読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 88人
和歌山県公式facebookページ わかやま観光情報 プレミア和歌山 わいわい市場 わかやま紀州館・和歌山県アンテナショップ わかやまイベントボード 人気ブログランキングへにほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 和歌山県情報へ
ページランク
新規投稿

新規投稿するにはログインする必要があります。会員IDをお持ちでない方はIDを取得された後に投稿できるようになります。
QRコード
QRCODE
プロフィール
広報ブログ編集長
広報ブログ編集長
和歌山県広報課です。
和歌山県の観光・食・文化・自然・産業などの魅力を発信しています。和歌山のホットな情報をタイムリーに提供していきます。
もちろん、リンクフリーですのでどんどん広めて下さい!

なおコメントに対する返信は原則として行いませんので、あしからずご了承ください。
<和歌山県ソーシャルメディア運用ポリシー>
http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/000200/snspolicy.html

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


アクセスカウンタ

2011年06月22日

新米課長日記(2011/6/22)

節電中

 朝一番、知事室前通路は報道陣で封鎖状態。
 各社、関西電力社長の知事訪問をカメラにおさめようと待ち受けます。
 課員と手分けして、混乱が生じないよう整理させていただきました。

 知事と関電社長の会議は取材不可でしたので、終了後、お二人別々にぶら下がり取材を受けていただきました。
 今回の関電社長訪問のニュースは、テレビ、ラジオ、新聞ほとんど全てのメディアで取り上げられました。

 会議では本日スタートの「わかやま節電アクションプラン」も話題になっていたそうです。

 同アクションプラン、さっそく広報課でも実行に移しました。
 各課の冷蔵庫、湯沸かしポットどちらかをOFFにということで、当課は冷蔵庫のコンセントを抜くことに決定!
 冷たい飲み物は我慢して、この夏を乗り切ることにします。



   

Posted by 新米課長 at 16:48Comments(0)新米課長日記

2011年06月22日

今週の和歌山県関連テレビ番組(6/22-28)紹介!

ブログ編集長です。

今週末から来週にかけて放映される和歌山県関連テレビ番組をご紹介します。
(BSを除き、関西地域の番組表による予定です。関西以外にお住まいの方はお住まいの地域の番組表をご確認ください。また、番組表に変更があった場合はご容赦ください。)

6/22(水)19:56~20:54、日本テレビ系列「1億人の大質問!?笑ってコラえて!」の「ダーツの旅」は湯浅町のご紹介。先週のブログでもご紹介しましたが、遂に今夜放送です。ぜひご覧ください。

6/23(木)7:55~8:00、NHK-BSプレミアム「もういちど、日本」「那智の滝」。再放送ですが、見逃した方はぜひこの機会に!

6/23(木)22:00~22:55、BSフジ「全国百線鉄道の旅」では、今年で全線開通50周年を迎える「JR紀勢本線」が紹介されます。特急オーシャンアロー、ワイドビュー南紀や、車窓から眺める美しい山々と雄大な太平洋、世界遺産・熊野古道に清流での川遊び。紀勢本線沿線の様子をぜひご覧ください。(2009/9/25の再放送です。)
なお、6月25日(土)8:00~8:56にも再放送されます。

6/25(土)7:30~8:00、NHK関西の「ウィークエンド関西」では、「西日本の旅・スローライフ満喫!笑顔集う山里~和歌山県紀美野町」が放送されます。

6/27(月)7:00~7:20頃、読売テレビ(関西ローカル)の「朝生ワイド す・またん! ZIP!」で、県立博物館の展示及び県内美術館・博物館の夏の入館料半額などが紹介される予定です。

6/28(火)22:25~22:50、NHK教育、「直伝 和の極意」では、世界で初めて全身麻酔による乳がん手術を行った、華岡青洲の業績が紹介されます。
  

Posted by 広報ブログ編集長 at 10:45Comments(0)テレビ

2011年06月21日

本日ご来館の皆さま by twitter

@わかやま喜集館MAです。
当館では毎日、twitterで「本日ご来館の皆さま」を呟いてます。
毎日、様々なお客様がご来館されます。
ここ3週間のご来館の皆さまを呟きからご紹介。

「岩出・根来に鉄砲が伝わった由来を調べたい」
「水が綺麗な紀三井寺に行きたい」
「新宮の材木、筏の歴史を調べたい」
「銭湯を経営、海南の棕櫚の足マットがどうしても欲しい」
「那智山の参道の郵便局に行きたい」
「今後のわかやま講座の予定が知りたい。」
「紀三井寺、粉河寺に行きたい。」
「南紀の名所、お土産について教えて欲しい」(某旅行AGT新人の方)
「しょっぱい干し梅が欲しい」
 只今当館一番人気商品「梅札」まとめ買いの皆さま。
「友人を訪ねる。新宮市の情報を」
「アドベンチャーワールドの情報を」
「先日熊野古道に行って3日間雨で残念だった。最終日は大門坂を歩けて楽しめた。
 再度行くので川湯温泉の資料を」
「和歌山に行ってきました。大変楽しかった」
「銀ちろの料理が美味しかったです」
「道路事情が良くなっていました。」
「熊野古道に行く一番良い季節が知りたい」
「茶がゆパック」「三宝柑マーマレード」「鮎一夜干し」「梅にんにく」それぞれ別々の方在庫まとめ買  い。
「和歌山ってパンダがたくさんいるの?」
「家族12人で2泊3日で和歌山に行きたい」
「白浜、串本、勝浦、本宮などを観て美味しいものが食べたい。相談にのって欲しい」
 有田市在住のちびっ子兄弟、大和くん、伊吹くんがママとご来館。東京で単身赴任で頑張ってるパパの陣 中見舞いで上京だとか・・・新幹線も初めて体験、スカイツリーにも行けて楽しかったと元気な笑顔で話 してくれました。
「twitterを見て初めて来ました。和歌浦せんべいはないんですね」
「口内炎に梅エキスが効いたので買いに来ました」
「高野熊野って遠いようだけどどうやって行くの?」
「高野熊野に女性グループで行きたい。何泊必要?」
「社員旅行で熊野古道検討中。足腰強くなくても大丈夫?」
「那智火祭りに行く。和歌山土産って何?」
「しらすにご飯をのせて食べるしらす丼に病みつき」
「十津川村は和歌山だと思い込んでいました」
「高野山の宿坊はそれぞれどんな違いがあるの?」
「今月、初めて熊野古道へお客様90人をご案内する旅行会社の添乗員です。各スポットのパンフレットで勉 強して行きます」
「(まぐろのパンフレットを見て)旨そう!勝浦は和歌山のどの辺り?」
「来月『たま駅長』を見に東京から夜行バスで行くので、貴志川線の情報を・・・」
「ここにある和歌山のパンフレット全てほしいが、とりあえず全体地図ほか熊野古道関係を持ち帰り、旅行 の計画をたてる」「
「長年の夢・熊野古道へ行く。高野山から熊野古道への行き方が知りたい」
「ホテル営業担当。東南アジア出張で和歌山県を売り込みたい。英文のパンフレットを。後日報告にきま  す」
「白浜のパンダのバックヤードツアーに参加したい。何時から並ぶの?熊野古道にも行きたい」
「いつも実山椒を買って牛肉の時雨煮を作っている。普通の山椒を使うよりいつまでも良い香りがして最  高」
 和歌山から出張で上京の男性お二人、有田のえびせん在庫一掃お買い上げ。
 山ガールのお二人「古道のパンフレットを」
「漱石縁の紀三井寺、和歌浦のホテル情報を」
「4日間で和歌山一周したい」
「3泊で熊野古道とアドベンチャーワールドへ」
「和歌山市内の繁華街は?」
「東京から車で勝浦と熊野古道と白浜へ、所要時間は?」
「アドベンチャーワールドへ行こうと思っていたら、今日偶然わかやま喜集館を見つけた」
「高野山に行くので、ここにある宿坊のパンフレット全部ください(52施設あります)」
「初めて高野山に行く。宿坊が狭くて居心地悪そう。宿坊以外の宿情報を」(宿坊は快適な旨をご説明)「龍神温泉は良さそう。高野山から龍神、田辺、道成寺へ行きたい」
「ウインズのチラシ貰っていきます」
「これからフランスに行くので、梅干しを買いに来た」
「白浜でパンダを観て伊勢・鳥羽方面に行きたい」
「和歌山県立美術館の情報を」
「那智補陀洛山寺の情報を」
「高野山と熊野古道に行くルートが知りたい」
「熊野古道と、高野山若しくは伊勢参りで悩んでいる」(当然!高野山をお勧め)
「アドベンチャーワールド、白浜2泊、本宮1泊、あと高野山にも行きたいが」
「ツアーで熊野古道に行きたかったがキャンセルになってがっかり」
「古道歩きの行程を作ったので確認して欲しい」
「吉野から本宮と南紀に行きたい」
 本日「梅札」実演販売大好評。箱買いのお客様。
 和歌山県岩出市出身の都内大学生くん、「灯台もと暗しです!友達に聞かれるので和歌山の観光地のこと 教えて下さい!」(和歌山通になるほどご案内)
「南紀白浜の海と海岸がすごくキレイなので絵画を探してます」
「熊野旅の御礼のお客様」
「東京ー高野山バス電車周遊券はお得」
「来月白浜と本宮に行く」
「和歌山城壁の青石は地元産?」
「縁起物のナギの木って?」
「藤白姓なので藤白神社に行く」
「熊野は京都・奈良とは一味違う。秋に行く」
「和歌山の地元紙を読みたい」
「9月に勝浦に行く。また相談にきます」
「R168整備状況は?」
「田辺に年に数回行く。稲村の火は田辺と違うのね?」
「たま関連のパンフレットを。猫大好きで前にも行った」
「高野山一人旅。ツアーを紹介して欲しい」
「つわりが酷いので梅干がないとご飯が食べられない」

  

Posted by touchm at 19:35Comments(1)観光・自然

2011年06月21日

新米課長日記(2011/6/21)

エリック・ツァン

 県議会本会議一般質問が始まりました。
 和歌山市役所とちがい、県庁各課は執務室で議場の様子がモニターされるので、各議員の質問時の迫力や答弁に立つ知事や関係部長の視線や息づかい、はたまたファッションセンス、テレビ写りまで、一般職員も通常業務を行いながらウォッチしています。
 議場でのやり取りをこうしてリアルタイムで感じられるのは良いことだと思います。

 庁外の方から情報をいただきました。
 香港芸能人協会会長のエリック・ツァンさんら同地の芸能人約20人が日本各地の安全をテレビで紹介するため、今月19日から来日しているそうです。
 和歌山県へも今月30日から7月1日にかけて、白浜の「とれとれ市場」や「アドベンチャーワールド」を訪問予定とのことです。

 ツァンさん、私は全然知りませんでしたが、香港通の人に聞くと超ビッグネームらしく、4月には香港で、新米課長も知っているアクションスターのジャッキー・チェンさんらと共に東日本大震災救援の大規模なチャリティーコンサートを開いているようです。
 それにしても、日本の数ある観光地の中から和歌山県を選んでくれたのはうれしいニュースですね。


     

Posted by 新米課長 at 17:37Comments(0)新米課長日記

2011年06月21日

「あら川の桃」で桃スイーツ!

 今日は「きのくに21」のロケで、有名ブランド「あら川の桃」の加工グループ「桃りゃんせ夢工房」を取材してきましたface02
 桃りゃんせ夢工房は、「あら川の桃」を年中通して味わってもらおうと、桃農家の女性の皆さんが立ち上げたグループ。


 桃入りパウンドケーキ、桃のコンフィチュール、桃入り金山寺味噌・・などなど「あら川の桃」を使った贅沢な産品を、なんと桃農家の皆さんが全て手作業で作っているんですik_07
 今回のレポーターは癒し系の藤井郁子さん。優しいメンバーの皆さんに教えていただきながら桃スイーツづくりに挑戦です。

 出来ました!桃のいい香りがします。本当においしかったicon06
 桃入りの金山寺味噌も人気があるそうです。野菜と一緒に食べると食が進みそうですik_26


 そして、収穫体験も!ちょうど今極早生の収穫が始まった時期。これから8月頃まで桃の収穫が続くとのこと。これからだんだん甘みが増してくるとのことで、本当に楽しみです。
丹精込めて育ててきた桃のお話を伺うとき、まるで自分の子どもの話をするような表情でお話ししてくれましたik_48
皆さん、本当に元気な方ばかりでした。親切にしていただきありがとうございましたface01


「桃りゃんせ夢工房」の商品はJA紀の里ファーマーズマーケットめっけもん広」(紀の川市)などで購入出来るそうです。
 「桃りゃんせ夢工房」では体験も出来ます。是非お試しを!
 「きのくに21」 テレビ和歌山
   7月10日(日)9:30~10:00 22:00~22:30  

Posted by テレビ広報担当 at 14:37Comments(0)県産品

2011年06月21日

ロープブリッジ渡過(とか)訓練


平成23年6月20日(月) 消防学校にて
 本日は、ロープブリッジ渡過(ロープを渡る技術)訓練を行いました。この訓練は、地上7m及び10mの高さに水平に展張したロープを20m渡るというもので、高度な技術、体力に加え強靭な精神力を必要とします。
 本日は「セーラー渡過」といって、ロープにまたがるようなスタイルで渡る訓練と、「モンキー渡過」といって、読んで字のごとく猿のようにロープにぶら下がって渡る訓練を行いました。
 渡過中にバランスを崩すと、ロープから転落し命綱のみの宙吊り状態となります。
その際の衝撃は相当なもので、腰に巻いたロープが体に食い込みかなりの痛みを伴うことが多く、落ち方によっては体が上下に回転してしまうこともあります。
訓練を始めると、各教官の予想どおりロープから転落する学生が続出し、その多くは復帰しようと、もがきにもがいた結果、力を使い果たして動けなくなってしまいました。
各教官は「そんなことで人の命が助けられると思っているのか-!!」と激を飛ばすなどしてしばらく放置するのですが、自分が未熟だった昔を思い出し気が付けば救出に向かっていました。(何度救出したことか・・・)
パンパンになった腕を見ながら悔しさを顔ににじませていた学生諸君、消防は一日にしてならず、上達するには向上心と訓練あるのみ、あせらずコツコツと頑張るのだ!!
  
Posted by 教官 at 12:42Comments(0)消防学校レポート

2011年06月20日

今年も作るぞ、梅ジュース!(3)

ブログ編集長です。

「今年も作るぞ、梅ジュース!」、3日目です。
昨日、広口びんに梅と砂糖を入れましたが、ご覧ください。1日で梅の果汁がどんどん外に出てきています。もちろん、水は全く加えていません。

これぞ、浸透圧の働きですね。理科の実験をしているみたいなもんです。

ここまで来れば、あとはすっかり果汁が出るのを待つだけです。
また、数日後にレポートします!

次は、今年も作るぞ、梅ジュース!(4) へ!  
タグ :梅ジュース

Posted by 広報ブログ編集長 at 22:15Comments(0)県産品

2011年06月20日

「いっしょにeco!」花王和歌山工場の新施設訪問!

ブログ編集長です。

本日は、県総合情報誌の取材のため、花王株式会社和歌山工場内にこの6月に発表されたばかりの新しい研究施設「エコテクノロジーリサーチセンター」と見学施設「花王エコラボミュージアム」を訪れました。

ご説明をしてくださったのは、研究開発部門のフェローであり、ミュージアム館長も務められる、川俣章先生です。


川俣先生のお話しの中で、「サステイナブル(持続可能)」という言葉が何度も出て来ました。将来の環境や次世代の利益を損なわない範囲内で社会発展を進めようとする理念ですが、先生は、エコを考えることがこれからの花王にとっては一番重要な課題で、「エコテクノロジーリサーチセンター」は、これまでは全国各地で行われていたエコについての研究を和歌山に集約していくと、力強くお話しくださいました。

この研究施設の投資額は約160億円、花王の企業規模では、決して小さくない額だそうです。花王さん、和歌山のために?!こんなに力を入れてくださり、ありがとうございます。

研究施設の隣にあるのが、製品原料になる油脂植物の栽培・研究を行う大温室「植物・バイオマス研究棟」。高さは25メートルもあるそうです。


7月4日にオープン予定の見学施設「花王エコラボミュージアム」も併せて見せていただきました。
入り口にはかわいらしいミュージアムのロゴが。

これは、花王の「いっしょにeco」をテーマにさまざまな人が集う「研究の森」をシンボル化しているそうです。

ミュージアムは、展示物や映像だけでなく、iPadを使った説明や理科室のような実験など趣向を凝らしたもの。小学生が主な対象だとのことですが、大人も十分に楽しめます。
ミュージアムの中は、森と水をイメージした床に、丸い木をイメージ展示スペースが6箇所設けられていました。

展示スペースでは、原材料・生産・物流・販売・使用・廃棄に至る製品のサイクルの中で、徹底したエコの取組が紹介されていましたが、びっくりしたのは、私たちの家庭に届いてからの「使用・廃棄」に係る部分の環境負荷が、全体の65%を占めるという点。つまり、エコを進めるためには、それぞれの家庭の協力が欠かせないことから、花王の「いっしょにeco」のテーマが出て来たのもうなずけます。

新しい洗剤「アタックneo」の洗浄力とすすぎが1回ですむ驚異の泡切れを実演していただき、その効果に驚きました。私もアタックneoを使って、「いっしょにeco」に協力しようと思いました!

ミュージアムは、7月4日オープンです。来館には事前予約が必要とのこと。ニュースリリースに予約方法が書いてありますので、この機会に、エコの最先端の和歌山に、ぜひお越しください!
  

Posted by 広報ブログ編集長 at 19:06Comments(0)企業・ビジネス

2011年06月20日

東日本大震災に係わる校外研修


平成23年6月7日(火)和歌山市消防局にて
 3月11日14時46分、宮城県牡鹿半島沖を震源とするマグニチュード9.0の巨大地震が発生、震源域は広範囲に及び、東北地方の太平洋沿岸部に壊滅的な被害をもたらしました。
その未曾有の災害に対し、特に被害の大きかった東北3県を除いた44都道府県の消防隊が被災地に集結し、昼夜を問わず活動を行いました。
 当県隊は、宮城県石巻市を拠点に活動を行いましたが、第1次隊の和歌山県隊長として被災地に派遣された和歌山市消防局の西村隊長の活動報告や実際に被災地で使用した高度救助資機材やエアーテント、支援車の取り扱い等を和歌山市消防局庁舎内で講義して頂きました。
現場の最前線で活躍する消防士の知識、技術に圧巻する一方、その技術、知識を持ってしても無念さを残して被災地を後にしなければならなかった被災地の悲惨な現状に学生達はショックを隠しきれない様子でした。
 ただ、そこはさすがプロの消防士になると決めた者達。そのあとは、しっかり前を向き、「今、自分にできること。」を深く自覚し、帰校後はいつも以上に訓練に集中し、資機材の取り扱い訓練に励んでいました。
  
Posted by 教官 at 17:30Comments(0)消防学校レポート

2011年06月20日

新米課長日記(2011/6/20)

今日も雨

 雨が続きます。
 土曜日に予定されていた職員ソフトボール大会は中止になりましたが、順延になったおかげで、公務で今回欠場予定の部下も出場可能になり、さらに戦力アップ!
 何事も前向きに考えることにしよう。

 明日から県議会本会議一般質問が始まりますが、やはり防災関係の質問数が突出しています。
 議員からの質問が多いということは、県民の皆さんの関心度も高いということ。
 今日から始まった知事室での答弁打ち合わせ、予定時間をはるかにオーバーして綿密に行われました。

 議員との打ち合わせのために、議会棟(北別館)と本館を結ぶ連絡通路を歩いているとパネル展示が行われていました。
 何かな?と見てみると「ハンセン病を正しく理解しましょう」啓発展示でした。
 24日まで展示されているようです。


  

Posted by 新米課長 at 17:24Comments(0)新米課長日記