)
  小広峠~ 本宮(中辺路)
  本宮~ 湯の峰(大日越)
  本宮~ 小口(小雲取越)
  三軒茶屋~ 果無峠(小辺路ルート)
  発心門~ 湯の峰(赤木越ルート)
  ※ただし、これ以外の熊野古道の区間でも、しばらくの間は通行を控えることが望ましい。

 大門坂:歩行可能。倒木は2本程度。ただし、国道42号から大門坂方面への一般車両の進入はできません。
 高野坂:被害はない。
 市野々王子:参道、石垣の一部損壊。本殿は被害はない。
 文明の丘(旧市野々王子社):被害はない。
 浜の宮王子:被害はない。
※小辺路
・高野町域状況不明
・田辺市域熊野古道通行止め箇所
  三軒茶屋~ 果無峠(小辺路ルート)
  ※ただし、これ以外の熊野古道の区間でも、しばらくの間は通行を控えることが望ましい。

※高野山町石道
 89町付近で直径30センチ程度の赤松2本倒木。
 105町~106町で路肩は崩れているが、通行可能。
 143町~144町間で深さ30センチ程度の凹み(影響小)
 高野町域は、被害はない。
※大峯奥駈道
・田辺市域熊野古道通行止め箇所
  本宮~玉置神社
  ※ただし、これ以外の熊野古道の区間でも、しばらくの間は通行を控えることが望ましい。


2.その他の観光地及び観光施設の状況
①紀美野町
・たまゆらの里:バレーコートが水没。遊歩道が一部損壊
・かじか荘:風呂に水が逆流。漏電
②紀の川市
・きしべの里:浸水。砂やゴミが堆積
・ほたる飼育用給水場所:給水装置及び給水井戸破損
③橋本市
・やっちょん広場:冠水
・南海高野線(紀伊清水橋本間):運休。バスによる代行輸送中
・玉川峡:北側(橋本市)から通じる道は問題なし。
④かつらぎ町
・道の駅「紀の川万葉の里」の川へ続く公園施設:遊歩道等に流木などが散乱。公園内の手すりが一部破損
・高野町石道:倒木等はあるが、歩けない状況ではない。
  105町~106町で路肩は崩れているが、通行可能。
  89町付近で直径30センチ程度の赤松2本倒木。
  → ⑨熊野古道・高野町石道参照
⑤九度山町
・高野町石道:143町~144町間で深さ30センチ程度の凹み(影響小)
  → ⑨熊野古道・高野町石道参照
⑥有田市
・有田みかん海道:休憩所(東屋)の屋根(スレート瓦)の一部が剥がれる。
⑦有田川町
・鮎釣り鑑札販売所:浸水。
・河川敷キャンプ場(3か所):水没。流木により施設の一部破損
・9月6日(火)に予定されていた「キャンドルライトイルミネーションin あらぎ島vol6」は中止。
・湯川渓谷(上湯川、下湯川)に通じる道が崩土で、現時点では危険。
⑧御坊市
・ふれあい水辺公園内のキャンプ場、ゴルフ場、多目的広場:水没
・シオトープ:倒木があったが、施設に被害なし。
⑨由良町
・海釣り公園:管理棟が浸水。
⑩みなべ町
・梅林や体験施設等:被害はない。
・梅振興館:床下浸水したが、営業中
・(株)紀州炭素:備長炭の釜への影響はないが、川上の工場に保管していたうばめがしの生木や風鈴づくりの材料等流出
・備長炭振興館:被害はない。
・鶴の湯温泉:停電、復旧作業中だったが、営業を再開した。
・紀州路みなべ・朝日楼:雨漏り
・南部ロイヤルホテル:被害はない。
⑪日高川町
・椿山ダムの放流により、中津1か所、美山村3か所で橋梁崩壊。川添いの道路冠水
・道成寺:被害はない。
・きさくの湯:床上浸水
・中津荘:床上浸水。温泉くみ上げポンプが故障し、営業の目途が立たない。
・八斗蒔へ通じる道が崩土により通行止め
⑫田辺市(龍神・本宮地区以外)
※田辺市中辺路
・熊野古道館:浸水。ガラス破損
・道の駅「熊野古道」:状況不明
・高原熊野神社:被害はない。
・霧の里たかはら:特に被害無く、17日から宿泊の受け入れ再開。昼間は営業しない。
※田辺市大塔
・百間山渓谷:百間山渓谷のトレッキングは当面不可能。避難指示地域。
 百間山渓谷キャンプ場付近から土石流にまきこまれたため、渓谷入口にある公園管理事務所、公衆便所は流失。
・百間山渓谷キャンプ場:9/13現在休館中。避難指示が解除その後道路の復旧ができるまで営業不可。
 キャンプ場へ入る道路が、土石流に巻き込まれているので通行不可。
 河川沿いの施設(水車、水遊び施設)等は流失。
・おおとう山遊館:9/13現在休館中。避難勧告が解除されるまで営業不可。
 山遊館敷地に隣接する国道側の山が崩れる可能性があるため、山遊館周辺避難勧告が出ている。
・道の駅「ふるさとセンター大塔」:9/13定休日、現時点では定休日以外は通常営業中。
・大塔青少年旅行村:台風後、予約受け付けは行わず、また既に予約を受け付けしていた方々には御断りの対応をしている。
 つり橋・立木が橋のワイヤーに引っかかり、橋桁にゆがみあり。
 対岸バンガローから河川敷におりる通路・崩土で通行不可
 民宿やまびこ前国道371号から対岸への通路・一部土砂崩土、立木が道ふさぐ
・富里温泉乙女の湯:現在、通常営業中
・熊野古道:道の駅ふるさとセンターの富田川対岸側の古道、一部川側が崩れて危険個所あり。現状、立ち入り禁止看板を設置。
・蕨尾橋付近~旧中辺路町北郡への熊野古道については不明。
・大塔水辺の広場:台風時、富田川の水位が上昇したため、流木、岩、石などが広場に堆積している状況。グラウンドゴルフ等はできない。
⑬太地町
・国民宿舎白鯨:7日から営業再開。施設の被害はない。災害復旧を行う人の宿泊、また、避難所となっており、本日(7日)満室。
・くじらの博物館:7日から営業再開。
・花游:通常通り営業
・ホテルドルフィンリゾート:通常通り営業
⑭古座川町
・美女湯(みめゆ)温泉:浸水のため休止(期間未定)
・ぼたん荘:浸水。ポンプ破損のため1か月程度休止
・道の駅「一枚岩」:トイレ断水のため使用不可
・月野瀬公衆トイレ・中崎キャンプ場:トイレ断水のため使用不可
・南紀森林組合:2階まで浸水。木工体験はしばらく実施不可。カヌー体験時に利用するトイレが浸水
・高瀬キャンプ場:仮設トイレ流失
・古座川町観光協会:当分の間休止
⑮北山村
・筏くだり:筏を上げる機械が流出。今季営業は中止の予定
 筏8乗流失(残り4乗程度)。乗り場(オトノリ)へ降りる階段全壊
・おくとろ温泉:当面営業休止
・おくとろ公園:レストラン・バンガロー休業。電気・電話は復旧するもインターネットは不通
  

Posted by 広報ブログ編集長 at 10:51Comments(0)観光・自然

2011年09月15日

災害ボランティアバス参加者募集(9/20~24)

 テレビ広報担当です。
 県・県災害ボランティアセンターでは災害ボランティアバス参加者を募集しています。
 日程、活動場所等は下記のとおり。
 ①募集期間  平成23年9月15日(木)~
※受付時間は午前9時~午後5時
※〆切は各運行日の2日前の午後5時
 ②実施日程  平成23年9月20日(火)から9月24日(土)までの毎日(日帰り運行)
 ③活動場所  新宮市(熊野川)・田辺市(本宮)・那智勝浦町
 ④参加申込連絡先
   和歌山県社会福祉協議会・県災害ボランティアセンター
    TEL:073-435-5220
    ※ 電話のみの受付とさせていただきます。

 詳しくは、わかやま防災・緊急情報をご覧下さい。

 なお、最新のボランティア関連の情報は、県社会福祉協議会の「福祉活動ガイド」に掲載されていますので、こちらもあわせてご覧下さい。  

Posted by テレビ広報担当 at 08:40Comments(0)広報一般

2011年09月15日

和歌山市総合防災訓練(校外研修)

平成23年8月28日(日)せせらぎ公園にて
 9月1日の防災の日を前に各種自治体が取り組む防災体制および地域住民、各種防災組織の連携訓練を見学、また訓練に参加させることで、学生達のさらなる防災意識の高揚を図ることを目的に、和歌山市総合防災訓練に参加してきました。
 先輩消防職団員とともに活動した水防工法は、局地的豪雨(ゲリラ豪雨)がもたらす河川の決壊、氾濫、浸水被害から命だけでなく財産や思い出を守る対応として無くてはならない技法であります。
 また、学生自らが要救助者として参加した救助訓練では、緊張と不安の中、救助を待つ要救助者の心理状況を確実な行動とひと声で安心という空気に変えてしまう救助隊員のたくましさに自分達との差を感じたに違いありません。
 最後に鬼教官から一言「人は人にしか救えない。救助は災害が起こってからのみ成立するものではない。災害が起きる前に地域住民のつながり、各関係機関との連携、防災体制の確立をすることで多くの要救助者の発生を未然に救助し、減災につながるのである。」
 最後に、去る9月3日から4日にかけて西日本を縦断し、和歌山県に甚大な被害をもたらした台風12号により亡くなられた方々にご冥福をお祈りします。

  
Posted by 教官 at 07:53Comments(0)消防学校レポート