読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 87人
和歌山県公式facebookページ わかやま観光情報 プレミア和歌山 わいわい市場 わかやま紀州館・和歌山県アンテナショップ わかやまイベントボード 人気ブログランキングへにほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 和歌山県情報へ
ページランク
新規投稿

新規投稿するにはログインする必要があります。会員IDをお持ちでない方はIDを取得された後に投稿できるようになります。
QRコード
QRCODE
プロフィール
広報ブログ編集長
広報ブログ編集長
和歌山県広報課です。
和歌山県の観光・食・文化・自然・産業などの魅力を発信しています。和歌山のホットな情報をタイムリーに提供していきます。
もちろん、リンクフリーですのでどんどん広めて下さい!

なおコメントに対する返信は原則として行いませんので、あしからずご了承ください。
<和歌山県ソーシャルメディア運用ポリシー>
http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/000200/snspolicy.html

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


アクセスカウンタ

2011年07月05日

新米課長日記(2011/7/5)

秋篠宮同妃両殿下お成り

 午前、知事記者会見の司会。
 本日の発表事項は
 1.秋篠宮同妃両殿下のお成りについて
 2.和歌山県とNEXCO西日本との「包括的相互協力協定」の締結について
 3.平成23年度プレミアム和歌山カフェ(首都圏)の開催について

 話題事項は
 ・わかやまビジネスサポートセンター開所について
でした。
 ※発表資料は、明日(6日)「わかやま県政ニュース」にアップされます。

 秋篠宮同妃両殿下がお揃いで御来県されるのは、平成14年4月の「第45回全日本花いっぱい和歌山大会」の開会式に御臨席以来、4度目、9年ぶりとなります。
 今回は、7月14日(木)で開催される「第60回全国農業コンクール全国大会」への御臨席とあわせて地方事情御視察も行われ、新米課長の地元紀の川市の「めっけもん広場」も御視察先に選ばれました。

 ちょうど、昨日から今日にかけて、リハーサルが行われており、広報課員も参加しています。
 かなりの人出やメディアの取材も想定されるので、当日混乱なく御視察いただけるよう関係部局とともに綿密に計画をたて、念入りに確認しているところです。
    

Posted by 新米課長 at 17:42Comments(0)新米課長日記

2011年07月05日

海の見える熊野古道~大辺路・富田坂~

 「きのくに21」のロケで「熊野古道環境保全ウォーク」の取材に行ってきましたicon16
 今回のコースは大辺路・富田坂
大辺路は比較的時間に余裕のある庶民や文人墨客が枯木灘や熊野灘を愛でるためにわざわざ回り道して歩いた道。
 景色を楽しめる余裕があることを祈りつつ、スタートです。

 今回は山ガールも沢山参加。本当に皆さんカラフルでおしゃれです。県内はもちろん、京都、大阪、兵庫、遠くは広島からも参加があったそう。

 
 自然のまま残されている林道を歩きますicon16。木陰で涼しい風が心地いい。天然クーラーですik_76。せせらぎの音も・・。節電の夏にピッタリ。
 今回のウォークは「熊野で健康ラボ」の熊野セラピストさんも一緒ですicon01。登りのポイントは出来るだけ小幅で歩くこととか。参考になります。


 今回の最大の目的、環境保全活動です。熊野古道に土入れをしました。世界遺産を守ることに貢献できるなんて貴重な体験ですik_48


 七曲と言われる急な上り坂を必死に登ってくと・・・・海が見えました。白浜の海ですface02


 お昼は茶屋跡で。ここからは下り坂。
 そして最後の目的地、祝の滝です。水しぶきが本当に気持ちいい。癒されます。

 大久保リポーターも大満足の笑顔face02


 登りはきつかったですが、風、音、景色と五感で涼を感じながら歩くことが出来て大満足face02
 熊野古道環境保全ウォークは秋にも開催される予定です。
 是非、和歌山県観光連盟のサイトで確認を。
 熊野で健康ラボでも随時ウォークを実施していますよ~ik_20
 ウォークの模様は「きのくに21」でじっくりお伝えしますik_20
  「きのくに21」 テレビ和歌山 7月17日(日)9:30~、22:00~  

Posted by テレビ広報担当 at 14:09Comments(0)観光・自然