読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 85人
和歌山県公式facebookページ わかやま観光情報 プレミア和歌山 わいわい市場 わかやま紀州館・和歌山県アンテナショップ わかやまイベントボード 人気ブログランキングへにほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 和歌山県情報へ
ページランク
新規投稿

新規投稿するにはログインする必要があります。会員IDをお持ちでない方はIDを取得された後に投稿できるようになります。
QRコード
QRCODE
プロフィール
広報ブログ編集長
広報ブログ編集長
和歌山県広報課です。
和歌山県の観光・食・文化・自然・産業などの魅力を発信しています。和歌山のホットな情報をタイムリーに提供していきます。
もちろん、リンクフリーですのでどんどん広めて下さい!

なおコメントに対する返信は原則として行いませんので、あしからずご了承ください。
<和歌山県ソーシャルメディア運用ポリシー>
http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/000200/snspolicy.html

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


アクセスカウンタ

2011年06月07日

メイキング県民の友(7月号)

チーム県民の友Kです。

県の広報誌「県民の友」は、今春から担当者が2人とも新人となったため、日々悪戦苦闘しながら編集作業に追われていますが、相棒であるAさんとともに「わかりやすい広報誌、あなたと県を結ぶ広報紙」をモットーに頑張っています。

さて、先日は表紙撮りのため那智勝浦町へ。
7月号は観光特集。表紙は特集のテーマに合ったものでなければならないため、カメラマンとお二人のモデルとともに那智勝浦で撮影を行いました。


撮影ポイント“その1”は那智山の熊野古道「大門坂」。ちょうど、那智山の入り口に位置し、平安衣装が良く似合うスポット。熊野那智大社伝で樹齢約800年!といわれている夫婦杉のふもとで撮影を行いました。

さすがに樹齢800年ともなると堂々たる風貌で、人を魅き付けて離さない魅力に、ただ感動しっぱなしでした。




撮影ポイント“その2”は那智山青岸渡寺(せいがんとじ)。ここは西国第一番札所であり、4世紀頃インドの僧が開山したといわれている由緒あるお寺です。ここからの那智の大滝の眺めは最高で、まるで絵葉書を見ているよう。

日本三大名瀑と言われているだけあって、那智の大滝と三重の塔との調和が美しく、その場に居合わせた者全員が思わず「素晴らしい…。」と、ため息を漏らすスポットでした。





撮影ポイント“その3”は飛瀧神社付近の那智の大滝の目前ポイント。高さ133メートルから落下する大量の水が、轟音とともに落下途中に大しぶきとなる姿は圧巻そのもの!!
同時に、あたり一帯にマイナスイオンを振り注ぎます。日ごろの雑踏を忘れ、体全体が癒しに包まれ、心が満たされるのを感じる“ひと時”でした。






撮影ポイント“その4”は、大滝と青岸渡寺の間に位置する遊歩道。ここは、樹齢数百年であろうと思われる大杉に囲まれた階段状のスポットで、大杉の間から見える大滝が、なかなかの風情を醸し出している「隠れたおすすめスポット」でしたよ。







最後に、撮影ポイント“その5”として、那智高原公園へ。ここは、昭和55年、和歌山で植樹祭が行われた際、会場となった場所で、那智の山々を見下ろす山頂にあります。

那智山スカイラインをクネクネと車で登っていくこと20分。突然、眼前に広がる広大なその地は、開放感抜群の素晴らしい公園でした。






そして、写真を持ち帰り、レイアウト業者にタイトル挿入してもらったのがこちらの6枚。




この中から7月号の表紙が決まります。趣はそれぞれ違い、どれも観光特集に相応しい素晴らしい表紙となり、課内でも意見が分かれました。

さて、皆さんならどれを表紙に選びますか?

お手元に県民の友が届いたらお確かめくださいね!
  

Posted by チーム県民の友K at 21:18Comments(2)広報一般

2011年06月07日

新米課長日記(2011/6/7)

国体マスコットデザイン決定!

 今日も朝イチで知事室へ。
 先週金曜日、海南市で行われた行政報告会の反省会。
 当日の発言内容などを確認しました。
 終わり際に、本日の朝日新聞朝刊「天声人語」に和歌山ネタが掲載されたことを耳打ち。
 知事からは絶妙な?リアクションがありましたが、ここでは書けません。
 
 午後開かれた「国体和歌山県準備委員会総会」には、当課から副課長が出席。
 紀州犬をモチーフにしたマスコットが決定しました。
 新米課長も選定に関わったので思い入れもあります。今後、どんどんマスコットの知名度アップに知恵を絞りたいと思います。
 明日には「愛称募集」の要領が発表される予定です。
 皆さんも名付け親になってみませんか? 

 夕方、明日予定していた知事説明案件の予定が繰り上がり、大あわて。
 担当班は明日のつもりで資料準備をしていました。
 何とか体裁を整え知事室へ飛び込み、セーフ!。

 夜、みその商店街に立ち寄り、「バスピンdeまちづくり実行委員会」例会に久々の出席。 
 実行委がめざす「和歌山発祥のスポーツ『バスケットピンポン』を紀の国わかやま国体のデモンストレーション競技に!」の願いを叶えるためのアクションについて話し合いました。
 実現に向けてのハードルは高いですが、メンバーが団結して取り組むことを確認しました。

  

Posted by 新米課長 at 21:17Comments(0)新米課長日記

2011年06月07日

6月8日「はなまるマーケット」に高良健吾さんゲスト出演!

ブログ編集長です。

わかやま喜集館twitter情報の転載ですが

明日6/8(木)、「はなまるマーケット」(8:30-TBS)の「はなまるカフェ」に高良健吾さんがゲスト出演します!
高良さんは、角川シネマ有楽町他にて全国ロードショー中の映画『軽蔑』(中上健次原作)の主演で、因みに映画のロケの大半は和歌山県新宮市です。ちなみに、このブログでは、映画「軽蔑」は4月29日に紹介しています。
先日6月4日、東京都内の劇場で行われた舞台挨拶では、共演の鈴木杏さん、廣木隆一監督とともに、意気込みを語ってくれていました。(Yahoo!ニュースより。)

高良健吾さんといえば、NHKの朝のテレビ小説「おひさま」でも、井上真央扮するヒロインの夫になる役で登場していますね。今後の活躍が楽しみです。

はなまるカフェも映画も見て下さいねー。

  

Posted by 広報ブログ編集長 at 17:29Comments(0)テレビ

2011年06月07日

今週の和歌山県関連テレビ番組(6/7-12)

ブログ編集長です。

今週放映される和歌山県関連テレビ番組は盛りだくさんです。
(基本は、関西地域の番組表による予定です。関西以外にお住まいの方はご確認ください。また、番組表に変更があった場合はご容赦ください。)

●6/7(火)19:54~20:54、テレビ東京系列「仰天クイズ!珍ルールSHOW」に、和歌山電鐵貴志川線を走る「おもちゃ電車」が出ます。(駅長たまからのご紹介です!)

●6/8(水)11:30~12:00、NHK(関西)「ぐるっと関西 おひるまえ」で、「地域資源で育て!ジャンボしいたけ~和歌山」が取り上げられます。

●6/10(金)22:00~22:43、NHK和歌山放送局のみですが「紀の国スペシャル どうする?和歌山の防災
~想定外をいきのびるために」
が放送されます。NHK和歌山放送局が実施した東日本大震災に関するアンケートをもとに、地震・津波に対する意識や対策の実情を明らかにしながら、想定外の災害が発生したときに1人でも多くの命を救うために、私達が出来ることは何かを考えます。

●6/11(土)11:58~12:54、関西の毎日放送「せやねん!」で、漫才コンビの千鳥が和歌山で弁当のおかず探しをします。

●6/11(土)12:54~14:24、関西の読売テレビ「誰だって波瀾爆笑」は演歌界のマスコット天童よしみ。和歌山生まれ同士…溝端淳平と爆笑(秘)対決します。(東京の日本テレビは、5月29日に放送済み。)

●6/11(土)19:00~20:54、日本テレビ系列「天才!志村どうぶつ園」は、赤ちゃん動物の超かわいい瞬間50連発&新企画スタートSP。イヌ・ネコ・コアラ・パンダから超めずらしい珍獣まで赤ちゃん動物が大集合!(白浜アドベンチャーワールドのパンダが出るかどうかは不明です。)

●6/12(日)6:15~6:30、関西テレビ「皇室ご一家」では、「天皇・皇后両陛下、全国植樹祭へ~和歌山~」が放映されます。(首都圏フジテレビは6月5日に放送済み。)

●6/12(日)6:30~6:45、関西の毎日放送「皇室アルバム」も、「両陛下 新緑の和歌山へ ~全国植樹祭~」
が放送されます。(首都圏TBSは、6/11(土)5:30~5:45です。)

●6/12(日)23:00~23:30、毎日放送(TBS系列)の「情熱大陸」は、「助産師・坂本フジヱ」さん。「自然なお産をしたい」と望む妊婦の間で話題となっている和歌山県の「坂本助産所」。66年の助産師生活で4000人もの赤ちゃんを取り上げてきた「87歳・カリスマ助産師」の奮闘に密着します。  

Posted by 広報ブログ編集長 at 11:15Comments(0)テレビ