読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 85人
和歌山県公式facebookページ わかやま観光情報 プレミア和歌山 わいわい市場 わかやま紀州館・和歌山県アンテナショップ わかやまイベントボード 人気ブログランキングへにほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 和歌山県情報へ
ページランク
新規投稿

新規投稿するにはログインする必要があります。会員IDをお持ちでない方はIDを取得された後に投稿できるようになります。
QRコード
QRCODE
プロフィール
広報ブログ編集長
広報ブログ編集長
和歌山県広報課です。
和歌山県の観光・食・文化・自然・産業などの魅力を発信しています。和歌山のホットな情報をタイムリーに提供していきます。
もちろん、リンクフリーですのでどんどん広めて下さい!

なおコメントに対する返信は原則として行いませんので、あしからずご了承ください。
<和歌山県ソーシャルメディア運用ポリシー>
http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/000200/snspolicy.html

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


アクセスカウンタ

2011年08月18日

「おはなはんのお好み焼き」関テレ「よ~いドン!」で紹介!

ブログ編集長です。

今日、仕事から帰ると妻が、関西テレビの番組「よ~いドン!」で「おはなはんのお好み焼き」が紹介されていたよ、と教えてくれました。

関西の人ならご存知だと思いますが、生カップお好み焼き「おはなはん」は、卵以外の具材がすべてカップの中に入っていて、混ぜて焼くだけで、ご家庭でお店で食べるようなおいしいお好み焼きが簡単に出来上がるのです。

(「(株)おはなはん」のホームページから転載!)

本社・工場は和歌山市、実は私の家から歩いて10分足らずのところにあります。私は若いころから「おはなはん」の大ファンで、今に至るまでずっと食べ続けています。

録画していた番組を見ました。お笑い芸人矢野・兵動がレポーターで、本社工場の松本章子社長を訪ねインタビューしています。昭和42年に白浜町で始めたお好み焼き屋からスタート。その味が評判となり、家に持ち帰りたいというお客さんが続出。でも焼きたてを食べてもらいたいと思った松本社長が、昭和58年に具材をカップに入れて家で焼いてもらうという生カップお好み焼きを考案したのだそうです。

発売当初は、今までにない商品だったので返品の山でしたが、社長がスーパーなどで実演販売を続けることにより、徐々に浸透していったとのこと。もちろん、おいしさがヒットの最大の要因ですが、そこに地道な実演販売活動を積み重ねることによって、現在では、年間450万カップ、年商9億円にまで成長したとのことです。そして、商品の種類も21種類に増えているとのこと。

テレビを見ていて、和歌山が誇る「おはなはん」が、関西だけでなく、全国にどんどん広がっていってほしいと思いました。

株式会社おはなはんのホームページはこちらです。
http://www.ohanahan.co.jp/
  

Posted by 広報ブログ編集長 at 22:22Comments(0)企業・ビジネス

2011年08月18日

新米課長日記(2011/8/18)

北方領土研修

 知事の夏休みも昨日まで、知事室周辺はにぎわい?を取り戻しました。

 新米課長は、和歌山市内で開かれた「近畿ブロック少年少女北方領土研修」に参加してきました。



 近畿各府県から85名の中学生が集まってくれました。
 会場には、はるばる北海道から根室市の高校生2名がかけつけてくれて出前講座が行われました。

 長年の北方領土返還運動になかなか具体的な成果が見られない中、地元でも若い世代を中心に領土問題への関心が薄れつつあるそうです。
 しかし、根室の高校ではロシア語を学習したり、領土問題を研究する同好会活動が熱心に続けられており、今回の出前講座もその活動の一環とのこと。

 北方領土のことを知れば知るほど、返還要求には歴史的・国際的に正当な根拠があることがわかります。
 研修に来ていた中学生達、事前勉強もしっかりしてあるみたいで、講師からの質問にも的確に答えていました。
 彼らの世代も運動の灯りを絶やすことなく灯し続けてくれることを確信しました。

  

Posted by 新米課長 at 17:40Comments(0)新米課長日記

2011年08月18日

中谷和夫著「ビールを極める」!

ブログ編集長です。

8月18日付けの熊野新聞に、串本町出身で、サントリーホールディングス(株)経営顧問の中谷和夫さんが、双葉社から「ビールを極める」を発刊されたという記事が掲載されていました。

双葉新書032 ビールを極める


熊野新聞によると、中谷さんは、1948年串本町田並生まれで、(旧)県立古座高校、京都大学工学部工業化学科を卒業後、サントリーに入社し、ビール酵母の研究など、ビール一筋に進まれたそうです。1989年にはビール研究所の所長に、1994年には日本初の発泡酒「ホップス」を開発されたそうです。

中谷さんは、2003年に「とりあえずビール やっぱりビール!」という本を出版しておられ、今回は、モンドセレクションで最高金賞を受けた「ザ・プレミアム・モルツ」の誕生秘話や発泡酒の開発の舞台裏などの業界内の話や、おいしいビールの飲み方・ビールと健康など楽しい内容の

ビール好きの私にとっては、たまりません。和歌山の、そして日本のビール好きの皆さん、一読してはいかがでしょうか。

なお、Amazon.co.jpの通販ページでは、ちらり読みができますので、内容を知りたい方は、ご購入される前にご利用ください。  

Posted by 広報ブログ編集長 at 10:03Comments(0)本・雑誌